Facebook Twitter LINE

オバマ大統領もお気に入り? ニューヨーク産のワインに注目

J-WAVE 昼の番組「RENDEZ-VOUS」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「MAP THE WORLD」。10/23のオンエアでは、新しいニューヨークの象徴として「ニューヨーク・ワイン」にスポットをあてました。

アメリカのワインと聞けば、温暖な地域で造られるパワフルなカリフォルニアワインを思い浮かべる人も多いかも。けれど実は、ニューヨークにも冷涼な地域で造られる飲み口のよいエレガントなワインがあると教えてくれたのはニューヨーク産のワインを専門に扱う輸入会社「GO‐TO WINE」代表の後藤芳輝さん。

今年1月、オバマ大統領の第二期就任式の昼食会で選ばれた2種のワイン、実はニューヨーク州で造られた「フィンガー・レイクス」のリースリングと、「ロングアイランド」のメルローでした。これをきっかけに、ニューヨークのワイナリーが産地として注目を浴びはじめたそうです。

「ナパバレーでは、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)とともにカリフォルニアワインの質を向上させたという背景がありますが、ニューヨークでは、コーネル大学がワインの醸造に力を入れていて、ワイナリーと多くの情報や技術の交換をしています。結果、ここ10年でワインの質がものすごく上がりました」と後藤さん。また若い生産者が多く、地域をワインで盛り上げようという仲間意識から交流も盛んだそう。

「ブルワリー(ビールの醸造場)は男性客が多いですが、ニューヨークのワイナリーは半数が女性。しかもかなりおしゃれです」(後藤さん)。

フランスワイン、イタリアワインもおいしいですが、今度ワインを飲む機会には、ニューヨーク・ワインを楽しんでみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「RENDEZ-VOUS」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/rendezvous/

ピア二ストならではの? 映画の観方とは

J-WAVE午後の番組「RENDEZ-VOUS」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「Daiwa House SECRET NOTES」。10/22のオンエアではピアニストの西村由紀江さんが、ピアノが「名演技」をみせる映画を紹介しました。

西村さんが「ピアノに助演賞をあげたいくらいの名演技をする映画」と話すのが、1993年公開、カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作の「ピアノレッスン」。

物語の主人公は、未開の地だったニュージーランドにやってきた話すことができない女性、エイダ。彼女は言葉で会話をする代わりに、ピアノの演奏で気持ちを伝えます。そんな彼女のピアノのメロディに応えたのは、無骨な夫ではなく、先住民マオリ族の男性。彼にピアノのレッスンを施すうちに、彼女の心の中に激しい感情が芽生えていく――というもの。

この映画の中で使われているのがマイケル・ナイマン作曲の『楽しみを希(ねが)う心』。その美しいメロディは何度も繰り返されるうち、自然に物語の中にトリップしてしまいそうです。

この映画を西村さんは「主人公の心の葛藤を代弁する存在としてのピアノは、助演を通り越して、主役といってもいいかもしれません」と絶賛。

ちなみに主人公は当初、「エイリアン」シリーズのシガニー・ウィーバーが想定されていたそうなのですが、女優ホリー・ハンターが大プッシュ。彼女自身、ピアノが達者だったこともあって、見事に主役を手に入れました。

ちなみにピアニストということで、西村さんは「映画を観る時に音楽は気になりますか?」という質問をよくされるのだそう。これに対して、西村さんは次のように答えています。

「もちろん、気になります。時々音楽ばっかり聞いていて、ストーリーが頭に入ってこないという時があるんですね。そんな時は自分でスイッチを入れるんですね。『もう、音楽は気にしない!』っていう、そういうスイッチを入れるんです」(西村さん)

スイッチを入れないと気になってしまうというのは、さすがはピアニストという感じがしますね。音楽に携わる人ならではの、映画の観方かもしれません。

【関連サイト】
「RENDEZ-VOUS」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/rendezvous/

ソーシャルゲームのヒットは“分析力”にあり?

J-WAVE 朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING VISION」。10/21のオンエアでは、「パズドラ(パズル&ドラゴン)」に代表されるソーシャルゲーム、オンラインゲームの世界に焦点をあてました。

日本でのダウンロード数は1900万回を越え、北米、韓国でも100万回を超えたという大ヒットソーシャル、オンラインゲームのパズドラ。その制作会社ガンホーが先日、ソフトバンクとともにフィンランドのゲーム会社を買収すると発表しました。これにより、ソーシャルゲーム界の勢力図にも変化があるのか、この買収の意味するところを知りたいという別所さんの質問に、ITをはじめソーシャルゲーム市場に詳しいフリージャーナリストの西田宗千佳さんは以下のように答えました。

「フィンランドはソーシャルゲームでは日本に並んで先進的な国。ヒットを多く持つ会社を買収することで、グローバルなヒット商品の開発ができます。ゲームは、グラフィックだけでなく、各国で面白いと思うポイントが違うので、どうやって相手国の感覚を取り入れるか、というときにも役立ちます」(西田さん)。

「ゲームそのものがヒットするかどうかは分かりませんが、ヒットした商品からどのように収益を上げるか、という法則はある程度見えています」とも話す西田さん。面白さを追求していた今までのゲームに比べ、オンラインゲームはプレイヤーの嗜好を分析し、より面白く、より収益をあげる方向に修正しやすいそう。出来上がったら終わりではなく、徐々に改善していくところがポイントなのだとか。

スマートフォンの普及により簡単で、しかも多くの人がはまってしまうゲームが登場しています。最近のパズドラ人気は40代から50代の年齢層にも広がっているそう。今後も続々と登場する新しいゲームに注目しつつ、上手に付き合って楽しんでいけたらいいですね。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

実は別人だった? 50人以上のシェイクスピア説

J-WAVE日曜の番組「THE HUMAN」(ナビゲーター:西尾 由佳理)。10/20のオンエアでは、ウィリアム・シェイクスピアの謎多き人生を紹介しました。

『ロミオとジュリエット』『ハムレット』『リア王』など、数々の代表作品を持つシェイクスピアは1564年、田舎町ストラトフォード・アポン・エイヴォンで生まれました。彼は18歳の夏に8歳年上の女性と結婚しますが、この頃シェイクスピアが何をしていたのかは一切不明なのだそう。今から400年以上も前に活躍した人物だけに、彼に関する事細かな記録は残っていなかったからです。

田舎で育ったシェイクスピアの名前は8年間の空白を経て、1593年に刊行された詩集の作者としてロンドンに登場します。この8年間の空白については「イタリアを旅していたらしい」「船乗りをしていたらしい」「軍隊に入って従軍していたらしい」など、さまざまな憶測が飛び交いました。分からないことが多いからこそ、さまざまな噂が生まれ、実は「戯曲家・シェイクスピアは別人だった」という説まであるそうです。

その理由というのが、田舎生まれの庶民なのに彼の残した作品には宮廷生活や医学、法律用語などの専門知識がたくさんでてくること、戯曲と詩のほかにシャイクスピアが書いたとされる手紙や日記がないこと、本人のものと思われる6つの公式文書や署名が、6つともスペルが違っていることなどで、これまで世界中でシェイクスピア別人論争が繰り広げられてきました。

では、誰がシェイクスピアだったのかというと、フランシス・ベーコン説や、オックスフォード伯爵説、クリストファー・マーロウ説など、なんと50人以上もシェイクスピアだったのではないかという人物がいるのだそうです。

今となっては、その真相を知るのはシェイクスピア本人のみ。彼が誰であったとしても、彼の作品は名作として今度も後の世に受け継がれていくのでしょうね。


【関連サイト】
「THE HUMAN」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/human/

陶芸家、料理家、音楽家…全国から作り手が集まる祭りとは

J-WAVE土曜の番組「ATELIER NOVA」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「MITSUI FUDOSAN
COME ACROSS TOKYO」。10/19のオンエアでは、さまざまな作り手が集う「もみじ市」を紹介しました。

同イベントは陶芸家、布作家、料理家、音楽家、農家、イラストレーター、エッセイスト、カフェなどさまざまな ”ものづくりびと” が集い、2 日間だけのマーケットを開く「大人の文化祭」。全国から集まった出展者は2日間で125組にものぼるそうです。もみじ市は今回で、9回目。今年のテーマは「カラフル」で、さまざまなカラーをもった作家たちが集まっているとか。

イベントの目玉の一つが、来場者も “ものづくりびと”になれるワークショップ。イラストレーターユニットがお面をつくるワークショップでは、台紙を切ったり貼ったりしながらカラフルなお面を作って、最後は楽器にあわせて会場中をパレードします。

もう一つの目玉は、大きなタペストリーの前で写真を撮って、ツイッターで投稿するイベント。後日、その中で最もカラフルだった人に大賞が贈られるそうです。

開催期間は本日20日まで、雨ですので第二会場の東京オーヴァル京王閣で行なわれています。芸術の秋を満喫できそうなアートなイベントですね。

【関連サイト】
「ATELIER NOVA」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/atelier/

装丁家 村上春樹の装丁で「変なお腹の痛さ」

J-WAVE金曜の番組「-JK RADIO-TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「MACROMILL THE HIDDEN STORY」。10/18のオンエアでは、本の装丁を手がける装丁家、大久保明子さんが登場しました。

株式会社文藝春秋のデザイン部に所属している大久保さん。これまでに装丁を担当した本の数は、およそ1,000冊にものぼるそうです。

私たちが普段目にする本の装丁ですが、どのような流れで作られていくのでしょうか。大久保さんによれば代表的なのは、編集者が1カ月半~2カ月くらい前に原稿を持ってきて、読む前にデザインはイラストレーターに頼むのか、絵にするのか、文字にするのかなど編集者に希望を聞くそう。たとえば編集者が絵でいきたいとしたら、その絵を「誰に頼むか」と考えながら原稿を読むそうです。

ここ最近の本の装丁で印象深かったのは、やはり、村上春樹さんの小説『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』だったという大久保さん。

超大物作家の新刊ということで、世間一般にはもちろん、社内ですら秘密で本を作っており、ラフ(おおまかな下書き)を作る段階でも、会社に早朝に行ったり、休みの日に行ったり、プリントアウトもすぐに回収したりと、かなり気をつかったとか。さらに、書名が公表されてからもビジュアルは発売日まで絶対に秘密だったそうで「そういう意味で緊張して変なお腹の痛さが……(笑)」と大久保さんは話しました。

「色彩を持たない……」というタイトルでしたが、作品には色の名前がついている登場人物が出てくるので、カバーは「カラフルなものにしよう」というコンセプトで考えていたという大久保さん。結果、アメリカの画家、モーリス・ルイスさんの『Pillar of Fire(火の柱)』という作品が採用されました。村上春樹さんは即決だったそうで、大久保さん自身も一番いいなと思っていた絵だったのでとても嬉しかったとか。

年間60冊の本の装丁を手がけている大久保さんは、最後に「紙の本を『いいな』と思ってもらいたい。
そのためにはどうすればいいか、いつもベストを尽くしています」と話しました。作品の数だけ、本のカバーにもストーリーがあるようです。

【関連サイト】
「-JK RADIO-TOKYO UNITED」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

装丁家 村上春樹の装丁で「変なお腹の痛さ」

J-WAVE金曜の番組「-JK RADIO-TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「MACROMILL THE HIDDEN STORY」。10/18のオンエアでは、本の装丁を手がける装丁家、大久保明子さんが登場しました。

株式会社文藝春秋のデザイン部に所属している大久保さん。これまでに装丁を担当した本の数は、およそ1,000冊にものぼるそうです。

私たちが普段目にする本の装丁ですが、どのような流れで作られていくのでしょうか。大久保さんによれば代表的なのは、編集者が1カ月半~2カ月くらい前に原稿を持ってきて、読む前にデザインはイラストレーターに頼むのか、絵にするのか、文字にするのかなど編集者に希望を聞くそう。たとえば編集者が絵でいきたいとしたら、その絵を「誰に頼むか」と考えながら原稿を読むそうです。

ここ最近の本の装丁で印象深かったのは、やはり、村上春樹さんの小説『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』だったという大久保さん。

超大物作家の新刊ということで、世間一般にはもちろん、社内ですら秘密で本を作っており、ラフ(おおまかな下書き)を作る段階でも、会社に早朝に行ったり、休みの日に行ったり、プリントアウトもすぐに回収したりと、かなり気をつかったとか。さらに、書名が公表されてからもビジュアルは発売日まで絶対に秘密だったそうで「そういう意味で緊張して変なお腹の痛さが……(笑)」と大久保さんは話しました。

「色彩を持たない……」というタイトルでしたが、作品には色の名前がついている登場人物が出てくるので、カバーは「カラフルなものにしよう」というコンセプトで考えていたという大久保さん。結果、アメリカの画家、モーリス・ルイスさんの『Pillar of Fire(火の柱)』という作品が採用されました。村上春樹さんは即決だったそうで、大久保さん自身も一番いいなと思っていた絵だったのでとても嬉しかったとか。

年間60冊の本の装丁を手がけている大久保さんは、最後に「紙の本を『いいな』と思ってもらいたい。
そのためにはどうすればいいか、いつもベストを尽くしています」と話しました。作品の数だけ、本のカバーにもストーリーがあるようです。

【関連サイト】
「-JK RADIO-TOKYO UNITED」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

News Ranking

Archive