Facebook Twitter LINE

和田唱&ハマ・オカモトがビートルズに影響されたこと

9月22日(木・祝)にオンエアされたJ-WAVEのスペシャル番組「J-WAVE SPECIAL LIVE! THE BEATLES」(ナビゲーター:サッシャ)では、ビートルズに影響を受けたミュージシャンたちが自身とビートルズの思い出について語りました。

OKAMOTO'Sのベース、ハマ・オカモトさんは、14歳のときに入った軽音楽部で一番最初に演奏したのがビートルズの「Day Tripper」だったそう。

「日本に生まれると生活にビートルズの音楽が溢れていて、『これがビートルズだったんだ』って後から知ることも多かったですね。音楽の楽しみ方の教科書のようなバンドなので、常に自分のライフスタイルについてまわる存在だなと思っています。

音楽として影響を受けたことはたくさんあるんですが…個人的にはポール・マッカートニーが左利きっていうだけで格好良く見えるのがうらやましかったですね~」(ハマさん)

世代的に現役のビートルズを知らないというハマさんですが、それでもビートルズの曲には懐かしさを感じると語りました。まさに時代を超えて愛されるバンドですね。

TRICERATOPSの和田唱さんは、中学生のときに親に買ってもらったビートルズのCDを毎日のように聴いていたそうで、「良い曲の確率がここまで高いバンドを他に知らない」とコメントしました。

「ギターを弾き始めて、最初に弾き始めた曲は全てビートルズでした。そこからいまだにずっと好きなので…影響されているんでしょうけども、どこが影響されているのか自分ではもうわからないんですよね。憧れすぎて。

ファッション的なことでいうと、当時のイギリスのバンドの雰囲気がすごく好きで、部分的に取り入れることが好きです。ジャケットやブーツ、襟の大きさとか…いつも部分的にどこか入ってると思います!」(和田さん)

音楽だけでなく、ファッションでも多くの人に影響を与えるなど、まさに伝説のバンド、ザ・ビートルズ。解散して40年以上経った今でも、ファンの熱が冷めることはありません。新作映画も公開され、まだまだ音楽史に影響を与え続けそうですね!

【関連サイト】
「J-WAVE SPECIAL LIVE! THE BEATLES」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/topics/1609_beatles.htm

ビートルズ 新作映画公開で日本のファンにメッセージ

9月22日(木・祝)にオンエアされたJ-WAVEのスペシャル番組「J-WAVE SPECIAL LIVE! THE BEATLES」(ナビゲーター:サッシャ)。同日は、公式作品としては46年ぶりとなるビートルズの新作映画「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK」の日本公開日。こちらはポール・マッカートニーやリンゴ・スターという存命のメンバーや、オノ・ヨーコ、ジョージ・ハリスンの未亡人オリビア・ハリスンなど関係者の全面協力のもと製作されたドキュメンタリー映画です。

番組では、先日ロンドンのレスター・スクウェアで行われた、この映画のワールドプレミアの様子をお届けしました。

まず、監督を務めたロン・ハワードさんは本作について「そもそも新しい映像が見つかったというところから始まったこの映画ですが、ビートルズ・マニアのいた時代がどういう時代だったかを表現した映画になっていると思います」とコメント。

また、オノ・ヨーコさんは本作を見て「ジョンは本当にエネルギッシュでユーモアに溢れた人だったことを思い出しました。そしてこの映画で語られている部分は、まさに歴史が作られたその瞬間だと思います」と語りました。

そして最後は、主役のポール・マッカートニー&リンゴ・スターが登場!

見どころについてポールさんは「ビートルズは一晩で世界一になったと思われているけど、そんなことは全然なくて、インターネットがあって拡散される時代ではないので、長く演奏を続けていった結果がこうなったんだというところを見てほしい」、そして、リンゴさんは「もう一つ大事なのは、大好きなことをやっていて、続けていって今に至っているということ」とコメント。

さらに、日本のファンに向けてリンゴさんは「10月に日本に会いに行くので楽しみにしています」と話し、ポールさんは得意の「コンニチハ!」という日本語の挨拶を届けてくれました!

音楽史に大きな影響を与え、今もなお人気の衰えない伝説のバンド、ザ・ビートルズ。新作映画「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK」は、新しく見つかったビートルズの未公開映像とともに、ビートルズの歴史を振り返る内容になっています。ぜひ劇場に足を運んでみてください♪

【関連サイト】
「J-WAVE SPECIAL LIVE! THE BEATLES」オフィシャルページ
https://www.j-wave.co.jp/topics/1609_beatles.htm

Suchmos 新作は「ピンク」や「黄緑」?

J-WAVE月曜-木曜の深夜2時からの番組「THE KINGS PLACE」(木曜担当ナビゲーター:Suchmos)。9月22日のオンエアでは、メンバーのYONCE(Vo)、KCEE(DJ)、OK(Dr)の3人が登場。リスナーのメッセージから仙台の旬なごはんについて語りました。

OKが読み上げたのは「宮城だからこそ食べられる旬の食べ物があります。それは…はらこ飯です」というリスナーからのお便り。

はらこ飯は、甘しょっぱく煮た秋鮭の煮汁でご飯を炊き、できあがった炊き込みご飯の上に、煮た秋鮭と味付きイクラを敷き詰めたもの。

「脂の乗った秋鮭の風味がたっぷりの炊き込みご飯はとってもおいしいのです」という食欲をそそるお便りに、「もう、これは食べたね」と想像だけで満腹のYONCE。一方KCEEにいたっては…

「釜をこうね、脂の乗った秋鮭の煮汁を使って炊いてるわけでしょ? ほぐした秋鮭とイクラがパンッパンに敷き詰められてるわけでしょ? 釜を開けたときの湯気が、ふぁ〜ってきて、『ああ、味噌汁と食いてえ』…ってなってるところまで、想像した」(KCEE)

…と、ものすごい鮮明に想像していたようです(笑)。

続いて、レコーディングを終えたばかりのSuchmosに「新曲の雰囲気やエピソードなど、あれば教えてほしいです!」というリスナーからのお便りが届きました。

「夏フェス明けのライブで(新曲を)5〜6曲くらいやりましたかね」とYONCE。新曲はバラエティに富んだ楽曲とのことで、今までにないSuchmosの一面を出せているのだとか。どうしてもアルバムの情報は言えないようですが、なにやらKCEEが今回のアルバムを的確に表現できるそうで…

KCEE:わかった、わかった! 今までさ、俺ら青色の曲とか出してきたじゃん。んで、赤色の曲も出してきたじゃん。でも、今回ピンクとか黄緑とか、そういう色のエッセンスをジョインしたような曲を発展させて出してやるから、楽しみにしとけ!
一同:(拍手)
YONCE:100点!
OK:これでもう、アルバム聴いたくらいの感じになってんじゃない?
YONCE:そうだね、もうアルバム聴いたも同然。アルバム出さなくてもいいや〜。
KCEE:そうしよう!うん、やめとこやめとこ。
YONCE:どうせいいに決まってんだから。もう出さなくていいや。
KCEE:だって今の良かったっしょ?
YONCE:うん、良かった。もう新作聴いたも同然だね!
KCEE:うん、同然同然っ…で釜がさぁ!
一同:(爆笑)
OK:最初に戻る。

今までにないSuchmos。果たしてどんなアルバムになるのでしょうか? 今から発売が楽しみですね!

【関連サイト】
「THE KINGS PLACE」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

フリーアナ新井恵理那「ウグイスと会話できた」

J-WAVEで9月22日(木・祝)にオンエアされた特別番組「J-WAVE SPECIAL NOLLEY'S PEACEFUL MOMENT」(ナビゲーター:板井麻衣子、paris match ミズノマリ)。ゲストには、フリーアナウンサーの新井恵理那さんが登場。やさしい気持ちになれる明るく前向きな音楽と共に、穏やかな時間の作り方を考えました。

新井さんのプロフィールを見ると、トレッキング、写真、ゴルフ、バトミントン、弓道2段、漢字検定2級、スキューバダイビング…と、趣味がずらりと並びます。相当な多趣味ですが、月曜から金曜まで早朝の生放送にアナウンサーとして出演しつつも、忙しい中で自分の時間をつくっているようです。

カリフォルニア生まれの新井さん。幼少期のひとときを、カリフォルニアという自然豊かな街で過ごしたことが現在にも影響しているのだとか。

「自然と一体となった街並みが、本当にすてきなんです。住んでいる人が自由に楽しめるプールやテニスコートがあって、私もよく行っていました。プールの飛び込み台から、後ろ向きにバッシャーンと飛び込むんです。そうすると、パッと顔を上げたときに周りにいた人たちがワーって拍手してくれて。

それがすごくうれしくて。知らない人たちなんですけど、でも見守ってくれるという温かい環境がすごく幸せで、そういうものがポッと心の中を温かくしてくれるのが、いまだに残っています」(新井さん、以下同)

現在の趣味であるトレッキングやスキューバダイビングも、幼少期に自然の魅力に取りつかれた結果、その延長で始めたことなのだそう。

「今は定期的に山にトレッキングに行き、リフレッシュしています。昨年は上高地、今年は尾瀬に行きました。気持ちいいんですよね。空気が新鮮ですし、静けさの中によく聞けば森の音や鳥のさえずりとか、普段聞いていない音がいっぱいあるので、すごく癒されて、本当に気持ちを変えてくれるんです。

空間を変えるということが、これほどまでに自分の糧になる、また新たな力をくれているというのを感じますね」

最後に趣味の一つ“口笛”で、ウグイスのモノマネを披露。「ちょっと今は下手になってしまった」と謙遜しながらも、「うまかった時代は、これでウグイスと会話ができたんですよ」と新井さん。スタジオに穏やかなひとときを届けてくれました。

【関連サイト】
「J-WAVE SPECIAL NOLLEY'S PEACEFUL MOMENT」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/holiday/20160922_sp/

山崎ケイ「女はスイーツ好きとは限らない」提言するも…

J-WAVE で9月22日(木・祝)に放送されたスペシャルプログラム「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL AUTUMN AGENDA」(ナビゲーター:nico)。さまざまな分野で活躍する三人の女性に秋のデートプランを提案したこの番組。お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイさんも、ゲストにお迎えしていました!

山崎さんは2013年に相方の山添寛さんと、相席スタートを結成。結成後、間もなく出場したTHE MANZAI2013で認定漫才師に選ばれました。「いい女風の雰囲気を出している芸人」「ちょうどいいブス」など独特のキャラクターで人気を集めています。

…とnicoが紹介すると、「言いにくそうな雰囲気出してましたけど、しっかりと『ちょうどいいブス』と紹介していただいて(笑)」と皮肉たっぷりにnicoを追い込む山崎さん。

そんな山崎さんは、お酒を飲むことが大好きだそうで、休日の過ごし方を聞いてみても「休みの日は昼から飲んでますね…」との回答。聞いてみると、まったく趣味がなく、最近ハマっていることは「いろんな大きさの巾着袋を作ること」という謎のブームを持つ山崎さんに、nicoはどんなデートを提案するのでしょうか…。

まずは“スイーツデート”。しかし、山崎さんは甘い物があまり好きではないそうで「世の男子って(女性が)みんなスイーツ好きだと思ってますよね(笑)。マカロン食べさせとけばいいと思ってるんでしょ!」と毒づきますが、そんな山崎さんにnicoがオススメしたのは、アップルパイ専門店「GRANNY SMITH APPLE PIE & COFFEE」のアップルパイ。

さっそく、“DUTCH CRUMBLE”という、定番のアップルパイを食べる山崎さん、nicoに「かわいいですね、食べ方が」と言われ、「そんなつもりはなかったんですけど、結果的にかわいくなっちゃってすいません(笑)」と返答しつつ「おいしい! リンゴがリンゴのまま残ってる感じが…柔らかくなりすぎてなくて。これでお酒飲めます!」と、毒づいたわりにはnicoが提案したスイーツに満足している様子でした(笑)。

また、“チャンバラ合戦”という変わったデートも提案しました。これは、スポンジ製の刀で、相手の腕についたボールを落とすと勝ち…という、大人から子どもまで汗を流して楽しめる簡単なゲームだそうで「マンネリ気味のカップルにオススメ」とのことです。少なくても30人、多いときは1,000人規模で行うことから、彼女のピンチを彼氏が守ったり…というシチュエーションも生まれるそうです。

そしてスタジオでは、nicoが山崎さんにかっこいいところを見せるため、イベント運営担当の方と合戦を行うことに! 「勝ったらご褒美あげちゃおっかなぁ」という山崎さんの言葉に奮闘するnicoでしたが結果は惜しくも敗退…。

「頑張ったのになあ…」と話すnicoに、「本当に残念だと思ってます? 私からのご褒美いらないっぽかった…わざと負けたような…。私、見てた!」と詰め寄る山崎さん(笑)。nicoの真意はわかりませんが、山崎さんはチャンバラが楽しかったそうで「知らない世界すぎて興味深かったですね」と伝えてくれました。

今回の秋のデート、皆さんも気になったものありましたか?

【関連サイト】
「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL AUTUMN AGENDA」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/holiday/20160922/

三浦大知 レッドリスト&パーマネントアイテム考える

J-WAVE月曜-木曜22時からの番組「AVALON」。出張のため不在の水曜ナビゲーター、満島真之介に代わり、9月21日のオンエアでは代表代行を三浦大知が務めました。

番組には満島から一本の電話が。満島と三浦の関係は「幼い頃からの裸の付き合い」だそうで、「代わりを頼めるのは彼しかいない」ということで、三浦に代行を頼んだそうですが、三浦は「いや~もうガチガチですよ(笑)」と、突然の代役にかなり困惑している様子でした(笑)。

さて、今回与えられたテーマは「AVALONレッドリスト」。SNSやお笑いネタなど、情報が溢れる昨今において、すぐに流行り廃れる「オワコン」と呼ばれるコンテンツが増えています。

そこで電通若者研究部、吉田将英さんをゲストにお招きして、「レッドリスト」(絶滅していくもの)と「パーマネントアイテム」(永く残り続けるもの)についてお話を伺いました。

吉田:テクノロジーの部分が特に、新しいものに取って代わられやすいんです。例えば今、若い人は「あえて」とか、「逆に」とかよく言いますよね?
三浦:使ってますね(笑)。
吉田:「アナログレコードがあえていい」とか、「下町があえていい」とか、昔のものが再評価されるってことはありうる。
三浦:フィルムカメラとかもそうですよね?
吉田:そうですね。そういう、あんまりビカビカの最新のテクノロジーが入っていないものの方が、残っていくことが多かったりするのかなと。新しいものに、完全に取って代わられづらい気はちょっとしてますね。

また、三浦は吉田さんにこんな質問も投げかけました。

三浦:今の若者の子たちって、物というよりかは目的や意思だったりとか、そういうところに価値を見出すことが多いんですかね?
吉田:もちろん、物が欲しいということもあると思うんですけど…

そう前置きした上で…

「インターネットにかつてよりも簡単にアクセスできて『ネットの評判はどうなんだろう?』とか、『他にもっと便利な方法はないだろうか?』とか、調べやすくなっていると思うんですよね。そうすると、今までよりも意味を考えがちなのかなって。

数ある選択肢の中から選ぶときに、意味がないと人間納得できないと思うので、その過程で“俺得”じゃないですけど、ちゃんと腹に落ちているものを選んでいく…。“なんとなく選ぶ”という比率が、下がっているんじゃないかなって気はしますね」(吉田さん、以下同)

なんとなく選ぶ比率が下がる一方で、「自分の欲しい情報を選ぶ嗅覚は相対的に上がっているのではないか?」と、吉田さんは前向きに評価をしているようです。しかしながら、ネットでの情報の判断が優先されることは、実体験が減少する危険性があるとも話します。

「見に行くとかやってみるとか、買ってみるとか食べてみることを介さなくても、例えばネットでまとめ記事を見れば体験したようなところまでの知識は得られるみたいな…。

『あれ、マジ熱かったっすよね!』って言われて、『見てたの?』とか聞くと、『いや見てないんすけど…』て言ってたり(笑)。だから、本当に体で感じれるものとか、直に触れてわかるものってことがすっ飛んだときに、本当に大丈夫かな?って、不安というか、もったいないなって思うことがありますね」

そんな吉田さんが、最後にこれからの若者たちに向けて出したキーワードは「I(アイ)」。自分で発信する場が増えた彼らにしっくりとくるキーワードですが、これを聞いて「自分がどう思ってるか、自分はこれが好きとか、表現できることが増えてきた分、そういうところを考えるように逆になっているような気がする」と、三浦。今回の話を聞いて共感する人も多かったはず。あなたは、どう感じましたか?

【関連サイト】
「AVALON」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

水曜日のカンパネラが江頭2:50に感謝!?

J-WAVE月曜-木曜深夜1時からの番組「SPARK」(水曜ナビゲーター:水曜日のカンパネラ) 。9月21日のオンエアでは、水曜日のカンパネラが4,000人を招待して行ったライブ「uP!!!NEXT~水曜日のカンパネラ FREE LAGOOOOOON!!!~」の会場で番組スタッフが集めてきた質問に、コムアイとトラックメーカーのケンモチヒデフミの2人がお答えしました。ここではその一部を紹介します。

Q:いつも面白い演出を楽しみにしています。今後、どんな演出を考えていますか?

コムアイ:「この場所でやりたい」と思えるところでやるのが一番大事で、そこからイメージが湧くっていう感じ。
ケンモチ:場所からインスピレーションが湧く、と…。
コムアイ:今回のフリーラグーンを開催した潮風公園も、芝生がすごい気持ちよくて「絶対にここでやりたい」とまずは思ったんです。次は、コンテナをいっぱい置いてその上をステージにしたいなと。あと、クレーンが両脇にあって、クレーンでスピーカーを吊ってライブをするとか。
ケンモチ:怖いな~(笑)。
コムアイ:私、重機に詳しくなり始めてて、「レンタルのニッケン」のホームページを見てるんです。予算を見て「なんでこれができないの!?」って言えるから。
ケンモチ:そういう見方してるの!?

演出といえば、コムアイは新曲「松尾芭蕉」のミュージックビデオを見ていて、意外なことに気づいたそうです。ミュージックビデオでコムアイが水槽の中を泳いでいるのですが、その水槽が、昔、某バラエティ番組で江頭2:50さんが入っていた水槽と全く同じ(?)だったとか。

コムアイ:江頭さんが息を止めて「センチメンタル・ジャーニー」を踊ってて、ワカメみたいな体が水中に浮いてたんだけど、よく見たら、ハシゴもサイズも全く一緒だったの。「コレだ!」と思って。昔のテレビ番組にお金があったおかげで「松尾芭蕉」のミュージックビデオが撮れたっていう。だから今、一番会いたいのは江頭さん。お礼を言いたいです。「体を張ってくれてありがとうございます」って。

江頭さんとコムアイの2ショットは全く想像がつきませんが、いつか会える日がくるといいですね♪ 次は、あの方からの質問です。

Q:一番好きな曲はなんですか?(ケンモチからの質問)

コムアイ:甲乙つけがたい曲が10数曲あって、その中から「この曲だけは」っていうのはないの。
ケンモチ:そんなに同率?
コムアイ:「この曲はそんなに好きじゃない」っていうのはいっぱいあるけど。
ケンモチ:いっぱいあるんかい!(苦笑)
コムアイ:申し訳ないけど、自分の曲に飽きちゃうんです。いっぱい聴いて飽きるっていうよりも、ライブでやるのが飽きてきた感じで…。
ケンモチ:でもライブでたまにやる曲だと、2番の出だしはつまずき気味だよね。僕も「絶対、間違えそうだな」と思って見てるから(笑)。
コムアイ:ああ~! たしかに…。なんでそんなに研究してるんですか(笑)。

コムアイによると、新曲の「松尾芭蕉」の2番の出だしも間違えやすいそうです…。水曜日のカンパネラについて詳しくなったところで、もっと知りたいと思った方は「ワンマンライブツアー2016 ~SUPERMAN~」に足を運んでみてください。11月2日は川崎・CLUB CITTAで、12月7日は中野サンプラザで行われます。詳しくは「水曜日のカンパネラ」のオフィシャルサイトをチェック!

【関連サイト】
「SPARK」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/spark/

News Ranking

Archive