Facebook Twitter LINE

デジタル化で消ゆく「はがき」の運命は?

J-WAVE金曜午前の番組「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「TOKYO CROSSING」。1月16日のオンエアでは、「ポストカード事情」について注目しました。

1月18日は「お年玉つき年賀はがき」の抽選日。SNSでのコミュニケーションが主流の現在ですが、年賀状を送る文化は健在。そんな「はがき」ですが、実は発祥はオーストリアなのだそうです。そこで、オーストリア・ウィーンの番組通信員、ライジンガー真樹さんに話を聞いてみました。

「私も知らなかったのですが、オーストリア・ハンガリー帝国が発祥みたいですね。以前は、電話や手紙に代わる安価な手段としてとても重宝されていたんですが、最近はインターネットや携帯電話の普及により、急速に衰退の一途をたどっているのが現状のようです」(ライジンガー真樹さん)

はがきの現状を聞いてみると「日本のように、選挙の案内など公的なものや、こちらの習慣であるクリスマスカードも封書で届くので、今は主に懸賞の応募などに使われていますね」とも。

ちなみに、「往復はがき」は、なんと500枚〜2万枚までの大量発注でしか購入できないとか。イベントやメッセへの招待、ビジネスの顧客宛、懸賞の応募などに使用されているそうです。しかし「絵はがき」については、名物のウィーン風カツレツの形をしたちょっと変わったものから、アルプスの雄大な自然をモチーフにしたものなど、観光が盛んなオーストリアらしく、数えるときりが無いほどたくさんの絵はがきがあるそうです。

「最近では、旅先でスマートフォンを使って撮影した写真のデータをメッセージとともに郵便局に送ると、すべて印刷されて家族や友人に届くという、『電子はがき』というものの人気が高まっていますね」(ライジンガー真樹さん)

これにはナビゲーターのジョン・カビラさんも「グットアイデアですね!」「これは是非、日本でも」と絶賛。デジタルをアナログな方法で届けるという電子はがき。手紙と同じく届くまでに時間がかかりますが、その時間や実際に届く「モノ」によって、メールとは違った人の温もりを感じられるもの。日本人として無くしたくない文化のひとつですね。

【関連サイト】
「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

家庭で余った食材がレストラン料理に?「サルベージパーティー」とは

J-WAVE平日(月~木)朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」 (ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MITSUBISHI JISHO TOKYO DICTIONARY」。 1月15日のオンエアでは、「サルベージパーティー」を紹介しました。

主婦を中心にジワジワと人気が高まっているという、このパーティー。 沈んだ船を引っ張り上げる作業などを意味する「サルベージ」という言葉ですが、 ここで引っ張り上げるのは「家庭で余った食材」。実際どんなパーティーかというと、 家庭で余った食材を参加者たちが持ち寄り、プロのシェフがレストランのような料理を作って、 参加者で食卓を囲むというパーティーなのだそうです。

料理研究家の山崎志保さんによれば、参加者が多く持ち込むのは缶詰・乾物・調味料だそう。 そこで、高野豆腐をマッシュポテトと合わせたり、ゼリーをサラダにしたり、 “サルベージシェフ”の手によって普通では思いつかないような組み合わせの料理に変身させるそうです。 主婦や自炊をする人は、毎日の献立がマンネリしがち。しまいには食材を腐らせてしまった…… なんてことも経験があるはず。そんな問題の打開策としても人気があるそうです。

「新たに何かを買わずに、むしろ持て余していたもので楽しく発見し、 エコできるということで人気なのではないでしょうか」(山崎さん)

ちなみに、日本では全体で3分の1もの食材が廃棄されているという問題があります。 エコな面でも重要な役割を果たしそうな同パーティー。 さらに山崎さんは、サルベージパーティーには、今の東京に失われつつある、 ご近所付き合いにも一役買っていると話します。

「昔は、ご近所でたくさんある料理や食材を持ち寄り、 お茶を飲んだりご飯を食べたりという、いわゆる井戸端文化があったと思うのです。 サルベージパーティーは、いわば井戸端文化の 新しい形なのではないでしょうか」(山崎さん)

食材の廃棄問題や、地域コミュニティーの形成にも役立つという新しいパーティーの形。 さらにシェフのおいしい料理が食べられるということで、 これから注目のパーティーとなりそうです。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

旅する家具で「異国に想いを馳せる暮らし」

J-WAVE 平日(月~木)朝の番組「I A.M.」(ナビゲーター:藤原恵子)のワンコーナー 「SIGN OF THE TIMES」。1月14日のオンエアでは、 東南アジアのカヌーや枕木などをリメイクした「旅する家具」を紹介しました。

東南アジアでカヌーとして働いていた廃材が、 オシャレなダイニングテーブルに大変身。そんな廃材を生かした家具店「gleam」が麻布十番にオープンしました。 部屋にいながら旅気分が味わえるリメイク家具が、今話題となっています。

「旅する家具」をコンセプトに、インドネシアを中心とする東南アジアで船や枕木として使われていた廃材を製材し、 ダイニングテーブルやデスク、食器棚やディスプレイラックなどのデザイン家具によみがえらせています。 2008年に宇戸恒平さんと高谷弘志さんの2人がブランドを設立。 ネットでの販売が人気をよび、先日、直営店のオープンとなりました。

使っているのは、南洋材のチ―ク材という、とても硬く、丈夫な高級材。 シャビ―な古びた感じで、傷やハゲがありますが、それもどこか懐かしい感じもあり、 シンプルなデザインのアクセントにもなっています。いろいろな木目の感触が楽しく、 もともと第一の旅で、色々な傷や表情をもってる木なので、さらにその上にいろいろと重ねていって歴史を作っていくことが楽しめそうです。 宇戸さんに、廃材を使った家具ならではの魅力を聞きました。

「一つひとつ表情が違うというのと、新しいものには絶対ない表情があります。 一つひとつの傷に歴史がありますので、それを覆い隠すのではなくそのまま生かすことで、 使っていただく方々に何か感じてもらえるような家具ができると思っています。 それぞれが違う旅をしてきた素材なので、その偶然性が生み出す魅力というのもあると思います」(宇戸さん)

おすすめは、いつも自分が長くいる場所、ダイニングやソファーの前などにまずは1つ置いてみること。 さまざまな出会いを経てきた古材から作られた家具は、どこか落ち着くような懐かしさを醸し出してくれます。 くつろぎながら、自分が行ったことがない国に想いを馳せる……、いつもの暮らしに、そんな贅沢な時間をプラスしてみては。

【関連サイト】
「I A.M.」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/iam/

「手食ブーム」料理は“感触”で味わう時代に

J-WAVE平日(月~木)朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)の ワンコーナー「MITSUBISHI JISHO TOKYO DICTIONARY」。 1月13日のオンエアでは、「手食ブーム」というキーワードをピックアップしました。

日本人といえば、食事は箸で食べることが一般的。しかし昨年の秋、 新宿にオープンしたシンガポール発のシーフードレストラン「ダンシングクラブ」は、 カニやエビを豪快に手づかみで割って食べるスタイルが注目を集めました。しかも、サラダや麺料理まで全て手づかみで食べるのだそう。

この「手食ブーム」は海外のブームからきたものですが、 世界の食事情に詳しいグルメジャーナリスト・東龍さんに、なぜ日本で人気が出たのか聞いてみました。

「食の成熟化が背景にあると思います。手で触った感触や温度があるので、 今までよりもより豊かな表現を享受できる」と東龍さん。グルメの文化が発展してきた東京で、 普通の食べ方に満足できない人に、より刺激的に食べられるということで受け入れられているとか。 「口に入れる前、臭いをかぐ前に触るということで、得られる情報が多くなり、刺激も多くなっているんですね」とも。

ちなみに世界全体で見ると、箸を使う人は30%、ナイフ・フォークを使う人も30%、 しかし手づかみで食べるのは40%と、実は多数派だそうです。 さらに東龍さんは、日本人もおにぎりを手づかみで食べるという下地があり、 そういったところの懐かしさや、 いくらでもあるイタリアン、フレンチ、中華料理などへのアンチテーゼから受け入れられているのではないかと分析。

「懐かしいようでいて、でも新しい。 そういったところが見直されるきっかけになっていると思います」(東龍さん)

手で食べるなんて下品、恥ずかしい……。そんな風に思いがちな私たち日本人ですが、 世界から見れば確かに普通のことなのかも。恋人や友人と食べに出かければ味や見た目、 香りだけでなく、感触の話題も加わって食事がより一層楽しい時間になりそうですね。 ただし、手づかみといえど上品でスマートに食べたいところです。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

「反省の習慣」「正面突破」見城徹、秋元康 大人を語る

J-WAVE休日の特別番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL TSUCHIYA presents GROWN UP LIFE」 (ナビゲーター:小山薫堂/クリス智子)。 1月12日のオンエアでは、見城徹さん、秋元康さんをゲストに迎え、 大人になろうというテーマで話を聞きました。

プライベートでも、よく一緒に出掛ける仲だという、見城さんと秋元さん。 そんな二人にとって、ナビゲーターの小山薫堂さんは末っ子的な存在なのだとか。 二人の遊びの誘いを断ってばかりの小山さんを「努力が足りない」となじる二人に、 小山さんは冒頭からたじたじ。小山さんを「好きだからこそ」という前提で、 小山さんのダメ出しを始める二人に「フリートークにしておくと怖いですからね」と、 早速リスナーからの相談を振る小山さんでした。

リスナーから届いたゲスト二人への相談は、「自分は運がない。運というのはどうしたらついてくるんでしょうか」というもの。 見城さんも、秋元さんも、強運の持ち主のように見えますが……。 早速、見城節が炸裂しました。

「運は誰にでも、ちゃんと来ているんですよ。ただ、本当に圧倒的努力をしている人だけが、 その運をつかめるんです」(見城さん)

運がないと言っている人は、まだ努力が足りないということですね。 続いての話題は、見城さんが寝る前に必ず行っているという、反省の習慣について。 ズバズバと物を言っている印象の見城さんですが、実は言い過ぎた日は「偉そうなこと、言っちゃったな」 としばらく自己嫌悪に陥ってしまうのだとか。反省したことは紙に書き出し、 次の日対処できるものはすぐに実行に移しているのだそう。

「見城さんの場合、いつも正面突破なのよ。たとえば、 ある人のこのやり方が違うんじゃないと思ったとしても、それをつついたら面倒臭いなと思って、 多くの大人は、まあいいかなとスルーするんですよ。でも見城さんはそこで、 これは言っておかなきゃいけないと思って果敢に言うのよ。で、言ってその後に猛烈に反省するわけ。 俺はあそこで言う必要はなかったって。自分は傲慢ではないかって。すごいでしょう、そこが」(秋元さん)

まだまだ、やりたいことがたくさんあるという見城さんと秋元さん。 大人らしくまとまるより、時にはやんちゃな子どものように、 正面突破で信念を通すことが実は格好いい大人になる秘訣かもしれませんね。

【関連サイト】
「BEAT PLANETJ-WAVE HOLIDAY SPECIAL TSUCHIYA presents GROWN UP LIFE」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/holiday/20150112/

納豆ごはんカチューシャ? 話題の食品サンプルアクセサリー

J-WAVE日曜午前の番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:リアド慈英蘭)のワンコーナー 「DIANA Shoes ON FASHION」。 1月11日のオンエアでは、食品サンプルアクセサリーを紹介しました。

レストランのショーウィンドウなどで見る食品サンプル。そのリアルな出来映えは、 海外からの旅行者にも大人気。実はそんな食品サンプルがアクセサリーとして販売されており、 話題を集めているそうです。

FAKE FOOD HATANAKAの畑中さんによれば、 海外での反響が大きくネットを中心に10カ国以上のメディアで取り上げられ、 その情報を逆輸入する形で日本でも話題になったのだとか。現在200種類以上のデザインがあり、 ケチャップのついたフライドポテトのピアス、ベーコンに卵がのったベーコンエッグのカチューシャ、 回鍋肉のネックレスなどユニークなものばかり。

「食品サンプルの仕事は依頼してくる企業やレストランなどの要求がものすごくある。 たとえば量や盛り方、肉の枚数や色など制限があり、ものすごく大変」と畑中さん。 しかし、食品サンプルアクセサリーは制限なく好きに作ることができるので、 綺麗に作ることができるそうです。「可愛いデザインのものは作ることは簡単。 でもそれほど面白くはない。逆にアクセサリーにならないような納豆だとか、 そういうもので作ったものの方が非常に好評」(畑中さん)。

ほかにも頭に納豆ご飯を乗せているように見える、 納豆ご飯のカチューシャやベーコンのリング、カレーライスのネックレスなど多種多様。 おしゃれなコーディネートに、あえて“外す”スタイルとしてワンポイントで 使うことも良いですし、会話が弾むきっかけにもなりそうですね。

【関連サイト】
「SMILE ON SUNDAY」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

スノボ×ライブ×ワイン「APPI JAZZYSPORT」が熱い!

J-WAVE土曜午前の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・山田玲奈)のワンコーナー「JR EAST STATION TO STATION」。1月10日のオンエアでは、「APPI JAZZYSPORT」を紹介しました。

1月17日に、岩手県八幡平市の安比高原で開催される同フェスは今年で9年目。「音楽とスポーツで世界をひとつに」を合言葉にスタートした冬フェスで、当日はナイターゲレンデを夜12時まで延長して営業し、アーティストたちによるライブを楽しむことができます。実は冬のスキー場を会場にしたフェスは、日本でここだけだそうです。

出演アーティストは、タブラ奏者のU-zhaan、キーボード・プレイヤーのKAN SANO、ジャムバンドのcro-magnon、ヒップホップのDJ Mitsu The Beats、“東北の宝”とよばれるヒップホップグループのGAGLEなどを含む総勢17組。

会場には2つのライブステージが設営され、アウトドアブランドのNORTH FACEが、同フェスのために特別編集したスノーボード映画を上映。そのほか、地元・岩手のワインメーカー「くずまきワイン」のサポートが決まり、甘口から辛口ワイン、スパークリングワインやホットワインなど、岩手のおいしいワインの数々が味わえるそうです。

昼はスノーボードやスキーを楽しみ、夜はお酒とともにライブを楽しむ。そのあとは宿で温泉に浸かってのんびり……なんて贅沢な休日なのでしょう。今年のフェス始めは安比高原で過ごしてみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「RADIO DONUTS」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

News Ranking

Archive