Facebook Twitter LINE

「小室サウンド」本人が語る誕生秘話

J-WAVE平日(月~木)昼の番組「BEAT PLANET」のワンコーナー「BEHIND THE MELODY~FM KAMEDA」 (ナビゲーター:亀田誠治)。9月1日のオンエアでは、ゲストに小室哲哉さんが登場しました。

音楽プロデューサーとして知られる小室さん。自身がアーティストとして参加するglobeは、 今年でデビュー20周年を迎えました。小室さんといえば、J-POPシーンを大きく変えた “小室サウンド”というひとつのジャンルを確立しましたが、同じく音楽プロデューサーの亀田誠治さんは、 「ほかのアーティストって何かルーツが見えたりするじゃないですか。でもね、 僕は小室さんって、何に影響されたのか分からない。 もう、小室さんのところから始まった音楽のような気がしちゃって」と疑問を投げかけます。

「実際は、60年代~80年代の洋楽ファンだったんで、レコードとラジオの両方で聴いていました。 中学は放送部だったんですけど、外にはフォークをかけたりして、 放送室の中だけ洋楽かけてたくらい洋楽が好きでした」(小室さん)

小さい頃からピアノを習っていたかと思いきや、実はピアノにしっかり触れるようになったのは 「デビューをしてから」なのだそう。さらに、「音楽理論も後から勉強して積み上げていった」とか。 しかし、ピアノが弾けず音楽理論も分からなかったにも関わらず、 作曲は中学生のころからしていたそうで、「頭の中で浮かんでたんですけど、 形にはできなかった」と話します。

さて、亀田さんは“小室サウンド”を「土台をかっちり作り込んでいて、 その上で歌われるボーカリストの人間性が吹き出てくる」と評しますが、 この“小室サウンド”は、どのようにして出来上がったのでしょうか。 そのきっかけは、80年代に海外でのレコーディングにあったようです。

「洋楽ファンだっただけに、欧米の色々な技術は憧れまくっていたので、 海外でレコーディングをしたり、エンジニアと一緒に仕事をできるようになって、 日本人以上にボーカルの歌を大切にしてるのを、向こうで学んだんですね。こんなに歌 (の音量)を大きくしていいの?って最初の頃は思ったんですけど、出来上がったら、 『あ、これで良かったんだ』って」(小室さん)

そんな小室さんですが、globeのセルフリプロダクトアルバム『Remode1』 が先月8月に発売されました。「懐かしんでもらいたいっていうのと、 2015年、20年経った今の音。贅沢ですけど、両方を味わってほしいという思いで作りましたね」 (小室さん)。当時のファンやリスナーには、懐かしくも斬新な仕上がりになっており、 必聴ですよ!

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/blog/fmkameda/

この時期のケアが肝心、「秋ツボ」で夏の疲れをリセット

J-WAVE平日(月~木)の午前の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「PIN UP」。 8月31日のオンエアでは、夏の疲れを癒やし、秋の体へと準備する「秋ツボ」をご紹介します。

夏から秋へ変わりゆくこの時期は、夏の疲れが出てくるころ。何となくだるくて調子が出ない・・・、 そんな不調のケアにおすすめなのが“ツボ押し”です。

「体には本来、自己治癒力が備わっていて、それを生かすのがツボです。 ツボは道具もいらず、自分で簡単に実践できるケアなので、 気軽に試してほしいと思います」と言うのは、表参道にある隠れ家サロン『源保堂鍼灸院』の院長、 鍼灸師の瀬戸郁保さん。セルフケアでできる“ツボ押し”について聞きました。

この時期に一番多い不調は、冷たい飲食物をとり過ぎたことで胃腸が弱っている人。 睡眠不足や暑さで眠れないことが続き、自律神経をコントロールする力が落ちてしまう人。 そして今、とても多いのが、季節の変化に体がすぐに順応できず、夏の症状としての“のぼせ”が残っている人なのだそう。 “のぼせ”は秋まで不調を引きずってしまうことがあるので、今のうちに直しておくことが肝心だと、 瀬戸さんは言います。そこで瀬戸さんに、今すぐ取り入れたい「秋ツボ」を教えていただきました。

その1 “のぼせ”に効果のある『大陵(だいりょう)』
手首を自分のほうに向けて、一番大きな手首のシワの真ん中にあるのが『大陵』というツボ。 親指で、痛気持ち良いくらいの強さで、5~10秒ほどグーッと押します。このツボは自律神経に関係していて、 押すことで血流が良くなり、“のぼせ”を改善することができるのだそう。

その2 胃腸の働きを良くする『足三里(あしさんり)』
ヒザのお皿の外側のすぐ下にあるくぼみから、指4本分下にある、ちょっと窪んだところが『足三里』。 親指の腹で、5~10秒ほどグーッと押します。このツボを押すことで、食欲が出て体の中から元気になるそうです。

体にある366のツボ。自分でツボを探すには、「痛気持ち良いな」というところを探して押せばOKなのだとか。 また、ツボとは「経穴(けいけつ)」のことで、「穴」という字が使われているとおり、 ヘコんでいるところが多いので、そこを目安にするといいのだそうです。

ちょっとした時間でも簡単にできるツボ押し。上手に取り入れて、 夏の疲れをすっきりさせて気持ちよく秋を迎えましょう。

【関連サイト】 「POP UP!」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/popup/

News Ranking

Archive