Facebook Twitter LINE

天才作曲家サラサーテはものすごくモテたって本当?

J-WAVE月曜-木曜14時からの番組「ACOUSTIC COUNTY」のワンコーナー「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」(ナビゲーター:西村由紀江)。9月21日(水)のオンエアでは、「ツィゴイネルワイゼン」などの名曲で知られる、19世紀後半に活躍したスペインのヴァイオリニスト兼作曲家、パブロ・デ・サラサーテを紹介しました。

ヴァイオリンの超絶技巧奏者として名高いニコロ・パガニーニ、そしてその再来と謳われたのが天才ヴァイオリニストのサラサーテ。彼はいったいどんな人物だったのでしょうか。

天才音楽家には、傲慢だったり、自己陶酔したり、感情の起伏が激しかったりと付き合うのが大変な人たちが多いと言われているのですが、サラサーテはそういった天才にありがちな人物像ではなかったようです。

常識のあるジェントルマンだったサラサーテは、常に身だしなみに気を配り、礼儀正しさと気遣いで、誰からも好かれていました。生涯独身を通していたこともあり、女性には特にモテたようです。

そんなサラサーテが生まれ育ったのは、スペイン三大祭の一つ「サン・フェルミンの牛追い祭」で知られる街、パンプローナ。牛追い祭りは400年以上続くお祭りで、毎年7月6日から9日間ぶっ通しで行われ、世界中からたくさんの観光客が訪れます。テレビなどでご存じの方も多いと思います。

市街地に牛を放ち、街の人々が一緒に走りながら牛を闘牛場まで追い込んでいくという、野生的で荒っぽいこのお祭は、サラサーテも大好きでした。

彼は晩年、フランス・バスク地方のリゾート地ビアリッツで暮らしていましたが、「牛追い祭」の時は、120キロ離れたパンプローナに必ず戻ってきていました。街の中心にあるカスティーリョ広場に面したホテル「ラ・ペルラ」に滞在し、気分が良いと、バルコニーに出てヴァイオリンを演奏。それを期待して、向かいの広場にはたくさんの人たちが集まったそうです。

パンプローナが生んだ、この最高のアーティストを讃え、「サラサーテ音楽院」「サラサーテ博物館」「サラサーテ散歩道」など、街には至るところにサラサーテの名が付けられています。

サラサーテの曲が情熱的なのは、荒々しい「牛追い祭」の影響があるのかもしれませんね。気分を高揚させたいという時は、サラサーテの情熱的でダイナミックな曲を聴いてみてはいかがでしょうか。


【関連サイト】

 「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/secretnotes/

花柳凜 数回目のデートは賑やかな店に行きたい理由

J-WAVEでは、9月22日(木・祝)秋分の日に特別番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL AUTUMN AGENDA」(ナビゲーター:nico)をオンエアしました。

番組では、さまざまな分野で活躍する三人の女性をゲストに迎え、nicoが秋のデートプランを提案ました。 こちらでは、日本舞踊家の花柳凜さんをお迎えした時間の模様をお届けします。

花柳凜さんは着物姿で登場! 初対面ということもありドキドキしていたnico。本題に入る前にある確認をしました。

nico:花柳凜さんのことを、花柳さんとお呼びしてもいいんでしょうか?
花柳:伝統芸能の世界は皆、苗字が一緒なので、よろしかったら「凜ちゃん」「りんりん」とか…でも、なんでも結構です(笑)。

ということで、nicoは少し照れつつも「凜ちゃん」と呼ぶことに。凜さんは日本舞踊家のお祖父さまに師事し、2歳で初舞台を経験。16歳で名取、21歳で師範免許を取得しました。伝統芸能の世界だけに留まらず、メディア、アートなどのジャンルを超えて活躍中です。日本舞踊の魅力について、凜さんは「何百年の歴史の中で削ぎ落とされて作られてきた伝統で、男性が格好良く見せるしぐさ、女性がきれいに見えるしぐさが研究されてます。奥が深いところにやり甲斐を感じます」と語りました。

そんな凜さんにnicoがデートプランをプレゼン!

■銀座デート

まずは、銀座「ちゃぼうず」の特製お弁当を紹介! 普段は提供されてない、まさに特製です。鮭にイクラが乗った土鍋御飯、焼き栗など、見た目からしてきれいでデートにピッタリ。「おいしい! 大好きな味です! トマトが丸ごと入ってる!」と、凜さんは自家製セミドライフルーツトマトが特に気に入っていたようでした。

さらに、凜さんには、デートで食事をするときの理想についてお聞きしました。

nico:どういうお店がいいか、聞いてくる人とそうでない人がいると思いますが、どっちがいいですか。
花柳:聞いてもらって、どんなお店が好きかというコミュニケーションになるのも良いし、何も聞かずにサラッと連れて行ってくれるのも良いですよね。
nico:確かに。
花柳:あとは、お店の雰囲気が重要だと思います。ゆっくりとお話ができるところがいいです。でも、何回目かのデートだったら、あえて賑やかな店に行って、『え、なになに?』って言いながらお互いに近づくのもいいかも(笑)。
nico:なるほど~。メモすることがいっぱいです!(笑)

■汐留デート

汐留デートでおすすめは、パナソニック汐留ミュージアムにて開催中の「モードとインテリアの20世紀展―ポワレからシャネル、サンローランまで―」。1900年代から1960年代までの約70年を視野に入れ、それぞれの時代のファッションとインテリアのデザインが同じ空間で展示されています。

凜さんは服飾の専門学校に通っていたそうで、興味津々でした。男性からデートに誘うと「女心をわかっている」と思われるかもしれません。

■青山デート

最後は、青山を舞台に開催するクリエイティブの祭典「TOKYO DESIGN WEEK」を紹介しました。中でも凜さんにおすすめしたのは、写楽インスパイア展。江戸で最もミステリアスな絵師、写楽にインスピレーションを受けたトップクリエイターの作品が展示されますが、「TOKYO DESIGN WEEK」は10月26日からの開催。ご自身のデートプランの参考に…という方はご注意くださいね!

さて、凜さんは10月7日・8日には「ジャパン・オルフェオ」(鶴岡八幡宮)、9日には「日本橋 熈代祭」(日本橋三井ホール)など多数の舞台が控えているそうです。J-WAVEでは、22時から放送している「AVALON」の火曜日にKenKenと出演しています。こちらも、お聴き逃しなく!

【関連サイト】
「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL AUTUMN AGENDA」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/holiday/20160922/

距離がグッと縮まる? 秋の「ニンニク」デート

J-WAVEで9月22日(木・祝)秋分の日にオンエアされた、特別番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL AUTUMN AGENDA」。さまざまな分野で活躍する三人の女性をゲストに迎え、ナビゲーターのnicoがイベント、グルメ、アートの中から、選りすぐりの秋デートプランを提案しました。

ここでは、プロサーファー・水野亜彩子さんに提案した秋のデートにオススメの「ランチデートプラン」をピックアップ!

アスリートの食事といえば、カロリーや栄養などかなり気を使っていそうなイメージですが、水野さんはどうなのでしょうか?

「すごい気にして…というわけではないですけど、やっぱり食べる順番とかは気にします。あと、大会で波が小さすぎたら食べる量を少し抑えたりはしますね」(水野さん)

そんな水野さんにnicoがオススメしたのは、グルメイベント「ガーリックパラダイス」。

女性にも人気のガーリック。しかし、デートに食べるとなるとちょっと敬遠しがちですが、nicoは「二人でクサい仲になってしまいたい」という考えがあったようです。実は水野さんもガーリックが大好きだそうで、「名前がいいですね」と興味津々。

「ガーリックパラダイス」は、9月21日から10月2日まで新宿の大久保公園で開催中のグルメイベント。その詳しいお話を実行委員会の方にお聞きしました。

「その名の通りガーリックに特化して、パエリアやアヒージョ、まぜそばなど、ガーリックを使ったメニューを集めて、ガーリック好きの方のために開催するイベントとなっております」

世界各国のガーリック料理が楽しめるということで、昨年の開催時には5日間で2万5,000人ものガーリック好きが集まりました。会場ではブレスケアの配布もあり、カップルでも気にせずにガッツリ食べてもらえるそう。これには水野さんも「いいですね! ちゃんとブレスケアでケアしてもらっちゃって(笑)」とポイント高めのようです。

そこで、一押しのガーリックグルメも紹介してもらいました。

■「ガーリックまぜそば ニンニクザンマイコレデモカ!!」千里眼
こちらはラーメン店「千里眼」で、 “4年に一度しか出さない幻のメニュー”なのですが、今回特別に提供されています。

■「自家製ガーリックバタートーストandチリコンカン」はじめの一っぽ
「はじめの一っぽ」はニンニク料理専門店で、“おしゃれで女子向け”のメニューが特徴だそう。

実行委員会の方のお話を聞いているだけで、「お腹が鳴っている感じがします(笑)」と水野さん。そんな水野さんのために、今回、スタジオにも料理が用意されました。さて、その感想は…。

■「鶏のピリ辛サクサク揚げ ガーリック風味」京華樓
nicoいわく見た目は「キャラメルコーン」だそう(笑)。

「すごい! ガーリックの臭いしかしないくらい! 鶏の臭いよりもガーリック(笑)」(水野さん)

早速、一口いただいた水野さんは「ガーリックですね(笑)。鷹の爪のピリ辛も合って、後から鶏の味もすごいして。お酒好きなんですけど、ビールとかのおつまみに最高な感じがします」とのこと。ピリ辛にサクサクの食感、ビールに合わないわけがないですよね!

■「ガーリックシュリンプ」Tsunami Ebisu Tokyo
ハワイを代表するグルメ、ガーリックシュリンプ! ハワイに行ったら水野さんも必ず食べるのだそう。

「エビがプリプリですね。おいしいです! これはご飯食べたくなっちゃいますね」(水野さん)

2品とも、とても満足していただけたようです。そして食べ終わった後、nicoはしっかりとブレスケアを用意。「こういう優しさは(デートに)どうですかね?」とお聞きすると、「こういうところ、ポイントですよね!」と水野さん。男性のみなさん、食後の気遣いもしっかりお忘れなく!

今回のこのデートプランに水野さんは、「一緒にニンニク臭くなって、距離も縮まるかもしれませんね」と好評価でした!

距離を縮めたい人がいるという方は、こんなランチデートに誘ってみてはいかがでしょうか。詳しくは「ガーリックパラダイス」のHPをチェックしてくださいね!

【関連リンク】
「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL AUTUMN AGENDA」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/holiday/20160922/

ウイスキーで上唇がムズムズする感じ、何という?

J-WAVE月曜-木曜6時からの番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。9月22日のオンエアでは、10万部を超えるベストセラーとなっている『翻訳できない世界のことば』を紹介しました。

『翻訳できない世界のことば』は、世界中から選りすぐった52の「翻訳できないことば」が、かわいいイラストと共に紹介されています。例えば、「木漏れ日」という言葉は日本独自の表現で、他の言語に翻訳できないのだそうです。他にも「わびさび」「積ん読(つんどく)」「ボケっとする」という言葉も日本独特の表現のなのだそう。

本を書かれたのは、20代のイラストレーター、エラ・フランシス・サンダースさん。スタジオには『翻訳できない世界のことば』 日本語版を出版されている創元社の編集者、内貴麻美さんをお迎えしました。内貴さんによると、サンダースさんは「ボケっとする」という言葉について「日本人が何もしないことを大切にしているのは、素敵なこと」と感心しているそう。「何もしないこと」に言葉を与えること自体が珍しいそうなのです。

また、外国で使われている言葉で翻訳できない言葉としては…

MANGATA:モーンガータ
(スウェーデン語:水面に映った道のように見える月明かり)

SGRiOB:スグリーブ
(ゲール語:ウイスキーを飲むとき、上唇に感じる妙にムズムズとする感じ)
これはウイスキーが好きな別所も「わかる!」と感心していました。

SAUDADE:サウダージ(ポルトガル語:心の中になんとなく持ち続けている、存在しないものへの渇望や、愛し失った人・物への郷愁)

など、いろいろありますが、中でも内貴さんは「ドイツ人はすごく例え上手」と感じたそうです。例えば、めちゃくちゃにもつれたケーブルのことを例えた「ケーブルサラダ」という言葉や、夫が悪い振る舞いを妻に許してもらうためのプレゼントを表現した「龍のエサ」(笑)という言葉がお気に入りだそうです。

映画や小説のタイトルにもピッタリな言葉も多いです。『翻訳できない世界のことば』は、主に20~40代の女性を中心に広い層に人気だそう。「どんなふうに、その土地の人たちに使われているんだろう?」そんなことを想像しながら、本の中で「世界旅行」を楽しんでみてはいかがでしょうか?

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

04 Limited Sazabys ラジオ公開収録は参加型に?

J-WAVE月曜-木曜の深夜2時からの番組「THE KINGS PLACE」。水曜担当のナビゲーターは、04 Limited Sazabys。9月21日のオンエアでは、レギュラー出演しているGEN(Ba/Vo)がお休みということで…HIROKAZ(Gt)、RYU-TA(Gt/Cho)、KOUHEI(Dr/Cho)の三人が登場しました。

この日は冒頭に、ニューアルバム「eureka」が全国のタワーレコード総合チャートで、リリースから連続でデイリーチャート1位獲得&HIROKAZの28歳の誕生日を報告。おめでたいことが続いているフォーリミです。ちなみにHIROKAZの28歳の目標は結婚(!)だそう。

さらにこの日は、フォーリミの「THE KINGS PLACE」1周年を記念して、10月4日19時から都内某所で行われる公開収録の企画会議を行いました。

「せっかくお客さんがいるのなら、お客さんを絡めた企画をやってみたい」という話になり…

RYU-TA:(企画とかも)お客さんとその場で一緒に決めたいね。
HIROKAZ:お客さんもその場で「こういうのやってほしい」っていうのあったら言ってほしい。
KOUHEI:お客さんも考えてきてほしいね。何を質問されても大丈夫なように考えてきてもらって。
HIROKAZ:万全にしてきてもらって!
KOUHEI:すごいお客さん頼りだけども!(笑)
HIROKAZ:(笑)。せっかくだからお客さん絡めていかないとね!

はたして無事に、番組を収録することはできるのでしょうか(笑)。他にも、来てくれたリスナーにプレゼントを贈る抽選会の企画や、新コーナーが始動するかも…といった話が飛び出すなど、一体何が行われるのか、まだまだ謎のベールに包まれています。

こちらの公開収録には、J-WAVEの無料会員コミュニティサービス「J-me」の会員、または新規ご入会の方が応募可能となっております。締め切りは9月26日(月)正午! 気になる方は、お急ぎくださいね♪

【関連サイト】
「THE KINGS PLACE」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

04 Limited Sazabys「THE KINGS PLACE」公開収録 応募ページ
https://www.j-wave.co.jp/jlc/entry/entry_pc.php?key=sazabys

女性が歌うドライブソング、実は奥が深かった!

J-WAVE月曜-木曜朝11時30分からの番組「BEAT PLANET」のワンコーナー「BEHIND THE MELODY~FM KAMEDA」(ナビゲーター:亀田誠治)。9月21日(水)のオンエアでは、女性アーティストのドライブソングに注目してお届けしました。

まずは亀田が選ぶ「女性目線で歌われている」ドライブソングを紹介。「目線は助手席ではなく、あくまでも運転席」ということで、女性がハンドルを握っている様子が浮かぶ曲をピックアップしてくれました。

まずは「プレイバックPart2/山口百恵」。
「女性目線のドライブソングと聞いて真っ先に思い浮かぶのがこれ。怒りソングですけどね、運転中の心理が見事に描かれた曲でした」(亀田、以下同)

続いて「ワゴンに乗って出かけよう/松任谷由美」。
「こちらは1980年発表のアルバム『SURF & SNOW』から。『ハンドルを握ればどこへでも行ける』そんなドライバー目線のフリーな気持ちが伝わってきます」

最後は「走れゎナンバー/椎名林檎」。
「林檎さんの作品なので、そのままストレートにドライブソングというわけじゃないと思いますが、さて真相は…?という感じですよね」

と、一言ずつ添えながら紹介してくれました。そしてここから亀田の「女性アーティストのドライブソング」についての考察が始まりました。

女性が歌うもので多いのは”助手席目線”の歌なのだそう。

「非常に多いんです。ラブラブな関係や、ちょっと気まずい関係など、運転席に座る相手との心の距離感を、助手席という座席の距離感で表しているんですね」とのことで、「恋にまつわるエトセトラ」が見えてくるのは”助手席目線”のドライブソングなのだそうです。

それに対して“運転席目線”で歌われるドライブソングから読み取れることは、「運転する女性は何か理由があって自分でハンドルを握っている」ということだそう。これはどういうことかというと…

「恋人と別れてしまったり、日常から離れたいとか自由気ままな時間を過ごしたいとか、とにかく今ある状況から飛び出したい、そんな、一人でいること、一人になることが必要なシチュエーションにいるんです」

そして運転する女性は“一人の意思ある、独立した女性の象徴”ともなっているそうで、「ハンドルを握りアクセルを踏み、車という道具を自由自在に操ってどこまだって飛んでいける…『誰もが輝くスーパーウーマンになれるんだよ』ということを伝えてくれてるんですね」と続けていました。

傷付いたり恋をしいても、運転席目線の歌では一人の女性として強く前を向いて生きていくことが演出でき、さらに「『その先にはきっといいことがあるかもしれない、私だって大丈夫』と、“新しい自分に出会える”という聞き手の自己肯定感アップの特効薬になるのが運転する女性のドライブソングなんです」と結ぶ亀田。

亀田もラジオや音楽を聴きながら運転する時間が大好きだそうで、最後に「女性も男性も今日も安全運転でお願いします!」と呼びかけていました。

【関連サイト】
「BEHIND THE MELODY~FM KAMEDA」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/blog/fmkameda/

W・アッカーマン、26年ぶりの来日を語る

J-WAVE月曜-木曜14時からの番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)。9月21日(水)のオンエアでは、音楽レーベル「ウィンダム・ヒル・レコード」の創設者でギタリストのウィリアム・アッカーマンさんをお迎えしました。

今回なんと26年ぶりの来日となったアッカーマンさん。「日本に来れて嬉しいよ。たくさん蕎麦を食べれたのも嬉しいよ」とご機嫌で、この日はランチを食べすぎたそうで、「若干眠い気もするけど大丈夫だよ!(笑)」と言っていました。

70年代にフォーク&アコースティックの音楽レーベル「ウィンダム・ヒル・レコード」を立ち上げ、80年代に入ると“ニューエイジ”という一大音楽ムーブメントを築き上げたアッカーマンさんは、ご自身もギタリストとして活躍しています。

今回は、世界遺産である奈良の春日大社で、20年に一度、社殿を新しくする「式年造替」の奉納演奏のために来日されたアッカーマンさん。

「すごく美しい場所だったよ。赤い神社が夜にライトアップされるんだけど、その光景はとても幻想的だった」と語ってくれましたが、客席ではなく本殿に向かって演奏したことも素晴らしい経験で、人生の中で最も感動した夜だったそうです。

アッカーマンさんは現在、家族と一緒に、アメリカ・バーモントにある山と森に囲まれた山荘で暮らしているそうですが、一体どんな暮らしなのか、聞いてみました。

「僕はもともとカリフォルニア育ちなので、今住んでいる所は本当に自然が素晴らしい所だと思う。妻はガーデニングが好きで庭はいつもキレイだし、鶏やアヒルも飼っているよ。あとはスタジオで音楽を作ったり、旅をしたり」

まさに理想的な生活ですね。

オンエア中には、友人の結婚に向けて書いた曲を生演奏してくれたアッカーマンさん。最後に日本のファンに向けてメッセージをいただきました。

「日本のファンの皆さんからはいつも愛をたくさんもらっています。日本は自分にとっても思い入れの強い場所なので、また来るのを待っていてください」

次の来日は、また26年後とならず、ぜひ早めに実現してほしいですね(笑)。

【関連サイト】
「ACOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

News Ranking

Archive