Facebook Twitter LINE

世界の風邪予防 赤ちゃんを氷点下で寝かすフィンランド

J-WAVE金曜の番組「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「TOKYO CROSSING」。1月9日のオンエアでは、世界の風邪予防に注目しました。

風邪が流行っている今の時期ですが、予防はしていらっしゃいますでしょうか。うがい・手洗い・体力作り・十分な睡眠にバランスの良い食生活などが基本ですが、世界ではその国ならではの驚きの予防法があるそうです。

カナダ・バンクーバーの番組通信員の窪田誠さんによれば、医者に「ジンジャーエールを飲め」と言われたそう。実はジンジャーエールはカナダでできた炭酸飲料。生姜は風邪に効くという話は有名で、その昔はドラッグストアで売られていたそうです。また、朝鮮人参を原料にした「コールドFX」というカナダ発祥のサプリメントは、子どもから大人まで風邪の予防として飲んでおり、スポーツのナショナルチームやプロホッケーチームも採用しているとか。

驚くべきは、フィンランド・エスポー。通信員の遠藤悦郎さんによれば、「アヴァント」と呼ばれる寒中水泳をする人が多いそうです。凍った海や湖の氷を割って穴をあけ、その下の凍っていない水の中を泳ぐというもの。水から上がったあとはサウナに入って温まることが人気のようですが、サウナがない場所でも寒中水泳をして、タオルで身体を拭くだけの人もいるのだとか……。考えただけで震えそうです。

さらにフィンランドでは、赤ちゃんの頃から寒さに強い身体づくりのため、マイナス5度〜マイナス10度という氷点下の中、なんとベビーカーで赤ちゃんを寝かせるそう。赤ちゃんには防寒着を着せて、顔だけ出ている状態。しかもその間、親は暖かい部屋の中で過ごすとか。

ちなみに専用の無線機を使い、赤ちゃんが泣いていたら見にいくそうですが、意外と赤ちゃんはよく眠るそうです。所変われば異なる世界の風邪予防。連休中は風邪をひかないよう、あたたかい格好で過ごしてくださいね。

【関連サイト】
「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

男の曲がり角は「36.7歳」美容活動する男性サラリーマン

J-WAVE平日(月~木)朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」 (ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー 「MITSUBISHI JISHO TOKYO DICTIONARY」。 1月8日のオンエアでは、「サバ美ーマン」という言葉を取り上げました。

現在は昔と比べて職場における女性比率が増加しており、 女性が男性の身だしなみを厳しくチェックしています。 これはそんな中、職場で生き抜く、つまりサバイバルするために身だしなみを整えたり、 臭いのケアをするなど美容活動をする男性サラリーマンのことを指すのだそうです。

ビューティ総研・副センター長の齋藤陽子さんによれば、 35歳~45歳の男性を「サバ美ーマン世代」と呼ぶそう。 この世代は中高生の時に男性ファッション誌や男性コスメブランドが続々と登場し、 男性の美容に対してそれほど抵抗がない世代。そして、 この世代は「加齢」「老化」を急に自分事として意識する年齢でもあるのだとか (同総研の調査によれば、男の曲がり角を意識するのは36.7歳という結果が出ている)。

ちなみに、次の世代である35歳までは「綺麗男(きれお)世代」と呼び、 美意識はさらに高まるそう。この世代は思春期にビジュアル系バンドや カリスマ美容師のブームを経験しており、男性の美容が日常的に取 り込まれていたからだそうです。

企業単位で取り組んでいる事例として、男性化粧品の「mandom」は、 企業に出張して「臭いケアセミナー」を開催。社員向けに、なぜ臭いが発生するのか、 そのケアの仕方、商品の使い方などを合同でセミナーを行っているのだとか。

上司の目、部下の目、そして女性の目……。 男性サラリーマンは職場のあらゆる視線を気にしながら戦う戦士なのかも。 何事もやりすぎ、気にし過ぎにはご注意を。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

1年かけて自分で作る「手づくり3Dプリンター」

J-WAVE 平日(月~木)昼の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)の ワンコーナー「HILLS AGENCY」。1月7日のオンエアでは、 3Dプリンターを楽しみ尽くすコラボイベントを紹介しました。

日本橋三越本店にあるカフェ「Hajimarino cafe」では、 3Dプリンターを普及するコラボイベントが開催中です。 このカフェとコラボするのは、趣味を深める雑誌として知られるディアゴスティーニ。 このイベントでは、さまざまなディアゴスティーニの過去の製品の 展示やワークショップが体験できるのだとか。

なかでも目玉となるのは『マイ3Dプリンター』。 このマイ3Dプリンターは55週、 およそ1年間かけて3Dプリンターのハード自体を読者が組み立てていきます。 それと同時に、3Dプリンターを使うために必要となるソフトの使い方も 55週かけて毎号少しずつ、勉強していけるというもの。 マイ3Dプリンターを完成させた暁には、 オリジナルスマホケースやペン立て、靴べらなどが作れるのだそう。 もちろん、お気に入りのフィギュアにも挑戦も可能です。

今回の週刊『マイ3Dプリンター』の創刊に携わった鎌田奈那美さんに、 今回のイベントについて聞きました。

「8日と16日に、はじめての3Dプリンターという講座を開催します。 講座の中でするお話としては、3Dプリンターを見たことがない、 触ったことがないっていう方々にも楽しんでいただけるような3Dプリンターの基礎知識、 『どんなことが出来るの?』『どういう所で使われているの?』と いうお話をわかりやすくお話させていただきたいなと思っています。 それに加えて実際『マイ3Dプリンター』で組み立て上がった 3Dプリンターのデモンストレーションを行なったり、実際に作ったものの展示、 皆さんにそれをプレゼントしたり、なんていうこともあるので、 ぜひ来ていただければなと思っています」(鎌田さん)

3Dプリンターを手作りするのはちょっとハードルが高そうと思っている方も、 完成品を実際に見たり、ワークショップに参加したりすることで、 やる気がそそられそうですね。ほかにも、ディアゴスティーニの過去の製品 「戦艦大和」「ゼロ戦」、会話のできるロボット「ロビ」などが展示されているのだそうです。 イベントは20日まで。これからの1年、“3Dプリンター作り” という趣味の世界にどっぷり浸かるというのも、いいかもしれませんね。

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

保育と稽古を両立するサービス「保けいこ」とは

J-WAVE平日(月~木)朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)の ワンコーナー「MITSUBISHI JISHO TOKYO DICTIONARY」。1月6日のオンエアでは、 「保けいこ」というキーワードに注目しました。

あるデータによれば、子育て世代の98%が「子どもにお稽古をさせたい」と考えているそう。 しかし、以前に比べてフルタイムや共働き世代が増加しており、 送り迎えの問題や家族で過ごす時間の減少などの課題があります。そこで今年、注目を集めそうなのが「保けいこ」。

出産・育児を応援する通販マガジン『赤すぐ・妊すぐ』の佐々木寛子編集長によれば、 「保けいこ」とは「保育」と「稽古」をかけた言葉。保育(託児)と稽古の両立を実現するサービスで、 大きく4つに分類できるそうです。

①園で英語や体操などの稽古をしてくれるケース。一番多い
②民間の業者が迎えに来て稽古もしてくれる。小学生の民間学童の低年齢化したもの
③稽古場までの送迎だけをしてくれるところ
④ベビーシッターが稽古もしてくれるケース

ちなみに今、子育て世代の中心になっているのは80年代生まれの人たち。 自分が小さいころに親にしてもらったこと(お稽古など)を、 自分の子どもにもしてあげたいと思う人が多いようですね。 また、公共や民間業者以外に、ママ同士の支え合いも注目されているそうです。

「送迎に関しては、『AsMama(アズママ)』が有名。 お母さん同士でワンコインなど低価格で頼り合うSNSサイトを活用したサービスなども出てきているので、 そういったネットを使ってママ同士がやるという形で、 サービスが多様化・低価格化していると思います」(佐々木さん)

水泳や習字などの定番ものに加え、今の時代に必須とも言える英会話など、 小さいころから我が子に習わせたいと思うのが親心。 このようなネットを使った時代とニーズにマッチしたサービスは今後も多く出てきそうですね。 子育て世代は「保けいこ」に注目です。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

現代人にこそマッチ?「和のお稽古」の魅力

J-WAVE 平日(月~木)朝の番組「I A.M.」(ナビゲーター:藤原恵子)のワンコーナー「SIGN OF THE TIMES」。 1月5日のオンエアでは2020年のオリンピックを見据えた、和のお稽古を紹介しました。

新年がスタートしました。何か新しいことを始めようと決意した方も多いのでは? やる気はみなぎっているものの、まだ今年の目標が定まっていない! という方におすすめなのが「和のお稽古」。実は今、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、 和の嗜みを身につける人が増えているのだとか。 そこで、銀座にオープンした和の嗜みの総合学院「HiSUi TOKYO」に注目しました。

「HiSUi TOKYO」は、2020年 TOKYOオリンピックに向けて、 日本人が日本文化を知って、日本文化を身につけ、世界に日本の良さを発信していくために作られました。 ポイントは、敷居の高かった和の道場が会社帰りに通える立地にあり、 しかも本格的な日本文化を学べるということ。実際、 受講者は初心者がほとんどを占めているのだそう。ちなみに外国の方の受講生もいらっしゃるそうです。

ここで学べるのは、茶道、書道、和装、抜刀という日本文化の根本的なものに絞られています。 注目は日本刀の真剣を使う武道「抜刀」。 ルーツは武士が刀の腕をあげるために日頃の鍛錬の1つとして行われていたもの。 この抜刀を習いに来る若い女性がとても多いのだそう。抜刀を学ぶ女性からは、 「二の腕のたるみがなくなった」「仕事に集中できるようになった」という声が上がっているのだとか。

実際にこの抜刀を体験したナビゲーターの藤原さんは次のように感想を述べました。

「袴に着替えて、裸足で道場に入るとそれだけで身が引き締まります。 神前に一礼したあと素振りをして、そのあとで実際に日本刀を振り下ろして藁をシュパッと切っていくんですが、 この日本刀が約1.5キロと、かなり重いです。しかも、真剣なのでちょっと恐怖心もあるんですが、 実際、藁と対峙していると本当に一点集中して心が静かになるんです。ストレス解消、 リフレッシュ、精神鍛錬にもすごくいいなと思いました」(藤原さん)

お稽古の中で養われるのは、「精神力」と「集中力」と「ストレス解消」ということで、 忙しい現代人にこそ必要なことかもしれませんね。5年後の東京オリンピックを見据えて、 海外の方に自信を持って日本文化が伝えられるよう、今から和のお稽古を始めてみては。

【関連サイト】
「I A.M.」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/iam/

キャメレオン竹田、2015年をズバリ占う

J-WAVE日曜の番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:リアド慈英蘭)の ワンコーナー「SMILE LABO」。1月4日のオンエアでは、 占い師のキャメレオン竹田さんが登場しました。

鑑定実績はのべ6,000人を超え、数カ月先まで予約が取れないという人気の竹田さん。 そんな竹田さんに、占星術・タロットカードを使って2015年を占ってもらいました。

「今年は仲間と戯れたがるような人が増えるんですよ。ですので、 そこをリーダーっぽい感じで目立って指揮をとっていくような人が運を掴んでいきます」(竹田さん)

竹田さんによれば、今年一番輝く星座は山羊座。 去年地道に努力をして土台を構築してきた人が多く、それをもとに向上・飛躍していくそうです。 ちなみに今年の後半から運気が良いのは乙女座。「8月くらいから乙女座ワールドがやってきます」と竹田さん。 「山羊座は(1年間)全体的に良いんですが、乙女座が急にヒーローのようにやってきてしまう、みたいな」とも。

そのほか、カテゴリー別にも聞いてみました。 まず恋愛運が良いのは牡羊座。特に前半、自分から何か仕掛けると良いそうです。 次に仕事運が良いのはさそり座。上司に認められたり、給料アップの可能性も。 金運が良いのは獅子座で、後半になるにつれてどんどん良くなるそうで、 牡牛座は投資・株・くじ運が良いそうです。

最後に2015年をタロットで占ってもらうと「一人でやるよりも、 まわりに協力してもらうと上手くいきます」とのこと。昨年はどんな年でしたか?  占いを信じるも信じないも人それぞれですが、2015年がみなさんにとって 実りのある1年になりますように……。

【関連サイト】
「SMILE ON SUNDAY」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

HAPPY NEW YEAR!!

あけましておめでとうございます。
J-WAVEは2015年もリスナーのみなさんとともに、
東京の新しいビジョンをつくりたいと思います。

新しい音楽の楽しみ方、
新しい暮らしのアイデア、
新しいソーシャルな取り組みをどんどん提案していきます。

J-WAVEとあなたの想像力で、
この街の未来をつくっていきましょう。

TUNE INTO TH FUTURE
J-WAVEは未来をつくる音楽放送局。
新しい年の幕開けに、そう宣言します。

今年もどうぞよろしくお願いします。

J-WAVE

News Ranking

Archive