Facebook Twitter LINE

藤野可織 「景気良く」ホラー映画を鑑賞中に芥川賞

J-WAVE朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。10/17のオンエアでは、『爪と目』で芥川賞を受賞した、藤野可織さんがゲストに登場。藤野さんの性格や好きな作家さん、おススメの本などについて聞きました。

今年、芥川賞を受賞した藤野さん。受賞の知らせは、ホラー映画を見ている最中に聞いたといいます。

「新潮社さんの会議室にいたんですが、選考を待つときは編集者さんもこちらに気を遣うと思うので、お互いに気まずい思いをしないように、景気良くホラー映画でも観て楽しく過ごそうかなと思いまして(笑)。ホラーは本当に怖いのもあるんですが、結構笑えるところもあるので、いつも気楽に楽しく観てます」(藤野さん)

この言葉に思わず「景気よくって!(笑)」と笑う別所さん。ホラー好きだという藤野さんですが、お化け屋敷なんかも好きかというと、そこは別のようです。

「自分が怖い体験をするのは嫌なんです。お化け屋敷もこの前入る機会があったんですけど、怖くてキャーキャー言っていました(笑)。ホラー映画は安全なところからゆったり座って笑っていられるので」(藤野さん)

そんな藤野さんの最新刊『おはなしして子ちゃん』は、そうしたホラー好きの部分を反映してか、収録されている短編はどれもゾクリとするような不気味さを帯びたものばかり。『爪と目』に続き、人間の怖さ、嫌な部分が描かれた作品になっています。

「このホラー要素のようなものは、作家としてのテーマなのでしょうか?」と別所さんが尋ねたところ、意外な答えが。

「別に自分では『これがテーマ』と思って書いているわけではないんです。でも自然にそういう作品になっているので、私自身にそういう傾向があるんだと思います。人間がそういう嫌な側面をもっているのは普通の事だと思うので、肯定も否定もせずに、そうなのだということを書きたいと思っています」

そんな藤野さん、ご自身はどんな本を読まれるのでしょうか。

「私はロシアのウラジーミル・ソローキンという作家さんが大好きなんです。日本では『愛』とか『ロマン』という作品を出していて、どちらもキュンとするようなタイトルなのに、両方ともすごくひどい本なんです(笑)。でも大好きで、すごく面白いです。ほかにはジュノ・ディアスの『こうしてお前は彼女にフラれる』という作品がすごく面白かったです。浮気をしまくって振られ続ける男の人の話で、辛い話ばかりなんですけどすごく面白かったです。こちらは話のサイクルが速いので、たくさんの時間がそこに描かれているんですね。短い話なのにまとまった分量の時間が流れているところが面白いなと思いました」(藤野さん)

どちらの作品も、藤野さんならではの視点でその魅力を語ってくれました。藤野さんの作品とあわせて読めば、藤野さんが生み出す「不気味な」世界観がより理解できるようになるかもしれませんね。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

女子力がアップする? フランス生まれの“宝石”石けんの実力

J-WAVE朝の番組「I A.M.」(ナビゲーター:藤原恵子)のワンコーナー「Q・B・B Cheese Dessert SIGN OF THE TIMES」。10/16のオンエアでは、美容家ドミニク・ノヴァク氏によって開発された宝石のような石けん「サボンジェム」を紹介しました。

石けんを使った後の喜びが、見た目の美しさを越えなければならない、というのが開発者ノヴァク氏のコンセプト。サボンジェムはフランス語で「宝石の石けん」という意味です。天然由来の植物エキスやビタミン、ミネラルを配合したフレグランスソープで、その形や色は宝石をモチーフに華やかに美しく作られ、12種類のタイプがあります。香りもそれぞれに違いますが、これは花言葉ならぬ“石言葉”からフランスの調香師によって決められたものだとか。

一番人気は、バラの香りがベースで淡いピンク色の「ローズクォーツ」。恋愛や愛情、優しさという石言葉からイメージした香りで、スタジオで実物を手に取った藤原さんも「女子力がアップしそう!」とコメントしていました。

「石けんは泡立ちが命。ボウルの中にソープネットで泡立てた泡を作っておいて、顔や体をマッサージするように洗うと、クレンジング効果もあり石けんのエッセンスを感じられます」と話してくれたのは、サボンジェム事業部の担当者。さらに、作った泡を顔にのせて湯船に入って1~3分放置すると、汚れが浮き出てさっぱりし、その後石けんのしっとり成分が感じられるそうですよ。

先月、世界初のサボンジェム直営店が東京駅近くの大丸東京店にオープンしました。“宝石石けん”で優雅に、疲れもくすみも洗い流してみてはいかがでしょう?

【関連サイト】
「I A.M.」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/iam/

リア充ならぬ「ヘヤ充」 働く女性に増えているワケ

J-WAVE朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MITSUBISHI JISHO TOKYO DICTIONARY」。10/15のオンエアでは、リア充ならぬ「ヘヤ充」という言葉がトピックスに。

「ヘヤ充」とは、自分の部屋でくつろぐ時間を充実させて、その結果、自分を充電するというもの。このヘヤ充を求める女性が、今増えているといいます。その背景には一体何があるのでしょうか。今回は20代から30代の働く女性について調査している、キリンビール株式会社マーケティング部・商品開発研究所の中村早織さんに聞きました。

「調査によると、今、部屋での時間が充実している人が10%ほどで、もっと充実させたいと考えている人が80%ほどいるという結果が出ました。少し前は女子会やホームパーティーなどをする人が多かったんですが、最近はそれに疲れてしまって、自分の時間、素の時間を求めている人が増えているようです」(中村さん)

全体的にヘヤ充を求める傾向にあるという昨今。中でも、働く女性にとっては部屋での時間を充実させることが重要になってくるのだそう。その理由については次のように話します。

「男性は仕事の後に居酒屋やバーに飲みに行ったりするなど、オンオフの切り替えをする場があるんですが、女性にはそうしたスイッチがなかなかないんです」(中村さん)

また、ヘヤ充というとどこか内向きな傾向に感じますが、実際にはそうではないと説明します。

「ヘヤ充で自分の時間を充実させることで、その他の時間も充実させることができるんです。内向きの動きというよりは、外での時間を充実させるために、内側も充実させるという考え方なんです。リア充あってのヘヤ充実なんですね」(中村さん)

最近ではひとりカラオケ、ひとり焼肉、女性のひとり旅も増えているのだとか。さらにはヘヤ充向けのお酒も販売されているそうです。快適な部屋をつくることでうまくスイッチをオフにして、リア充な生活を送りたいですね。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

サッカー元日本代表・宮本「目標を設定することが夢への近道」

10/14にオンエアされた「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL DREAM NAVIGATOR」(ナビゲーター:サッシャ)では、「夢」をキーワードにサッカー元日本代表の宮本恒靖さんにお話しを伺いました。

FIFA国際サッカー連盟が運営する、スポーツ学に関する修士課程「FIFAマスター」を修了して帰国した宮本さんですが、この課程を受けた10ヵ月(昨年9月から今年7月まで)は、サッカープロ生活17年に匹敵するほどの大きな経験になったそうです。

「サッカーに関すること、スポーツに関すること、その歴史、クラブ経営、マーケティング、ブランディング、経営戦略など、今まで選手としては知りえなかった部分を学び、毎日が新しい発見の連続だった」(宮本さん)

そんな宮本さんですが、スポーツには、人材の育成や、子どもを健全に育てるなど、想像している以上に色々な力があるのではないかと考えています。スポーツを観て得られる感動、やって得られる喜びなど、心を養い、体を鍛える力があるので、それが最大限に利用される社会になってほしいと話しました。

ドイツ出身のサッシャさんが、「ヨーロッパに比べると日本は生涯スポーツになってる人が少ないのでは?」と質問すると、確かにやり易さの点でも劣っていて、ハードルが高いし安全にスポーツができる場所の提供も必要だ、と改善点を指摘する宮本さん。2020年に開催される東京オリンピックにむけての7年間も、いいパフォーマンスができる環境作りはもちろん、アスリートが正当に評価される社会になってほしい、と将来を見据えます。

「夢」をキーワードにしたこのオンエアですが、宮本さんは最後に「目標を設定することが夢への近道であり、それをクリアした回数で夢が実現に近づくのかなと思う」とメッセージを贈りました。

【関連サイト】
「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL DREAM NAVIGATOR」
https://www.j-wave.co.jp/holiday/20131014/

「ココ・シャネル」実は歌手時代についたニックネームだった

J-WAVE日曜の番組「THE HUMAN」(ナビゲーター:西尾 由佳理)。10/13のオンエアでは、20世紀を代表するファッション・デザイナー、ココ・シャネルにフォーカスしました。

高級ブランドとして知られる「シャネル」。その創設者であるココ・シャネル(本名は、ガブリエル・ボヌール・シャネル)は、1883年にフランスで生まれました。しかし、11歳のときに母親が亡くなり、父親に捨てられ孤児院で育つことになったシャネル。孤児たちが孤児院を出てもすぐに仕事に就けるように、シスターたちは熱心に裁縫を教えていたそうです。

やがて18歳になり、孤児院を出て洋裁店のお針子として働くようになったシャネルは、当時流行っていたパリで生まれたカフェで行なうコンサート「カフェ・コンサール」に魅了されました。当時の彼女の夢は、カフェ・コンサールの歌手だったのです。

面接を受けて採用されたシャネルの持ち歌は『Ko Ko Ri Ko(コケコッコウ)』と『Qui qu'a vu Coco dans le Trocadero(トロカデロでココを見たのはだれ)』の2曲だけでしたが、彼女が舞台に立つと観客は「コッコッ」とニワトリの鳴き声をマネて声援を送りました。こうしたことから、いつしかシャネルは、「ココ・シャネル」と呼ばれるようになったそうです。

誰もが知る「シャネル」ですが、ココ・シャネルが実は歌手を目指していたなんて意外ですね。

【関連サイト】
「THE HUMAN」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/human/

宇都宮で大迫力の「ジャパンカップサイクルロードレース」

J-WAVE土曜の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・山田玲奈)のワンコーナー「JR EAST STATION TO STATION」。10/12のオンエアでは、栃木県宇都宮市で開幕する「ジャパンカップサイクルロードレース」を紹介しました。

今年で22回目を迎える「ジャパンカップサイクルロードレース」。この大会は、アジア最高位の自転車ワンデーロードレースとして知られており、世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」に出場しているスター選手が多数来日する国内唯一の大会として、日本中の自転車ファンが注目しているそうです。

見どころは、ジャパンカップ名物の古賀志林道の上り坂。標高差185メートルのこの坂道を必死で駆け上がる選手たちの姿を、最も間近で見られる絶好の観戦ポイントだそうです。

開催期間は10/18~10/20。世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」のような迫力の光景を日本でみるチャンスですので、この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか?

【関連サイト】
「RADIO DONUTS」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

年間100件プロデュース 「運動会屋」とは

J-WAVE金曜の番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「CURIOUSCOPE」。10/11のオンエアでは、運動会の運営を請け負う「運動会屋」代表の米司隆明さんが登場しました。

秋といえば運動会。でも運動会というイベントは日本独特のもので、海外の人たちの目から見たら、玉入れ競争や、綱引きをしている姿は少し不思議な光景に映るかもしれません。さて、この運動会をプロデュースしているという「運動会屋」。企画・運営・準備・会場探し・用具の貸し出し・お弁当・保険の紹介まで、トータルサポートをしているそうです。

たとえば、企業運動会。バブルの時代には盛んに行なわれていましたが、その後景気の低迷とともに減少しました。しかし「時代背景の中で、運動会の存在意義・実施意義が見直されてきてきたのだと感じています」と米司さん。実際に年々、運動会のプロデュース依頼が増えており、現在は年間100件ものプロデュースを行なっているそうです。

ちなみに、盛り上がる運動会にするポイントを米司さんに聞いてみたところ、午前中の最初に「大縄跳び」をして午前中の最後に「綱引き」をすると運動会がずっと盛り上がるという鉄板の法則があるそうです。これは最初にチームが一体となって団結するからだそう。

実際に運動会を依頼した会社からは「数週間、運動会の話で持ち切りです」など社内が明るくなった、という報告の声が寄せられているそうです。もちろん企業だけではなく、企画がマンネリ化している学校や地域の運動会、マンションの住人同士での運動会、結婚相談所の男女による合コン運動会など、さまざまな依頼者から運動会のプロデュース依頼を受けているとか。

運動会を依頼する場合の費用ですが、だいたい100人で70万円くらいから依頼OKだそう。中にはタレントを呼んだり、会場をコンサート会場にしたり、Tシャツを色分けで作ったりと、300万円ほどかける依頼者もいるそうです。

大人になってからは、参加する機会がほぼ無くなった運動会。熱中すればするほど、仲が深まりそうですね。

【関連サイト】
「GOLD RUSH」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

News Ranking

Archive