Facebook Twitter LINE

リオ五輪リレー銀、飯塚翔太の意外な腹筋方法

J-WAVEでは12月23日(金・祝)に、特別番組「J-WAVE CHRISTMAS SPECIAL JAPAN AIRLINES presents HOLLY JOLLY CHRISTMAS」(ナビゲーター:別所哲也・クリス智子)を放送。約9時間の生放送中にゲストとして、リオオリンピック陸上男子4×100メートルリレーの銀メダリスト・飯塚翔太さんをお迎えして、感動のメダル獲得の舞台裏や、2020年へ向けてのお話を伺いました!

リレーでは、2番目のランナーを務めた飯塚さん。「僕にとっても貴重な経験をさせてもらいましたし、陸上にとっても盛り上がるきっかけの試合になりました。緊張と興奮の最高潮の気分で走らせてもらいました」とオリンピックを振り返り、ドラマチックなレース展開について「リレーでのメダルは日本らしさ…チームワークの大切さだったり、強さを見せることができました」と語りました。

別所:いろいろな大会があると思いますが、オリンピックは特別な大会なのでしょうか?
飯塚:特別ですね。同じくらいのレベルの大会はありますけど、オリンピックはいろいろな種目が一緒になって、応援したり喜んだり悲しんだりできる唯一の試合です。僕も一緒に全然違う種目の選手たちを応援したりしたので、やはり特別な舞台です。
別所:リレーに出場した山縣亮太選手、飯塚選手、桐生祥秀選手、ケンブリッジ飛鳥選手、4人の明るさも印象に残りましたが、ムードメーカーって誰なんですか?
飯塚:基本的に笑わせてくれるのは桐生くんですね。彼は性格上、発言が面白くて笑わすという意識はないんですけど。
別所:飯塚選手は4人の中ではどんなポジショニングになるんでしょうか?
飯塚:僕は、この4人の中では一番年上だったので、リオではまとめたり、前に立ってやったりとかはやらせてもらいました。
別所:チームワークを高めるために練習も重ねてきたと思いますが、振り返って思い出すことは?
飯塚:僕たちはリオで凄いチームワークが良かったんですけど、普段はオリンピックの予選とか日本選手権でもほとんどしゃべらないんですよ。お互いがライバルという気持ちが強いので。無言で試合が終わった後に、リレーで仲間としてやれるというのが、短距離ならではの感覚だし思い出ですよね。
別所:リレーで何番手を走るとかは皆さんで話し合うのですか?
飯塚:基本的にはコーチに一人ひとりの特性や、性格を見ながら決めてもらって、本人がそこを走りたいかを確認します。2番走者は、バトンパスが2回あって走る距離も少し長いのですが、僕は200メートル専門でやってるので自分に合っているのかなと思いました。 
別所:日本独特のバトン渡しも話題なりましたが、何回も練習してきたのでしょうか?
飯塚:僕たちのバトンは3月から練習を始めまして、そこから合宿で何度かやって本番までは凄くやったんですけど、本番ではほとんど練習をしなかったんですよ。他の国のチームは普段練習できなくて本番でどんどんやるんですけど、逆に僕らは、普段からやっていたので、本番は自分のウォーミングアップに備えることができるというメリットがありますね。

オリンピックに出場するアスリートにとって、身体的な能力はもちろん重要ですが、メンタルのコントロールも必要です。飯塚さんにどのようなメンタルトレーニングをしているか伺いました。

飯塚:僕は試合の前にイメージトレーニングしますね。インタビューで何を言うかとか。ゴールしてどんなガッツポーズをするか、勝ったら一回は観客に手を振るなど、勝ったことにフォーカスしてイメージする。どういうことをすると印象に残るかな、喜んでくれるかなとか。本番中は覚えてないんですけど、ゴールした瞬間に思い出すんです「ああ、そうだった」と。
別所:それはどれくらい前からメンタルコントロールに入るのですか?
飯塚:寝る前ですね。試合の前日に考えるとアドレナリンがでてきて、そのまま寝ると次の日調子がいい。日本選手権のときも優勝したんですけど、夜中の2時くらいまでアドレナリンが出まくって身体が熱くなっちゃって、でも寝たら次の日調子がいいんですよね。

お気に入りの曲も教えていただきました。普段はクラシックを聴くという飯塚さんのおすすめはモーツァルトの「2台のピアノのためのソナタ」。「身体にいいこと」を探していくなかでクラシックと出合い、リラックスできるとハマったとか。クラシックを聴きながら腹筋すると「疲労を忘れさせてくれる」そうで、練習で力を抜いてリラックスしないといけないアスリートにとっては効果があるようです。

現在25歳の飯塚さん、最後に次のオリンピックに向けての目標はという質問には「まずはリレーで金メダルですね。あとは個人で決勝に残りたい。個人競技なのでそこで力を証明したいです」と語りました。個人競技の200メートルでは「短い距離でのダッシュ力」を課題に、体づくりや練習の質を上げるトレーニングを続けているそうです。2020年も20代。アスリートとしては脂の乗り切った時期にオリンピックを迎える飯塚さん、今後の活躍にも注目です!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:特別番組「J-WAVE CHRISTMAS SPECIAL JAPAN AIRLINES presents HOLLY JOLLY CHRISTMAS」
放送日時:12月23日(金・祝)9時-17時55分
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/holiday/20161223/

クリスマスにオススメのクラシック音楽4選

J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING CLASSIC」。クラシックソムリエ協会理事の田中泰さんのセレクトで、クリスマスにピッタリの名曲を4日間に渡ってお届けしました。

12月22日(木)は、シュミットのオペラ「ノートルダム」から間奏曲を紹介。「この曲は1874年生まれのオーストリアの作曲家、フランツ・シュミットがヴィクトル・ユゴーの『ノートルダム・ド・パリ』を題材に書き上げた作品です。残念ながら、オペラ自体は滅多に上演されることはありませんが、美しい間奏曲だけは、コンサートで取り上げられる機会も多いようです。オペラ版『ノートルダムの鐘』を見てみたい気がしませんか?」と田中さん。

そのほか、今週紹介した曲は次の通りです。

19日(月)は、モンテヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り」から「神よ、慈悲もてわれを助けたまえ」を、ウィリアム・クリスティ指揮、レザール・フロリサンの演奏でお届けしました。

20日(火)は、ワルシャワ国立フィルハーモニー合唱団で、ポーランドに古くから伝わる聖歌「眠れ幼子イエス」をお届けしました。

21日(水)は、モーツァルトの声楽曲「アヴェ・ヴェルム・コルプス」を、コリン・デイビス指揮、ロンドン交響楽団と合唱団の演奏でお届けしました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時―9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

NGなクリスマスプレゼントは…【最旬XmasニュースBEST5】

J-WAVEで放送している番組の中から、毎日おもしろい&ためになる&他では聞けないとっておきの内容を切り取ってお届けしているJ-WAVE NEWS。今日は、そんなこれまでのニュースから、特に選りすぐりの「クリスマス」ニュース5選をまとめてお届けします♪

■贈ったらNGなクリスマスプレゼントは?
「AVALON」(月・火・水・木曜 22時ー23時30分)
https://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/12/ng-4.html

■クリぼっち悶絶…!! 胸キュン「妄想クリスマス」
「AVALON」(月・火・水・木曜 22時ー23時30分)
https://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/12/post-2950.html

■クリスマスに食べたい「ブタのお尻」
「POP UP!」(月・火・水・木曜 9時ー11時30分)
https://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/12/post-2949.html

■「待ちぼうけクリスマスソング」が多いのはなぜ?
「BEHIND THE MELODY~FM KAMEDA」(月・火・水・木曜 13時25分ー13時35分)
https://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/12/post-2945.html

■まだ間に合う! クリスマス気分が盛り上がるイベント
「POP UP!」(月・火・水・木曜 9時ー11時30分)
https://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/12/best3-6.html

いかがでしたか? 3連休の今年、あなたにとって素敵なクリスマスになりますように♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

J-WAVEオフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/

いきものがかりは、非リア充が聴いている?

J-WAVEでオンエア中の「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。12月22日(木)オンエアは、クリスマスが近いこともあり、「スイート」をテーマに、いきものがかりの水野良樹とお届けしました。

水野良樹が選んだ「スイート」な曲は以下の通り。

UA「甘い運命」
「高校生くらいのときに聴いて、UAさんのかすれた声が印象に残ってます」(水野、以下同)

RIP SLYME「Good Times」
水野:いやぁ~いいですね~。
藤田:スローな曲ばっかりくるのかと思いました!

水原弘「黒い花びら」
「男性のバリトンボイスというところで選んでみました。第1回『日本レコード大賞』で大賞に輝いた作品でもあります。水原さんの低い声は、密度のある甘い声だと思います」

ORIGINAL LOVE「接吻」
「甘い声の男性ボーカリストというところと、メロディアスな部分が繋がっています。この“大人感”は何なのでしょう。初めて聴いた頃から鮮度が変わらないのもすごいと思います」

Rumer「Close To You」
「ここ2~3年くらい、精神的に疲れたときに聴く人、ナンバーワンです。ビルボードライブも見に行って、心地がよすぎて寝そうになりました(笑)。癒されますね」

Nat King Cole「Smile」
曲が流れている間、聴き入ってしまい、藤田も水野もスタッフも含めてみんな黙って聴いていたそうです(笑)。

また「SONAR TO THE NEXT」のコーナーでは、アンケートで「リア充」か「非リア充」かを質問。それぞれの回答毎に大学生が聴いているアーティストをランキングにして発表しました。

リア充の大学生が聴いているアーティスト

第1位:RADWIMPS
第2位:back number
第3位:米津玄師
第4位:嵐
第5位:BUMP OF CHIKIN


非リア充の大学生が聴いているアーティスト

第1位:星野源
第2位:back number
第3位:RADWIMPS
第4位:いきものがかり
第5位:嵐


となりました。いきものがかりが非リア充の4位に入っていたことについて、水野は「非リア充の結束力ってすごいですよ。結婚したときに『裏切ったな』って言われましたから(笑)。でも、ありがたいことです」と振り返っていました…。

■今回のオンエア曲
JYOCHO「family」
Mako & Rat City feat. Natalola「Run For Your Life」
Althea「大人になる意味」
星野源「恋」
夜の本気ダンス「Without You」
いきものがかり「YELL」
R. Kelly「Mrs. Santa Claus」
sumika「MAGIC」
TOY「I'm Still Believing」
日食なつこ「ログマロープ」
Nat King Cole「Smile」
Steve Aoki & Louis Tomlinson「Just Hold On」
The Hotpantz「Jingle Mingle Lover」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 23時30分ー25時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

渡辺直美、松岡茉優、KenKen、満島真之介がクリパ!?

J-WAVEで放送中の番組「AVALON」(木曜ナビゲーター:渡辺直美)。12月22日(木)のオンエアではクリスマスパーティーを開催し、「AVALON」の各曜日ナビゲーターが集合しました!

月曜担当の松岡茉優、火曜担当のKenKen、水曜担当の満島真之介、そして木曜担当の渡辺直美が、それぞれの過去の放送から「神回」をプレゼンしました。ここではそのまとめを紹介します。

まずは、松岡茉優がプレゼンした月曜の神回は…

■ももいろクローバーZの百田夏菜子さんがゲストの回(6月6日)

松岡の高校の同級生でもある百田さんが登場。なぜか温泉を彷彿とさせるシーンから始まったこの回は、ツイッターのトレンドに入るなど、何かと話題になりました。

■「UFO最新事情と宇宙人の謎」というテーマの回(8月15日)

松岡も「個人的に一番!」と言うこの回では、生放送中にUFOを呼び出したところ…なんと実際にUFOを発見! スタジオが騒然となりました。

続いて、KenKenがプレゼンした火曜の神回は…

■ベースの速弾きギネス記録に挑戦した回(9月13日)

ナビゲーター陣で唯一、音楽の仕事をしているKenKenは、ベースの速弾きに挑戦した回をプレゼン。その日は腱鞘炎であまりうまくいかなかったそうで、また来年挑戦するかも? とのことでした。

■ギタリストのMIYAVIさんとセッションした回(8月23日)

リハーサルもなく、いきなりセッションしたこの回はまさしく神回! 他のナビゲーター陣はその演奏に酔いしれていました。実は以前、二人は「お米ブラザーズ」というコンビを組んでいたそうで、このオンエアをきっかけに、また頻繁に連絡取り合うようになったとか。二人のコラボをまたどこかで見れるかもしれませんね!

続いて、満島がプレゼンした水曜の神回は…

■肉好きのQ太郎さんが効き肉に挑戦して全部ハズした回(6月8日)

ハイキングウォーキングのQ太郎さんが肉の部位を食べて当てる「利き肉」に挑戦したところ…全てハズし、スタジオは大爆笑。満島も「なんで来た!?」と叫んでました。

■女優の蒼井優さんと夢を語り合う回(8月24日)

この日は蒼井優さんの誕生日をサプライズでお祝い。満島のかなり自由なバースデーソングも披露されました。

最後に、渡辺がプレゼンした木曜の神回は…

■ずん・飯尾さんとペナルティ・ワッキーさんがゲストのギャグ回(6月30日)

ギャグのレジェンド飯尾和樹さんとワッキーさんが、SHINeeのTAEMINさんが使えるオリジナルのギャグを伝授しました!

■毎週繰り広げている松岡とのラップバトル!

恒例となっている松岡と渡辺のラップバトルですが…この日は、今まで渡辺が歌い上げてきた即興ソングをダイジェストでお届けしました。これにはライバル松岡も「最高…(笑)」と絶賛。KenKenも「iTunesですぐ買うわ!」とベタ褒めでした(笑)。

皆さんの思い出に残っている回はありましたか? この日は他にも、無茶振りされた松岡が、他曜日のナビゲーターにあだ名をつけるなど…大盛り上がりのオンエアになりました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「AVALON」
放送日時:月・火・水・木曜 22時-23時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

ブックディレクター幅允孝が選ぶ“サッカーと旅”の本

J-WAVEで放送中の「~JK RADIO~TOKYO UNITED」のワンコーナー「WORDS FROM THE FIELD」(ナビゲーター:GAKU-MC)。12月23日(金)のオンエアは、ブックディレクターの幅允孝さんをお迎えして、サッカーと旅にまつわる本の話で盛り上がりました。

幅さんはサッカーが大好きで、特にアーセナルFCを応援しているそうです。というのも、名古屋グランパスエイトの監督をしていたアーセン・ベンゲル氏が、弱かったチームを強いチームに育て上げてから、監督のファンになり、その後、監督がアーセナルに移ったため、応援しているのだとか。年に一度は、現地で観戦しているそうです。そんな幅さんに、サッカーと旅に関連する本を薦めていただきました。

『サッカーおくの細道』(宇都宮徹壱)

サッカージャーナリストの宇都宮さんが、Jリーグの下部リーグでサッカーチームがどのように地域と結びついて、どのように愛されているかを、奥の細道調に旅をしながら感じたことを書いた一冊。

「例えば、『Jリーグを目指すクラブ、目指さないクラブ』という副題もついています。強いチームを目指すというだけはでなく、地域で話題になったり、コミュニティーの核になるようなチーム作りをする話や、この前も奈良クラブの試合を見に行ったんですが、元横浜マリノスの岡山選手がなぜ奈良クラブに辿り着いたのか、という本人の選手生命をめぐる旅のようなことも書かれてあります」と幅さん。GAKU-MCは「それ、読みたい!」と興味津々でした。

『ぼくのプレミア・ライフ』(ニック・ホーンビィ)

ニック・ホーンビィのデビュー作で、映画化もされた小説。アーセナルFCの試合に感銘を受けた少年がサポーター生活と日々の生活を綴った作品です。「イングランドにおいて、フットボールがどのように扱われているかについても分かります」と、幅さんは薦めてくれました。

次回(30日)の放送も、幅さんにサッカーにまつわる本を紹してもらう予定です。 放送は6時30分頃からです。お聴き逃しなく!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「WORDS FROM THE FIELD」
放送日時:毎週金曜 6時30分ー6時40分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/archives/words-from-the-field/

今市隆二「Happy?」はファンのために作詞

J-WAVEで放送中の番組「SPARK」。12月22日(木)のオンエアでは、木曜ナビゲーターの今市隆二(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)が、来年リリースされる三代目JSB の新曲「Happy?」について語りました。

「Happy?」の歌詞は今市と、三代目JSBには欠かせない作詞家の小竹正人さんの共作。1月からスタートするドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」(日本テレビ)の主題歌となっています。ドラマの予告で音源がチラッと流れているので、気になっていた方も多いのでは?

「ファンク色もありつつも、すごくポジティブな曲になってて。もともと、この歌詞を書くテーマとして、普段から三代目を応援してくださるファンの方々に向けたメッセージというか、感謝の気持ちをカタい感じじゃなく…一緒に楽しみながらこれからも人生進んで行こう、未来を切り開いて行こうっていう、ポジティブな曲を作りたかった」と今市。

オーディエンスと一緒に歌ったり、コール&レスポンスができる部分もあるので、「この曲を、自分たち三代目と皆さんとで一緒に作っていけたらなぁと思っています」とのこと。コンサートに参加するときはしっかり聴き込んでいきたいですね!

そしてクリスマス直前ということで、リスナーからの「クリスマスにはどんな思い出がありますか?」という質問に答えました。「三代目になってからは仕事が多いですね。今年もライブあるし。なんか、仕事をしてて気づいたらもうクリスマス終わってた…っていうのが大体ですね」とのこと。メンバーと過ごすクリスマスが多いようです。では、三代目JSBになる前はどうだったのでしょう?

「地元の仲間と集まって、『今日、クリスマス・イヴだから飲もうか』って言ってお酒飲んで、クリスマスになったら渋谷とか行って買い物して。でも、カップルで溢れてるわけじゃないですか? 羨ましいなぁって(笑)。 これじゃまるですごい暗いみたいですね…(笑)」

この他、番組内のワンコーナー「RYUJI’S FAVORITE ALBUM」では、アリシア・キーズの4年ぶりの最新アルバム、「Here」を紹介しました。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 25時ー26時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/spark/

News Ranking

Archive