Facebook Twitter LINE

尾崎世界観、ファンイベントに「安心感があった」

J-WAVE月曜-木曜深夜1時からの番組「SPARK」。9月19日のオンエアでは、月曜を担当するクリープハイプの尾崎世界観が、先日行われたクリープハイプのイベントについて紹介しました。

9月8日(木)の「クリープハイプの日」に毎年行われるイベント。今年はモバイル会員限定で行われたそうで、「行きたかったが行けなかった」というファンのために「どんな内容だったか少しでも知ってもらえたら」と番組に届いたメールを紹介していきました。

■姉妹で初めて好きなバンドのライブに行きました。物販を姉にお願いすると、希望のサイズと違うユニフォームを買っていてケンカしてしまいました。いつも自分から謝ることはありませんが、「明日はどっちだ」を聞いていたら雨が降っていたのに並んでくれた姉に申し訳なく、自分が情けなくなり、姉に謝りのメッセージを送りました。

「すごいかわいらしいメールですね。2人分のイナズマ(※番組グッズ)を差し上げます」(尾崎)

■高知から飛行機に乗って1人で行きました。物販に並んでいると雨が降ってきましたが傘がなくて、そしたら隣にいた人が傘に入れてくれ、近くにいた人も加わりクリープハイプの話で盛り上がりました。一緒にご飯も食べましたが急いで入場してしまい、ちゃんとお礼も言えませんでした。

「良いですね。基本的に1人で来てる人が多いですからね。会員の人は1人でしか応募できないので…。だからそういう出会いがあるのは良いですね」(尾崎)

■隣にいた妹が、まさかの「Hの98番」であんなことになってしまいびっくりしました。思い切った企画をやってくださり、ありがとうございました。

「これは、Hの98番を、9月8日にちなんで、その番号の人にステージに上がってもらって、その一人のために僕が歌ったんですよ。でも実際緊張してお客さんの顔見れなかったんですけど…妹さんが当たったんですね」(尾崎)

と、紹介したメールに一言ずつ答える尾崎でした。

今年の「クリープハイプの日」は尾崎いわく「変な企画」をたくさんやったそうで、尾崎が『an・an』で書いた官能小説を朗読したり、一人のお客さんのために歌ったり、ギターの小川さんとドラムの小泉さんのユニット「門出・船出」がアコースティックで弾き語りをしたり、ベースの長谷川さんの弾き語り中に長谷川さんのお母さんが登場したり…と様々な企画が行われたそう。

ちなみに尾崎と長谷川さんのお母さんは初対面だったそうで「優しい方でしたね」と話していました(笑)。

そしてこのイベントに尾崎は「いつもより皆が受け止めてくれるだろうな、って安心感がありましたね。すごいコアな人たちなんで、何やっても許されるだろうと。やれてよかったなあと思いました」と、ファンに囲まれるイベントに満足げな様子でした。

【関連サイト】
「SPARK」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/spark/

婚活にも使える!? 今、アナログゲームがアツい!

J-WAVE月曜-木曜朝6時からの番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。9月20日(火)のオンエアでは、今、若い世代を中心に、にわかに人気を集めているという「アナログゲーム」に注目。詳しいお話を“アナログゲームマスター”のあだちちひろさんにお聞きしました。

あだちさんはアメリカ留学中にアナログゲームに興味を持たれ、その後、ボードゲーム専門店でゲームの司会や進行の経験を積み、現在は世界中のゲームを紹介する“ゲームマスター”として活動しています。自主企画イベントをされるなどアナログゲームの魅力を発信されています。

最近、メディアで取り上げられることも増えてきているアナログゲーム。専門カフェやバーなども続々オープンしているそう。

「全国で200店舗以上、しかもこの数年で20店舗以上ボンボン新しいのができてるんですね。やられている方はみんな若いです」(あだちさん、以下同)

アナログゲームというと、人生ゲームやオセロを想像する方も多いと思いますが、実はものすごい種類があるそうで、さらに世界中では年間200から300種類の新しいゲームが誕生しているそうです。ルールを覚えるだけで大変そうです(笑)。

世界の中でも特にドイツはアナログゲーム大国と言われており、年に一度、10月頃にエッセンという所で「アナログゲームの祭典」なるものが開催されているそう。しかも4日間通しという大規模なもの!

「モーターショウみたいな感じで、東京ドーム3つ分の広さが全部アナログゲームです」

これには別所も「行ってみたくなっちゃった。サッシャと行こうかな」と興味津々(笑)。

ゲームのジャンルには「今年はダイスゲームが主流」とか「協力ゲームが流行り」など、流行があるそうです。ちなみに「協力ゲーム」というのは、プレイヤー同士が対決するのではなく、ゲームのシステムにプレイヤーたちが協力して挑むというもの。特に女性に人気が高いそうです。

2016年のトレンドはどういう感じなのでしょうか?

「本当に多様化していて、私の中ではっきりコレっていうのは言えないんですけど(中略)、これからエッセン・シュピール(アナログゲームの祭典)があって、その時に発表されるので、実際その場で聞けると思います!」

今年はどんなトレンドがくるのでしょうか? アナログゲーム好きの方には楽しみなイベントですね!

そんなアナログゲームの世界ですが、実は「婚活」にもオススメなのだそうです。

「実は、私が結婚したきっかけはアナログゲームなんです(笑)」とあだちさん。さすがアナログゲームマスターです(笑)。「人狼」という心理ゲームで、最近テレビなどでも話題になったこともあり、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

「ゲームを通して人となりを見たんですね。なので婚活にもすごく使えます」

ゲームって本当に性格がよく出ますよね(笑)。ゲームの上手下手もありますが、あだちさんいわく、初心者にルールを丁寧に教えてあげたり、一緒にやっている人への気遣いを女性はチェックしているそうです。実際に結婚されたあだちさんがおっしゃるのですから、説得力あります(笑)。

そんなあだちさんが、今回オススメしてくれたのは、“幽霊屋敷の中で起きる様々なピンチを手持ちのアイテムカードを使って切り抜ける”というカードゲーム。すごく会話が盛り上がるゲームなのだそうで、興味のある方はぜひチェックしてみてください♪

天気が不安定な日が続くこのシーズン。家で友だちとワイワイ楽しめるアナログゲームは、この時期、特にオススメ! もしかするとその中で恋も生まれるかもしれません!

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

フジファブリック、曲作りに煮詰まったら○○!?

J-WAVE9月19日(月・祝)に放送された特別番組「J-WAVE×HOT STUFF LIVE OASIS SPECIAL」(ナビゲーター:渡辺祐)。番組内ではEX THEATER ROPPONGIにて9月13日(火)に開催された、ライブの模様をお届けしました。

「LIVE OASIS」は、普段観られない豪華アーティストの対バンが観られるイベントですが、過去には、レキシ×EGO-WRAPPIN'(2014年)、東京スカパラダイスオーケストラ×クラムボン(2015年)が出演。3回目となる今回は、ハナレグミ×フジファブリック(金澤ダイスケ/山内総一郎/加藤慎一)の対バンが実現しました。

オンエアでは、ライブ音源を中心に大盛況だったイベントを振り返りましたが、ハナレグミとフジファブリックの楽屋での貴重なトークもお届け。まずは2組の出会いについて語りました。

山内:なんか打ち上げの時だったような…

ハナレグミ:うん、そうかも。でも、俺やっぱりあの、スペシャの…あれ、なんだろう? 番組のライブだった気が…

山内:あ、学園祭だね、スペ中の学園祭!

ハナレグミ:そうそう! あの時が一番覚えているかな。

山内:そうですね、しゃかっちの時(笑)。

ハナレグミ:そうそう(笑)

続いて、話題は曲づくりに煮詰まった時の解決法について…

ハナレグミ:みんな(曲)作るんだよね?

山内:作るんですけど、みんながどうゆう風にしてるのか知らないです。

ハナレグミ:俺はとにかく場所を変えるかな。景色を動かしてた方が、メロが浮かびやすいっぽくて。だから、車運転したり電車乗ったりとか、っていうのちょっとするかなぁ。

山内:なるほど。ダイちゃんは?

金澤:俺、シャンプーする。

一同:シャンプー!?

金澤:あのね、大抵悩んで風呂入ってシャンプーしている時に、割とアイデアが思いつくかな。

ハナレグミ:シャンプーしてる時に浮かんじゃったらどうすんの? 大変じゃない?

金澤:えええ!? と思いながら、一応一回流して、リンス的なのしたいな…って思いながら一回出て、思いついたの入れといて、ビショビショになりながら、もう一回入る(笑)。

加藤:僕はとりあえず、一旦区切りつけるためにお酒を飲むんですよ。で、飲んでいるうちに、なんかいいアイデアが思い浮かんで、録ってまた飲んで寝て、次の日聞いて全然駄目だってなるやつ(笑)。酒飲むと、それありますからね。

山内:僕は、喫茶店とかファミレスとかが一番作っている所なんで。先に詞を書いて、帰ってギターとかピアノ弾きながら、鼻歌で作っていくのが多いんですけど。煮詰まった時はドリンクバー行って、飲み物入れている間とかに、「俺、何を悩んでたんだ!」と、「すごい簡単なことじゃないか!」と、ちょっと落ちる感じがするんですよね、とらわれていたものが。

ハナレグミ:とらわれていたものが? ドリンクバーによって!? 簡単に落ちるね(笑)。

山内:(笑)。やっぱり動いている時が良いというか。ジョギングとかしている時も良いなぁと思うんですけど。

ハナレグミとフジファブリックの貴重な楽屋トークがさく裂したオンエア。ライブでは2組が夢のセッションを見せたりと大いに盛り上がったようです♪

【関連サイト】
「J-WAVE×HOT STUFF LIVE OASIS SPECIAL」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/holiday/20160919_oasis/

キュウソ、番組最終回を目前にしんみりモード…

J-WAVE月曜-木曜深夜2時からの番組「THE KINGS PLACE」。月曜担当のナビゲーターはキュウソネコカミ。9月19日のオンエアでは、いよいよラスト2回ということで、ちょっぴりしんみり気味なメンバーの姿が…。

エンディングでは、この日のオンエアを振り返って「卒業を意識しないでおこうとしても、卒業っていう言葉が心をよぎってしんみりする瞬間が何回も訪れた」とヤマサキがコメント。

2年も続いたキュウソの「THE KINGS PLACE」、その月日の中にはメンバーにとっても大事な思い出がたくさん詰まっているようです。

…と、振り返ってしんみりする一同でしたが、ここでヤマサキがあることに気がつきます。

ヤマサキ:…ていうか、ライブハウスで俺らには会えるよな?

ヨコタ:あっそうやな!

ヤマサキ:なんか死ぬみたいになってるけど。

一同:(爆笑)

ヨコタ:これを機に「じゃあキュウソいいや~」「フォーリミ聴こう!」みたいになったら嫌やけどな!

ソゴウ:ライブ来てや~。

ヤマサキ:俺らはしつこいからな!!

ということで、番組が終わってもキュウソには会えるので、皆さんもぜひライブハウスに足を運んであげてください!

さて、キュウソの「THE KINGS PLACE」、いよいよ次回でラスト…! 一体、どんなラストを飾ってくれるのか、今から楽しみですよね。新曲の初オンエアもあるそうなので、どうぞお聴き逃しなく!!

【関連サイト】
「THE KINGS PLACE」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

松岡茉優の即興ラップにCreepy Nuts大絶賛!

J-WAVE月曜-木曜22時からの番組「AVALON」(月曜担当ナビゲーター:松岡茉優)。9月19日(月)のオンエアでは、大人気ヒップホップユニットCreepy Nutsをお迎えして「秋のラップ講座」を開講しました。

Creepy Nutsは、ラッパーで「フリースタイルダンジョン」(テレビ朝日)の最強モンスターとして君臨しているR-指定さんと、ターンテーブリストであり、トラックメーカーとして活躍するDJ 松永さんによる、ヒップホップユニットです。

ラップにハマっている松岡代表は、お二人の登場に「超テンションがあがる!」と大興奮でした。一方、DJ 松永さんは松岡の大ファンだそうで、本人を前に緊張していたそうです。しかも、J-WAVEに来る前に髪を切って、風呂に入って、爪も切ってきたとか(笑)。

Creepy Nutsのお二人は18歳頃からの知り合いで、元々、ラッパーっぽくもDJっぽくもなかったそう。どちらかというと松岡も出演した映画「桐島、部活辞めるってよ」に出てくる映画部のような、目立たない存在だったそうです。

今回はそんなお二人に、初心者にもできるリリックの書き方や韻の踏み方などを教えてもらいました。

松岡:そもそも、ラップを始めようと思ったら、何から始めたらいいんですか?

R指定:俺は最初、人のラップを歌って、間の使い方とか、声の出し方を真似してたけど、初心者の人はとにかく思ったことをリズムに乗せて口に出してみる。無理に韻を踏もうと思わずに、とにかくやってみる。その中に、韻を踏めそうなところがあったら踏んでみる、ぐらいの感じで良いと思います。簡単に考えた方が良いと思います。

DJ 松永:へぇー。

DJ 松永さんはトラックメーカーなので、R-指定さんの話を聞いて感心していました。

松岡:何も浮かばない時はどうしたらいいんですか?

R指定:浮かばないということもラップにしちゃうと良いと思います。本当に何でもアリなんです。それに、思い浮かばないということ自体が「本当に即興でやってるんだ」っていうことも分かるし。

あまり考え込まずに、とにかくやってみるのが良いということで、松岡も即興でラップに挑戦! すると、あまりにも完璧な出来に、R指定さんは「頭が良い!」、DJ松永さんも「センスが良い!」と感心していました。松岡は「今日をラッパー記念日にしたい!」とのことで、ラッパーネームをつけてもらうことに。色々と考えた結果、「りるまゆ」に決定しました(笑)。

Creepy Nutsはファーストアルバム「たりないふたり」が好評発売中です。最近のラップブームについてR指定さんは「フリースタイルはブームになってるけど、楽曲を聴いたり、ライブに来てくれたりする人はまだまだ少なくて、ヒップホップ自体はまだブームになっていないんです。あくまでも、ラッパーが持っている一芸の部分にスポットが当たってる状態なんです」と話していました。ぜひ、Creepy Nutsのアルバムもチェックしてみてください。

【関連リンク】
「AVALON」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

平原綾香、世間の大きな誤解に「違います!」

J-WAVE9月19日(月・祝)朝9時からの特別番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL Coleman presents OUTDOOR WONDERLAND」(ナビゲーター:グローバー・藤田琢己)では、六本木ヒルズのスタジオに、平原綾香さんが登場しました!

平原さんは、父親であるサックス奏者の平原まことさんがアウトドア・キャンプ好きということで、その影響でキャンプに馴染みがあるそう。

平原さんのキャンプデビューは3歳の時だったそうですが、富良野のキャンプ場を10日間かけて回るというものだったそうで、それを聞いた藤田も「だいぶ上級者っぽい感じがしますけども(笑)」とコメント。しかもそれが家族の初キャンプだったそうです! 「いろいろ大変だったと思うんですけど、楽しい思い出しか残ってないです」と言う平原さん。子供の頃のたくましさが垣間見えました(笑)。

そんな平原さん、大人になってからはキャンプには行けていないそうですが、「家族でどこかに行ったという思い出はキャンプ!」と言うほど、子どもの頃はいろいろな場所にキャンプに行き、キャンプから多くのことを学んだそうです。

例えば、川の近くにテントを張ったこともあったそうですが、「川で遊ぶには命をかけないといけない。川は危険なんだよ」とお父さんから言われていたそう。

「小さい時にそういうことを学んでおくと、子ども同士で遊びに行く時とかも川に勝手に行かなくなるというか。そういう危なさを潜在的に知っておけば、(普段の生活で)事故も防げる」と、また違った目線のキャンプの良さを伝えてくれました。

そして平原さん、「キャンプの食事をしていると、食事中に蛾とか虫が来ても気にならなくなる」という話の流れから、この機会に訂正しておきたいことがあるとのことで…

「以前、J-WAVEのどこかの番組でキャンプの話をしたんです。『小さい時からそうやって食べてると、蛾も食べちゃうくらい平気になるんです』って多分言ったんです。そうしたら、検索サイトで『平原綾香 キャンプ』って打ったら(検索予測で)『蛾も食べる』って出るようになっちゃったんです!」とのこと(笑)。

「だから『蛾は食べません!』ということを今日は言いたかったです(笑)」

皆さん、勘違いせずに覚えておいてください(笑)。

最後にキャンプについて、「キャンプで手伝いをしっかりすることを学ぶと、おうちに帰ってもそれが当たり前になってきます。そういうチームワークで平原家も大人になっても仲が良いですし、キャンプのおかげ、っていうのもあると思います」と、心温まるオススメエピソードも明かしてくれました。

涼しくなって過ごしやすくなったこのシーズンだからこそ、キャンプに出かけてみてはいかがでしょうか?

【関連サイト】
「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL Coleman presents OUTDOOR WONDERLAND」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/holiday/20160919/

森山直太朗が毎年2回必ずやることとは?

J-WAVEでは、9月19日(月・祝)敬老の日に、特別番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL Coleman presents OUTDOOR WONDERLAND」(ナビゲーター:グローバー・藤田琢己)をオンエアしました。

六本木ヒルズのスタジオには、キャンプが大好きだという森山直太朗さんも登場。森山さんがアウトドアに興味を持ったのは、お祖父さんがキャンピングカーに乗っている姿を見て憧れたことがきっかけだそうです。その後、アウトドアの世界に一度踏み込んだところ、ハマってしまい、現在は、年に2回はキャンプに行くそう! しかも、森山さんの場合はその”規模”が違います。

「『森山ジャンボリー』といって、親しい人や、仕事で付き合いのある人、中には『誰ですか?』っていう知り合いの知り合いのような人(笑)とも一緒に、30人から40人規模でキャンプをするんです」(森山)

人数が多いと、「誰が何をする」といった役割分担が重要になってくるという森山さん。そんな森山さんの担当は「料理」だそうです。

「僕は料理をするんですけど、ベタで分かりやすいカレーや焼きそばをベーシックに、オシャレなものも作りたいと思っています。あと、肉の塊を焼くとみんな興奮するんで、塊を焼きます。肉はトロリととろけるような肉も良いけど、結局はタレが大事なんです。うまいのはタレであって、みんな、タレのうまさでリアクションするんです!」と、経験者ならではの話も飛び出しました。

そこまでキャンプにハマった森山さんに、キャンプの魅力について聞いてみました。

「限られた道具をいかに使うかとかアイデアが生まれたりして、不自由な中からみんなの発想が生まれる感じが好きです。自然の中にポンと置かれると、普段は感じない、物の大切さやありがたみを感じますよね」

さらに、スタジオでは森山さんの曲「花」を弾き語りで披露。森山さん自身、キャンプに小さなギターを持参して弾くことがあるそうです。

そんな森山さんは10月2日(日)でデビュー15周年を迎えます! 9月21日(水)には「森山直太朗 15周年記念オールタイムベストアルバム『大傑作撰』」をリリース。初回限定盤には、たくさんの人に知られている曲を集めた「花盤」と、本人曰く「誰も知らない曲」を選曲した「土盤」。さらに、特典DVDには80分以上にも渡るロングインタビュー付きだそうです! こちらも要チェックですね!

【関連サイト】
「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL Coleman presents OUTDOOR WONDERLAND」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/holiday/20160919/

News Ranking

Archive