Facebook Twitter LINE

魚の「口」をみればぴったりの料理法がわかる?

J-WAVE午前の番組「I A.M.」(ナビゲーター:藤原恵子)のワンコーナー「7-ELEVEN FAVORITE DISH」。7/16のオンエアでは、築地場外市場に誕生した「Re-Fish食堂」を紹介しました。

「正しい定食屋」をコンセプトにしたというこのお店について、店長の森山利也さんに伺いました。

「お店は別に特別なことをやっているわけではないんです。ただ、海の近くで自然に上がってくるものの中で、高くておいしいものを紹介するのではなく、旬によっておいしいものがたくさんありますよ、というのを紹介できればと。魚から始まる『日本の食』を感じられるような、日常使いできる定食屋さんを作ってみたいねというところから始まったんです」(森山さん)

お店にはまるで魚図鑑の様に魚のポスターが貼られており、種類別に紹介しています。そして釣り人でもある森山さんが、魚の種類に関する「目からウロコ」の知識を披露。

「タイなんかの赤い魚は、口が受け口になっていますよね。あれは海の底の方に住んでいるからなんです。逆に青魚の口は普通の形。これは海ではエサは上から落ちてくるからなんです。だから、口の形をみればその魚が海のどのへんに住んでいるかがわかる。底に住んでいるのは、煮つけや鍋物にすると美味しいです。もちろん刺身でも美味しいですが、出汁がすごく出るものが多いですね」(森山さん)

なるほど、口を見るだけで美味しい調理法がわかってしまうんですね。こうした知識を得ると魚料理をする意欲も湧いてきますが、お店ではさらに、実際に調理できるようにレシピも公開しているといいます。

「お店で出している料理に関してはレシピを公開しているし、聞いてもらえれば全部説明します。家でも同じように料理ができますよ、というものを紹介するようにしていますね」(森山さん)

ちなみに、お店の定番メニューは「りゅうきゅう丼」。お刺身を切って、しょうゆとみりんベースのタレに漬け込んで、そこに沖縄の唐辛子を投入。薬味とすりゴマを加えて、ご飯にのせればできあがり。聞いただけで食べてみたくなり、そして作ってみたくなるレシピです。

魚好きはもちろん、魚料理に挑戦したい人も要チェックの食堂です。

【関連サイト】
「I A.M.」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/iam/

六本木でトレーニングする武井壮 車道を走ったらスピード違反に?

7/15にオンエアされたJ-WAVEの特別番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL GYUKAKU presents NICE TO MEAT YOU!」(ナビゲーター:DJ TARO)。ゲストにタレントの武井壮さんが登場しました。

「ネット検索で“百獣の王”と入力すると“ライオン”じゃなくて1番上に名前が出てくる」(TAROさん)ほど大人気の武井さん。この日もすでに3本目のお仕事だという武井さんは、超過密スケジュールでまとまった睡眠時間もとれないのに、夏バテ知らずなのだそう。いつでも元気な姿を見せてくれる武井さんに、知られざるコミュニケーション術について聞いてみました。

「特にコミュニケーション術というのはないけど、とにかく人好きですね。生き物とかかわるのが好きで、特に人間としゃべれるのは楽しいでしょ。あと、さびしがりやなので、ホテル住まいが続いたころは毎晩さびしくなってフロントの人とおしゃべりしてましたね。意外とみなさん優しくて相手してくれるんです」と武井さん。他にも「仕事の現場でもスタッフにすぐ話しかける」「家がないときに某テレビ局のスタッフルームに泊まり込んでいた」「しゃべってくれない人は苦手だけどそういう人の前でもずっとしゃべってる」など、武井さんのコミュニケーション能力の高さをうかがわせる話がたくさんありました。

さらに武井さんは、「ブログという名前がつく前から始めて書いていた」ほどのSNS好きでもあるそうです。「たぶん初代ブロガーじゃないかっていうくらい。とにかくお知らせしたいし、それに対する反応もいただきたいし。今もいろんなコミュニケーションツールを使ってバンバンやってます」(武井さん)。

そんな武井さんだからこそ、ブレイクする前から芸能人の知り合いが多かったそうです。また、よく西麻布や六本木にいたのも芸能人と知り合うきっかけになったそう。実はそのエリアは「24時間店が開いてるし坂道が多いから」(武井さん)トレーニングに最適なのだとか。

「特に六本木ヒルズの階段は抜群ですね。こないだ六本木のトンネル脇でダッシュしてたら警察官がきて、『武井壮さんですよね、頑張ってください』と声をかけられました。『たまにやむを得ず車道を走ってることがあるかもしれませんが、そこは見逃してください』って言ったら、『そうですね、スピード次第ですかね』なんて警察官が言って(笑)」と話すと、「武井さん、走っててスピード違反(切符)切られる可能性あるんですか? 」とTAROさんもびっくり。「可能性はゼロじゃないでしょうね。気をつけないといけませんね」と否定もしないさすがの武井さんなのでした。

【関連サイト】
「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/holiday/20130715/

「いつやるか? 今でしょう」の林修はデキる夫

J-WAVE日曜の番組「SAISON AMERICAN EXPRESS CARD VINTAGE GARAGE」(ナビゲーター:ロバート・ハリス)。7/14のオンエアでは、「いつやるか? 今でしょう」で有名な、カリスマ現代文講師の林修さんが登場しました。

一人のときは音楽などを聴かず、テレビをよくつけるという林さん。「同時に2台つけていても大丈夫」というほどテレビっ子なのだそう。林さん曰く友だちは少なくて、自分から友だちをつくろうとすることもなく、教え子には「友だちは少ない方がいいぞ」と話すそうです。

林さんは、ラジオ、テレビへの出演や書籍のヒットなど多忙を極めており、去年は年間に200日ほどホテルに泊まっていたそうです。今年は300日ほど泊まることになるかもしれないそうで、最近は週に一度しか家に帰れていないとか。

ちなみに、お医者さんの奥さんと共働きだという林さんですが、家賃などはすべて林さんが払い、おこづかいまであげているそう。しかも物欲がほとんどなく、いま一番欲しいものは「ものすごくスチームがよく出るアイロン」と答えるように、ワイシャツのアイロンも自分でかけるという家庭的な林さん。まさに夫の鏡のような方ですね。

良き講師であり、良き夫でもある林さん。今後の活躍から目が離せませんね。

【関連サイト】
「SAISON AMERICAN EXPRESS CARD VINTAGE GARAGE」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/vintagegarage/

日本映画をシンガポール人アーティストがリメイクすると?

J-WAVE土曜の番組「ATELIER NOVA」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「MITSUI FUDOSAN 
COME ACROSS TOKYO」。7/13のオンエアでは、銀座の資生堂ギャラリーで開催されている個展『ミン・ウォン展 私のなかの私』を紹介しました。

シンガポール人アーティストのミン・ウォンさんは、ドイツのベルリンを拠点に活動しており、“象徴的なワールド・シネマの傑作に、リメイクという手法で自ら入り込み、語り口や脚本、演出技法に新しい解釈を加える”という映像インスタレーションを発表しています。

今回の個展は、日本映画を「時代劇」「現代劇」「アニメ」のジャンルに分類し、主要な登場人物を自ら演じてリメイクした3つの映像インスタレーション。ミンさんは日本映画とその歴史について調べる過程で、とくに古い作品に魅かれたそうです。

「初期の日本映画はサイレント映画で弁士がストーリーテリングする横に映像がありました。歌舞伎の舞台は平面的、二次元的なので大きなスクリーンのように見え、そんなところからも舞台と映画のつながりを感じました」(ミンさん)

作品づくりにあたって徹底的にリサーチを重ねるというミンさん。今回も映画について調べるほかに、大衆演劇や宝塚なども鑑賞し、日本の芸能に関しての知識を深めたそうです。この作品も今年の春に約一ヶ月、日本に滞在して制作されたそうですが、その間も積極的に街に出て東京の空気を感じたのだそう。銀座を歩く和服姿のママさんは、自分が作品の中で着物を着て歩くときにとても参考になったそうです。

日本文化もシンガポール人のミンさんを通して見ると、また違った表情を発見することができそうですね。

【関連サイト】
「ATELIER NOVA」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/atelier/

精神科医が「ひと夏の恋」をすすめる理由

J-WAVE金曜の番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「CURIOUSCOPE」。7/12のオンエアでは、精神科医の名越康文さんに「ひと夏の恋」について聞いてみました。

夏といえば「ひと夏の恋」。海や花火などのイベントも多く、そんな機会も増えてきそうですが、実際のところはどうなのでしょうか?

旅行比較サイト「旅比較ねっと」が、2011年に女性1,161人を対象に行ったアンケート調査によれば、「ひと夏の恋の経験」について「経験あり」と答えた人は20%、「経験なし」と答えた人は56%という結果がでています。名越さんによれば「昭和の頃はもっと多かった」とのこと。

「“ひと夏の恋”の出会いの場」については、「友だちの紹介」(19.0%)が一番多く、続いて「国内外の旅行中の旅先」(17.6%)「海、プール」(12.5%)「合コン」(10.7%)の順でした。

名越さんは、夏には楽しいイメージとは逆に、お盆やセミの死骸に見る短い命など「死」を連想させる効果があり、生殖活動が盛んになるのではないか、と考えているのだそうです。

ちなみに、このアンケートで「経験あり」と答えた人に「その恋は、どれだけ続いたのか?」をたずねたところ、一位は、「1日限り」(29.2%)。
以下、「1か月程度」(23.9%)、「1週間程度」(18.2%)と続き、約7割が短い期間で終わっています。まさに「ひと夏の恋」なのですね。

しかし、このような短い恋について、名越さんは「全然していないよりかは、していた方がいい」と言います。その理由は「人間は、失敗したり人を傷つけてしまったりしたとき、うまく言い訳できることも大事な力。失敗した恋愛を経験したときに『私はあれで経験を積めた』と、(これから起こる)人生で一番辛いことに対する“言い訳の練習”をしておかないといけない」そうです。

ひと夏の恋のメカニズムから、哲学まで。とても興味深いオンエアでした。

【関連サイト】
「GOLD RUSH」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

自己紹介で失敗しないための3Kとは

J-WAVE朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。7/11のオンエアでは「10倍伝わる話し方セミナー」代表の渡辺美紀さんをゲストに迎え、「伝え方のコツ」を聞きました。

現代人の関心が高まっているという「伝え方」。この背景には、連絡を何でもメールで済ませてしまったり、忙しくて時間がないために上手く伝えられなかったりという、近年のコミュニケーション事情があるとのこと。

そんな中、今回は渡辺さんが著書『言いたいことは1分で! 10倍伝わる話し方』の中で、「これは使える!」というベスト3を紹介しました。

その3つというのが「1分だけいいですか戦法」「低反発枕3点セット」「自己紹介で失敗しない3K戦法」です。それぞれ、具体的な方法をご紹介します。

まず「1分だけいいですか戦法」。これは若手社会人の悩みのトップである「上司や先輩に報告しなきゃなのに、相手が忙しそうでなかなか話を聞いてもらえない」というシチュエーションで使えるというもの。「今忙しいから」となかなか話を聞いてくれない上司に対しても、実は「1分だけいいですか?」と話しかけると99%その場で話を聞いてもらえるのだそう。確かに、相手も1分くらいいいかなと思うし、加えて話す方も「1分」と言ったからには上手くまとめて話すように努力するようになりますよね。双方にとってプラスになる方法と言えそうです。

ふたつめの「低反発枕3点セット」は、「これを言うと猛反発食らうんだよな……」ということを言わなきゃいけない時に、その反発を和らげるために使うもの。その3点セットというのは、まず「相手がやってくれていることを褒める」ことをして、次に「それについて自分の言葉で感謝」するようにします。そして最後に「相手に自分がどう貢献できるか」、つまり「そんながんばっているあなたに、私はこんなことをして役立ちたいんです」ということを伝えるようにします。この3点セットの後に反発されそうなことを言っても、受け止めてもらえることが多いのだそう。反発のありそうな提案をする時や、負担が増えるような頼みごとをする際に使えそうですね。

そして「自己紹介で失敗しない3K戦法」。これは自己紹介をする際に「関心・共通点・貢献」の3つの「K」を伝えるという方法。自己紹介というと、「私は今までこんなことをやってきました」「こんなことができます」という内容になってしまいがち。しかし人は自分の事に一番関心があるものです。なので、自己紹介の際にも「私はあなたのこんなところに関心があって」「こんな共通点があって」「こんな私だからあなたに貢献できます」ということを伝えると、聞いてもらえることが多いそうです。

これが具体的に役立つのが、就職活動の場面。実際に面接でこの方法を実践し、見事合格を勝ち取った人もいるとのこと。就活学生はぜひ活用したいですね。

実際に役立つ場面の多そうなコミュニケーション術、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

亀田誠治が語る 「実はヒーローソングは究極のラブソングだった」 

J-WAVE 昼の番組「BEHIND THE MELODY~FM KAMEDA」(ナビゲーター:亀田誠治)。7/10のオンエアでは、ヒーローソングを特集。亀田さんが「聞くだけで強くなる。1曲300メートル」というヒーローソングを集めて紹介し、その魅力に迫りました。

『HERO』がタイトルになっている曲は、甲斐バンド、ミスターチルドレン、モンキーマジック、マライア・キャリー、ファンキーモンキーベイビーズなど、たくさんのアーティストが歌っています。曲の中で歌われているヒーローはさまざまですが、そこにどんな思いが込められているか、亀田さんが解説しました。

「強い」、「弱い人を守る」、「必ず約束を守る」のがヒーロー。そして、ヒーローは守ってくれるだけでなく、がんばれと応援できる存在。つまり励まし励まされるのがヒーローなのだとか。亀田さんによると「ウルトラマンなんか3分でしっかり仕事しますからね(笑)。これって実生活では理想の人間像ですね。『こんな人がいたらいいのに』と誰もが日常にヒーローを求めているのです」。

しかも、ヒーローソングは「サウンド的には、アップテンポであおるのもバラードでも何でもいけちゃう。どんなアレンジでも受け入れてくれて、度量が広いですね」(亀田さん)と、まさにヒーローそのものと言えそうです。

「ヒーローソングの中で歌われるのは、愛する人や家族、自分、友達などごく個人的な関係を守るヒーロー。個人的な小さな愛を“ヒーロー”という言葉で大きな愛に増幅した究極のラブソングなんです。ヒーローがよろずの愛を引き受けてくれるわけですね」(亀田さん)。そのため、「永遠の」「君だけの」といったアツアツベタベタの歌詞が頻繁に使われるけれど、これが普通の歌では甘すぎてしまうのが、相手がヒーローなら不思議と誠実で力強い歌になってしまうのだそう。

何気なく聞いていたヒーローソングが、実は究極のラブソングとは。改めて聞くと、今までと違うものに聞こえるかもしれませんね。

【関連サイト】
「BEHIND THE MELODY~FM KAMEDA」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/blog/fmkameda/

News Ranking

Archive