Facebook Twitter LINE

仮想都市「リトルトーキョー」で実生活とリンクする体験を

J-WAVE朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。5/9のオンエアでは、ユニークな「仮想都市」がトピックスにのぼりました。

その仮想都市というのが、「リトルトーキョー」。これは求人サイト「日本仕事百貨」を運営する株式会社シゴトヒトと、ウェブマガジン「greenz.jp」を運営するグリーンズとが共同で行っているプロジェクト。日本仕事百貨の代表であるナカムラケンタさんに話を聞きました。

「これは仮想の都市をつくるというプロジェクトです。そこではいろんな仕事と出会って自分でも仕事をつくれちゃうという、ある意味で壮大なままごとのようなものなんです。今は場所も決めてまさに準備中で、夏に本格的にオープンする予定です」(ナカムラさん)

少し前にはこの準備のために『開拓者』を募集、1000人近くも集まったといいます。場所は東京・虎ノ門。その立地上、集まるのはビジネスマンが多いのかと思えば、ビジネスマンやOLはもちろん、学生もいたりと多様な人がやって来るのだそう。

そしてこのリトルトーキョー、こんな構想があるのだとか。

「例えば履歴書を出す時、普通はどんな学校に行ったかとか、どこに勤めたとかを書くと思うんですが、リトルトーキョーの市民になったら色んな仕事を作って、それが履歴としてウェブに残る形にしたいんです。例えばヨガが得意で、ヨガイベントを企画してこんな人がきました、というのをリトルトーキョーでの履歴として残しておけば、その履歴をみて採用したい、ということにつながるかもしれない。クラウドファンディングで起業したいときに、リトルトーキョーで何か履歴があれば『こういうことをやった人なら、この新しいプロジェクトも面白いだろう』『投資したい』みたいな風になるかもしれない。既存の世界とは違う、もう一つの自分を作れる自由な場にしたいなと思っています」(ナカムラさん)

そしてさらに、実際の世界でも評価を得られるような世界にしたいとも話すナカムラさん。実生活ともリンクする仮想都市。完成したらぜひ行ってみて、様々な仕事を体験してみたいですね。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

声だけが頼りのアカペラパートは“曲の顔”

J-WAVE 昼の番組「BEHIND THE MELODY~FM KAMEDA」(ナビゲーター:亀田誠治)。5/8のオンエアでは、「声が主役! アカペラに込められた魔法」と題して、曲の中で声のみが効果的に使われている“アカペラ”パートの魅力について亀田さんが話しました。

アカペラグループではなく、1人の歌手のそのままの声が聞けるアカペラパートが印象的な曲を亀田さんがいくつか紹介しました。

例えば、ホイットニー・ヒューストンの『オールウェイズ・ラブ・ユー』、アリシア・キーズの『フォーリン』、チャットモンチーの『恋愛スピリッツ』、絢香×コブクロの『WINDING ROAD』など。どれも出だしが伴奏なしの声のみで、アカペラパートが曲を印象づける“顔”になっています。

アカペラの魅力は「ズバリ、体温」と亀田さん。「アカペラパートは、歌手の体温を直接確かめることができ、声という素材そのものを堪能できるんです。他の楽器の伴奏が加わると、歌手の体温はまぎれてしまう。また、アカペラパートは声だけが頼りで歌うほうも聴くほうも1人で海原に流されてるような感じ。『早く楽器と調和したい。それまではしっかりしなければ』という強い意志で歌っている。だから力強い歌になるんです。伴奏が入ってきたときの達成感と安心感がある。これがアカペラパートの醍醐味です」(亀田さん)。

実は亀田さんがつくる作品にもアカペラパートが多いのだとか。平井堅の『思いが重なるその前に…』も出だしはアカペラ。デモの段階では違ったけれど、歌が素晴らしくてアカペラに変えたのだそう。やはりアカペラパートは曲の顔かもしれませんね。

【関連サイト】
「BEHIND THE MELODY~FM KAMEDA」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/blog/fmkameda/

スイカのドライフルーツ その味は…?

J-WAVE午前の番組「I A.M.」(ナビゲーター:藤原恵子)のワンコーナー「7-ELEVEN FAVORITE DISH」。5/7のオンエアでは、農産物スイーツを販売するショップを紹介しました。

それが、ヒカリエの地下2階「ShinQs」にある「800や(はっぴゃくや)」。国産の農産物の消費拡大を目指して立ち上げられたスイーツブランドです。運営する株式会社アップクオリティ代表の泉川大さんに話を聞きました。

「800やの売り場自体は和菓子売り場になっているんですが、売り場では野菜を使った、さらに洋の要素も取り入れた“和スイーツ”を販売しています」(泉川さん)

そんな800やで、特に注目を集めているスイーツがあるのだそう。

「一番珍しいというか、『これすごいね』と言っていただけるのが、スイカのドライフルーツです。スイカってほとんどが水分じゃないですか。それを水分7%以下くらいまでにするんですね。皮もついた状態で三角形に切って、乾燥機に入れて低温で長時間、乾燥させるんですね。そして乾燥機のフタをパッと開けると、そのまま三角の状態でペラペラのスイカが出てくるんです」(泉川さん)

実際に試食した藤原さんは、その味を次のように話していました。

「これ、皮も種も丸ごと乾燥させているんですよね。食感は干し柿みたいなんですけど、かむほどにスイカそのものの甘味がどんどん出てきて、不思議な美味しさがあります。でも、そもそもスイカをドライフルーツにしちゃおうという発想そのものが面白いですよね」(藤原さん)

800やでは、このほかにリンゴのドライフルーツも販売しているのですが、こちらもカリッとしたものではなく、もちっとした食感。砂糖をはじめ添加物はゼロで、低温で長時間かけて乾燥させたものだそう。こちらもリピーターが多いといいます。

不思議な食感が楽しめる、珍しいドライフルーツ。お土産などに良いかもしれませんね。

【関連サイト】
「I A.M.」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/iam/

愛犬の終生を見守る「老犬ホーム」のサービス

5/6にオンエアされたJ-WAVE夜の番組「JAM THE WORLD」(ナビゲーター:野中英紀)のワンコーナー「CASE FILE」。放送では「老犬本舗」代表で動物介護士の川口美恵さんに“老犬ホーム”について話を伺いました。

老犬ホームとは、飼い主の様々な事情で飼い犬の介護が困難になった場合、飼い主に代わってその飼い犬の世話をする、“犬の老人ホーム”のような施設。世話の内容は、食事や排せつ、薬の服用の介助、体調の管理や衛生管理、リハビリを含めた歩行の介助など多岐にわたるそうです。

また、「老犬本舗」は老犬ホームとしてだけではなく、1泊からでも利用ができ、短期利用の場合は、その飼い犬に合った介護の仕方を預かり中に見つけて介護方法の改善などをアドバイスしてくれることも。

川口さんによれば、医療技術の進歩などにより、人間と同じく犬も高齢化しているそう。
また、昔とは違いマンションなどの庭がない家や、都心の建物同士が隣接している住環境などにより、飼い犬の介護をしたくても、それが許される環境がない家庭もあり、老犬ホームを利用する人が増えているそうです。

飼い主からすれば飼い犬はペットではなく、家族。家族と同じように愛しているからこそ生まれた施設なのでしょうね。

【関連サイト】
「JAM THE WORLD」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/

ディズニーランド 開園初日は大失敗の「ブラック・サンデー」

J-WAVE日曜の新番組「THE HUMAN」(ナビゲーター:西尾由佳理)。古今東西、歴史やブームを作った偉人達を紹介していくこの番組、初回となる5/5のオンエアでは、ウォルト・ディズニーを取り上げました。

ご存知、ミッキーマウスの生みの親であるウォルト・ディズニー。彼がつくったディズニーランドは今でこそ人気スポットですが、実はウォルトが提案した当初、周囲は大反対したのだとか。しかしウォルトの熱意に負け、気がつけば周囲も一緒に困難に立ち向かっていたのだそう。兄弟たちがスポンサー探しに奔走し、三大ネットワークのひとつ、ABCがディズニーの提案にのり、オープンまでこぎつけたといいます。

ディズニーランドが開園したのは1955年7月17日。しかし、オープン初日はかなり悲惨なありさまだったそう。

15000枚の入場券が配られたものの、偽造チケットが出回り、さらにはディズニーランドの壁にはしごを立てかけ、一人5ドルで中に違法侵入させる人まで出没。

キャパシティオーバーに加え、暑さで溶けたアスファルトに女性はハイヒールをとられ、工事が間に合わなかったトゥモローランドの歩道はぬかるみとなり、園内は怒声と悲鳴が飛び交う大混乱に。翌日の新聞はその混乱ぶりを伝えたものが多く、ウォルトも「初日はまさにブラック・サンデーだった」と落胆したといいます。

しかし、常に前向きのウォルトはすぐに改善命令を出し、次々と新しい計画、変更、修正を実施。その結果、不満や批判の声は減少し、開園から8週間で入園者数は100万人を突破しました。

今でこそ夢の国・ディズニーランドですが、そこに至るまでにはこうした苦難を乗り越えてきていたんですね。

【関連サイト】
「THE HUMAN」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/human/

栗山千明 納豆にはトマト×きゅうり×マヨネーズ!

J-WAVE夕方の番組「TOKYO REMIX ZOKU」(ナビゲーター:山田五郎・中川翔子)のワンコーナー「スキマコレクション」。5/4のオンエアではゲストに女優で歌手の栗山千明さんが登場しました。

有名芸能人の方々にオススメのグルメやスポット情報を聞くこのコーナーで、栗山さんが紹介してくれたオススメの品が「納豆」。それも栗山さんが特に好きな食べ方があるのだとか。

「私の家では、納豆にトマトときゅうりを刻んで入れて、マヨネーズをかけて食べるんですね。人に言うと『えー!合わないんじゃないの』ってよく言われるんですけど。でも私は出身が茨城県ということもあって、小さいころから納豆はおやつみたいな感覚だったんですよね。お腹すいたら納豆か塩辛みたいな(笑)」(栗山さん)

意外な食べ方を披露してくれた栗山さん。そして栗山さんと言えば、実は漫画好きな芸能人としても有名。そんな栗山さんには最近、漫画以外のインドア趣味が増えたのだそうです。

「比較的インドア派なので、最近はライトノベルにハマっています。どちらかといえば漫画派だったんですが、活字ってこんなに読めるんだなって。ライトノベルは漫画やアニメの延長のような感じで、台詞のやり取りとかも字で見るから面白さが倍増するようなものもあって、楽しいなと思って読んでいます。最近では西尾維新さんの作品で、『化物語(ばけものがたり)』『偽物語(にせものがたり)』などの『物語シリーズ』が好きで、よく読んでいます」(栗山さん)

そして栗山さん、実は番組パーソナリティーのしょこたんとも知り合いなのだそう。

「しょこたんとはお久しぶりになります。CMでの共演もありますし、今年の年始のドラマでも共演したんです。『ATARU』というドラマで、アドリブも多い現場だったんですけど、しょこたんがパッと来て、難なくこなしていく姿がとても頼もしかったです」(栗山さん)

と、意外な(?)しょこたんの姿を話してくれた栗山さん。このドラマの現場について、しょこたんは次のように話していました。

「ドラマでは出演は最初の1分くらいだけだったんです。そこでの台詞は、台本では普通の言葉だったんですけど、現場で北村一輝さんが『せっかくだからギザカワユスとか言ったら?』といろいろとアドバイスをくださったり、栗山さんも私の緊張をほぐすためにゲームの話やエヴァの話を振ってくれたりして。すみませんという感じでおじゃましていたんですが、すごくうれしかったです」(しょこたん)

栗山さんの意外な食の趣味や、しょこたんとの関係も分かったオンエアとなりました。

【関連サイト】
「TOKYO REMIX ZOKU」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tokyoremix/

ブログでの批判も御法度 シンガポールの厳しい報道規制とは

J-WAVE金曜の番組「~JK RADIO~ TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「TOKYO CROSSING」。5/3のオンエアでは、海外の番組通信員に国際電話を繋いで、報道規制について聞いてみました。

ジャーナリストによる非政府組織「国境なき記者団」。この記者団が公表している「世界の報道の自由度指数」という指標があり、日本の昨年度のランクは、震災後の原発事故に関する情報アクセスに問題があるなどで、前年の179カ国中22位から53位に急落したそうです。海外ではどうなのでしょうか?

たとえば、シンガポール。報道の自由度指数は179カ国中149位で、厳しい報道規制があるそうです。ゴミのポイ捨てやチューイングガムの罰金は有名ですが、一党独裁の政府は国の隅々まで規制を行っていて、その1つに報道も含まれています。テレビ番組は生放送で見られるのはスポーツくらいで、新聞でも国のイメージが悪くなるものは一切載せていないそうです。批判すると投獄や国外追放にされてしまい、ブログでの批判でも捕まってしまうとか。

この背景として、シンガポールは多民族、多宗教のため、人種や宗教の争いも許されないので、政府は国民の感情に火をつけないように規制をしているようです。

ちなみに、1963年にイギリスから独立して、たった数十年で経済大国にしたという政府に対する国民の信頼は厚く、番組通信員によれば「実際に生活しているとそれほど抑圧されている感じは受けない」といいます。「報道の自由」と一言でいっても、国が違えば事情も変わってくるのようですね。

【関連サイト】
「~JK RADIO~ TOKYO UNITED」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

News Ranking

Archive