Facebook Twitter LINE

文化庁メディア芸術祭、今年注目のテーマは「LGBT」

J-WAVE日曜の番組「WONDER VISION」(ナビゲーター:平井理央)のワンコーナー「ENASAVE SOCIAL EVENT & MOVIE TIPS」。2月7日のオンエアでは、「第19回 文化庁メディア芸術祭」を紹介しました。

現在、国立新美術館を中心に開催されている同イベント。世界のおよそ90カ国からエントリーされた4500点の中から選ばれた120点ほどの作品が展示されています。世界各地から集まる作品は 時代の流れを反映しており、今回注目なのは「LGBT」をテーマにした作品だそうです。

LGBTとは、レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーを指す言葉ですが、たとえば「アート部門」に展示されている 長谷川愛さんの作品は、実在する同性カップルの遺伝子情報から、もしも、そのカップルに子どもが誕生したら・・・と仮定して作られた家族写真です。

また、「マンガ部門」で優秀賞を獲得した田亀源五郎さんの作品「弟の夫」。これは、父と娘2人暮らしの家に、カナダ人の男性がやってくるのですが、その男性は、実は主人公の双子の弟の結婚相手だった・・・という、同性婚をテーマにした作品。

文化庁の芸術文化調査官、林洋子さんによれば、もうじき震災から5年ということもあり「応募者全体の中の傾向として、テクノロジーよりも人っていうものが、全面に出てきているってことを如実に表しているのが今回のメディア芸術祭だと思います」とコメント。

開催は2月14日まで。この機会に世界の旬な芸術作品に触れてみてはいかがでしょうか?

【関連サイト】
「WONDER VISION」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/wondervision/

ルパン三世のファッションをオーダーメイドで「LUPINISSIMO IN ISETAN 2016」

J-WAVE土曜の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・秀島史香)のワンコーナー「JR EAST STATION TO STATION」。2月6日のオンエアでは、「LUPINISSIMO IN ISETAN 2016」をピックアップしました。

伊勢丹新宿本館の催事場で開催中の同イベント。伊勢丹創業130周年を記念したイベントで、イタリア・サンマリノ共和国を舞台に描かれている30年ぶりの新作アニメ「ルパン三世」を題材に、日本を代表とする3つのテーラーとコラボして、大人ならではの粋なファッションを提案しています。

フッショナブルな世界観が人気の同アニメですが、こちらでは、ルパンや次元大介のジャケット・シャツ・ネクタイや、石川五ェ門の着物、銭形警部のトレンチコート、峰不二子のライダースジャケットなどをオーダーメイドで注文することができ(納期は5週間)、ルパン三世の登場人物になりきることができます。

ファッションだけではなく、グルメも充実。本館7階のレストラン「AGIO」ではルパン三世の世界観をイメージしたメニューを提供。たとえば、映画の中でルパンと次元が奪い合ったあのスパゲッティをイメージした「ルパン三世ミートボールスパゲッティ」(5,940円)は、約30センチの大皿に盛られたスパゲッティに、梅・唐辛子・ゴルゴンゾーラ・タレッジョ・ノーマルの5種類のミートボールがゴロゴロッと乗っておりボリューム満点。また、会場内のカフェコーナーでは、ルパンの顔をラテアートしたカプチーノ(540円)も楽しめます。

開催は2月8日まで。最終日は18時終了。大人の遊び心溢れる同イベントに、きっとアナタの心も盗まれてしまうはず・・・。

【関連サイト】
「RADIO DONUTS」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

遭遇率は1%! 愛と奇跡の電車「ラブトレイン」とは

J-WAVE金曜の番組「PARADISO」(ナビゲーター:板井麻衣子)のワンコーナー「ESCRIT LUNCHTIME HAPPINESS」。2月5日のオンエアでは、「ラブトレイン」の話題を取り上げました。

ウエディングのトレンドやデートスポット、大切な人と出かけたいスポットなど、ハッピーなトピックスを紹介する新コーナー。その記念すべき第一回目の放送で取り上げたのが「ラブトレイン」です。

これは京浜急行電鉄が、2月1日からホワイトデーの3月14日までの期間限定で始めたサービス。車両には、ハート模様をあしらった布地を使ったボックスシート「相合席」が4席設けられ、それ以外の座席のヘッドカバーもピンクになっているスウィーティーな車両がある電車です。さらにつり革に2本は赤いハート型になっているとか。

友達や家族、恋人、ちょっと気になるあの人と・・・どんな人と乗ってもOKなのですが、この電車と出会える確立は、なんと「1%」。運行は数時間に1本で、運行は毎日異なります。京浜急行電鉄に乗る際は是非“運試”しとして電車を待ってみても良いかもしれません。

しかし「どうしても、この電車に乗りたい!」という、そこのアナタ。ご安心ください。前日の14時以降に「京急ご案内センター」に問い合わせれば、何時に運行しているか教えてくれるとか。

この電車に乗れば、大切な人への感謝の気持ちや、気になる人への愛の告白など、素敵に演出してくれること間違いナシです。バレンタインデー・シーズンの今、是非とも探して乗ってみてはいかがでしょうか?

【関連サイト】
「PARADISO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/paradiso/

美しき「大和言葉」ブーム ビジネスシーンで活用も?

J-WAVE平日(月~木)朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MITSUBISHI JISHO TOKYO DICTIONARY」。2月4日のオンエアでは、「大和言葉」に注目しました。

「大和言葉」とは、漢語や外来語以外の日本古来からの言葉。古くは万葉集などに使われています。たとえば、「了解です」は漢語ですが、これを大和言葉にすると「かしこまりました」「確かに承りました」などになります。そのほか、雨が「しとしと」降る。など、漢字で表せない擬態語の多くも大和言葉なのだそう。

そんな大和言葉が持つ、「丁寧さ」や「奥ゆかしさ」が注目され、続々と関連書籍が発売されていますが、なぜ今、大和言葉なのでしょうか。『日本の大和言葉を美しく話す』の著者・高橋こうじさんによれば、SNSの普及により、自分の言葉で発信する機会が増えたことから、ワンパターンの常套句(じょうとうく)ではなく、昔から日本にあり、新鮮な響きの大和言葉で伝えたい、という人々の欲求が高まっているからだそうです。

また、高橋さんは大和言葉の大きな特徴のひとつに「心」についてのボキャブラリーの豊かさを挙げています。たとえば、漢語では「感動した」という一言で終わってしまいますが、大和言葉では「胸を打たれた」「胸に迫る」「心に響いた」「心に刻まれた」など、微妙なニュアンスを表現することもできるのです。

ちなみに、ビジネスシーンのプレゼンでも、いつもの言葉をあえて大和言葉に置き換えることでアクセントになり、聞き手の気をひく効果があるそう。たとえば「まさに」を「いみじくも」に。「仮に」を「よしんば」に変えるなどが挙げられます。

奥ゆかしく美しい「大和言葉」の世界。日本人として、この国の美しい言葉を正しく使って後世に残してゆきたいですね。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

音楽家とのセッションも。臨場感あるアニメフェス「GEORAMA2016」

J-WAVE平日(月~木)昼の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)のワンコーナー「HILLS AGENCY」。2月3日のオンエアでは、都内各地で開催されるアニメーションフェスティバル「GEORAMA2016」をピックアップしました。

「まったく新しいアニメーションフェスティバル」というスローガンを掲げたイベント「GEORAMA2016」が2月2日からスタートしました。3週間にわたり、渋谷WWW、恵比寿リキッドルーム、原宿VACANT、テアトル新宿、座・高円寺といった都内の複数の会場で開催されるこのイベント。どんなイベントなのでしょうか。同イベントを企画した土居伸彰さんに聞きました。

土居さんは、世界中を旅してアニメーションを見つけ、その配給をするという仕事をしています。世界各地で迫力あるアニメーションに出会うなかで、「作った人や、作られた地域性の濃いようなもの、それが想像力を反映するんじゃないか」と常々考えていた土居さん。今までの日本のアニメーションの常識を覆す作品を紹介したい、そんな未知の世界感と対峙できる場所として同イベントを企画したのだそう。

こだわりは作品のセレクトだけではなく、その見せ方にも。そのひとつがライブ付きのアニメーション上映です。その目玉となるのが『チャネリング・ウィズ・ミスター・ビックフォード』という企画。伝説のミュージシャン、フランク・ザッパと一緒にアニメーションを作っていた作家ブルース・ビックフォードが来日し、彼の作品に、彼の作品を慕っている日本のミュージシャンたちが彼の作品に合わせて演奏するというもの。

「さまざまなミュージシャンの方に過去のビックフォード作品を預け、ミュージシャンの方々はそこからインスピレーションを受けたオリジナルの楽曲を、この日のためだけに演奏してくれる。おそらく、ここでしか聴けないような演奏、ここで聴くだけでも価値があるというようなイベントになるのではないかなと思っています」(土居さん)

その出演ミュージシャンは、元ゆらゆら帝国の坂本慎太郎さん、小山田圭吾さんとバッファロー・ドーターの大野由美子さんのユニットsmall BIGS、ボアダムスのアイさん、七尾旅人さん、トクマルシューゴさん、菊地成孔さん、さらに水曜日のカンパネラのコムアイさんなど。錚々たるメンバーが、その音楽によってビッグフォード作品に新たな息吹を吹き込んでいくという企画となります。

ほかにも、アカデミー賞にノミネートされたアメリカの作家、ドン・ハーツフェルトさんの作品や、U2のMUSIC VIDEOも手がける デヴィッド・オライリーさんにCG作品など、 一流クリエイターの作品が楽しめるそうです。

「GEORAMA 2016」は2月23日火曜日まで、都内の複数の会場で楽しめます。改めてアニメーションの魅力を体感してみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

残り物を切ってオーブンに入れるだけ!「ぎゅうぎゅう焼き」が超優秀

J-WAVE平日(月~木)の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「7-ELEVEN GOURMET-3」。2月2日のオンエアでは、話題の料理「ぎゅうぎゅう焼き」に注目しました。

ぎゅうぎゅう焼きとは、耐熱皿に肉や野菜をギュッと詰め込んで、味付けは塩とオリーブオイルのみ。あとはオーブンで焼くだけというシンプルで簡単な料理のこと。今、インスタグラムなどのSNSなどで話題沸騰中の人気料理です。そこで発案者の村井理子さんに、ぎゅうぎゅう焼きをおいしく作るポイントとレシピを聞いてみました。

■おいしく作る3つのポイント
(1)重ねるのではなく「ギュッ」と詰める
・・・食材は上に重ねるのではなく、隙間無くギュッと詰めること。こうすることで均等に熱が通ります

(2)塩とオリーブオイルは多めに
・・・塩は食材にふりかけるだけではなく、あらかじめキッチンシートにもふっておくと、しっかりした味付けになります。ローズマリーなどハーブ類があれば、さらにおいしくなります。

(3)200度のオーブンで30分焼く
・・・あとはオーブンに任せて待つだけでOK。良い香りがしてきそうです

数あるレシピの中でも一番オススメだというのが、基本の「ぎゅうぎゅう焼き」。そのレシピも教えていただきました。

「冷蔵庫にある肉類や野菜をギュッと詰めるだけ。塩と油があればできるので、冷蔵庫を片付けたいなってときのお助けメニューにもなります。おいしいのは、ジャガイモなどの芋類やゴボウなどの根菜類、タマネギといったいつも使う野菜。それに鶏肉や豚肉を入れるのですが、アクセントになるのがソーセージですね」(村井さん)

冷蔵庫も片付いて、時短もできる。さらに見た目も華やかなのでパーティー料理としても活躍しそうな「ぎゅうぎゅう焼き」。さっそく冷蔵庫にあるものでトライしてみては?

【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/popup/

WEBメディアの黒船?「BuzzFeed Japan」創刊

J-WAVE平日(月~木)朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)の ワンコーナー「Morning Insight」。2月1日のオンエアでは、創刊されたばかりのWEBメディア 「BuzzFeed Japan」の古田大輔編集長をゲストに、日本で目指すニュースサイトの戦略に迫りました。

政治・経済ニュースはもちろん、インターネット上のまとめから、癒しネタなど、硬軟取り混ぜ、 さまざまな情報を提供するWEBメディア「BuzzFeed Japan」。先月19日に創刊されたばかりですが、 2016年の日本のWEBメディア界にとって、最初にして最大の話題といっても過言でないほど注目されています。 これまでのWEBメディアとは、どんなところが違うのでしょう。日本版創刊編集長の古田大輔さんに聞きました。

「BuzzFeed」は2006年にアメリカで創刊。SNSを中心に情報を拡散するバイラルメディアの代表格として、 日本版を含め、世界11カ国で展開しています。そんなアメリカ版「BuzzFeed」で 培った編集ノウハウは、日本版でも大きな強みになっているのだそう。 そのひとつが世界に約1300人いる取材スタッフの存在。政治、ハリウッド、IT企業など、 それぞれの専門記者がいるため、アメリカ版ではオバマ大統領へのインタビューも実現するなど、 より深い取材源にアタックできるのだとか。

また、バイラルメディアならではの編集ノウハウも。 「もともとアメリカで10年やっているので、それを徐々に進化させてきて、今の形にたどり着いています」と、 わかりやすいインターフェイスや、スマホで最後まで読ませるテクニックに古田さんは自信をのぞかせます。 実は、「渋谷で絶対に食べるべき19のランチ」「女の子を落とすための25の口説き方」など、 数字をタイトルに持ってきて、一つひとつの情報に写真を付けて次々と見せていく手法は 「BuzzFeed」が世界に広めたもの。これが、スマホでどんどんスクロールして、 ついつい手を止めずに下まで読ませてしまう秘訣なのだとか。

どうやったら人の心に刺さって、そして拡散されるのか。「BuzzFeed Japan」ならではの 戦略を古田さんは次のように語りました。

「僕たちは自分たちで記事をつくり、しかもその記事をどういうふうに読者の方が読んでいる かということをすべてデータで取っています。そのデータを見ながら、次はこういうふうに 書いたほうがいいんじゃないか、こういうトピックを取り上げたほうがいいんじゃないかと いうのを内部で議論しながら、よりコンテンツのクオリティーを上げていこうと。 それが僕たちの戦略です」(古田さん)

この春までには動画コンテンツも配信していくそうです。「BuzzFeed Japan」は 日本のWEBメディアにどんな変化をもたらすのか、注目です。

【関連サイト】 「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
オフィシャルサイト https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

News Ranking

Archive