Facebook Twitter LINE

丸の内のカフェで新しい朝活 「朝芝居」が好評

J-WAVE朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」。5/23のオンエアでは別所哲也さんに代わってショーンKさんがナビゲーターを務めました。番組のワンコーナー「MITSUBISHI JISHO TOKYO DICTIONARY」では、新しい朝活がトピックスに。

数年前から、朝にジョギングをしたり勉強をしたりという「朝活」が知られるようになりましたが、そこに新たなトレンド「朝芝居」が登場しました。舞台は早朝の丸の内、それも劇場ではなくカフェで行われます。なぜ、朝からカフェで芝居なのか。丸の内で朝芝居を行う『朝劇』主宰の右近義之さんに聞きました。

「お店とかで、すごく素敵なのに意外に人が入っていない時間とかあるじゃないですか。そういう時に、『ここ使わせてほしいなぁ』ってずっと思っていたんですよ。その時間帯に演劇をやったらお客さんは入るし、そうしたらお店にとってもお客さんにとっても、僕らにとっても素敵。誰も損する人がいないじゃないですか。そしてそれを朝に持ってきたらどうかなと思ったんです」(右近さん)

と、以前からこうした構想があったと話す右近さん。さらに芝居の内容にもこだわりがあるといいます。

「ありものの芝居を使うんじゃなくて、そこのお店を活かして、そのお店オリジナルの芝居をやるっていうことにこだわりがあるんです。たとえば役者が店員として入っていて、接客しながらそこから芝居に入っていったり。そういう『おどろき』なんかにも気を遣っています」(右近さん)

この朝活、好評を得ているとのことで、これを見るために千葉から始発列車に乗ってやって来る人もいるのだとか。

芝居は開場が7時、開演が7時半、芝居自体は40分程度。そのあとにコーヒーなどを飲んでから出社してもらう、という形になるのだそう。そしてこの朝芝居、公演後にアンケートをとってみると、夜の芝居にはない回答が多く見受けられたといいます。

「アンケートでは夜の芝居のアンケートとは全く違う回答が寄せられたんです。お芝居が楽しかったのはもちろん、朝時間の使い方の発見とか、喜びについて書かれたものが多かったんですよ。『お芝居が素敵でしょ』じゃなくて『朝が素敵でしょ』って伝えられるのは、うれしいことですよね」(右近さん)

朝に芝居に触れるという、それまでにない体験から、さまざまな発見が得られるようです。朝芝居、一度足を運んでみたいですね。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

SPFとPAの違いは? 日焼け止め商品を選ぶポイント

J-WAVE夜の番組「JAM THE WORLD」(ナビゲーター:堤未果)のワンコーナー「CASE FILE」。5/22のオンエアでは、「紫外線対策」をテーマに、美容ジャーナリストの上田祥子さんに日焼け止め商品を選ぶときのポイントを伺いました。

紫外線が最も強いといわれるこの季節。今年から日焼け止めの紫外線対策に新基準が登場したのをご存知でしょうか? UVA波の防御能力の最大基準がPA+++からPA++++になったのです。

紫外線にはUVA波とUVB波があり、PAというのはUVA波を防御する指数です。UVA波は波長が長く肌の真皮層まで届いてしまうため、シミ・シワの原因になるのだそう。上田さんによると、日差しの強い屋外に長くいるような場合はPA++++がおすすめですが、日常生活の中ではPA++でも十分とのこと。

また日焼け止めにはSPFという表示もありますが、これはUVB波を防御する指数。たとえば、日差しを浴びて20分で肌が赤くなる人がSPF30の日焼け止めクリームを塗ると、赤くなるまでの時間を30倍遅らせることができます。SPF50の場合、UVBの防御能力はさらに高いけれど肌荒れの原因になるのだとか。肌の弱い人や、よほど日差しの強いところに長時間いるのでなければSPF30くらいを選ぶのがいいそうです。

上田さんが気をつけるポイントとして挙げたのが「塗り方」。少なすぎたり多すぎてもきちんと塗っていなければ効果も低いので、「適量をムラなく」塗るよう気をつけましょう。そして塗り直すのが大切ですが、お化粧している女性には難しいので「そういうときは日焼け止め効果のあるファンデーションを上から重ねたり、スプレータイプのものを活用するといい」とのアドバイスもありました。

PA、SPF、種類もさまざまな日焼け止め商品。自分に合ったものを上手に使いたいですね。

【関連サイト】
「JAM THE WORLD」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/

30分ほどで完成! 台、鼻緒を選んで作るオリジナル下駄

J-WAVE午前の番組「I A.M.」(ナビゲーター:藤原恵子)のワンコーナー「Q・B・B Cheese Dessert SIGN OF THE TIMES」。5/21のオンエアでは、これからの季節にぴったりな「オリジナル下駄」がトピックスに。

この「オリジナル下駄」を製作しているのが新宿区四谷にある「四谷三栄」。三代目社長の伊藤実(まこと)さんにお話を聞きました。

「最近、ファッションの流れが変わってきて、自分だけの物を作りたいという人がだいぶ増えてきています。四谷三栄では、自分で鼻緒と台を選んで、あとは私達スタッフと相談しながら、お客様だけのオリジナルの下駄を作るということをしています」(伊藤さん)

最近ではお祭りや花火大会以外にも、食事や観劇、クルーズなどに浴衣を着る人が増えていて、それに合わせて下駄も注目を集めているのだそう。また、ミュール感覚で洋服に下駄を合わせる人も増えているのだとか。

具体的にどのようにオリジナル下駄を作るのかというと、まずは足を乗せる木の台の部分を選びます。人によって足の幅が広い、甲が高いなど違いがあるので、プロにしっかりと足の形を見てもらいます。色も選べるので、浴衣や帯の色に合わせて、白木のナチュラルなタイプや、焼きを入れたり塗ったりした黒っぽいものなど、幅広い色から選ぶことができます。下駄の台は桐でできているものが多いのですが、足が疲れやすい人は、足に当たる部分にクッション性の高い布地をはるのもお勧めです。

そして鼻緒ですが、最近は天然素材の麻を使用したものが人気なのだそう。水玉模様やアニマル模様などポップなものもあり、普段使いもできそうな柄も取り揃えています。鼻緒のこだわりについて、伊藤さんは次のように話します。

「下駄の場合は素足で履きますので、足に当たる部分にはきめ細かい素材を使っています。中にも綿をたくさん詰めていますので、これにより足の当たりが柔らかく、鼻緒ずれがしにくいんですね。鼻緒の裏の部分も必ず小槌で叩いて柔らかくしていますので、足になじんだ感じで履いていただけるようにしています」(伊藤さん)

店頭では微調整をしながら鼻緒をすげていき、30分程度で完成するのだそう。台と鼻緒を自分で選べて、値段は1万円ほどから。アフターサービスも万全で、鼻緒は使用していると少しずつのびてくるのですが、購入後はお店に持っていけば何度でも無料で調整してくれます。

職人さんが自分のために作ってくれた下駄なら、特別に愛着がわきそうですね。気分が変わったら鼻緒を変えて違ったスタイルを楽しむこともできるので、これからにぴったりの、エコな履物といえそうです。

【関連サイト】
「I A.M.」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/iam/

flumpool山村隆太 中学校文化祭の悲しい思い出とは

J-WAVE昼の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)。5/20から新コーナー「サンスター オーラツー J-WAVE LIVE EXPLORER」がスタート。番組では8月に開催されるライブ「サンスター オーラツー presents 25th ANNIVERSARY J-WAVE LIVE 2000+13」に出演するアーティストが日替わりで登場。初回のオンエアにはflumpoolの山村隆太さんと阪井一生さんがゲストに登場し、初めてカバーした曲について話しました。

2人にとっての初カバー曲は、THE YELLOW MONKEYの『TVのシンガー』という曲。中学生のとき、その曲で文化祭ライブに出ようとギターを始めた山村さんと阪井さん。初めてギターを買って放課後みんなで一緒に練習したのに、なぜか山村さんだけが文化祭のステージには出られなかったそうです。それは「僕のギターのパートがなかった」(山村さん)のが理由だったとか。阪井さんによれば「そのときギターは3人いて、楽譜にはギター2までしかなかったんですね。それで『今回はごめん』ということで」山村さんは応援するほうになったのだそうです。

「だから、実際にはカバーしたことにならないですね。あれがきっかけで音楽に燃えたところがあります。『いつか俺もステージに上ったる』と思って。あれがなかったら今の僕はなかった(笑)」と話す山村さん。中学校の文化祭での悲しい出来事がflumpoolを生み出すきっかけになったようです。

flumpoolは最近、阪井さんのビジュアル面での活動休止が話題になっています。現在阪井さんはダイエットにはげみ、7月初めには復帰予定だとか。「でも阪井さんは活動休止中だからJ-WAVEライブはお休み」と山村さんが発言すると、阪井さんはあわてて否定。「リバウンドしたら出られないけれど、このライブのために痩せるみたいなものですから」と気合の入った様子でした。8月の本番に出演しているかどうか楽しみですね。

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

ポール・マッカートニー 二週間でクビになった仕事とは

J-WAVE日曜の番組「THE HUMAN」(ナビゲーター:西尾 由佳理)。歴史・文化・伝説を作ってきた人々をクローズアップし、その足跡と魅力に迫る同番組。5/19のオンエアでは、ビートルズのポール・マッカートニーを紹介しました。

本名は、ジェイムズ・ポール・マッカートニー。1942年6月18日に生まれたポールは、イギリス・リヴァプール出身。少年時代のポールは、どこにでもいるような平凡な子どもで、ビー玉遊びに夢中になったり、時には学校をサボッて家の近くの濁った川で泳いだり、近所の農園のリンゴを盗もうとして納屋に放り込まれたこともあったとか。

彼が14歳のとき、母が病気で他界。その悲しみを忘れる為か、それまで全く関心を持たなかった音楽に興味を持ちます。ポールが最初に持った楽器は使い古しの貰い物のトランペット。しかし「唇は痛くなるし、殴られたボクサーみたいな顔になるのが嫌だ」とギターに転向し、その虜になったそうです。

そして、スクールバスの中で同じロック好きのジョージ・ハリスンと出会います。当時、まだ映画館に入れない年齢だった二人は、幼さの残る顔に泥を塗って、中に潜り込んだこともあったそうです。その理由は、映画の挿入歌に使われていた『ロック・アラウンド・ザ・クロック』の噂を耳にして、どうしても聴きたかったからだとか。

その後、ジョン・レノンと出会い、ジョージを含めてバンド活動を開始。何度かのメンバー交代やバンド名の変更を経て、1960年にビートルズとして活動を始めますが、「バンドをやるのはいいが、お金にならないから、真っ当な仕事に就いてくれ」というポールの父の要望で、ポールは運送会社で働くことに。しかし、バンド活動との掛け持ちで睡魔に襲われ、トラックで眠りこけたりしたため、わずか二週間でクビに。その後、電気メーカーでコイルを巻く仕事を見つけるものの、工員の大半が一日に14個のコイルを巻くのに対して、ポールはせいぜい1個半しか巻けず、二カ月しか続かなかったといいます。

デビュー前のポールの意外な職歴。ポールの仕事が続かなかったからこそ、ビートルズという歴史に名を残すバンドが誕生したのかもしれませんね。

【関連サイト】
「THE HUMAN」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/human/

今が旬! アサリの生態から調理法まで

そろそろ潮干狩りの季節。潮干狩りといえばアサリ。ということで、5/18にオンエアされたJ-WAVE土曜の番組「TOKYO REMIX ZOKU」(ナビゲーター:山田五郎・中川翔子)のワンコーナー「今週の極み」では、ゲストに千葉県水産総合研究センター東京湾漁業研究所の所長・鳥羽光晴さんを迎え、アサリの生態についてうかがいました。

鳥羽さんによれば、アサリは関東地方から西の方だと、だいたい2~3年は生きるのだそう。東北や北海道は5年ほどで、大きなものはハマグリより大きく、一口で口に入らないくらい巨大なアサリもいるのだとか。

食べごろですが、アサリが一番おいしい時期はちょうど今。アサリが産卵期のため、栄養を体の中に溜め込んでいるからだそうです。貝の身も季節によって肥満するので、大きくなったり小さくなったりするのだそう。

アサリの行動範囲は狭く、あっちこっち動き回ることは滅多にないそうです。生まれた場所からほぼ動くことなく砂の下へ下へと潜り、じっと佇むというアサリですが、砂から掘り出して別の場所に移したりすると、興奮してしばらく砂の中を這い回ることもあるのだとか。

ちなみに、群れで行動するアサリの繁殖方法は、卵と精子を噴き出して水中で受精させるという方法。アサリに「自分の子」という認識はなさそうです。

最後に調理する際のポイントですが、生きているアサリは茹でると筋肉が反応して口が開きますが、閉じているものは死んでいるアサリなので中は砂です。無理にこじあけると、せっかくの料理が台無しになってしまうので注意が必要。砂抜きは、温かいこの季節なら海水に2~3時間浸けておけば、砂が抜けるそうですよ。

【関連サイト】
「TOKYO REMIX ZOKU」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tokyoremix/

熱中症対策の目安「暑さ指数」 今からできる予防法

J-WAVE金曜の番組「~JK RADIO~TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「YANMAR ECO ECHO」。5/17のオンエアでは、「暑さ指数」のトピックをピックアップ。

「暑さ指数」とは、WBGT(湿球黒球温度)のことで、人体の熱収支に影響の大きい湿度、輻射熱、気温の3つを取り入れた指標。熱中症対策の目安となるものです。乾球温度、湿球温度、黒球温度の値を使って計算し、「危険」「厳重警戒」「警戒」「注意」「ほぼ安全」というメッセージがそれぞれ色で表示されます。

今月13日、環境省はこの「暑さ指数」を例年より3週間も早く情報提供を始めました。来月からは、メールでも情報を配信する予定だそうです。

ちなみに、暑さが本格化する前のこの時期に暑さに強い体を作っておくと、熱中症の予防になるそうです。少し汗をかくくらいの運動を1日30分程度、できれば週に3、4回ほど行うと効果的だとか。

熱中症予防の体力づくりを、今から始めてみてはいかがでしょうか?

【関連サイト】
「~JK RADIO~TOKYO UNITED」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

News Ranking

Archive