Facebook Twitter LINE

夏の紫外線で傷んだ髪…ケアのポイントは「頭皮」

J-WAVE金曜昼の番組「PARADISO」(ナビゲーター:板井麻衣子)のワンコーナー「CHOYA NATURAL FEEL」。10月2日のオンエアでは、紫外線を浴びた髪のケアに注目しました。

夏の紫外線で傷んでしまった髪。そのケアはどのようにしたら良いのか悩むところ。そこで、漢方を取り入れたヘッドスパ専門店「CASPA」の小原さんに聞いてみました。

「今は、夏から秋にかけて頭皮が日焼けなどのトラブルで抜け毛が多い時期。肌と一緒で頭皮も紫外線のダメージを受けています。頭皮が疲れていると髪の毛のツヤがなくなったり、白髪が出てくるなどのトラブルが起きやすいんです」(小原さん)

同店では、漢方を使った「頭皮改善コース」「髪質改善コース」の2つのヘッドスパのコースがあり、髪の毛にアプローチするのではなく、頭皮の状態を良くして、自己回復力を高め、髪も良い状態に整えていくそう。美しい髪のためには、まず頭皮を整えることが重要なのだとか。ヘッドスパでは、髪の毛や頭皮の状態を見て、その人にあったオリジナルの漢方クリームを調合して使用しています。

さて、美しい髪のための頭皮の状態は、どのような状態が理想なのでしょうか。

「頭皮の一番良い状態は青白い状態。疲れがたまって血行不良になるとピンク色に変わります。前側の脳(前頭葉)で考え事をするので、前側の頭皮が赤くなっている方が多いです。頭痛持ちの方は側頭部が赤くなり、歯を食いしばるなど、ストレスがたまっている方は、フェイスラインが赤くなりやすいです」(小原さん)

ちなみに、ヘッドスパを受けるのが一番ですが、受けられない方は、頭皮に触れるだけでも効果的なのだそう。日常的にブラッシングをしたり、頭皮を触ってあげると良いそうですよ。

【関連サイト】
「PARADISO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/paradiso/

日本酒ブーム 地酒に新たな定義「郷酒」とは

J-WAVE平日(月~木)朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MITSUBISHI JISHO TOKYO DICTIONARY」。10月1日のオンエアでは、「郷酒(さとざけ)」という日本酒に注目しました。

この郷酒の定義は、「酒蔵のある都道府県内、または半径100キロ圏内で生産された米と水から造られた酒」というもの。一般的に「地酒」とよばれるものには、地元の蔵元が製造している酒、といった定義しかなく、新たな定義を定めることで、蔵元の伝統を守り、故郷の文化の発信力を高めていくことを目的としているようです。

この「郷酒」を広めるイベントも各地で開催されており、今年5月に銀座で開催された「郷酒フェスタ」は、チケット1000枚が早々に売り切れ、キャンセル待ちが出る人気だったそう。今まで、日本酒は「おじさんが飲む酒」というイメージが定着してきましたが、近年、その甘さや飲みやすさから、若い女性に支持されており、「日本酒女子」という言葉も生まれたほどです。

女性たちが日本酒に魅せられる理由とは何なのでしょう。日本地酒協同組合・専務理事の上杉孝久さんによれば、二つの理由があるそうです。ひとつはやはり料理と一緒に楽しめたり、独特の甘さといった味。そしてもうひとつは、冷え性が多い女性にとって、日本酒は身体の中から温まるため、注目されているとか。最近では、日本酒を使った化粧品も販売されています。

また、スパークリングタイプの日本酒や、アルコール度数の低いタイプも続々と登場し、さらに飲みやすい日本酒が登場しています。これから熱燗でも美味しく日本酒を飲める季節、あなたの地元や、好きな「郷酒」を探してみてはいかがでしょう。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

ラーメンVSつけ麺 勝者はどっち?

J-WAVE平日(月〜木)昼の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)のワンコーナー「HILLS AGENCY」。9月30日のオンエアでは、「つけ麺生誕60周年記念 大つけ麺博プレゼンツ つけ麺VSラーメン 本当に美味いのはどっちだ決定戦」に注目しました。

つけ麺とラーメン、あなたはどちらが好きですか? 新宿・歌舞伎町の大久保公園で10月2日から開催される同イベントには、日本各地から有名な、つけ麺店とラーメン店が集結し、その味を競います。

実は、つけ麺が誕生して今年で60年。しかし、イベント主催者によれば、ラーメン好きな人の中には、つけ麺は「冷たい麺を温かいスープに入れるからぬるくなる」「どれも味が同じ」など「つけ麺を認めない」人が多いとか。一方、つけ麺好きな人は、「つけ麺の方が麺を楽しめる」「スープがぬるくなっていくその過程を楽しむ」という言い分が。

「要はAKB派、ももクロ派みたいに、つけ麺派、ラーメン派っていう理論が結構ラーメン好きの間ではなされているので、どっちがより支持されているのを決めたいなと思いまして今回の企画になりました」(主催者)

そこで、同イベントでラーメンやつけ麺を食べるとコインが渡され、満足したら投票箱に入れることができます。この総得票数を総売上杯数で割って、美味しさ満足度を算出するとか。それが高かった方が勝ちというシステムなのだそうです。

気になる参加店は、日本一の美味しさと言われる「中華蕎麦とみ田」、超メジャーな「六厘舎」、人気急上昇中の「麺屋翔」、ミシュランガイドのビブグルマンにも掲載された、「むぎとオリーブ」など。

この「ラーメン軍」と「つけ麺軍」の勝敗やいかに!? 大盛り上がり間違いナシのイベントとなりそうです。

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

News Ranking

Archive