Facebook Twitter LINE

こんな生き方もあるんだ! 旅の達人が勧める “気づき”ある旅

J-WAVE平日(月~木)朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」のワンコーナー「MORNING INSIGHT」(ナビゲーター:別所哲也)。22日のオンエアでは、旅の達人 本田直之さんをゲストに迎え、旅について考えました。

ハワイと日本のデュアルライフを実現、世界中を自由に旅しながらビジネスを展開されている本田直之さん。レバレッジコンサルティング会社代表取締役社長兼CEOという仕事を基本に、さまざまな仕事を持ちながら、仕事も旅も、というライフスタイルを実現しています。つい最近も、約1カ月間、ヨーロッパ、ニューヨーク、キューバ、メキシコを旅してきたばかりなのだとか。

その著作物は『ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと』『脱東京 仕事と遊びの垣根をなくす、あたらしい移住』など、50冊以上。旅を非日常として終わらせるのではなく、旅で得た“気づき”を日常に取り入れることを提案しています。最近出版された『TraveLife クリエイティブに生きるために旅から学んだ35の大切なこと』の帯には、「旅することは人生のトレーニングだ」と書かれていますが、改めて、本田さんの考える旅の魅力を聞きました。

「旅というのは、違う文化の中に入るので、自分が矢面に立つというか、自分で考えて、自分で意思決定して行動しなければ何も始まらないわけです。それって人生にすごく似ているなと思っていて、やっぱり、人生も自分で判断しなきゃいけない。誰かが決めてくれるわけじゃないので。その日々、トレーニングができるのが旅だと思っています」(本田さん)

そんな本田さんが、旅に魅せられたきっかけは、大学3年生のとき、「暮らすように旅したい」と訪れたフィジーだったのだそう。1カ月の滞在の中で、今につながる学びや気づきがたくさんあったと言います。

そのひとつが、「こういう生き方もあるんだ」という、多様な旅をしている人との出会い。会社を辞めて1年間ぐらい旅していたり、大学卒業してすぐに就職せずに旅をしていたり、季節によって移り住むデュアルライフを実践していたり。大学を卒業したらすぐに就職することを当然のこととして考えていた本田さんにとって、そんな多様なライフスタイルの存在を知ったことは、それまで常識として考えていたこと、すべてを壊される衝撃だったと言います。

そんな20年前に出会ったライフスタイルですが、今やインターネットのおかげで、誰でも実践できるようになったと本田さんは言います。「富裕層とか大きなビジネスを持っている人しか無理じゃないかと思いがちなんですけど、それが今はそういう時代じゃなくなっている、チャンスが増えている」と。

仕事に行き詰っているなと感じている方、常識に縛られているなと感じている方、旅に出かけてみてはいかがでしょうか。「こういう生き方もあるんだ」という出会いがあるかもしれませんよ。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

持田香織 原点である家族と、未来の家族を語る

J-WAVE敬老の日の特別番組「J-WAVE SPECIAL UR FAMILY TALK」(岡田マリア)。9月21日のオンエアでは、Every Little Thing持田香織さんがゲストに登場。家族について語りました。

先月結婚されたばかりの持田香織さん。持田さんを育んだ家族のこと、これから新たな家族を育むうえで理想とする家族像について聞きました。

持田さんにとって家族を一言で言うと、「自分を見るヒント」となる存在なのだそう。そう考える理由の一つは、会うたびに「本当、似ているなと思う(笑)」という持田さんとそっくりな母親の存在。そしてもう一つは家族だからこその“存在そのもの”にあるそうです。

「自分が悩んだりとか、見失ったりとか、わからなくなったときに、家族と会うと、すごく自分の原点はここだな、というふうな感じで、戻してもらえるというか、元気をもらえるような存在です」(持田さん)

そんな持田さんを育んだ持田家のルールはというと、共働きの両親が揃う週末は、家族で外食をし、帰りに必ずビデオを1本借りて、みんなで観るという時間を持つこと。お互いの好みを尊重したり、共有したり、家族団らんの大切な時間と空間だったと、持田さんは振り返ります。

そんな家族と今、お醤油を借りに行けるくらいの場所に近居しているそうです。

「一緒に住んでいると、やっぱり似すぎるところもあるし、甘えすぎてしまうこともあって、気づかいあえなくなって喧嘩になっちゃったりすることも多いので、やっぱり、距離感というのは大事だなと。距離感があることによって、家族の大切さというのをお互いに感じられて、やさしくできるというのが非常にいいのかなというふうに感じています」(持田さん)

また、結婚し新たな家族を持ったことは、過去と未来の家族についても、新たな思いを馳せるきっかけになったそうです。

「私の小さいころから家族という存在としてあった父と母も、もともとは他人同士。その他人同士が自分たちで選びあって、一緒の空間で一緒の家族というものになって、2人で作り上げていこうと作ったものが私の家族であったということなので、それは本当にいろいろな可能性があり、そしてすごく素敵なことだなと。私もゆくゆくは、たとえば子どもができて、その子どもが、お父さんお母さんみたいな家族を作りたいんだと言ってくれたら、すごく素敵なことだと思います」(持田さん)

いい距離感を持ちつつ、会えばいつも安心して素直な自分に帰れる場所、それが理想の家族なのかもしれませんね。持田さんを育んだ温かい家族と、これから素敵な家族を築いていくのだろうなという、持田さんの未来が感じられるオンエアでした。

【関連サイト】
「J-WAVE SPECIAL UR FAMILY TALK」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/holiday/20150921_sp/

履き込んだ感も魅力に!“育てる革靴”の楽しみ方

J-WAVE日曜の午前の番組「SMILE ON SUNDAY」(レイチェル・チャン)のワンコーナー「DIANA Shoes ON FASHION」。9月20日のオンエアでは、靴磨きのプロに革靴のお手入れ方法と楽しみ方を聞きました。

青山の骨董通り沿いで、おしゃれな靴磨き専門店 シューシャインバー「ブリフト・アッシュ」の営む長谷川裕也さん。路上での靴磨きを経て、8年前に今までにない形で靴磨きをやりたいと同店をオープン。今や靴好きの間では知る人ぞ知るお店として高い評価を得ています。そんな靴磨きを知り尽くした長谷川さんは、革靴の魅力を次のように語ります。

「履き込んでいった靴は本当に魅力的ですよね。革にどんどん艶が出てきて、アンティーク家具みたいな新品にはない魅力をまとうので。革がひび割れとかしてきても、お手入れされた靴は艶が出て、履きじわの感じも味になります。靴は全体のバランスを最後に締めるところなので、シンプルで上質なものを履いている人は本当のおしゃれだと思います」(長谷川さん)

そんな長谷川さんに、自宅でもできる靴のお手入れ法を聞きました。お手入れで一番大切なのは“靴の栄養補給”。その栄養をしっかり取り込み、長持ちさせるためにはポイントがあるのだそう。

ステップ1 靴の健康状態を見て、汚れを落とす
磨く前に、自分の靴を360度じっくり見て、傷やカビ、乾燥状態など、靴の健康状態を確かめます。さらに、馬の毛のブラシでホコリを払い、クリーナーで表面の汚れをふき取っておきましょう。

ステップ2 栄養補給で乾燥を防ぐ
革は乾燥すると固くなってひび割れになってしまうので、1、2カ月に一遍は栄養補給をするというのが一番大切。ちなみに新品の靴も乾燥しているので、履く前には栄養補給を。栄養クリームを塗ったら豚の毛のブラシで余分なクリームを取り除きましょう。

ステップ3 “鏡面仕上げ”でピカピカに(お好みで)
油性のワックスを革の表面に乗せ、そこに水を1、2滴つけて布で馴染ませます。それを何度か繰り返していると、ワックスが徐々に膜になってきて、最後は自分の顔が映るほどに。光らせる部分は、履きじわができない、つま先、かかとの芯が入っている部分だけにすることがポイントです。

磨けば磨くほど味わいが出てくるという革靴。この秋はレディースもマニッシュな靴が人気だそうですが、お気に入りの靴を見つけて大切に履いて、育てるというのも楽しそうですね。

【関連サイト】
「SMILE ON SUNDAY」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

Czecho No Republicのお気に入りの街は高円寺、その意外な理由

J-WAVE土曜の午後の番組「J-POP SATURDAY」(落合隼亮/リアド慈英蘭)のワンコーナー「The Parkhouse PARADISE FIELD」。9月19日のオンエアでは、ゲストにCzecho No Republicが登場。お気に入りの街について聞きました。

9月9日に3rdアルバム「Santa Fe」をリリースしたCzecho No Republic(チェコ・ノー・リパブリック)。18日からは待望の「聖なる行進TOUR」もスタートしました。そんなCzecho No Republicのタカハシマイさんと武井優心さんが、お気に入りの街を紹介しました。

タカハシさんはモデルもやっていることもあり、紹介してくれるのは、おしゃれな街かと思いきや、2人が迷わず挙げたのは高円寺。それも意外な理由からでした。

武井さん「我々が普段から入り浸っているのは、やっぱり高円寺ですよね。昼から飲んでいても怒られない空気が漂っているのがいいですね、高円寺。全然負けている感じしないからね、昼から飲んでいても」

タカハシさん「それいいよね、一番。たしかに、あんまりスーツの方とかはいなくて、ゆったり時間が流れている感じがしますね」

武井さん「意外と友達にも会っちゃったりして、さらに夜が長くなることもあったり。出会いが多いですよ」

タカハシさん「たしかにありますね。そう思うと、本当にいい街だなと思いますよ」

Czecho No Republicメンバーがよく飲み歩いているのが高円寺だったのですね。実は結成当初のメンバーと出会ったのも、高円寺の居酒屋だったのだとか。また、最近では、メンバーで卓球バーに行ったところ、武井さんは“卓球”という新たな才能に出会ってしまったと言います。武井さんからは、「バンドを辞めて卓球で」という、爆弾発言も飛び出しました。

そんなCzecho No Republicが一押しの街、高円寺では10月31日と11月1日、高円寺4大祭りの一つ、高円寺フェスが開催されます。高円寺駅を中心に、広場やストリート、学校、お店を中など、高円寺全体をステージにして、ストリートライブやプロレス、ワークショップなどのイベントが開催されるというもの。ジャンルもまた、パンク、サブカル、アイドル、ロックと何でもありなのだとか。

Czecho No Republicのルーツの街を見てみたい方も、昼からお酒が飲める空気を味わい方も、この機会に出かけてみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】 「J-POP SATURDAY」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/jpopsaturday/field/

絶景やグルメ、スパや体験も! 連休に行きたい道の駅

J-WAVE平日(金)のお昼の番組「PARADISO」(ナビゲーター:板井麻衣子)のワンコーナー「CHOYA NATURAL FEEL」。9月18日のオンエアでは、進化する道の駅を紹介しました。

その土地の自然を体感できたり、その土地で採れたおいしいものとの出会いが楽しめたり……、ちょっと遠出をした際やドライブの休憩スポットとして人気の道の駅。その施設やサービスが、今どんどん進化しています。

ドライバーのための休憩や情報発信の場として、平成5年に103カ所からスタートした道の駅は、今や1059カ所に。ロッククライミングや温泉施設など、1日では楽しみ尽くせないほどのアミューズメント性を持つ施設も増え、今や道の駅自体が目的地ともなっています。その多様性は道の駅のガイドブックもいろいろと出版されるほど。

「いろいろな地域の魅力を1カ所に集めたような道の駅が最近増えて来ています」と、全国道の駅連絡会の角湯克典さんは、その人気の背景を語ります。そんな旅の楽しみが凝縮された道の駅。このシルバーウィークに行ってみたい、関東周辺の道の駅を紹介しました。

関東好きな道の駅ランキング1位! 【川場田園プラザ】(群馬県川場村)
ピザ工房、パン工房、ミルク工房、ビール工房……、川場村の自然の恵みをたっぷり使った、“できたて”が味わえる食工房が人気。売り場面積320㎡のファーマーズマーケットでは、採れたて野菜や加工品などが揃います。周辺には、川遊びが楽しめる公園や温泉などもあり、自然や味覚をたっぷり楽しむ拠点としても。

温泉や大型スパ、宿泊施設も! 【うつのみや ろまんちっく村】(栃木県宇都宮市)
農業と食をテーマにした道の駅。森林浴が楽しめる「森のエリア」、農業体験ができる「里エリア」、宿泊ができる「集落エリア」の 3つのエリアに分かれています。「集落エリア」には、温泉や大型スパ、熱帯温室も。

山頂からの絶景が楽しめる! 【美ヶ原高原美術館】(美ヶ原高原美術館に隣接)
標高2000メートルの美ヶ原高原の山頂にあり、日本一高い場所にある道の駅と言われています。展望テラスからは、北、中央、南アルプス、秩父、八ヶ岳、富士山までもが見えるという絶景の場所です。

その土地の魅力がたっぷり味わえる道の駅。シルバーウィークの予定が未定という方も、ドライブに出かけるという方も、“目的地”にしてみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】 「PARADISO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/paradiso/

津田大介が見た、今どきデモの可能性

J-WAVE平日(月~金)の夜の番組「JAM THE WORLD」(ナビゲーター:萱野稔人)のワンコーナー「CUTTING EDGE」。9月17日のオンエアでは、ジャーナリストの津田大介さんに、今どきのデモの可能性を聞きました。

17日、安保関連法案が参議院の特別委員会で可決されました。前日の16日は採決をめぐる与野党の攻防が未明まで続くなか、国会前には反対派の人たちが集まり法案の廃案を訴えました。主催者発表では約3万5千人が集結。若者がヒップホップ風のリズムに乗せてメッセージを伝える姿など、テレビで報道されるデモの様子に、日本もずいぶん変わったなと感じた方も多かったのでは?

16日の国会前デモの様子を取材した津田さんは、世代を超えたデモの広がりには、学生団体「SEALDs(シールズ)」を代表とする若い世代の活躍があると見ています。

SEALDsの特徴は、リーダーや意思決定機関を作っているわけではなく、全て話し合いで決定していること。しかもリアルな話し合いというよりは、主にLINEを使っているのだとか。一昔前のデモのように、ガチガチの組織があるわけではなく、出入りも自由だからこそ、「ちょっと興味があるから行ってみよう」みたいなノリで気軽にデモに参加することができます。デモのライブ感に感銘を受けた学生が、さらにLINEやツイッター、SNSなどで友達を呼び、その結果、数百単位の学生が動くという構図があると津田さんは見ています。

そんなSEALDsなどの活躍は、野党をも動かしたと津田さんは言います。安保法案に対して足並みが揃わなかった野党のつなぎ役となり、野党を大同団結させたと。

「16日の様子を見ていても、深夜まで、外ではデモで声を上げる。国会の中では、議員たちが採決を何とか阻止しようとする。そんな状況が、お互いスマホを見ながら確認できるんですね。しかも、デモの声が国会の中にも聞こえるぐらいになっているので、それでまた野党も頑張るみたいな。そういう、市民のデモと議員の連携がありました。そのあたりは今まで見られなかった現象なのかなと思いますね」(津田さん)

学生、学者、サラリーマンや主婦、世代や立場を超えて、さらには野党同士の思惑も超えた大きな動きとなった今回のデモ。自由でいて、ライブ感を大切にする若者の活躍には、これからのデモの、さらには政治のあり方を変えていく可能性がありそうですね。

【関連サイト】
「JAM THE WORLD」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/

お一人様 ハードル高いのは「焼肉」と「カラオケ」?

J-WAVE平日(月~木)午前の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「J'S RESEARCH」。9月16日のオンエアでは、「お一人様」というキーワードをピックアップ。

J-WAVEの会員サイトJ-meを通じて、世の中のトレンドを探る同企画。今回、2,033人(有効回答数)のリスナー会員に「お一人様、行けるのはどこ?」というアンケート調査を行ったところ、下記のような結果がでました。

一人映画 ...1762票
一人LIVE ...1133票
一人BAR ...694票
一人カラオケ ...526票
一人カウンター鮨 ...521票
一人焼肉 ...380票

女性のほぼ全員が一番行きやすいと答えたのは「映画」で、全体のおよそ87パーセント。一人で行っても誰かに気を使うことなく楽しめることがポイントになったようです。逆に「焼肉」は、女性票がたった1割と、その少なさが原因で最も行きづらい場所に。カウンター鮨では、大将とコミュニケーションがとれますが、みんなでワイワイ食べるイメージの焼肉は、より「一人」という孤独感を感じてしまうのかもしれません。ちなみに男性が一番行きづらいと回答したのは「カラオケ」でした。

そんな「お一人様」に特化したサービスを提供しているのが、今年2月に誕生した「ソロモーノ」。女性限定の一人で気軽に“おひとりさま”体験ができるそう。茶道、陶芸など女性が一度は習ってみたい体験のほか、役者に習う殺陣体験や、男性農家にもてなしてもらう1日農業体験、江戸川橋の春画展を巡る「春画ツアー」まで、さまざまな体験が目白押し。

利用方法はホームページにアクセスして、気になった体験プランに申し込みます。すると後日チケットが発送され、そのチケットを持って体験場所に行くというもの。「これまでの人生で行くことなかった場所に行けて刺激を受けた」という声が多数あがっているそうです。

やりたいことを好きな場所で好きな時間に体験する。そんな気軽なお一人様体験をすることで、自分自身に新たな発見がありそうですね。たまには一人で何かにじっくり向き合ってみる時間を作ってみてはいかがでしょうか?

【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/popup/

News Ranking

Archive