Facebook Twitter LINE

「ポストはなぜ赤色?」日本人の9割が答えられない日本の大疑問

J-WAVE日曜の番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「THERMOS SMILE LABO」。2月21日のオンエアでは、「日本人の9割が答えられない日本の大疑問」をクイズ形式で紹介しました。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、日本を訪れる外国人観光客は年々増えています。しかし、日本人は当たり前でも外国人からしてみれば「なぜ?」という疑問が巷に溢れています。中には日本人でも「なんでだろう?」と即答できないものも多々あるはず。そこで番組では、今話題の書籍『日本人の9割が答えられない 日本の大疑問100』から、以下のような疑問と答えを紹介しました。

(1)お金の単位「円」は、なぜ「EN」ではなく「YEN」と書くの?
A.諸説ありますが、「EN」だと「English(イングリッシュ)」の「イン」に発音が近いため、日本語の発音に近づけるために頭に「Y」を付けた説。他には、「EN」は、それぞれの国で異なった意味を持ってしまうから、という説があります(たとえば、オランダ語では「~と」、スペイン語やフランス語では「~の中に」という意味になる)。

(2)なぜ日本のポストは赤色?
A.実は、郵便制度が始まった明治初期、約30年の間ポストの色は黒でした。しかし、夜は暗く見えづらいことから、1908年、イギリスを模範として赤色に変更したとか。ちなみに黒いポストの前は木製のポストだったそう。

(3)日本のタクシーはなぜ自動ドアなの?
A.1964年の東京オリンピックで、外国人客をおもてなしするために導入されました。1950年代に自動ドアは開発されていましたが、オリンピックを機に一気に普及されたとか。

(4)歌舞伎が上演されないのに、なぜ「歌舞伎町」なの?
A.終戦後、歌舞伎を上演する劇場が建設される予定だったから。このあたりは1945年の東京大空襲で焼け野原になりました。その後、戦後の復興計画で歌舞伎を上演する劇場を建設予定していましたが頓挫してしまい、計画段階の「歌舞伎町」という名前だけが残ったそうです。

ほかにも、日本人として知って「なるほど!」と思う知識が満載の同書。知っていれば外国人から聞かれたときはもちろん、会話や飲み会のネタにも使えそうですね。

【関連サイト】
「SMILE ON SUNDAY」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

「最強の素人であり続ける」中田英寿、日本酒セラーを作る理由

J-WAVEの番組「SEIBU SOGO CREADIO」(ナビゲーター:佐藤オオキ・クリス智子)。2月21日のオンエアでは、中田英寿さんが登場します。

幅広い分野でさまざまな挑戦を続ける中田さんですが、今回、ナビゲーターでありnendoの佐藤オオキさんへ、自身がプロデュースする「日本酒セラー」のデザインをオファーしたとか。

実は、これまで250もの酒蔵を訪れたという中田さん。ちなみに日本の酒蔵は全国に1200~1300ほどもあるそう。いろいろな蔵をまわる中で中田さんが気になったのは、温度管理。酒蔵では日本酒を貯蔵庫で低温保存している一方、店や一般家庭では温度管理が難しいこともあり、常温で置かれてしまっていることが多いことが現状だったのです。

そこで、ワインには「ワインセラー」というプロダクトがあることで、人がワインを管理するようになることに着目した中田さんは、「日本酒セラー」を作ろうと思ったそう。

「プロダクトっていうのは、時には教育以上に情報を伝えるスゴいツールになるんじゃないかなって思った」(中田さん)

番組では、中田さんがさまざまな事に興味関心をもち、チャレンジしていく原動力に迫ります。「どの業界にも本気で足を突っ込まないのは、最強の素人であり続けるため」と話す理由は? そして今、挑戦したいデザインとは? 今夜のオンエアをどうぞお楽しみに!

【関連サイト】
「SEIBU SOGO CREADIO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/creadio/

中納良恵 「全部、空っぽにしたかった」メキシコ旅とは

J-WAVE日曜の番組「WONDER VISION」のワンコーナー「SARAYA ENJOY! NATURAL STYLE」(ナビゲーター:野村友里)。2月21日のオンエアでは、EGO-WRAPPIN'のボーカリスト・中納良恵さんが登場します。

中納さんは、ソロとしても精力的に活動していますが、同バンドは今年20周年を迎え、レーコーディングを開始するなど、2016年はソロよりバンド活動がメインとなりそうです。

その前に中納さんは「全部、空っぽにしたかった」とのことで海外に旅に出ていたそう。そこで印象に残ったメキシコの街について話を伺います。街や原住民が住んでいるような村をまわる中で、感動した民芸品、「死ぬほどうまかった」という屋台フード、そして頭から離れなくなったというバスの中で聞こえてきた音楽とは?

番組後半では、食についての話題にもフォーカス。ツアーでは外食やお弁当のため、家にいるときは良く自炊をするという中納さん。玄米や和食を心がけ、味噌づくりまでしているそう。

そして最後に、今年20周年を迎えたEGO-WRAPPIN'について話を伺います。今後アーティストとしてチャレンジしたいこととは何なのでしょうか。オンエアをお楽しみに!

【関連サイト】
「WONDER VISION」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/wondervision/

渋谷すばる アカペラで名曲のカバー熱唱

J-WAVE土曜の番組「SAPPORO BEER OTOAJITO」(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。2月20日のオンエアでは、関ジャニ∞の渋谷すばるさんが登場します。

関ジャニ∞でメインボーカルを務める渋谷さん。昨年ソロデビューを果たし、精力的に活動しています。

渋谷さんの幼少時代はやんちゃで、まさか自分が歌手や芸能人になるなんて思ってもみなかったそう。そんな渋谷さんに転機が訪れたのは、中学3年生の誕生日。母親が内緒でジャニーズ事務所に渋谷さんの履歴書を送っており、なんと誕生日がオーディションだったとか。当日までそのことを知らされていなかった渋谷さんは、友人との約束があったため断りますが、母親のある一言でオーディションに向かうことを決意します。その一言とは?

そして、初めて買ったCDから、500枚もあるというアナログレコードのコレクション、影響を受けたアーティストのライブ、プロ顔負けな腕前のハーモニカの話まで、渋谷さんの音楽にまつわる話を掘り下げます。

さらに今回の目玉がこちら。今回初公開となる“ファンキーな”あの曲を、渋谷さんが生歌のドゥーワップ・スタイルで熱唱! おそらく今後聞くことのできない、この曲のカバー・アレンジ。ファンの方は、聞き逃したら一生後悔するかも!?

【関連サイト】
「SAPPORO BEER OTOAJITO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/otoajito/

大久保嘉人 ライバル対決も、Jリーグ開幕戦への意気込み語る

J-WAVE金曜午前の番組「JK RADIO TOKYO UNITED」のワンコーナー「WORDS FROM THE FIELD」(ナビゲーター:GAKU-MC)。2月19日のオンエアでは、川崎フロンターレ所属の大久保嘉人さんがゲストに登場。今年のJリーグの目標などを伺います。

Jリーグの開幕が2月27日します。3年連続得点王を更新中の大久保嘉人さん。今年も、どんなドラマを見せてくれるのか、その活躍が注目されています。

Jリーグ開幕戦となるカードは、対サンフレッチェ広島戦。サンフレッチェ広島は、J1通算ゴール記録1位の佐藤寿人を擁します。昨年、中山雅史さんの持つ記録157点に並び、現在トップタイとなった佐藤さん。その記録に1点差で迫る大久保さん。この2人が開幕戦で直接対決する開幕戦とあって、どちらが先にゴールを決めるのか、首位は入れ替わるのか、ドラマチックな展開が予想されています。

オンエアでは、大久保さんがライバル佐藤さんについて語ります。大久保さんにとって佐藤さんは「いい刺激になる存在」なのだそう。実は、大久保さんと佐藤さんは年齢も同じ。アンダー18やセレッソ大阪でチームメイトだったこともあり、仲の良い間柄です。昨シーズン、得点ランキング争いが報じられる中、「Jリーグを2人で盛り上げていこうよ」と連絡を取り合っていたのだとか。

また、オンエアでは親子で坊主頭になったいきさつについて聞きます。奥さまへの思いや、やんちゃ盛りのお子さんとのやり取りについても明かしてくれました。

そして、今年の目標として掲げられた「優勝」の言葉。1戦1戦を決勝のつもりで戦うと、その意気込みを語ります。さらに4年連続得点王への意欲、川崎フロンターレ・サポーターへの思いも語られます。Jリーグの開幕がますます待ち遠しくなりそうなオンエア。お聞き逃しなく。

【関連サイト】
「JK RADIO TOKYO UNITED」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

増田明美が教える 「東京マラソン」正しい見方とは

J-WAVE平日(月~金)夜の番組「School TV DREAM TRAIN」(ナビゲーター:秀島史香)。2月15日~19日のオンエアでは、スポーツジャーナリストの増田明美が登場しています。

来週末はいよいよ、東京マラソン。増田さんの解説を聞いていると、選手本人のことはもちろん、その家族やまわりの人への取材も事細かにされていることが分かります。

実は、増田さんが解説をするときに気にかけているのは「選手の後ろには家族がある」ということ。これは、増田さん自身がマラソン選手時代におばあちゃん子であり、自分のためにお祈りをかかさない祖母の姿を目の当たりにしてきた経験があったからだそう。「選手を見守っている家族のみなさんが、あんまり心配にならないようなコメントを心がけています」と増田さん。

16日のオンエアでは、記録を塗り替えてノリにノッているときは走るのが苦にならない、という話を伺いましたが、17日は、逆に調子が悪いときの感覚を聞いてみます。ロサンゼルス・オリンピックで途中棄権した苦い思い出や、アスリートとしての悩みを打ち明ける増田さん。大きな挫折の後、増田さんはどう再起したのでしょうか。

18日は、現在のスポーツジャーナリストという仕事について伺います。選手ではなく、ジャーナリストという立場で取材をすることで、大きな気づきが多々あるようです。スポーツに限らず、どの業界にも通じるという成功の秘訣とは?

最終日では、いよいよ始まる「東京マラソン」の楽しい見方をレクチャー。そしていま注目の選手や、走ることの魅力についても聞いていきます。マラソンを愛するすべての人へ送る今週のオンエア。きっと今すぐに走り出したくなるはず。

【関連サイト】
「School TV DREAM TRAIN」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/dreamtrain/

知花くららが伝えたい「現在進行形の支援」現場

J-WAVE平日(月~金)夜の番組「JAM THE WORLD」のワンコーナー「LOHAS TALK」 (ナビゲーター:小黒一三)。2月15日~19日のオンエアでは、 モデルの知花くららさんがゲストに登場。国連WFP日本大使の活動などを通して、 知花さんが伝えたい想いについて迫ります。

知花さんは2006年にミスユニバース世界大会で総合第2位に輝き、 現在はモデルとして活躍する一方で、国連WFP日本大使として、支援の現場で精力的に活動しています。

2007年から国連WFPのオフィシャルサポーターとして活動を始めて以来、 現在は国連WFP日本大使として活動する知花さん。今まで出かけた国は30カ国以上。 視察先は、主に飢餓が蔓延している地域、紛争直後の地域や難民キャンプ、 自然災害に遭った地域など、人々の生活が不安定な場所なのだそう。そんな地域に視察に出かけ、 国内でトークショーやイベントなどを通して現地の声を伝え、理解を深めてもらうことがWFP日本大使 としての知花さんの役目だと言います。

2014年には、ヨルダンのシリア難民キャンプを訪れたのだそう。

「ちょうどシリアから逃げてきたという家族と会う機会があって、 お母さんにいろいろ聞いていると、ああ、本当に現在進行形のことなんだなと実感させられて、 すごく生々しくて、ちょっと怖くなりました」(知花さん)

モデルとして華やかな世界だけに身を置くこともできた知花さんですが、なぜ、 怖さや世界の貧困を目の当たりにする国連の仕事に熱心に取り組むのでしょう。 1週間のオンエアを通して、ナビゲーターの小黒さんが、知花さんの活動を続ける理由や今後やりたいことについて聞きました。

16日(火)は、WFPの学校給食プログラムに強く共感した知花さんが現地視察に行くときは、 必ずしているという学校給食の視察。世界の学校給食事情について、また17日(水)は、 キルギスの女性たちが働く事で作られる女性支援の現場。1村1品プロジェクトによる、 小さな村の新しい未来について聞きます。18日(木)は、知花さんが国連の活動を続ける理由について迫ります。 モデル活動と支援活動の両立に悩んでいた知花さんが、支援活動を続けようと決意した言葉とは? 19日(金)は、 福島の子供たちの笑顔を取り戻すキャンプと、今年の目標について聞いていきます。

毎年1年初めに、50~60個ものTODOリストを作るという知花さん。まだまだ、やりたいことは尽きないようです。 アフリカの自然の美しさや、子どもたちを育む学校給食、地域の伝統工芸でつなぐ女性たちの未来など、知花さんの優しい視線から、 世界の未来が語られるオンエア。お聞き逃しなく。

【関連サイト】
「LOHAS TALK」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/blog/lohastalk/

News Ranking

Archive