使わないボタンや片方になったピアスも…世界に一つだけのオーナメント作り

J-WAVE 朝の番組「I A.M.」(ナビゲーター:藤原恵子)のワンコーナー、「Q・B・B Cheese Dessert SIGN OF THE TIMES」。10/30のオンエアでは、青参道アートフェアとコラボして先日開催された、「クリスマス・オーナメントを手作りするワークショップ」をレポートしました。

このワークショップでは、使わなくなったボタンやおもちゃ、壊れてしまった物などを材料にし、アート作品として“新しい命を吹き込む”という発想でオーナメントを製作。缶バッチやリボン、片方なくしたピアスなどを持ち込んだ参加者は、それらを繋ぎあわせることで新しい作品を作り出していました。

「使わなくなったけど捨てられないもの、自宅に眠っている小物などをアレンジして、自分だけのオリジナルモチーフを作ってもらえればいいかな」と話すのは、今回講師を務めたアーティストのキム・ソンへさん。ポイントは、パーソナルアイテムをデコレーションしていくこと。その人の個性や好みが表現されて、世界に一つだけのオリジナルモチーフを作ることができるのだとか。ソンへさん自身、廃材に命を吹き込んだ作品を発表して注目されています。

使っていないけど思い出のある品を個性あふれるオーナメントへ。ホリデーシーズンにふさわしいオリジナル作品ができるかもしれませんね。

【関連サイト】
「I A.M.」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/iam/
Recommended by

News Ranking

Archive