Facebook Twitter LINE

包丁なしで料理できる「ファストフィッシュ」とは

J-WAVE朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MITSUBISHI JISHO TOKYO DICTIONARY」。7/23のオンエアでは「ファストフィッシュ」を取り上げました。

ファストフィッシュとは、あらかじめ内臓やウロコを取りのぞいて、さらに味付けしてパック詰めして販売している魚のこと。手軽に素早く調理ができることから、こう呼ばれているのだそう。これは去年から販売されているのですが、その背景には日本人の食生活の変化があるのだそうです。ファストフィッシュに詳しい日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会の、戸部依子さんに聞きました。

「日本人が魚を食べる量が減っているんですね。ひとり一日当たりの魚の摂取量の平均値が10年前に比べると約20グラム減っているんです。一方肉類は7グラムぐらい増加している状況です。こうした状況の中、水産庁が日本は周囲を海に囲まれていて水産物に恵まれているという良さを実感しましょう、という取り組み『魚の国の幸せプロジェクト』を開始したんですね。その一環として、気軽に水産物の消費量拡大をしましょう、という取り組みとして、ファストフィッシュの普及を開始しました」(戸部さん)

日本人の魚の摂取量減少を背景に生まれたファストフィッシュ。そのメリットは、何といっても手軽であること。

「すでにカットされて味付けされているので、買ってきてパックされている容器から取り出してそのまま焼いたり、電子レンジで温めることで食べられたり、包丁を使わずに調理できます。また食べきりサイズのものですとか、量の調節がしやすいものが多いので、上手に使えばおかずのバリエーションが増えます」

また、戸部さんによれば、食生活以外に日本人のライフスタイルの変化も、ファストフィッシュの人気の理由だと言います。

「私たちのライフスタイルはひとことで言うと『忙しい』。魚に限らず、手軽に調理できるものがとてもありがたい、という生活をしているんですね。魚は肉に比べて調理も食べるのも時間がかかるので、忙しい私たちの生活にはファストフィッシュは使いやすいものになっています。また、ファストフィッシュの中には骨を取りのぞいた物、骨まで軟らかくして食べられるものも出てきているので、高齢者にも対応していると言えます」(戸部さん)

魚は食べたいけど、さばくのはちょっと……という人にもぴったりの「ファストフィッシュ」。賢く取り入れれば、料理のバラエティを増やせそうですね。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

子どもより大人に大ウケ?「からだのひみつ大冒険」

J-WAVE昼の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)のワンコーナー「HILLS AGENCY」。7/22のオンエアでは、幕張メッセで開催中のイベント「からだのひみつ大冒険2013」をピックアップ。

このイベントは、アメリカのシルビア・ブランゼイのベストセラー絵本『Grossology(グロッソロジー)』を題材とした、「子どもが好きな体の中のきたないもの」を学べる参加体験型のイベントです。グロッソロジーとは、人間の体から出てくるうんち・おしっこ・おなら・ゲップなどを学ぶ、いわゆる“きたないもの学”のこと。

主催した株式会社ドリームスタジオの方は、「きたないものにフタをしないでそのまま見てもらうという画期的なイベントです。体から出るきたないものにはそれなりに訳があるので、なぜそうなるのかを理解して子どもも安心してほしいですね」と話します。

会場の入口は高さ4メートルの口の形をしていて、お尻の出口から出るとそこには巨大なうんちがあるとか。途中には、鼻水のしくみを説明してくれる「鼻水おじさん」、食道から滑り落ちる「すべりだ胃」、小腸のトンネル、おできの壁をよじ登るクライミングなど、子どもが楽しめそうなアトラクションが。「気持ち悪いとなぜ吐くの?」、「ゲップはどうして出るの?」といった体の不思議を、遊びながら学べてしまう展示になっているそう。

アメリカでは2000万人を動員した人気イベントを日本で開催するにあたり、当初主催社は、このネタが日本でウケるかどうか心配していたそうです。しかし意外にも、子どもと一緒に来たお母さんたちに大ウケしているそう。“きたないけど面白い”このイベント、実は子どもよりも大人の方が楽しめるかもしれませんね。

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

世田谷でできる蚊取り線香の手づくり体験

J-WAVE日曜の番組「HAPPINESS」(ナビゲーター:今宿麻美)のワンコーナー「NEW STYLES」。7/21のオンエアでは、世田谷区尾山台にある香りとメディカルアロマの教室「テオレのしっぽ」を紹介しました。

こちらでは、精油や体のことを学ぶことができ、自分の体調にあったアロマブレンドをつくるメディカルアロマ講座をはじめ、アロマ石けんや、お香づくりのワークショップを体験することができるそう。

精油は、もともと植物がもっているさまざまな成分が ぎゅっと詰めこまれた自然からの贈り物。心地よい香りで癒される 「アロマ(芳香)」 の世界をより深め、それぞれの精油のもつ働きをいかして病気の予防や症状を和らげる「 テラピー(療法)」 のことを、「メディカル・アロマテラピー」と呼び、フランスやベルギーを中心に発展してきたそうです。

オンエアでは「蚊取り線香」の手づくり体験の様子を紹介。蚊取り線香づくりには、メインに除虫菊の粉末、そして丁字、龍脳、山奈、かっ香など虫除けの作用がある木の粉末を使用し、さらに香り付けを良くするために、白檀も使うそうです。これらを自分の好きな割合で入れて混ぜていき、それを精油、水またはフローラルウォーターを入れて練って形を作っていくのだとか。

ちなみに、この手づくり蚊取り線香は自然の材料だけを使っているので、小さな子どもやペットがいても安心して使えるのだそうです。夏休みの体験に蚊取り線香づくりはいかがでしょうか?

【関連サイト】
「HAPPINESS」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/happiness/

親御さん必見! 子どもに夏休みの宿題をさせる方法

J-WAVE土曜の番組「KISS AND HUG」(ナビゲーター:SHELLY)のワンコーナー「KISS&HUG LOUNGE」。7/20のオンエアでは、教育評論家の親野智可等(おやのちから)さんが登場しました。

いよいよ夏休みシーズン。夏休みといえば「宿題」ですが、子育て中の親御さんたちは、子どもに宿題や勉強をさせることに悩みを抱えているそうです。

そこで、親野さんがオススメする方法が「とりあえず1問方式」。たとえば、朝ごはんの前に、算数なら1問だけやる、書き取りなら1文字だけ書くという方法。1問見ると全体を見ることになり、そこで「終わりを見る」ことができます。

これは、大人の仕事と同じで、全体の仕事量と終わりまでの道筋が見えないと、なかなかやる気がでないもの。子どももまた同じで、こうして「本格的に取りかかる時のハードルをさげる」ということが大事なポイントなのだそう。

親野さんのもうひとつのオススメ方法は「模擬時計」。アナログ時計などの横に勉強をスタートする時間と「勉強」という文字を画用紙に書いておきます。こうして「見える化」することで、勉強のことが頭の中に入って気になるようになり、その時間を1分でも過ぎると「約束を破ってしまっている」という罪悪感を感じて行動をするのだそうです。

そして、何かをしてほしいときは「否定的なことを言わない」ことも大事。どうしても「またアンタは○○しないで……」など、余計なことや否定的なことを言ってしまいがちですが、否定的に指示することは、相手のやる気をなくすので「〇〇しておくと気持ちがいいよ~」「さぁ、○○しようね」「1分でやろう。よーいドン!」など、否定せずに行動を促すことが大切なのだとか。これは先生が生徒を、上司が部下を教育する場面で使えそうです。

世の中の大人も、みんな昔は子どもでした。子どもの教育から学ぶことや、子どもを育てる上で私たちが学ぶことはまだまだたくさんありそうですね。

【関連サイト】
「KISS AND HUG」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/kissandhug/

機械式地下駐輪場「エコサイクル」の発想がすごい

J-WAVE金曜の番組「~JK RADIO~
TOKYO UNITED」のワンコーナー「MACROMILL THE HIDDEN STORY」。7/19のオンエアでは、株式会社技研製作所・高知本社の池田敏夫さんに電話を繋ぎ、機械式地下駐輪場「エコサイクル」を紹介しました。

JR品川駅を出てすぐの「こうなん星の公園」には、薄いグリーンの小さな建物がいくつか建っています。自転車に乗った人がそこへ近づき、自転車を扉の前に置くと、あっという間に自転車が扉の中へと吸い込まれていきました。

実はこれが、機械式地下駐輪場「エコサイクル」。扉の地下につくられた円筒形のスペースに自転車が運ばれていったのです。1998年に、高知工科大学に設置されたのを皮切りに、その後、東京では世田谷区の成城、三鷹、自由が丘、八王子のほか、香川県、和歌山県、大阪府など各地に広がっていったそうです。

平置きの駐輪所では、狭い通路を自転車を押しながらまわっても、なかなか空きが見つからなかったり、見つかっても隣の自転車をよけて置いたりしなくてはなりません。さらに自転車を取りに帰ってきても置いた場所を忘れてしまったりと、利用者は不便な思いをしています。それを機械が自動で搬送してくれて、搬出も出てくるまでの時間が平均わずか13秒ということで、利用者から便利だと喜ばれているそうです。

ちなみに、このエコサイクルが完成する前、「こうなん星の公園」の前の通りには1,000台ほどの放置自転車があったそうですが、今は1台も見ないほど綺麗になり、放置自転車の対策に効果があったそうです。素晴らしい発想と技術が合わさって誕生した同駐輪場。これからも、さまざまな場所で見かけることになるかもしれませんね。

【関連サイト】
「~JK RADIO~
TOKYO UNITED」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/blog/tokyounited_sys/

スイーツの次なるトレンドは「棒つき」? 脚光浴びるアイスバー

J-WAVE午前の番組「I A.M.」(ナビゲーター:藤原恵子)のワンコーナー「7-ELEVEN FAVORITE DISH」。人気サイト『おとりよせネット』とコラボした7/18のオンエアでは、スイーツジャーナリストの平岩理緒さんがオススメのお取り寄せスイーツを紹介しました。

平岩さんがおススメするのが、「ラ・ピエール・ブランシュ」の「Aセット アイスバーとチョコレートムースバー」。これは日本を代表するショコラティエ、白岩忠志シェフのチョコレート専門店、ラ・ピエール・ブランシュの夏限定の人気商品。アイスバー、いわゆる棒つきアイスです。

セットの内容は、シェフがアイス用に独自にブレンドしたチョコレートを使ったチョコレートアイスを筆頭に、イチゴやマロン、塩あずきのミルクバー、チョコレートムースが入ったアイスバーなど、7本のアイスが詰め合わせになっています。中でも平岩さんイチオシなのは、チョコレート味。「チョコレートアイスの上にチョコレートがかかっているものがおススメ」とのことで、早速、藤原さんが試食してみました。

「うん! 本当に高級感あふれる大人の味ですね。外側のチョココーティングが本当に、ショコラティエのショコラの味ですね。中に入っているアイス部分もすごく口どけが良くて、ビターで濃厚な味がひろがります。それなのに後味はすっきりしていますね」(藤原さん)

そしてセットにも入っている、もう一つのおススメが「チョコレートムースバー」。これはチョコレートムースが棒アイスになっているというもので、二通りの味わいが楽しめるという変わり種アイスバーです。

「これはチョコレートムースの新しい形で、口どけのいいチョコムースを、ビター感を抑えたチョコレートでコーティングしたものです。冷凍のままでもアイス感覚で楽しめますし、少し冷蔵庫で解凍していくとムースに近くなるので、半解凍にしたりと、ご自分の好きな状態で味わっていただけます」(平岩さん)

そしてこうした「棒つき」のスイーツ、実は今、世界的にも注目を集めているのだとか。

「フランスやベルギーなどのヨーロッパでも、今キャラメルやマシュマロが棒つきの形で販売されていて人気なんです。フランスの有名なパティシエの方が、アイスバーの形をしたケーキを作ったりもしています。日本でもアイスキャンディーがここ何年か復刻ブームのようになっていて、アイスキャンディー専門店が新しくオープンされるくらい注目されているんです」(平岩さん)

最近ではこのような、昔ながらのスイーツが再流行、というのがトレンドになりつつあるのだそう。この夏は流行を先取りして、棒つきスイーツを味わってみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「I A.M.」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/iam/

「週に3、4回は国会へ」 政治オタクだった春香クリスティーン

J-WAVE朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」は、今週お休み中の別所哲也さんに代わり、ショーンKさんがナビゲート。7/17オンエアのワンコーナー「MORNING INSIGHT」では、“芸能界随一の政治オタク”である春香クリスティーンさんがゲストに登場しました。

「国会議事堂の見学が趣味」というクリスティーンさん。5年前に来日したとき「高校の同級生たちがあまりに政治や社会の話をしないのにびっくりした」といいます。「住んでいたスイスでは、朝新聞を読んで学校の休み時間に政治の話をするのが普通で、そうやって自分の意見を言うのが当たり前でした。日本にそういう空気はなくて、友人とそういう話をするのはタブーのような雰囲気でしたね」(クリスティーンさん)。

「友人に政治の話をふっても『私が興味持っても変わらないし』とか『政治家なんて信用できないじゃない』って。じゃ、政治をよく見て知っているのか? と。 みんな聞いたようなことを言ってる気がして不思議でした。それなら自分で実際に見に行ってみようと、国会議事堂の見学ツアーに1人で参加したのが最初です」(クリスティーンさん)。

その後すっかり日本の政治にハマってしまい、今では国会議員の追っかけで生放送番組の“出待ち”をしたり、街頭演説を聞いて「ゾックゾクしている」というクリスティーンさん。バラエティー番組に出演しているときとは違う顔があるのですね。

そんなクリスティーンさんに、今回の参院選で気になる点を挙げてもらいました。
「この選挙後に国会がどう変わるか。議席数の割合によって今後の動きが変わると思うので注目したいですね。日本の選挙で難しいと思うのは、各政党の違いがわかりにくいこと。流れが激しいから、変化の動きに追いつくのが大変ですね。日本は、政治に限らず流行がすごいペースで変わるじゃないですか。でも、政策がトレンドじゃいけない。投票する側がぶれちゃいけないし、しっかり考えないといけない。投票率が特に若い世代で低いのが心配です。もっと若い人に政治に興味をもってほしいです」。

こう話すクリスティーンさんは、どこから見ても政治評論家の顔。最後にショーンさんも思わず「先生ありがとうございました」と言ってしまいました。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

News Ranking

Archive