Facebook Twitter LINE

西寺郷太 ジャネット・ジャクソンが成功した理由語る

J-WAVE土曜朝8時からの番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・山田怜奈)のワンコーナー「TOKYO GAS LIFE IS A GIFT」。9月24日のオンエアでは、待望の新刊『ジャネット・ジャクソンと80'sディーバたち』が発売となったNONA REEVESの西寺郷太さんが登場しました。

西寺さんは今回、ジャネット・ジャクソンを題材に執筆した経緯について以下のように語りました。

「僕、プリンスもマイケルも主人公にして本を書かせてもらったんですけど…ジャネット・ジャクソンって、先輩であるプリンスだったり、お兄ちゃんであり親みたいな存在であるマイケルをちょっと後ろから見て、あの人はこうやって成功して、あの人はこうやって失敗した、だったら私は違う道を行こうっていうのをすごく学んだ人だと思うんですよね。

(中略)そういう意味で、ちょっと下のジャネットの目線から群雄割拠の天才たちを見て、今までと違うものを作り出そうっていうドラマが、いわゆる歴史の主人公じゃないからこそ成し得た革命だったんじゃないかと思います」(西寺さん、以下同)

つまり、二番煎じだと思われそうなジャネットですが、そのポジションを生かして成功したのが彼女だったわけですね。

また昨年の秋、初めてジャネット本人に会ったという西寺さん。

「他に待っている人もいたのでそんなに長くは喋れなかったんですが…僕がジャクソンファミリーの本を書いたりしているので、そういう話をしたら、ジャネットが『ありがとう』ってすごくお礼を言ってくれて。終わった後、僕は頭がポワッとしてしまって。生きていれば会いたい人に本当に会えるんだなって思いましたね」

そんなジャネット愛に溢れる西寺さんの『ジャネット・ジャクソンと80'sディーバたち』。一体どんな内容になっているのか、ぜひ読んでみてください!

【関連サイト】
「RADIO DONUTS」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

写真家・鈴木心 「コミケ」で写真館を開くのはなぜ?

J-WAVE土曜12時からの番組「SEASONS」(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「ESTEE LAUDER MAKE TOMORROW BEAUTIFUL」。9月24日のオンエアは、銀座で「鈴木心写真館 in ソニー ショールーム/ソニーストア 銀座」を開催中の写真家、鈴木心さんをお迎えしました。

鈴木さんは、広告に使われている写真を多数撮影されています。一方、「鈴木心写真館」は鈴木さんが仕事の傍ら行っているもので、一般の方と、その人にとって大切な人との写真を撮影しています。

マリエ:一般の皆さんを撮影するときと、普段から仕事で撮っていらっしゃる人を撮影するときとの違いはありますか?
鈴木:良い写真を撮りたいという気持ちに差はないけど、写真館の場合は一般の来場者がお客様になって被写体になるので、反応をその場で見れるライブ感があって、自分もその場で「良い写真が撮れた」と思えるところですね。

鈴木さんは、コミックマーケットの会場でも写真館を開かれています。

マリエ:こちらもまた、違うジャンルに踏み入れてらっしゃいますね。
鈴木:僕の原点で、撮影するときのアングル、照明、コンポジションを決めるのって、子どもの頃にやっていたゲームの影響が大きいんですよ。それに親しんだからこそ、ゲーム・アニメに興味を持っている人に、自分の写真を通じて接することができるのがうれしいんです。
マリエ:写真の活動を通じていろいろな人にお会いすると思いますが、レンズを掲げて会うときと、そうでないときとでは、相手(の表情など)は変わるんですか?
鈴木:変わるんですけど、なるべく僕と何気ない話をしているときと変えたくないんで、フラッシュを使わないし、シャッター音のしないカメラを使うんです。プレッシャーを与えないように喋りながら撮るから、被写体はいつ撮られたかもわからないんです。森山大道さんの言葉に『一眼レフよりも肉眼レフ』っていう言葉があるんですけど、気付いたら良い写真が撮れてた…っていう感じです。
マリエ:面白い!

そんな鈴木さんの”明日を美しくするヒント”をお聞きしたところ…

「”自分らしさに自信を持つこと”ですかね。僕らって普段から、誰かと自分を比較して見ちゃうことが多いと思うんです。誰かに憧れてその人と同じになっても、その人が得ている喜びを自分が得られる訳じゃなくて…。それは近くなったっていう喜びだけで。

でも、その憧れている人にはできない…自分にしかできないことを見つけたら、例えそれで稼げないとしても、自信を持って生きていけると思うんです。それは試行錯誤しないと見つけられないんですけど、見つけたら何の不安もなく自分の道を歩んでいけると思います。自分の考え方を変えれば、いつも同じだった風景が変わります」

と、非常に真摯にお話をしていただきました。

「鈴木心写真館 in ソニー ショールーム/ソニーストア 銀座」は10月10日まで開催中です。二階堂ふみ×鈴木心写真館による写真展「わたしの記念写真」も開催されています。要チェックですね!

【関連サイト】
「SEASONS」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/seasons/

火星生活に向けた訓練「160日間の火星ごっこ」とは

J-WAVE金曜深夜24時からの番組「MAGAZINE HOUSE RADIOFAST」(ナビゲーター:安藤桃子)。9月23日のオンエアでは「宇宙生活」をキーワードにお届けしました。この日は、アメリカで始まった長期火星模擬体験実験に参加する日本人で、極地建築家の村上祐資さんにお話を伺いました。

このプロジェクトは村上さんいわく「160日間の火星ごっこ」だそうです。しかし“ごっこ”という響きほど甘いものではなく、地球上の一番厳しい場所で7人のクルーが生活するというもの。村上さんはこの中で副隊長のポジションを務めます。

プロジェクトは2カ所で行われ、前半の80日は、アメリカのユタ州の砂漠を舞台に展開されます。砂漠といっても暑いところではなく寒い砂漠だそうです。そこに建てられた基地で生活し、基地の外に出るときは絶対に宇宙服を着なくてはいけません。「80日間、新鮮な空気が吸えないわけです」と村上さん。

そして後半の80日は、北極にある世界最大の無人島、デヴォン島で生活します。この島には大きなクレーターがあり、火星でも想定されるクレーターの探査が主なプロジェクトな目的になります。ちなみに、探査は限られた時間の中でより多くの発見をしなければならないので、前日に基地の中でシミュレーションを行うそうです。

他にもデイリーワークとして食事や掃除も自分たちで行い、地球側の司令室と毎晩2時間通信を行い、その日の活動や問題などを報告するそうです。

ついに始まった長期火星模擬体験実験。狭い環境での集団行動では、1人でも病気やうつ状態になると他のクルーにも影響が出やすい…などの問題も予想されますが、未来の火星移住計画に対してどんな結果を残せるのか、今から注目ですね。

【関連サイト】
「MAGAZINE HOUSE RADIOFAST」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/radiofast/pc/

乃木坂46齋藤飛鳥が好きな名曲が渋すぎる…

J-WAVE土曜朝6時の番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)。毎週、乃木坂46の齋藤飛鳥がハリー杉山から英語レッスンを受けるワンコーナー「HARRY'S ENGLISH CLASS」。9月24日のオンエアでは、月一恒例、「洋楽の歌詞から英語をもっと身近に感じよう」をテーマにレッスンしました!

ピックアップする曲は齋藤がセレクトするのですが、今回、選んだのは60年代後半から70年代にかけて活躍したロックバンド、Badfingerの「Carry On Till Tomorrow」。

「有名な曲ですけれども、かなり激シブなやつを出してきましたね…。なぜまた?」とハリー。確かにUKロック好きには知られたバンドですが、齋藤の年齢くらいで知っているのは珍しいかもしれません。

「ビートルズが好きでいろいろ調べてたら、このグループが“ビートルズの弟分的な存在”っていうのが出てきて、それから聴き始めて。このくらい落ち着いている曲調が、けっこう私は好きだなぁと思って」(齋藤)

さて、どんな歌詞の内容なのでしょうか? まずはタイトルの「Carry On Till Tomorrow」は直訳すると「明日まで続けていこう」ですが、邦題では「明日の風」と訳されています。ちなみに、“till”は“untill”(~まで)を短くした単語。

齋藤がこの曲の気になる歌詞は、何度も繰り返し歌われる「for my life's too short for waiting when I see the rising sun」という部分。これを日本語にすると…

“rising sun”=「朝日」。
“for my life's too short for waiting”=「待っていたら短い人生は終わってしまう」


つまり、「人生は短いから、朝日が昇るのを待っていたら終わってしまう」といったところでしょうか。

「だから“毎日何が起きようと、後悔なくとにかく実行しよう、自分が思うことをやる”っていうことを自分に言い聞かせている曲かな」と歌詞全体のメッセージを解説したハリー。

そして、歌詞の中に「Carry on」というフレーズが何度も出てくるのですが、これは「継続は力なり」という意味で使われるフレーズだそうです。

サビでは何層もコーラスが入っていて、哀愁を帯びて心に染み入る名曲です。歌詞の意味を知って、改めて聴いた齋藤は「この曲調のおかげで、めちゃめちゃに暗い曲なのかなって思ってて…。でも歌詞を見ると全然!」と、これまでとは反対の印象を持ったようです。知ってみるものですね!

そしてハリーがこの曲の面白いと感じたところは、前半と後半の歌詞のフレーズの変化。前半では「when I see the rising sun(陽が昇るのを見ていると)」が後半では「when I see the “setting sun”(陽が沈むのを見ていると)」に微妙に変わっています。

そのまま受け取ると、“一日の始まりと終わり”ですが、曲としては人生のことを歌っているのではないか、つまり、「Carry On Till Tomorrow」は「明日も続けていこう」というよりも、「人生にモットーを持って、ずっと続けていこう。続けていればきっと結果は出るから」という思いがあるのでは? と解釈したハリー。

細かく歌詞をよく見ていくと、より深さを感じますね。名曲なのでぜひみなさんも、日本語に訳しつつ歌詞のメッセージを紐解いてみてください!

【関連サイト】
「POP OF THE WORLD」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

AAA與真司郎オススメのコールドプレスジュース

9月24日にオンエアされたJ-WAVEの番組「J-POP SATURDAY」(ナビゲーター:落合隼亮・リアド慈英蘭)のワンコーナー「MITSUBISHI JISHO RESIDENCE PARADISE FIELD」では、AAAの與真司郎さんのお気に入りの街についてお話を聞きしました!

與さんがお気に入りの街は「青山、表参道周辺」。もともと所属事務所があったので、デビュー前から毎日レッスンなどで通っていたことから、思い出がたくさんあるそうです。

「最近は、そこから渋谷方面に歩いていきまして、あるところを左に入ると僕の大好きなコールドプレスジュース屋さんの『SKY HIGH』というお店がありまして。ときどきジュースをそこで飲んだりもするんですが、健康になりながら家に帰ったり、そのまま仕事に行ったりしています」と與さん。

この「SKY HIGH」のいいところは、コールドプレスジュースをその場で作ってくれるところ! そのため好きな野菜を足したり、または苦手な野菜を抜いたりできるなど、融通が利くので、とても助かっているそうです。

ということで、與さんオススメの「SKY HIGH」を落合が訪れました。コールドプレスジュースは一杯作るのに、1キロ以上の野菜を使うそう。1キロの野菜を食べるとなるとなかなか大変ですが、それがコップ一杯で摂取できるなんてとっても手軽でいいですよね。

今回、落合がお店の方にリクエストしたのは、「疲れた身体に良い、スタミナがつくジュース」。そこでお店の方がオススメしてくれたのが、「E3Live with GRAPEFRUIT」にマカをトッピングしたコールドプレスジュース。さてそのお味は?

「あ、おいしい。すげーウマい! 甘さと苦味が…というか、甘いですね。これは何の甘さですか?」と、その濃い緑の色合いから、落合はもっと苦い味をイメージしていたようです(笑)。ちなみに、その甘みの正体はグレープフルーツとパイナップルでした。

さらに、與さんがオススメのコールドプレスジュース「エメラルド」と「ブラッド」の2つを注文。「エメラルド」はホウレン草、セロリ、パセリ、キャベツ、キュウリ、グレープフルーツ、リンゴ、コリアンダー、ジンジャー、スピルリナ(藻)が入っています。

こちらの感想は「サラダを飲んでいるよう」と落合。野菜不足の現代人にはぴったりですね。そしてもう一つの「ブラッド」は、ビーツ、ニンジン、リンゴ、グレープフルーツ、オレンジ、レモン。こちらは「飲む天然血液」ともいわれているビーツをたっぷり使用しているので、貧血にお悩みの女性に人気が高いそうです。落合いわく「土っぽい味」だそう。とはいえ、とてもおいしかったそうですよ♪

たった一杯で野菜1キロ分を使っているだけあって、お腹がいっぱいになるそう。落合は、お店に伺った前日、前々日とフェスで踊り続けていたため、相当疲れていたそうで、目の焦点もぼやけていたらしいのですが…。

「その帰りにですよ! めちゃめちゃ目が良くなって! シャキーンとピントが合って」と本人もびっくりの効果があったそう。ただしこれはあくまで、“思い込みの強い”落合の感想なので、ご了承くださいませ(笑)。

今回、伺ったコールドプレスジュースバー「SKY HIGH」青山店は、青山学院大学西門のすぐ近く。青山店の他にも、広尾、羽田のターミナル1、新宿伊勢丹、名古屋にもお店があるので、お近くに寄られたときはぜひチェックしてみてください♪

【関連サイト】
「J-POP SATURDAY」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/jpopsaturday/

菅原小春が3歳の頃から見てきた弟子とは

J-WAVE金曜23時30分からの番組「TDK SUGAR WATER」(ナビゲーター:菅原小春)。9月23日のオンエアは、菅原のお気に入りのものの話や、リスナーの皆さんからいただいたメールをご紹介しました!

最近、自転車を買ったという菅原。早速、いろいろな場所で乗り回しているそうです。夜道を走っていて、あまりにも気持ちが良くなり「人生、捨てたもんじゃないなー!」と叫びそうになったこともあったとか。そう聞くと、ものすごくカッコいい自転車を想像しますが、買い物をするために前にカゴがついたママチャリだそうで、「カッコいい自転車ではない」とのこと。道を走っていると、“カッコいい自転車”に抜かされることもあり、『こっちはカゴがついてるけど、速いんだからな!』」と思うとか(笑)。

せっかくなので、その愛車に名前をつけることになりました。リスナーの皆さんから募集しますので、良い名前を思いついたら、同番組サイトのメッセージフォームから送ってください♪

後半は、番組に届いた質問にお答えしました。

Q:お弟子さんのような方はいますか?

菅原には、リオちゃんという女性の弟子がいて、シンガポール、台湾、中国などにもアシスタントとして一緒に行ったそうです。非常に気が利く人で、いつも携帯の充電が少ない菅原のために充電器を貸してくれたり、絆創膏やティッシュ、綿棒、ヘアゴム、裁縫道具など、なんでも持ち歩いているそうです。

リオちゃんは、菅原が初めて入ったダンススクールからの仲良しで、菅原が10歳の頃に、リオちゃんは3歳ほどだったとか。小学生のときに菅原が「サンリオ・ピューロランド」のショーにゲストで出演していたときも、見に来てくれたそうです。そんな仲ですので、リオちゃんに彼氏ができたときは驚いて「ぶっ飛んだ」そう(笑)。菅原いわく「大人の段階を踏むごとに、感動して泣くんです」とのこと。

「焼き鳥屋でバイトをするって聞いたときも、『バイトするの? 大丈夫かな』って心配したりして、親みたいな感じです。でも、一人のダンサーとして活躍してほしいし、好きな生き方をしてほしいので、放ったらかしにしてます」

と、愛の溢れる紹介をしていました。

Q:秋・冬に楽しみたいファッションは? ファッションのこだわりを教えてください。

「何か一つ大胆なものを着て歩くのが好き。トレンドは気にしなくて『なんだそれ!?』って思うようなものが好きで、そのときのフィーリングで買います。それだけで楽しい」

オシャレの話に関連して、髪型にまつわる話も飛び出しました。

「5年ぐらい同じ髪型をしていて飽きちゃったから、少しずつ変えていって、冬までに完成できればと思ってます」

番組スタッフに「刈り上げをやめるの?」と言われて、「私、刈り上げたことは一度もないです。全部ハサミで切ってます(笑)」と菅原。全部ハサミで切っているという事実に驚きますが、この先どのような髪型になるのかも楽しみですね。

【関連サイト】
「TDK SUGAR WATER」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/sugarwater/

bonobos ニューアルバム「23区」制作秘話

J-WAVE金曜11時30分からの番組「PARADISO」(ナビゲーター:板井麻衣子)のワンコーナー「CAFE PARADISO」。9月23日のオンエアでは、bonobosの皆さんをお迎えしました!

この日はスタジオにボーカルの蔡忠浩さん、ギターの小池龍平さん、キーボードの田中佑司さんの3人に登場していただきましたが、bonobosはこの他にもベースの森本夏子さん、ドラムの梅本浩亘さんを加えた5人編成バンドとなっています。

そんなbonobosですが、9月21日にニューアルバム「23区」をリリースしたばかり。今回は、そのアルバムの中から「Cruisin' Cruisin’」「23区」の2曲をスタジオで生演奏していただきましたが、なんと「Cruisin' Cruisin’」は同番組でオンエア解禁だったのとか!

さっそく演奏をしていただき、いつもの5人での演奏とは違うため板井が「両曲ともニューアレンジな感じが…」と感想を告げると「そうですね。いいんですよ、この3人のバランスも。なかなか面白くてですね…発展しそうで、またやろうかと思ってます」と、蔡さん。

そして話は今回のアルバムタイトル「23区」について。東京を表すようなこのタイトルと、曲名に「東京」「メトロポリタン」などとありますが、それらのイメージはどういうところから出てきたのか…という板井の質問から、「メロディを書いて、曲とアレンジをほぼ済ませてから、一番最後に歌詞を書くんですよ」と蔡さんから意外な制作秘話を聞くことができました。

そのため、蔡さんは当初はここまで“都会”的なものになるとは思ってなかったそうですが「佑司だったり龍平、みんなのサウンドとかアレンジにどんどん引っ張られてきて…やってくうちになんか、ぼや〜っと(都会的なものが)浮かび上がってきたっていう感じですね」とのことでした。

また、前作、前々作のアルバムでは「いつの時代かもわからない架空の街のお話」の音楽になっていたそうですが、そこから段々と自分たちの街に降りてきたようなイメージで、“東京の普通の街”ということが浮かんできたそうです。

そんなbonobos、アルバムのリリースツアーが行われています。東京では10月30日、恵比寿LIQUIDROOMで行われ、この公演がツアーファイナルとなっています! 気になった方は生bonobosのライブを見に行ってみてはいかがでしょうか?

【関連サイト】
「PARADISO」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/paradiso/

News Ranking

Archive