Facebook Twitter LINE

キャンプは今、楽しみ方の多様性の時代

J-WAVE9月19日(月・祝)朝9時からの特別番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL Coleman presents OUTDOOR WONDERLAND」(ナビゲーター:グローバー・藤田琢己)では、月刊『Outdoor』の元編集長で、現在は扶桑社の編集局長、小林孝延さんに、キャンプのトレンドを伺いました。

学生時代からキャンプに親しんできた小林さん。いくつかのキャンプブームを経て、今は「楽しみ方の多様性を受け入れてくれる時代になった、すごく良い時代」だと言います。どういうことなのか、キャンプの近代史を追いながら、現在の傾向について聞きました。

1990年代に入りオートキャンプの大全盛の時代があり、その反動で1990年代後半から2000年代初めにかけ、キャンプ離れが起き始めます。それと時を同じくして、野外フェスのムーブメントがやってきました。その頃から、ファミリーキャンプの時代がひと段落。若者たちが音楽を楽しむために野外に行き、キャンプをするというような、また違うブームが少しずつ生まれてきたのだそう。ファッション的にも、今につながるようなビビッドでファッショナブルなアウトドアスタイルが生まれてきました。

「野外でのファッションは”レイヤード”と言って重ね着が基本。それは、すばやく脱ぎ着をして温度調節をするため。ところがフェスのファッションを見ると、短パンの下に長いスパッツをはいていたりします。それはレイヤード的に見ると逆なんです(笑)。でも、そんなことはどうでもよくて、もっとオシャレにステキに楽しみたいという若い人たちのそういうカルチャーが、逆にアウトドアウェアを作っているブランドに、機能だけじゃなく、もっとファッショナブルな感覚を取り入れたものを作らせる原動力にもなった。いろいろなウェアとかも生まれてきていますね」(小林さん、以下同)

小林さんはキャンプギアについても、カルチャーが影響を与えていると言います。その大きな要因がSNS。インスタグラムなどで、キャンプサイトを他人に見せることに主眼を置くようになり、見せるための色彩やデザインが付加されてきたのだそう。

「たとえば、今だとビンテージスタイルみたいな、ちょっと昔のキャンプサイトをイメージさせるようなコットンのテントがあったり。いかに軽量コンパクト化するかというキャンプギアの機能性から見れば、一歩後退しているはずなんですけども、デザイン性が高いし、SNS映えもするし、格好良いので、そういうものを敢えてこだわって使う。そういうギアがたくさんメーカーから出てきています。やはり時代と共に道具もまた変化してきているところもあります」

小林さんは、そんなキャンプの変化は大歓迎だと言います。

「今はキャンプの邪道も王道もなくて、自分が心地よいスタイルで楽しめる時代になってきているんじゃないかと思います。自分が良いと思うスタイルで楽しめば、僕は昔からそれが一番だと思っていたので、とても良い時代になってきたんじゃないかなと思いますね」

子どもの頃に林間学校やキャンプで苦労した、キャンプの達人に怒られたなど、キャンプにちょっとしたトラウマがあるという方も、今の自由なスタイルのキャンプなら楽しめるかもしれません!

【関連サイト】
「J-WAVE HOLIDAY SPACIAL Coleman presents OUTDOOR WONDERLAND」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/holiday/20160919/

島地勝彦「男の顔は40歳からが自分の作品」

J-WAVE日曜24時からの番組「GROWING REED」(ナビゲーター:岡田准一)。9月18日のオンエアでは、作家・エッセイストの島地勝彦さんをゲストに迎えました。

島地さんは1980年代に雑誌『週刊プレイボーイ』の編集長に就任し、雑誌業界では異例の100万部を売り上げた“伝説の編集長”として知られています。現在は執筆活動の傍ら、自身がプロデュースするバーに“バーマン”としてバーカウンターに立っています。

現在75歳の島地さんが『週刊プレイボーイ』の編集長に就任したのは41歳の時。5年ほど編集長を務めたそうですが、「あの時代が、私の人生の中で“真夏日”でしたね」と当時を振り返ります。

「一丸となりスタッフを鬼のように働かせた」と話す島地さんですが、どのように人を動かしたのかを岡田が質問すると、「一言で言えば、『俺は才能があるんだ! と自分で思うくらい命がけで仕事をしたら絶対女にモテるよ』と言っていた」とのこと。これを聞き少し笑ってしまう岡田でしたが、島地さんが「男が仕事に輝いている顔を異性はほっとかない。動物としてそういうもんです」と続けると納得の様子でした。

そして“男の顔”について島地さんは「40歳までは両親が作った作品」という持論があるそうで、35歳の岡田にこう語りかけます。

「まだまだあなたのイケメンの顔は両親の作品なんです。しかし40歳を過ぎると自分の作品になります。そこからは本を読んだり、自分の時間を大切にし、なおかついろんな人に直に会うこと。例えば岡田さんがこの番組を50歳くらいまで続けたら、もっともっといい顔になると思う。それが自分の顔です」。これには岡田も「深い…。深いなあ…」と感服していました。

島地さんの肩書きのひとつに”バーマン”がありますが、「“バーテンダー”という言葉は“バーテン”と略されてしまうから嫌い」ということで、”バーマン”と名乗っているそう。

そんな島地さん、自分のバー「サロン・ド・シマジ」に来店したお客さんを見て、自らの格言を書かれたコースターを渡すのだとか。その格言をいくつか教えてもらいました。

■浮気はバレると実刑は無いが、時効も無い
「浮気はずーっと死ぬまで言われるんです。だから絶対に墓まで持ってく秘密にしないと」(島地さん)

■男と女は誤解して愛し合い、理解して別れる
「これ、常連のお客さんに『男と女は誤解して愛し合い、理解して我慢する』にしてくれと言われた。それが結婚でしょ」(島地さん)

そこで岡田が「僕に会って、僕を見て、『言葉をあげる』としたら何を?」と尋ねると「言葉をあげるのは難しいけど…この番組をあと20年くらいやるといい」と告げる島地さん。

「この番組は良いと思う。短い時間だけど、今の一流の人に会う。それで興味を持ったらその人と酒を飲むとかした方が良いと思う」と続けながらも、「…これはまあ、よそ行きの話だけどさ」と言う島地さん(笑)。

「本当のこと教えてくださいよ(笑)」と岡田が食い下がっても、「ラジオだし乱暴なことは言えない。真摯にいたいと思ってるんですよ」と、結局、“岡田に伝える本当の言葉”は教えてくれませんでした(笑)。

対談を終えて岡田は「やっぱりかっこいい大人の方でしたね。僕も何か格言を言えるようになりたいな」と一言。そして「『40歳からは親にもらった顔ではなく自分の生き様が出る顔ができる』と言ってましたけど…痺れますね。是非二人でしっぽり飲みながら、今日教えてくれなかった“本当の言葉”を聞きたいなと思います」と話す岡田でした。

【関連サイト】
「GROWING REED」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/growingreed/

ポップでカッコいいヨーロッパのシニア向け住宅

J-WAVE日曜21時からの番組「SEIBU SOGO CREADIO」(ナビゲーター:佐藤オオキ・クリス智子)。9月18日のオンエアでは、翌19日(月)の「敬老の日」にちなんで、「シニアとデザイン」をテーマにお送りしました。

シニアとデザインといえば、ユニバーサルデザインやバリアフリーなどが思い浮かぶ方もいるかもしれませんが、これらは“誰も”が使いやすいデザインのこと。では、シニアのためのデザインとはどういうものがあるのでしょうか?

まず紹介したいのが、アムステルダムにある高齢者用集合住宅の「オクラホマ(WOZOCO)」。こちらは20年近く前に建築家集団のMVRDVが手がけた建築なのですが、バルコニーや部屋が引き出しのように飛び出しているポップなデザインになっています。もともとクライアントである住宅会社はビルに対して100部屋を希望していたのですが、面積が足りなかったためMVRDVのメンバーが「それなら部屋を外に取り付けるしかないですね」と冗談半分に言ったことでこのデザインが生まれたそうです。

また、パリにある高齢者用集合住宅「モランジス・リタイアメントハウス」は、建物の全体に木が使われたシンプルなデザインに、黄色の窓やドアが取り付けられた、こちらもポップなデザイン。ヨーロッパでは、見た目では高齢者用の施設だとはわからない建築も増えてきているそうです。

他にもシニア世代が活躍できるプロジェクトも生まれています。

オランダのニットブランド「Granny’s Finest」は、編み物が得意なシニア世代と若手のデザイナーがタッグを組んでニットを作るファッションブランドです。広告やホームページをアーティスト志望の若い世代が担当しており、洗練されたデザインが特徴のブランドです。

これらのデザインを見てクリスは、「海外ではわざわざ『シニアに向けて…』って言わない印象がありますね」とコメント。これには佐藤も同意し、「世代を意識してデザインをする時代が終わりに向かっているのかも」と考えを明かしました。

市場の多くを占めるシニア世代ですが、彼らが求めるデザインとは何なのでしょうか? シニアのためのデザイン、これからどう変化を遂げるのか興味深いですね。

【関連サイト】
「SEIBU SOGO CREADIO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/creadio/

濱田マサルが考える「女性がキレイになる瞬間」とは?

J-WAVE土曜18時からの「UR LIFESTYLE COLLEGE」(ナビゲーター:DJ TARO・吉岡里帆)。9月18日のオンエアでは、ヘアメイクアップアーティストの濱田マサルさんがゲストに登場し、人生の切り開き方について語りました。

濱田さんは、梨花さん、永作博美さんなど、数々のモデルや女優のヘアメイクアップを担当。ファッション誌では連載をもち、女性から絶大な支持を得ています。

そんな濱田さんの最初の人生の転機は大阪から東京に出てきた19歳の時。ふと思い立って、東京の美容院に面接に行き、その1週間後には東京に出てきたのだそうです。次の転機は勤めていた美容室を辞め、独立した24歳の時。濱田さんは「行動力だけはあるんです」と言いますが、やりたいと思ったことを次々と実現していく、そのタイミングの時に一番大事だと思っていることについて聞きました。

「いろいろなものを切り捨てること。多くを求めていないです、僕。仕事だけでいいんですよね。恋愛とか、友達と遊ぶこととかも、興味がないというか…。仕事に徹した結果、20代は本当に友達ができなかったんですけど。オリジナリティのある人生、というのが僕の中のテーマなんです。その良い悪いは死ぬ直前に決まることで、その過程であまり人に言われたくないし、とりあえず毎日、前を向いて歩きたいなというのは僕のポリシーなのかなと、今41歳なんですけど、思いますね」(濱田さん)

また、早朝の犬の散歩のついでに立ち寄るカフェでの妄想の時間を大切にしているのだそう。たとえば、好きな香りを見つけたら、その会社とコラボして新商品を開発するという妄想。その妄想から、ダメ元で海外の会社に電話やメールを入れ、実際に実現したプロジェクトは多々あるのだとか。

「妄想して、イケる! と思ったら、実行に移すんです。もちろん断られることも少なくない。でも、そういう『当たって砕けろ』が大好きなんです。東京に出てきた時も、いろいろな所に電話をして、結果、雇ってもらったんですけど。電話1本で人生が変わったことがあるので、そういうトライをすること自体がすごく楽しいんです。人生変わるかもしれないから」(濱田さん)

濱田さんは、心持ちひとつで、人生は切り開けると語ります。そんな濱田さんの最新書籍である”美容の教科書”『鱗塾』が出版されました。

「女性がきれいになる時というのは、姿勢だったり、呼吸だったり、洗い方、メイクの仕方とか、本当に“ちょっとしたこと”なんです。新しい何かを買うのではなくて、今持っている物、今ある環境の中で自分の意識を変えることとか、知識を得ることで、どんどんきれいが倍増していくよ、という本が、この『鱗塾』という本です」(濱田さん)

きれいになる種も、夢を実現させる種も、実は誰もが持っているもの。それを花開かせるために必要なものは、妄想を楽しむひとときと、妄想を現実にするための実行力かもしれませんね。

【関連サイト】
「UR LIFESTYLE COLLEGE」
https://www.j-wave.co.jp/original/lscollege/

旅の達人が教える、旅先での友人の作り方

J-WAVE日曜20時からの番組「antenna* TRAVELLING WITHOUT MOVING」(ナビゲーター:野村訓市)。9月18日のオンエアでは、世界約50ヶ国を旅した野村が、旅で役立つことをレクチャーしました。

旅先で仲良くなり一生の友人になる…なんてこともあるという野村。国籍や職種、性格もバラバラな海外の人とどうしたら仲良くなれるのか気になりますが、「話の弾む人は趣味や好みが共通するというのは、どこの国の人でも同じ」とのこと。

つまり、国は違っても趣味や好みが、仲良くなるきっかけになるということですね。そこで大事なのは、自分の嗜好をしっかり把握しておくことだそうです。

例えば野村の場合、映画が好きなのでそこから話が盛り上がることが多いと言います。そして、そこで気をつけなければならないのは、映画のタイトルを英語で把握しておくことだそう。原題と邦題がかなり違う映画もあるので、事前に把握しておくと話がスムーズに進むそうです。

また、スポーツの話も仲良くなるには効果的だとか。「イギリスやヨーロッパの場合だとサッカーがとても盛んなので、自分の贔屓のチームを持って、その歴史を知っていると、今まで絶対仲良くならなかったような人たちとも親しくなることがありますね」

そして海外の人と仲良くなる上で最も大事なことは、「自分の国をちゃんと知っているか」ということ。

「日本人は割と自分の国のことを話すのが苦手な人がとても多いというのが、僕が今まで感じてきたことです。例えばアメリカのハーレーが好きでそのことなら延々と話せるのに、国産バイクのことは何ひとつ知らなかったり。それは旅行も同じで、世界一周に出かけて『世界は良いよ』って散々話していた友達がいたんですが、国内は2〜3県しか行ったことがない。行く先々で僕らがその国に興味があるように、出会う人たちもこちらの国にすごく興味があるんですが、事実と違うことを言ったりちゃんと答えることができなのは、深い話ができない理由の一つになってしまいます」

また、旅行中は自分の気分も上がっていて多くの人と話すと思いますが、決して全員と仲良くなろうとせず、「自分が好きになった人と仲良くなれれば嬉しい」という思いで接することが大事だそうです。

旅先で友人を作る…なんて憧れますが、野村にならってぜひ実践してみたいですね。

【関連サイト】
「antenna* TRAVELLING WITHOUT MOVING」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/travelling/

キューバの演歌 ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの魅力

J-WAVE土曜21時からの番組「American Airlines MUSIC FLIGHT」(ナビゲーター:サッシャ)。9月17日のオンエアでは、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」の魅力を、ワールドミュージック専門誌『LATINA』編集部の坂本悠さんに紹介していただきました。

そもそも、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブとは、キューバの老ミュージシャンらで結成されたバンド。1997年にアルバムを発表し、1999年にドキュメンタリー映画が公開されたことで、世界から注目されました。

“ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ”は、1920年代にハバナに実在した会員制音楽クラブの店名だそうです。1997年に発表したアルバムの収録に参加したミュージシャンの多くが、ここの会員だったからことから、そのままアルバムにも名前を採用したとか。アルバムに参加しているアーティストの中で、最年長でリーダーのコンパイ・セグンドはなんと当時92歳! まさに大人のバンドですね。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブは、当初は西アフリカ・マリのミュージシャンとキューバのミュージシャンが、アメリカのギタリストであるライ・クーダーのプロデュースで共演するという企画だったそうです。しかし、西アフリカのミュージシャンたちがトラブルにより収録に来れなくなってしまい、急遽ミュージシャンを集め、レコーディングしたのがブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブだったそうです!

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの音楽は、ラテン音楽の中では「ソン」というジャンルに分類され、これは日本でいうと「演歌」に相当するのだとか。大人の魅力溢れるサウンドではあるのですが、若いアーティストたちの楽曲にも取り入れられているそうです。一体どんな音楽なのか、聴いてみたくなりますね。

2015年にはニューアルバム「LOST & FOUND」がリリースされました。これは当時収録されなかった楽曲が入ったアルバムで、聴き応えたっぷりだそうです。何年経っても愛されるキューバの大人の音楽、秋の夜にいかがですか?

【関連サイト】
「American Airlines MUSIC FLIGHT」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/musicflight/

アメリカ映画裏話 ハリウッドは中国が牛耳っていた…

J-WAVE土曜22時からの番組「OTHERS」(ナビゲーター:ふかわりょう)。9月17日のオンエアでは、アメリカ在住18年の映画評論家、町山智浩さんをお招きし、アメリカ映画の裏側について伺いました。

豪華なイメージのあるハリウッド映画ですが、最近は資金集めに苦しんでいる状況で、出資先の多くは中国になっているそうです。最近では、興行収入もアメリカを抜いて中国が1位になり、世界最大のアメリカ映画の市場になりつつあるといいます。そのため、最近のハリウッド映画の多くは中国の俳優が出ていることが多いのだとか…。

また、先日はトロント国際映画祭に参加したという町山さんですが、こちらの映画祭は、マーケティングを兼ねており、「ここでウケたらアカデミー賞を取れる」と言われているそう。映画関係者にとっては、テストのような映画祭なのだとか。

続いて、ふかわが気になったのは、アメリカにおけるアート映画の市場。アメリカでアート映画やインディペンデント映画の需要があるのは、実は限られた一部の人だけ。アート映画やインディペンデント映画の評価を受けているアメリカの監督の多くが、資金を需要のあるヨーロッパから得ているそうです。あのウディ・アレンのスポンサーもヨーロッパがほとんどなのだとか。

普段はなかなか聞けないアメリカ映画の裏話、いかがでしたか? アメリカ映画を見る目が変わってくるかもしれませんね。

【関連サイト】
「OTHERS」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/others/

News Ranking

Archive