Facebook Twitter LINE

昼も夜も幻想的「蜷川実花×すみだ水族館 クラゲ万華鏡トンネル」

J-WAVE平日(月~木)昼の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)のワンコーナー「HILLS AGENCY」。9月8日のオンエアでは、「蜷川実花×すみだ水族館 クラゲ万華鏡トンネル」を紹介しました。

さまざまなクリエイターとコラボしてきた、すみだ水族館ですが、今回は写真家・映画監督の蜷川実花さんとのコラボレーション。生き物や命を真摯に表現しようとする蜷川さんの作品の姿勢などから、すみだ水族館側が、蜷川さんと何か企画をしたいと思っていたことから実現され、広報の近藤さんは「すみだ水族館の恋が叶った」と話します。

すみだ水族館には「クラゲ万華鏡トンネル」という展示場があり、一直線のスロープにクラゲの水槽が8つ並んでいます。その水槽以外の部分が鏡張りになっており、鏡同士で光を反射することで空間全体が万華鏡のように見えるという仕組み。同企画は、水槽の中と壁に蜷川さんの写真や動画などの作品を投影して、クラゲ万華鏡トンネル全体が“蜷川色”に染まるというもの。

クラゲは、「水クラゲ」と「ブルージェリーフィッシュ」という2種類。昼と夜のバージョンを用意しており、昼は南国の花・空・海など、鮮やかで華やかな女性らしいイメージに。夜は高速道路や東京の夜景など、シックで大人っぽいイメージだとか。会場では、アロマも焚いたり、音楽も一新。まさに五感で感じる展示となっているようです。

開催期間は9月9日~12月27日まで。大人の入場料は2050円。昼と夜、違った顔を見せる癒しのクラゲ空間は、蜷川マジックにより刺激的な一面も感じ取れるはず。デートはもちろん、一人で仕事終わりに出かけてみるのも良さそうですね。

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

地元の名産を自動販売機で…富山の「ご当地自販機」

J-WAVE平日(月~木)朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)の ワンコーナー「MITSUBISHI JISHO TOKYO DICTIONARY」。 9月7日のオンエアでは、「ご当地自販機」をピックアップしました。

自動販売機大国と言われる日本ですが、先月、地方のご当地商品を自動販売機で売る、 富山県の試みが行われ、注目を集めています。その自動販売機が設置されているのは、 有楽町線の有楽町駅構内。名産の「ホタルイカの燻製」や「はとむぎ茶」などが販売されています。

飲料自販機の総合誌『自動販売/Views』の坪田道夫さんによれば、 東京メトロの駅構内などでは、富山県だけではなく、 青森県のりんごをカットして真空パックで販売する自販機もあるそう。 青森県の弘前市から直送で、製造から11時間ほどは美味しく召し上がれるそうです。

「自動販売機は。外から見て買うわけですから、 パッケージとネーミングだけで中身の商品が理解できるようなもんでないといかんわけです。 要説明商品は自販機で売れないという限界があるんですよ。各地の商品で 食品が買いやすいと思います。『もみじ饅頭』とか『白い恋人』とか、 ああいうもんだったら結構買う人はいると思うんです」(坪田さん)

ナビゲーターの別所さんは、「温泉の湯の花なんかも売れそうな気もしますけどね」 とコメント。実は、富山県の自動販売機で1番人気の商品は「ケロリン」の ボディタオル。銭湯の風呂桶にデザインされていることで有名なこのケロリンですが、 その薬品を扱う内外薬品株式会社は富山の企業だとか。 ご当地キャラクターものなど、食品以外にも「ご当地自販機」で売れるものの可能性はありそうです。

ちなみに富山の自販機は移動も可能で、この秋には各地のイベントに移動・ 設置することが予定されているそうです。もしも、日本全国の ご当地自販機が集まる場所があったら、ひとつの観光スポットになりそうですね。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

2015年秋冬 最新ファッショントレンドは「悪趣味感」?

J-WAVE日曜の番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「DIANA Shoes ON FASHION」。9月6日のオンエアでは、この秋の最新ファッショントレンドに注目しました。

涼しい日が続き、秋の気配を感じる今日この頃。今回は、スタイリストとしても活躍する雑誌『Numero Tokyo』の田中杏子編集長に、この秋のレディース最新ファッショントレンドを聞いてみました。

田中編集長によれば、まだまだ、力が入りすぎないフォートレス、性別を越えたジャンダーレスのブームが続く中、もともとレディースの服を男性が着るというトレンドがありましたが、最近は逆に、メンズの服を女性が大きめサイズで着るという人が増えていて、次の秋冬もこのトレンドが続くそう。オーバーサイズの服は着痩せ効果も期待できますね。

この秋買うべきアイテムは、光沢のあるアイテム。スパンコール、ラメ加工など、キラッっとした光沢のある素材のトップスやボトム、バックなどを取り入れると、愛らしいスタイルになるそう。また、ゴテッとした装飾も注目のスタイルで、コサージュや、コスチュームジュエリーなどもオススメ。

そんな中、今年の秋冬は、どんなスタイリングが流行するのでしょうか?

「ちょっとオーバー気味な“悪趣味感“を漂わせている感じが、全体のパリコレクションでも出ていたんですけれど、光沢のあるアイテムを正当派のスタイルで着て、貴族的な空気感を漂わせているという感じなんですよね。大きめのコサージュや、ジャラジャラとコスチュームジュエリーを派手にスタイリングしていくスタイルが、次の秋冬では注目になるかと思います」(田中さん)

ネガティブなイメージの「悪趣味感」という言葉ですが、今年の秋冬は“アリ”の方向のようです。この秋のお買い物の参考にしてみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「SMILE ON SUNDAY」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

朝食で世界一周?「~世界の朝ごはん~ 朝食フェス2015」

J-WAVE土曜の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・山田玲奈)のワンコーナー「JR EAST STATION TO STATION」。9月5日のオンエアでは、「~世界の朝ごはん~ 朝食フェス2015」を紹介しました。

9月8日~17日まで、国営昭和記念公園で開催される同イベントは、およそ20カ国60種類の世界の朝食を食べられるというもの。行列のできる人気店から、日本初上陸のお店などが目白押しで、プーティン、エッグスラット、クラフィン、フランセジーニャなど、聞き慣れない朝食が並びます。

そのほか、クロワッサン生地をワッフルメーカーで焼き上げた「クリス・クロワッサン」や、マフィン型で焼いた「クロフィン」など、いろいろなものを混ぜた話題の“ハイブリットスイーツ”も。

国が違えば、朝食の形もさまざま。メキシコで一番人気の朝食メニューといわれる「ウェボスランチェロス」は、タコスの生地であるトルティーヤに目玉焼きをのせ、その上からサルサソースをたっぷりかけたボリューミーな一品。中国の武漢熱乾麺(ぶかんねつかんめん)は、小麦の麺を茹で、食べる直前に練りゴマ、ザーサイ、コショウなどをたっぷり混ぜて食べるというもの。

会場では、朝にピッタリノ優しい音楽を奏でる生ライブや、ヨガやピラティスなどの体験レッスンも開催。同イベントの開催時間は、9時~16時(土日は21時まで)。少し早起きして、朝食で世界旅行気分を味わってみては?

【関連サイト】
「RADIO DONUTS」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

女優・玄理の趣味は一人旅 なぜラオスを目指すのか?

J-WAVE金曜昼の番組「PARADISO」(ナビゲーター:板井麻衣子)のワンコーナー「CITIZEN GIRLS SPECIAL」。9月4日のオンエアでは、女優の玄理(ヒョンリ)さんが登場しました。

映画「水の声を聞く」で、高崎映画祭最優秀新進女優賞を受賞した玄理さん。留学で韓国の演劇学校を卒業し、日本に帰ってきてから女優業を始め、今年で6年目になるそう。映画女優になりたいと思ったきかっけは、ウォーン・カーウァイ監督の「花様年華」という映画を観たときに「このスクリーンの中に入りたい」と思ったことなのだとか。

英語、韓国語、日本語の3カ国語を操る玄理さんの趣味は、一人旅。2年前までは1年に一度は、一人旅に出かけていたそうで、ノルウェーやフランス、ラオスなどを旅したそう。中でも、ラオスが一番良かったそうで、数多くある寺院や、人々の瞳の綺麗さに心を奪われたのだとか。

どこに言っても言葉では、ほぼ困ることはない反面、「休みたいな」と思っても、たとえば電車の中の広告や人の話し声が、情報として入ってきてしまうので、情報過多になりやすいな、と感じているそう。

「なので、ノルウェーやラオスだったり、読めない・聞けない、という場所に行くと、とても何かから解放された気分になるんですよね。なので、一年に一回くらいガス抜きのつもりで、一人旅行はしています」(玄理さん)

3種の言語を話せるトリリンガルの玄理さんですが、悩みもつきもののよう。しかし、こうした一人旅での経験やリフレッシュが、玄理さんの女優としてのポテンシャルを高めているのかもしれません。

【関連サイト】
「PARADISO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/paradiso/

在宅勤務、週休3日…テレワークで多様化する会社員の働き方

J-WAVE平日(月~木)朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MITSUBISHI JISHO TOKYO DICTIONARY」。9月3日のオンエアでは、「在宅型テレワーク」というキーワードをピックアップしました。

テレワークとは、ITを駆使して時間や場所に捕われない働き方のこと。近年、コワーキングスペースやシェアオフィスなど、フリーランスの個人がより働きやすい施設が登場していますが、 先月、リクルートホールディングスが、在宅勤務制度の導入を発表して話題になっています。全社員が原則、上限なく在宅勤務ができるというもので、来月の導入に向けて既に数百名が予定されているそう。そこで、日本テレワーク協会・主席研究員の今泉千明さんに、企業が在宅勤務制度を導入する理由を聞いてみました。

「一人ひとりの社員の方の、プロフェッショナルとしての専門性を高めるインプット、いわゆる学習の時間を確保するために導入されました。これから少子高齢化に伴って、人材の確保が非常に重要になってくるんですね。在宅勤務制度を導入していると、育児や介護を担う社員の方も、新規に人を採用しやすくなるため、人材の確保という面では、テレワークというのは非常に有効だと考えます」(今泉さん)

人材確保は各企業の大きな課題ですが、たとえば、「ユニクロ」を展開するファーストリテーリングは、10月から週休3日制を一部の社員に導入する予定。働き方の選択肢を増やすことで、採用の増加を目指しているようです。

ほかにも、オフィスのどこの席に座っても良い「フリーアドレス」を取り入れたり、ベッドタウンにサテライトオフィスを設置する動きも出て来ています。今後は、会社員としての働く場所や働き方が、さらに多様化していきそうな予感。朝の満員電車に揺られ、会社に通勤するというサラリーマン像は、昔のものとなりつつあるようです。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

主役ガンダムよりジオン軍が人気の理由は?

J-WAVE平日(月~金)の夜の番組「School TV DREAM TRAIN」(ナビゲーター:秀島史香)。9月2日のオンエアでは、ロボットアニメのパイオニア、メカニックデザイナーの大河原邦男さんが登場しました。

大河原さんは東京造形大学を卒業後、アパレルメーカーを経て、1972年タツノコプロに入社。「科学忍者隊ガッチャマン」のメカデザイナーとしてデビューしました。「タイムボカンシリーズ」や「機動戦士ガンダム」を手がけ、ロボットアニメの一時代を築いてきました。2013年にはその功績が認められ、文化庁メディア芸術祭にて功労賞を受賞しています。

現在はフリーのメカニックデザイナーとして、アニメーションの仕事のほか、マスコットキャラクターや未来型の超小型モビリティー「machina(マキナ)」のデザイン、フィギュアのデザインなど、ジャンルを広げて活躍しています。オンエアでは、大河原さんに「機動戦士ガンダム」のモビルスーツの誕生秘話を聞きました。

普通のロボットアニメでは、主人公が操縦する正義のロボットが人気になるのが当たり前ですが、ガンダムのプラモデル“ガンプラ”では、主役のガンダムよりも、敵のジオン軍のほうが人気です。その人気の理由は何なのでしょう。

「主役に関しては、おもちゃなどに商品化されるため、デザインに制約が多いんです。その点、敵役は、ガンダム以前のアニメだと、やられ役として毎週いなくなっちゃうのが普通だったんです。なので、敵をデザインするということは、制約があまりないので自由になるんですよね。これが、メカデザイナーにしては、一番楽しいデザインなんです」(大河原さん)

デザイナーとして自由な発想を投入できたからこそ、アニメ史に残るようなデザインが次々と生まれたのですね。

大河原さんの40年以上にわたるキャリアを振り返る「メカニックデザイナー 大河原邦男展」が、上野の森美術館で開催中です。カラーイラストやアニメの設定資料など、一堂に展示される貴重な機会。足を運んでみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「School TV DREAM TRAIN」」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/dreamtrain/index.html

News Ranking

Archive