Facebook Twitter LINE

人に好かれるために 「恐怖のDワード」に要注意

J-WAVE朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。5/16のオンエアでは、日本コミュニケーションマナー協会代表の松澤萬紀さんがゲストに登場。「1%の行動を変えるだけで100%好かれる」スキルについて話しました。

恋愛や仕事の人間関係など、どんなシーンでも人に嫌われるよりは好かれたいもの。でも、好かれるかどうかは相手のタイプ次第……かと思いきや、たった1%、普段の生活習慣を変えるだけでモテモテになるという技があると、松澤さんは話します。そもそも、松澤さんはどうやってこのコミュニケーション術にたどり着いたのでしょうか。

「もともと私はANAの客室乗務員を12年間していたんですが、その中で、人間関係で悩んだりすることがあって。そこで、そんな自分を変えたいと思い、素敵だと思う人のマネをするようにしたんですね。具体的には表情だったり、態度だったり、使う言葉をマネしたり。そうしたら、それが次第に自分の習慣になって、人間関係がすごく良くなってきたんですよ。これをみなさんにお伝えできたら、ストレスや悩みを減らすお手伝いになるんじゃないかな、と思ったのがきっかけでした」(松澤さん)

ではその「素敵な人」の習慣としては、どのようなものがあるのでしょうか。

「素敵だなって思う人は、まず自分から与えようとするんですね。素敵な笑顔だったり、元気な挨拶だったり、気遣いの言葉だったり、そういったものを与えようとするというのが共通点です。例えば、意外と皆さんができていないのが挨拶。私は色々な企業に伺う機会があるんですが、その中で企業の方からよく『うちの社員は挨拶ができないんだよ』という声を聞くんです。でも挨拶はすごく大事で、挨拶をよくする人はリストラに遭わなかった、という実話もあるくらいなんです」(松澤さん)

また、そうした挨拶などに加えて重要なのが、「相手の承認欲求を満たす」ことだといいます。

「人は誰しも、大事にされたい、認められたい、自分を理解してほしいという思いを持ています。それを満たしてあげることが大事ですね。例えば、メールを出しても何日もかえって来なかったりすると残念に思いますよね。メールにすぐに返信したり、相手の目を見て話すとか、共感するとか、そういった基本的なことですが、ちゃんとやることが大切です」(松澤さん)

逆に、好かれるためには使ってはいけないNGワードもあるのだそうです。

「『恐怖のDワード』と言っているんですが、『でもさぁ』『だってさぁ』『どうせさぁ』という、ネガティブワードはNGです。例えば、『今日パスタ食べに行こうよ』なんて誘われた時に『でもさぁ、パスタって太るじゃない』なんて返すとあまりいい印象は持たれませんよね。そうじゃなくて『ごめんなさい、今ダイエット中だから、また来週誘ってくれる?』という言い方に変えると、だいぶ印象も違ってきますよね」(松澤さん)

知らず知らずに使ってしまいがちな「Dワード」。人に好印象を持ってもらうためには避けた方がよさそうです。これから気を付けていきたいですね。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

アロマセラピスト・大橋マキ「SNSとアロマは似た者同士」

J-WAVE午後の番組「RENDEZ-VOUS」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「OPEN TOKYO」。5/15のオンエアでは、アロマセラピストの大橋マキさんがゲストに登場しました。

元フジテレビアナウンサーだった大橋さん。その後イギリスへ留学し、アロマセラピストの資格を取得。現在はアロマ空間デザイナーとしてイベントやコンサートなど活動の場を広げています。この度、とてもユニークなプロジェクト「Aromalize Project(アロマライズプロジェクト)」をスタートさせたそうです。これは「フェイスブックやツイッターの書き込みから今の状態を言語解析してアロマ化する」というもの。言語解析してアロマに置き換えるのに非常に苦労したそうですが、プロジェクションマッピングなどを手掛ける会社の技術で実現したプロジェクトなのだそう。

「日々変わるSNSの内容と同じで、アロマもその日の体調や心で変わるんです。きのう好きだったアロマが今日は苦手に感じることもありえる。それを気軽に受けとめて楽しもうと。ミスマッチなようで実は似た者同士のSNSとアロマなんです」と大橋さんは話します。SNSでのここ1ヶ月間の書き込み内容を分析して、その人の状態に合ったオリジナルのアロマをブレンドするという斬新なアイデア。「占い感覚で」と大橋さんが話すこのプロジェクト、ギフトにもよさそうですね。

「Aromalize Project」をレイチェルさんが試したところ、分析されて出てきたのは“trust yourself”「自分を信じなさい」というアロマ。大橋さんが「不安で自信がなくなっていたときですか?」と心配しましたが、レイチェルさん曰く「夜1人でお酒を飲みながらつぶやくことが多いからそのせいかな」ということでした。

【関連サイト】
「RENDEZ-VOUS」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/rendezvous/

婚活のさらに先を見据える「リタ活」とは

J-WAVE朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MITSUBISHI JISHO TOKYO DICTIONARY」。5/14のオンエアでは「リタ活」という言葉がトピックスになりました。

これは「リタイアメント後の人生を充実させるための活動」の略。このリタ活について、ソニー生命保険の古矢さんにお話しを聞きました。

「リタ活は、リタイア後の『生きがい』と『お金』と『健康』という三つの要素についてしっかり対策をとっていく、というのが基本的な考え方になります。たとえば、リタイア後に趣味を活かしてパン屋さんを開業したい、と考えたとします。じゃあ、いつからどこで、誰とやりたいのかということを考えたり、休みの日は近所のパン屋さんを回ったり。そういった将来のための具体的な活動が、リタ活の第一歩になると思います」(古矢さん)

将来のために具体的なアクションを起こす「リタ活」。確かに漠然とした夢を考えるよりも、何をすべきかを考えて行動した方が、ポジティブに毎日を過ごせそうですよね。

さらに、こうした大きな計画だけでなく、将来の健康を考えて野菜を多めに食べるようにしたり、駅で階段を使うようにすることもリタ活の一環になるのだとか。

また「お金」に関したリタ活は、20代、30代の若いうちからしていた方が効果が上がりやすいと言います。

「若い人にとって、年金は遠い話のように聞こえるかもしれませんが、お金の対策は時間をかけるとそれだけ効果が上がるんです。普段買い物をするときでも、それは今使うお金なのか、将来使うお金なのかをちょっとでも考えてみたり、先を見据えて今欲しいものをちょっとだけ我慢してみるなど、若いうちからやっていると将来の役に立つのではないでしょうか」(古矢さん)

さらに、上京してきた人には特にやっておきたいリタ活もあります。

「東京にいて、地方に実家がある人は将来、親の介護や、終の棲家の問題も出てきます。そういったことも早いうちからイメージをもって、住宅はどこでどういった形で買うのがいいのかなどを考えておくことも、リタ活になります」(古矢さん)

最近では企業でリタ活セミナーが行われたり、リタ活計画帳も発売されているのだそう。リタイア、というと遠い先のことに思えてしまいますが、これをきっかけに改めて意識していきたいですね。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

出展ブースは3400! あのバンドも出ていたデザインフェスタとは?

J-WAVE昼の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)のワンコーナー「HILLS AGENCY」。5/13のオンエアでは、今週末に開催されるアートイベント「デザインフェスタ」を紹介しました。

自由に表現できる場として1994年にスタートし、今回が37回目となる「デザインフェスタ」。ジャンル・国籍・プロアマを問わず、オリジナルであれば誰でも参加できるアートイベントです。ジャンルを問わないだけに、出展されるのは絵画・写真・ダンスパフォーマンス・映像作品などさまざま。なんと今回の出展ブースの数は3400にもなるのだとか。サッシャさんが計算したところ、全てのブースを開催期間の2日間で見るには、1ケ所に15秒しかいられないそうです。そこで、効率的に楽しむ方法をデザインフェスタ代表の荒木猛さんに聞いてみました。

「会場は作品を展示販売するブース、屋外のライブステージ、屋内のショースペース、シアタースペース、各国レストランのエリアで構成されています。まずイベントエリアのタイムテーブルを予習して、それ以外の時間で好きなジャンルのブースを回るのがいいと思います」(荒木さん)。東京ビッグサイトの広い会場の中をただ歩き回るだけではなく、ある程度決めてから動いたほうが良さそうです。

これまでのデザインフェスタには、後にプロになった人たちもたくさん参加しているそうです。1998年には、まだアマチュアだったロックバンドBUMP OF CHICKENがライブに出演し、用意していたデモテープが5分で完売したというエピソードも。デザインフェスタに行けば、何年か後に有名になるミュージシャンやクリエイターに出会えるかもしれませんね。

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

黒柳徹子「ベッドの中で過ごすことが好き」

J-WAVE日曜の番組「SAISON AMERICAN EXPRESS CARD VINTAGE GARAGE」(ナビゲーター:ロバート・ハリス)。5/12のオンエアでは、黒柳徹子さんが登場しました。

黒柳さんといえば、長寿番組『徹子の部屋』でおなじみですが、実際の黒柳さんの部屋はどんな部屋なのでしょうか。

黒柳さんによれば、本当はモダンで何も物が置いていないシックな部屋に憧れているそうですが、ぬいぐるみ研究家と呼ばれるほど、ぬいぐるみに詳しいという黒柳さんは、子どものころから、たくさんのぬいぐるみを持っていて飾っていたり、小物など色々なものを集めることが好きなため「部屋がグチャグチャ」だとか。ゴブラン織りのソファもあるので、モダンというよりは「昔の映画のおばあさんの部屋」だそうです。

ちなみに、黒柳さんが家の中で一番リラックスできるのは、ベットの中。本を読んだり、ゼリーやお菓子を食べながら映画など観ることが好きなのだそうです。

『徹子の部屋』のイメージが強いだけに、ベットの中で過ごすことが大好きというのは意外ですね。

【関連サイト】
「SAISON AMERICAN EXPRESS CARD VINTAGE GARAGE」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/vintagegarage/

専門家が語る、意外と知らないFacebookの落とし穴

J-WAVE土曜の番組「KISS AND HUG」(ナビゲーター:SHELLY)のワンコーナー「KISS&HUG LOUNGE」。5/11のオンエアでは、『フェイスブックが危ない』の著者で、日本IBMのシニア・セキュリティー・アナリスト、守屋英一さんがゲストに登場しました。

現在、Facebookのユーザーは世界で10億人、国内では1382万人を超え、LINEは、サービス開始から1年7ヶ月で世界で1億人を突破。今年の1月で国内では4100万人を超え、日本では3人に1人が利用しているサービスとなりました。便利なこれらのツールですが、実は危険な落とし穴がたくさんあるそうです。

たとえば、Yahoo!の「リアルタイム検索」は、FacebookやTwitterで公開されている投稿が検索できるサイト。たとえば「客うざい」というワードを入れると、そのワードをつぶやいている投稿が一覧で表示されます。今までTwitterでは匿名でしたが、Facebookは実名で、さらに会社名や所属を登録していることもため、思わぬトラブルに発展する可能性があります。

SNSでの投稿は削除することができますが、投稿の履歴を残すまとめサイトや、アメリカではそのような個人の投稿や情報を売るサイトがあるため、一度発信された投稿は、インターネット上から消えることはないと考えた方がよいそうです。投稿する際は細心の注意が必要ですね。

Facebookの友達の登録解除は、相手には直接通知はされませんが、友達登録の解除をしたことを知らせるツールも存在しているため、それが原因でトラブルや殺人事件に発展したケースもあるそう。Facebookには「投稿やイイネ!などの無い方は、友達の登録を見直しさせて頂きます」と利用規約を書くなど、事前に告知しておくことで対策ができそうです。

また、パスワードの設定にも注意が必要。名前や誕生日などはもちろんですが、キーボード配列(一番上の列の並びや「zaq」「qwerty」など)に沿ったものは危険です。そしてパスワード情報を使い回さないことも重要だそうです。一カ所でパスワードが盗まれた場合、たとえばECサイトなどで買い物をしてお金にかえるなどの被害がでているので、パスワードは最後の一文字でもいいので変えることが大事だと守屋さんは話します。

「FacebookもLINEも人間関係の円滑油になるツール。何が問題かというとリスクを知らずに使うことが問題ですので、リスクを認識した上で上手に使うということを意識していただければと思います」(守屋さん)

これからFacebookやLINEを使おうと考えている人も、現在使用している人も、これらの危険性を知った上で、活用していきたいですね。

【関連サイト】
「KISS AND HUG」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/kissandhug/

携帯電話だけで利用できる「自転車シェアリング」

J-WAVE金曜の番組「~JK RADIO~
TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「YANMAR ECO ECHO」。毎回エコなニュースを紹介する同コーナー。5/10のオンエアでは、横浜国立大学で始まった「自転車シェアリング」を紹介しました。

このサービスは、横浜国立大学の広いキャンパスを移動する学生のために始まったもの。利用申込みをすると、自分の携帯電話に暗証番号が送られてくるので、その暗唱番号を入力すれば自転車の鍵が取り出せるという仕組みだそうです。

ちなみに、レンタルされる自転車はGPSでどこにあるか管理されるとか。便利ですね。ちなみにこのサービスが始まった背景には、こんな理由が。

実は横浜国立大学では、年間に数百台もの自転車が放置され、その処理に困っていたそうです。大学側は、そんな自転車をこのシェアリングに活かしていきたいと考え、実現したそうです。

エコといえば、本日5月11日は、世界フェアトレード・デイ。生産者や、商品が作られる環境に配慮したフェアトレードの商品。フェアトレードのバナナやコーヒーなどは有名ですが、食べもののほかに衣服や小物まで様々なフェア・トレード商品が販売されています。明日、12日の母の日のプレゼントに贈ってみるのもいいかもしれませんね。

【関連サイト】
「~JK RADIO~
TOKYO UNITED」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/blog/tokyounited_sys/

News Ranking

Archive