Facebook Twitter LINE

絶品バウムクーヘンの新しい食べ方 薄くスライスして...

J-WAVE午前の番組「I A.M.」(ナビゲーター:藤原恵子)のワンコーナー「7-ELEVEN FAVORITE DISH」。10/10のオンエアでは文筆家の甲斐みのりさんがイチオシのスイーツを紹介しました。

そのスイーツというのが、奈良県のデルベアからお取り寄せした「自然のバウムクーヘン」。実はこのバウムクーヘン、基本的にはお取り寄せ限定で、店主の熊倉さんという方がお一人で作っているのだそう。そんなこだわりの逸品の魅力を、甲斐さんに語ってもらいました。

「本当にいい素材ばかり使っているんです。バウムクーヘン自体は素朴な味わいなんですけど、その中でも卵の力、バターの力、といったように素材が持つ力を感じられるようになっていて。卵を買うのにも車で1時間ほどかけて奈良の山間部まで自ら買いに行くようにしているそうで、本当に安全なものだけを使って作るようにしているそうです」(甲斐さん)

さらに製法にもこだわっているとのことで、ひとりで作っているからこその苦労もあるようです。

「選び抜いた素材を使って、ドイツの昔ながらの『別立て製法』という方法で作っているため、バウムクーヘン本来の味わいを感じられます。焼き上げる際にも、桜の木に生地を巻きつけて、特注の直火オーブンで一層一層焼き上げているので、完成するまで3時間くらいはオーブンから片時も離れずに焼き加減を見極めて作業されているそうです。体力と集中力が本当に必要な職人技で作られています」(甲斐さん)

ここまでこだわった逸品だけに、甲斐さんは「デルベアのバウムクーヘンは、いつもお世話になっている目上の方に贈りたいなと思っています」と話します。乳化剤や添加物など一切使っていないので、大人はもちろん、小さなお子さんがいる家庭に送っても喜んでもらえそうですね。

そんな絶品バウムクーヘン、一体どんな味がするのでしょうか。藤原さんに試食してもらいました。

「生地の密度がすごく濃くて、ギュッとしてますね。重さもずしっとしていて。バニラと蜂蜜の風味がふわあっとしてきます」(藤原さん)

しっかりと感じられる素材の味に、藤原さんも感心していた様子。ちなみに、甲斐さんがおススメする食べ方は「薄くスライスして、トーストして食べる」という方法なのだとか。カリッと焼きあげれば、香ばしくてそれまでとは違った味わいが楽しめそうですね。ぜひ、お取り寄せして試してみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「I A.M.」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/iam/

公園がカルチャーセンター…“パークシティ”NYはここがおもしろい!

J-WAVE夜の番組「LOHAS TALK」(ナビゲーター:雑誌『ソトコト』統括編集長・小黒一三)の10/9のオンエアでは、NPO法人「birth」事務局長の佐藤留美さんを迎え、お話を伺いました。

birthは「人と自然が共存できる社会づくりを目指す」団体。佐藤さんは、昨年視察で訪れたニューヨークの公園を見て驚いたそうです。

「1960年代から70年代は“危険な都市”として有名だったニューヨークですが、現在では大変貌し、緑と笑顔がいっぱいの素敵な街になっています。世界中をすべて見たわけではないですが、そんなニューヨークの公園は、おそらく世界の先端をいっているのではないでしょうか」(佐藤さん)

なかでも佐藤さんのお気に入りは「ブライアントパーク」。タイムズスクエアとグランド・セントラル駅の中間に位置するこの公園は、以前は頻繁に犯罪が起こっていた危ない場所でしたが、今では街をあげての取り組みで、事件のない平和な公園に変わっているそうです。

中央に大きな芝生があり、周りが街路樹で囲まれた緑の通路になっているこの公園では、様々なプログラムが行われ、訪れる人々を楽しませています。芝の上で本を読めるのはもちろん、園内のカフェでコーヒーを飲みながら読書も可能。さらにそこにはブックコーディネーターがいて本を紹介してくれるのだそう。また、卓球をはじめ色々なスポーツが気軽にできるのも特徴で、そのほか、カードゲーム、積み木ゲームなどもフリーで楽しめると佐藤さんは報告してくれました。

ほかにも、編み物ができるコーナーや、ダンス、太極拳をやるグループ、ジャグリングを教えてくれる人たちもいるのだとか。まるでカルチャーセンターのように、何でも楽しめるニューヨークの公園。もしニューヨークを訪れる機会があれば、是非とも足を運んでみたいものです。

【関連サイト】
「LOHAS TALK」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/blog/lohastalk/

「27歳」で亡くなるアーティストたち その謎を解明

J-WAVE昼の番組「BEHIND THE MELODY~FM KAMEDA」(ナビゲーター:亀田誠治)。「音楽未解決ファイル」をテーマにした10/8のオンエアでは、亀田さんが「亀田一少年」になって、音楽界の謎解きに挑戦しました。

今回の取り上げた謎のひとつが「27 CLUB(トゥウェンティ・セブン・クラブ)」。これは、ロックやブルースの世界で、27歳という年齢で他界してしまった音楽家たちのことをさすもの。「特にロックやブルース界において成功を収めた人たちが、この歳で亡くなるんですね」という亀田さんの言葉通り、そこにはそうそうたるミュージシャンが名を連ねます。

ローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズやジミ・ヘンドリックス、ジャニス・ジョップリンにジム・モリソン。ニルヴァーナのカート・コバーン、最近ではエイミー・ワインハウスもこの年齢で亡くなりました。これは偶然なのでしょうか……? これに対して亀田さんはきっぱりと「偶然ではありません!」と断言。

「10代後半、20代前半で、若くして才能を開花させ、成功を手に入れたアーティストが、その後プレッシャーや重圧に惑わされ、自信や目標を失い、未来に不安を抱き、ドラッグやアルコールなどに溺れてしまう。そして心身が病んでしまって、 命を落とすというケースは多いですよね」(亀田さん)

なるほど、若いうちに成功を収めたアーティストたちは、みんな同様の悩みをもっていたのかもしれません。まさに「命を切り刻みながら、作品を残していく」(亀田さん)ような、アーティストならではの生き方と言えるのではないでしょうか。

「彼らは、命と引き換えに、作品の永遠性を得たのかもしれないですね。とはいえ、とても残念なことだと思います」(亀田さん)

亀田さんの「謎解き」で、音楽を違った側面から見ることができた今回のオンエア。番組では音楽に関するミステリーや謎を募集しているので、もし思い当たることがあれば、亀田一少年に解決してもらってはどうでしょうか?

【関連サイト】
「BEHIND THE MELODY~FM KAMEDA」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/blog/fmkameda/

営業マンのカリスマ 「見積書は客の目を見て渡せ」と極意を伝授

J-WAVEの新番組「ZAPPA」(月~木曜ナビゲーター:落合隼亮)のワンコーナー「ZAPPAな人々」では、営業のカリスマと呼ばれ、営業スキルアップコーチでもある安部宥志(ひろし)さんにその極意を伺いました。

営業といえば、会議で目標達成を上司に詰め寄られたり、選挙さながら得点発表形式で職場の壁に表が貼り付けられたり、プレッシャーや競争の激しい世界というイメージがあります。そんな厳しい仕事のどこにやりがいがあるのかと不思議がる落合さんに、カリスマの安部さんは「お客様との共感ですね」と答えました。自分がいいと思ったものを、お客様にもいいと思ってもらえたときの喜びが活力になるそうです。

また、「いいと思うためには商品のこともお客様のことも徹底的に調べること。自分が提供する商品やサービスを調べるのは当然ですが、お客様自身のことも調べることが大切です」と落合さん。お客様のニーズを理解していれば、結果はおのずとついてくるそうです。

そして、「見積書を提出するときは、お客様の目を見ること」が重要なポイントだと安部さん。見積書を出しながら説明を始めてしまう営業マンが多いそうですが、「この時こそお客様の気持ちを見抜くチャンス。お客様の気持ちが目にあらわれる最初の4~5秒を見逃さないで」と極意を話していました。

相手をよく知ることが大切な営業とは、まさに“おもてなし”。そしてその眼力を磨けば、営業に限らず色々な場面で役立ちそうですね。

【関連サイト】
J-WAVE「ZAPPA」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/zappa/

産みたての卵を自分で拾う「卵狩り体験」とは

J-WAVE日曜の新番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:宮本絢子)のワンコーナー「SMILE LABO」。10/6のオンエアでは、秋の味覚を味わえるちょっと変わった収穫体験を紹介しました。

番組では、「ラフランス狩り」や「落花生掘り」などを紹介しましたが、中でも変わっていたのがこちら。

神奈川県相模原市の「宮ヶ瀬コッコパーク」では、産みたての卵を自分で拾う「卵狩り体験」ができます。ここでは、青い卵を生むアローカナ鶏や貴重な烏骨鶏などのほか、さまざまな種類のニワトリがおり、放し飼のためストレス無く元気にのびのびと育っているそうです。

もともと園長が両親の仕事の関係上、小さいころから産みたての卵を卵がけごはんにしたり、ゆで卵にして食べていたので、そんな体験をさまざまな人たちに体験してもらいたいと思い、始めたそうです。

ちなみに、塩水に卵を入れたとき、浮いたり丸い方が上になったりするものは、産んでから時間が経ってしまった卵なのだそうです。新鮮な卵は塩水に入れたとき、下にスッと落ちるのだとか。

「卵狩り体験」で拾った卵は有料で持ち帰ることができます。ほかではなかなかできない体験をこの秋に味わってみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「SMILE LABO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

下北沢で「カレーフェスティバル」 カレーが似合うミスコンも

J-WAVE土曜の番組「SATURDAY SONIC」(ナビゲーター:中島ヒロト)のワンコーナー「MITSUBISHI JISHO RESIDENCE
PARADISE FIELD」。10/5のオンエアでは、「下北沢カレーフェスティバル 2013」を紹介しました。

「10日間で10万人の人にカレーを食べてもらおう」というコンセプトで10/11から10/20まで開催される同イベント。下北沢のさまざまな飲食店が通常のカレーメニューやイベント限定のカレーメニューを販売します。今年は過去最大の73店舗が参加するとか。

参加方法ですが、まずは専用のスマホアプリをダウンロード。期間中に参加店のカレーを食べると「カレーカード」を集めることができ、ステッカー、缶バッヂ、Tシャツなど、集めたカードの枚数によってオリジナルのカレーグッズと交換することができるそうです。

そのほか、期間中にはカレー教室や、カレーが似合う女性をコンセプトにしたミスコンなどの関連イベントも開催されるそう。

下北沢のカレーを食べ比べできるこのイベント。カレー好きだけでなく、シモキタ好きの人にも魅力的なイベントですね。

【関連サイト】
「SATURDAY SONIC」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/saturdaysonic/

自然の中でのんびり挙式「Happy Outdoor Wedding」

J-WAVE金曜の番組「~JK RADIO~
TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「MACROMILL THE HIDDEN STORY」。10/4のオンエアでは、自然の中での結婚式を提案する「Happy Outdoor Wedding」を紹介しました。

人生の一大イベントである結婚式。通常はホテルの結婚式場やレストランなどで挙式をするのがスタンダードですが、「Happy Outdoor Wedding」代表の柿原優紀さんは、公園やキャンプ場など屋外で自分たちで作る結婚式を提案しています。

もともと、柿原さんら立ち上げメンバーの女性と、結婚式の選択肢が意外と少ないことに疑問を持ったことがきっかけだったそう。結婚式は時間もスペースも限られている上、たくさんのお金もかかります。そこで、公園やキャンプ場などみんなが使える場所で、ゆっくりのんびり結婚式を挙げることができたら楽しいのではないか、と考えたとか。

その後、奥多摩のキャンプ場、松戸の江戸川河川敷、愛知県などでアウトドアの結婚式を開催。中には両親を呼ぶカップルもいて、最初は戸惑っていたものの、帰り際にはその両親から「こんな普通じゃないことに、2人がやりたいって言ったら協力してくれる友達が50人も100人もいるんだったら、2人は大丈夫じゃないかな」という言葉をもらったこともあるそうです。

そのほか、新郎新婦の母親同士が一緒に料理をして、新郎新婦それぞれの好きなものを作ったこともあったとか。二人が子どものころから好きなものを、参列した友人たちも一緒に食べるという心温まるエピソードも。

「結婚式って、お金がある人だけが買える商品じゃなくて、もともとはもっと地元に根付いていたりとか、暮らしの中にある文化だと思うんです」と柿原さん。

金銭的な問題や、サービスのテイストの不一致などの理由で挙式をしないカップルが多い中、既存のスタイルにとらわれない新しい結婚式の提案。すこし先の未来にはスタンダードになっているかもしれませんね。

【関連サイト】
「~JK RADIO~
TOKYO UNITED」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

News Ranking

Archive