Facebook Twitter LINE

TOSHI-LOW「本当に必要なものは想像力」

J-WAVEが今注目するさまざまなトピックをお届けする日曜夜の番組「J-WAVE SELECTION」。9月18日にオンエアされた「Hitachi Systems HEART TO HEART」(ナビゲーター:小林武史)では、8月10日(水)に行われた番組公開収録イベント「Hitachi Systems HEART TO [email protected]豊洲PIT」の模様をお届けしました。

イベントのゲストには、ピアニストの小山実稚恵さん、ACIDMANの大木伸夫さん、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDのTOSHI-LOWさん、Salyuさんが登場。小林とのスペシャルなセッションやトークで会場を盛り上げました。

7月、宮城県石巻港雲雀野地区で開催された「Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016」。4年ぶりにap bank fes に出演したという大木さんは、アートに特化していたという今回のフェスを振り返り、「僕もいろいろなフェスに出させてもらっているんですけど、こんなフェス見たことない! やったことない! 経験したことない! って全員テンション上がってましたね」と語りました。

さらに小林との交流については、「1年ほど前にとある企画で、小林さんが推薦するボーカリストというかたちでイベントをやらせてもらって」と、小林からのアプローチがきっかけだったそうです。

続いて、同じく「Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016」に出演したTOSHI-LOWさんのトーク。震災後のアートの力や役割について語りました。

「本当に必要なものは、想像力だった気がするんですね」。人間の目に見えるものばかりを信じるのではなく、想像力を育むことが大切だと言うTOSHI-LOWさん。震災時に99.8%が生存した岩手県釜石市の奇跡の実話を例に、想像力を育むアートの大切さを訴えました。

「中学生の子たちが幼稚園の子たちをおぶって、もういっこ上の段まで逃げて、それで助かった。その子たちは多分、そういう危機感が発達してたんじゃないかな? こういう風に言われたからその通りにする、いわゆる1+1=2みたいなテストの学力じゃないものを持ってたんだと思うんですね。そういう命のアンテナを育てるためには、俺は音楽や絵はとても良いことだと思う」(TOSHI-LOWさん)

そして、番組では小林を交えたスペシャルセッションのライブ音源もたっぷりお届けしました!

「Hitachi Systems HEART TO HEART」は毎月第3日曜日の22時から。来月も被災地を巡る取材や、復興支援活動をするゲストを迎え、震災後の未来をお伝えしていきます。

【関連サイト】
「Hitachi Systems HEART TO HEART」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/special/hearttoheart/

“癒し”にこだわったアロマプラネタリウムが話題

J-WAVE月曜-木曜朝9時の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「PIN UP」。9月21日(水)のオンエアでは、池袋サンシャインシティのコニカミノルタプラネタリウム「満天」にて、現在上映中の「イルカの星」に注目。詳しいお話を「イルカの星」プロデューサーにお聞きしました。

「今回、具体的なヒーリングはイルカをモチーフに作成しました。イルカは、アメリカなどでは『ドルフィンヒーリング』と言ってセラピーの作用もあるということで、イルカと一緒に泳ぐようなセラピーを擬似的に映像で演出するのと、プラス、アロマヒーリングに星空を加えたら最高なヒーリング空間になるんじゃないかと思い、制作しました」

原作は、日本を代表する絵本作家・葉祥明さんの「イルカの星」。とにかく癒しを極めた、というこのアロマプラネタリウム。星空と海を自由にゆったりと泳ぐイルカと、人気声優・細谷佳正さんの透明感あふれる声でのナレーション。そこに幻想的なSerphの楽曲が加わることで、よりイルカと共に星空や海を泳いでいる感覚が味わえる仕掛けだそうです。

そして最大の特徴は、香りの演出。香りの専門家と綿密な打ち合わせを重ね、今回の作品にピッタリのアロマを見つけたとか。

「今回、作品中で使用している香りは二種類あります。一つは“空と海を自由に泳ぐイルカ”をイメージした『シトラス』の香り。もう一つが“青い水の惑星”をイメージした『マリンノート』に『ミント』を配合した香りになっています」

例えば、イルカの星座が映し出された時に、「シトラス」の香りがフワっと広がるのだそう。イルカの存在を香りで感じられる演出とはステキですね。

また、場面の切り替えやナレーションも“ゆっくり・ゆったり”にこだわっているのだとか。

「ナレーションもできるだけ洗練してそぎ落として、お客様にはできれば星空によってイルカの姿を想像したり、(中略)なるべくお客様自身で物語を作れるような構成を考えて演出しています」

星空、海、イルカたちを眺めながら、自分の思いや考えを巡らせる時間…。本当に癒されそうですね。

プレミアムシートの「芝シート」「雲シート」では、仰向けになった状態で見ることができるので、山の上や海辺など自然の中で寝転がって星空を眺めている感覚が体験できるそう。

「何も考えずにそのまま身を委ねてくだされば、自然に呼吸が深くなり癒されていきます」とのことで、また、夜20時からの上映もあるので、仕事帰りに寄って、一日の疲れを癒すのにもピッタリです。ですが、あまりに癒されすぎて、寝落ちしてしまうかもしれませんのでご注意を(笑)。

とても人気のプログラムなので、早めに予約しておくのがオススメ。詳しくは、コニカミノルタプラネタリウム「満天」のHPをチェックしてみてください♪

【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/popup/

新感覚ユニット「みみめめMIMI」結成秘話

J-WAVE月曜-木曜深夜1時からの番組「SPARK」(火曜担当ナビゲーター:livetune)。9月20日のオンエアでは、みみめめMIMIからタカオユキさんが登場しました!

みみめめMIMIは、ボーカル・作詞・作曲を担当のタカオユキさん(作詞曲名義:ユカ)と、イラストレーション担当のちゃもーいさんからなる、リスナーの視覚と聴覚を同時に刺激する新感覚ユニットです。

異色なユニット結成のきっかけについてkzが尋ねると…

「ちゃもーいとは同級生で、授業で一緒になったときから、いつか音楽と絵でコラボしたいね、と言っていて。で、デビューのお話をいただいた時に一緒に組んでやろうって盛り上がって結成して、今に至ってます!」(タカオさん)

10月12日(水)に発売予定の2ndアルバム「きみのヒロインになりたくて」の収録曲「1/2ぶんこ」はlivetuneのkzが編曲を担当しています。タカオさんからもらったデモを元に「好き勝手にアレンジした」というkzですが、そのアレンジについてタカオさんの感想を伺いました。

タカオ:私のデモだとバンドっぽいっ感じだったのを、エレクトロな感じのkz節にアレンジしていただきました。

kz:僕、アレンジだけってあまりないんですが、割と原曲を無視することが多くて(笑)。好みが分かれるなと思っていて、今回も不安でしたよ(笑)。

タカオ:いやもう、歓喜でしたよ! 予想の何百倍も素晴らしいものが戻ってきて…。私も、アレンジについて意見を言うこともあるのですが、今回は何も言うことがなくて! 皆さんに聴いていただきたいですね。

ということで、kzも一安心な様子でした。ちなみに、kzはアレンジだけでなく、レコーディングにも同行し、歌の指導や、歌詞の相談にも乗っていたそうですよ。

そして最後に、このアルバムについて「皆さんにみみめめMIMIの新しい顔をお見せできるんじゃないかな」とタカオさん。みみめめMIMIを知っている方も、これから聴いてみようと思った方も、ぜひチェックしてみてください!

【関連サイト】
「SPARK」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/spark/

海外で話題のユニークなエクササイズ3選

J-WAVE月曜-木曜朝6時からの番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。9月21日(水)のオンエアでは、日本上陸が待ちきれない、海外で話題の最新エクササイズを紹介しました!

まずは、バレエのバーレッスンの動きを元にしたエクササイズ「バーレ」。こちらはバレエの経験がなくてもできる上、バレリーナのようなしなやかな体を目指せる…というオススメのエクササイズで、ヴィクトリアズ・シークレットのモデルたちも大ハマりだとか。ちなみに女性だけでなく、男性にもオススメだそうです。

続いては、ドラムスティックを使った有酸素運動を促す「パウンド」。こちらは、なんと音楽に合わせて、ドラムスティックを打つというエアドラムの動きを取り込んだエクササイズ! ストレス解消にも一役買ってくれるという、今話題のエクササイズだそうです。

そして最後は盛り上がること間違いなしの「サイクルカラオケ」。その名の通り、バイクを漕ぎながらカラオケを歌うというエクササイズです。カラオケビデオが流れる教室の中でバイクを漕ぎながら歌っていると、先生がマイクを持って回ってきてくれるそうです(笑)。

皆さん、気になるエクササイズはありましたか? どのエクササイズもまだ日本では本格的に取り込めるところはないそうですが、いずれ上陸したらチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

KenKenが同棲したらフラれる理由とは?

J-WAVE月-木22時からの番組「AVALON」(火曜担当ナビゲーター:KenKen)。9月20日のオンエアでは、KenKenに「同棲ってアリですか? ナシですか?」という議題が与えられました!

先日、国立社会保障人口問題研究所の出生動向基本調査で、18歳から34歳の未婚者のうち、男性70%、女性59%に交際相手がいないことがわかったそうです。この数字は調査が始まって以来、過去最高とのこと。確かに最近、「恋人ができない」のではなく、敢えて「作らない」という若者が増えていると聞いたりしますよね。これまで増加傾向にあった同棲経験者もどんどん減ってきていて、18歳から34歳の独身者で同棲したことのある人はわずか5%! これにはKenKenと凜秘書も「だいぶマズいですね…」との意見。

「結婚」の前段階として「同棲」があると思うのですが、KenKenの知り合いには、10数年同棲していたのに結局、結婚せずに別れてしまったカップルがいるそう。「いつ結婚していいか分からなくなる感もあるっぽくて。逆に、結婚と変わらなくなるパターンもありそうだよね」とKenKen。

ちなみにKenKen自身は同棲経験がないそうですが、「俺なんか、すごいダラしないし散らかすの得意なんで、同棲したらフラれるんじゃないかっていう恐れがありますね(笑)」とのこと。

またこの日、スタジオには、9月28日(水)にニューアルバム「Pretty good!!」をリリースする、MONGOL800のキヨサクさんがゲストに登場されました。

KenKenとはライブで共演したきっかけで仲良くなり、もう10年来のお付き合いだそう。今回のアルバムは「何も考えずに音楽を楽しめる感じで、元気でハッピーに、っていうモンパチの1stとか2ndアルバムみたいな雰囲気にしたいなぁとずっと思ってて。だから全10曲で35分! お時間取らせません!(笑)」とキヨサクさん。

そしてキヨサクさんにも、今回の議題「同棲ってアリですか?ナシですか?」をお聞きしました。

「同棲はしたことないんですけど。昔、いきなり“マスオさん”状態になったときがあって」と衝撃のプライベート話も飛び出しつつ、同棲ついては、「飯はありがたいかも」。これにはKenKenも賛同(笑)。

リスナーの皆さんからは、どちらかというと「ナシ派」が多かった印象だった同棲。特に実際に同棲からの別れを経験された方の現実的な意見が多く、それを受けてKenKenも「超怖い…同棲、怖い」とどんどんマイナス思考に(笑)。

しかしそんな中、KenKenの心を癒すこんなメッセージがリスナーさんから届きました。

「私はまだ中学生なので、同棲は考えたことありませんが、良いと思います。一緒にご飯を食べたり、一緒に寝たり、朝起きたら隣に好きな人がいるってステキじゃないですか? その日が楽しく始まりそう。もちろんケンカもあるかもしれませんけど、同棲してるからこそ早く仲直りできるなど、メリットもいっぱいあると思います!」

この純粋なメッセージに、

「こういうことだよ! 俺らが荒んでるんだよ! みんなこれだ! 見習おう!」(KenKen)
「スッと入ってきた! そこですもん、原点は!」(凜秘書)

と2人とも大感動(笑)。番組中、何度もこのメッセージを引用していました(笑)。

【関連サイト】
「AVALON」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

箭内道彦主催の「芋煮会」福島から熊本へ

J-WAVE日曜6時からの番組「WONDER VISION」(ナビゲーター:平井理央)のワンコーナー「OPINION」。9月18日のオンエアでは、福島県からクリエイティブ・ディレクターの箭内道彦さんが登場しました!

箭内さんといえば、この日から始まる福島で開催されるイベント「風とロック芋煮会2016」の実行委員長でもあります。「福島県の1年間の中で、一番楽しい日にしたい」という思いから始まったこのイベントは、屋台あり、ライブあり、落語あり…の「芋煮会」。親子連れや、1人で来る若い人が多いのもこのイベントの特徴です。

今回の芋煮会では、福島から熊本へ向けてメッセージを発信するブースを設けているそうです。そこでは単純な応援のメッセージではなく、震災を経験した福島の人だからこそ伝えられる「来年こういう辛いことが待っているかもしれないけど、〇〇の音楽を聴くといいよ!」など、経験を生かしたアドバイスを送る予定だといいます。

福島県のクリエイティブ・ディレクターに就任した箭内さんにとって今の福島は、「野球の1回表の守備が終わった」状態。これから攻撃が始まるタイミングのように感じているそうです。「たくさんのものを受け取ったけど、福島の人は何を返すのか? そういうタイミング」(箭内さん)と話します。

そして最後に、箭内さん自身が「芋煮会」でワクワクすることを伺うと、「芋煮が食べられるところかなあ」とのこと(笑)。やはり料理がおいしいのも「芋煮会」の魅力だそうです(笑)。

【関連サイト】
「WONDER VISION」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/wondervision/

黒羽麻璃央、俳優として一番の醍醐味とは?

https://kuroba-mario.com

J-WAVE月曜-木曜14時からの番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)の期間限定コーナー、「AMERICAN EXPRESS THE POTENTIALIST」。将来の可能性を秘め、より高いところを目指す人“ポテンシャリスト”を紹介するこのコーナー、9月20日(火)のオンエアでは、俳優の黒羽麻璃央さんを特集しました。

黒羽さんが芸能の仕事を始めたきっかけは、第23回ジュノン・スーパーボーイコンテストで準グランプリを受賞したこと。しかしその頃はまだ高校生で、地元である宮城県の仙台市に住んでいたのですが、ミュージカル「テニスの王子様」に受かったことが転機となり上京したそうです。

「『受かったよ』と聞いた時は、ようやく前に進めた気がして。芸能の世界に入って役者でやっていく上で、大きいものがトーンと決まったというのはすごい嬉しくて」(黒羽さん、以下同)

それからたくさんの舞台作品に出演している黒羽さんですが、黒羽さんが考える“俳優”という職業について聞いてみました。

「この仕事しかしていないので他はよくわからないですけど…。役作りで行き詰まることも多々あるし、稽古って本当に苦しい場所ですが、そこを終えて本番をやって、千秋楽とかひとつの区切りになった瞬間が、報われるというか、もっとやってたいなっていう思いがどんどん増していきますね。それは現場を重ねるたびに強くなっていきます」と、苦しさと、それ以上の達成感について明かしてくれた黒羽さん。

「最高だと思いますよ、やっぱり人に感動を与えるというのは。お客さんの泣いたり笑ったり、楽しそうにしたりする姿を目の前で見られるのが一番の醍醐味なんじゃないかなと思います」

現在取り組んでいる舞台「歌姫」では大学生を演じている黒羽さんですが、将来は、ここまで育ててもらった大好きな地元・仙台に恩返しをしたいという夢を抱えているそう。

「観光大使になって仙台を広めたり、東北出身の同じ仕事をしている人とか全員呼んで、仙台でチャリティーイベントみたいなものができたらすげえ嬉しいなと思います」

【関連サイト】
「ACOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

News Ranking

Archive