Facebook Twitter LINE

佐藤竹善が語る、クリスマスソングの魅力

J-WAVEで放送中の番組「Mercedes-Benz MUSIC FACTORY」(ナビゲーター:グローバー)。12月24日(土)のオンエアでは、先日、六本木で行われた番組主催の「CHRISTMAS PARTY」から、公開収録の模様をお送りしました。今年で3回目となったこのイベントには、佐藤竹善さん、☆Taku Takahashiさん、LISAさんがゲストに登場。盛り上がった2時間半の中から、今回は佐藤竹善さんのライブ&トークの模様をたっぷりとご紹介しました。

ルイ・アームストロングの名曲「What a Wonderful World」に続いて、「What Can I Give You This Christmas?」を弾き語った佐藤さん。「このクリスマスの夜に、僕は君に何をプレゼントできるんだろう? 僕なんかが君にプレゼントできるものなどあるのだろうか?」や、「街を歩いてショーウィンドウを見ても、美しい君にふさわしいものは一つも見つけられない」などと歌や歌詞の内容を解説。また、「そういうお姉様方が今日、いっぱい集まっているようでございますね。…ラジオだから、『はい』って答えておけばいいんですよ(笑)」なんて一幕も…。たしかにラジオでは見えないですね(笑)。この日も歌だけではなく、トークでもお客さんを楽しませてくれました。

佐藤さん、実はこの日のトップバッターだったのですが、その前にグローバーがステージに上がり、会場のお客さんと乾杯などをして大盛り上がり。「そこにギター一本抱えて出てきた竹善さんが…なんと言いますか、透明な、クリスタルのような空気に変えてくれました。びっくりしましたね。歌声もすごかった」(グローバー)と会場の雰囲気について語ります。

さらに、佐藤さんはピアノの弾き語りで、SING LIKE TALKINGの名曲「Spirit Of Love」を披露してくれました。これには会場のお客さんもかなり盛り上がりました。

「What a Wonderful World」、「What Can I Give You This Christmas?」、「Spirit Of Love」、佐藤さんがこの3曲を選んだ理由は「好きなクリスマス・ソング」だからだそう。「Spirit Of Love」について、「基本がゴスペルっていうものを自分のポップス感と合わせた曲。やっぱりこの季節は、メッセージがより強く届くのかなぁなんて思います」と佐藤さん。

そんな佐藤さんにとって、クリスマス・ソングが持つ温かみや深さとは…?

「例えば、世界中で毎年のように無数のオリジナルのクリスマス・ソングが生まれていて、そして昔からあるスタンダードもたくさんの幅広いアレンジでリメイクされていて。もうヘヴィメタからヒップホップから、ジャズ、カントリー、ブルースが、全く違うアプローチをしてるのに、クリスマスということで一体になる、その、人の一体感もすごく感じられます」

確かにそうですよね。たとえそれがデスメタルアレンジですら、ハッピーでほっこりした感じが出ますよね。そんなところがクリスマス・ソングの魅力の一つかもしれません。佐藤さん、これからも魅力的なクリスマス・ソングを私たちに届けてくださいね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「Mercedes-Benz MUSIC FACTORY」
放送日時:毎週土曜 17時-17時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/musicfactory/

AbemaTVとコラボ! May J.がXマス曲披露

J-WAVEで12月23日(金)に放送された番組「J-WAVE×abemaTV KEYAKIZAKA CHRISTMAS PARTY 2016」。J-WAVEがAbemaTVとコラボし、同時生放送という新しい試みに挑戦しました。

J-WAVE、AbemaTVの六本木のスタジオは、まさに目と鼻の先にあります。番組にはクリス・ペプラー、宮澤エマ、レイチェル・チャン、小松靖アナウンサーという豪華MC陣が集結しました。お互いのスタジオの案内など、ご近所さん同士、局の垣根を越えてお届けしました!

この日の六本木には、今回のスペシャル番組のためにクリスマスにちなんだゲストが集結。なかでも、“クリスマスソングの女王”ことMay J.さんの生ライブは大盛り上がりでした。

今年でデビュー10周年を迎えたMay J.さん。ずっと出したかったというクリスマスアルバム「Christmas Songs」を満を持してリリース。ちなみにクリスマスのイメージが強いせいか、「10月頃からクリスマスソングを歌う」こともあるそうです(笑)。

番組では、事前にリスナーからMay J.さんに歌ってほしい曲を募集。1位を獲得した「ママがサンタにキッスした」を歌っていただきました。

さらに、紅白歌合戦でも披露した「Let It Go~ありのままで~」、アルバム収録曲「Wish Forever」、「All I Want for Christmas Is You」と、たっぷり4曲のクリスマスソングを披露してくれました。May J.さんの圧巻のパフォーマンスに、スタジオ内はもちろん、スタジオの外にいた人まで大盛り上がりとなりました!

なお、番組では、チャラン・ポ・ランタンが生ライブを披露してくれたほか、2016年に話題を集めたゲストが登場。念願のオリンピック出場を叶えた猫ひろしさんをはじめ、何かと話題の熊切あさ美さん、加藤紗里さん、スーパーマラドーナも出演し、盛りだくさんの2時間となりました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:特別番組「J-WAVE×abemaTV KEYAKIZAKA CHRISTMAS PARTY 2016」
放送日時:12月23日(金)18時-19時55分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/holiday/20161223_sp/

乃木坂46齋藤飛鳥 手つないでいい?に「温めて」

前回の放送で一緒にレッドカーペットに突撃した、齋藤&堀未央奈さんでメリークリスマス!

J-WAVEで放送中の番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が、英語初心者である乃木坂46の齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーです。

12月24日(土)クリスマス・イブのオンエア、齋藤のクリスマスの予定は「仕事ですね」と一言。ハリーの濃すぎる謎キャラのしつこい問いかけにも(笑)、「本当です」とクールに答えていました。

まずはリスナーから届いた質問を紹介。

■「メリークリスマス!」のあとにつけるといいワンフレーズは?

この時期ならではの質問。昔はクリスマスカードを送り合いましたが、日本のように年賀状のない海外では「Merry christmas and happy new year!」という言葉で1年の感謝の気持ちを伝えます。今の時代だと、LINEなどでさらりと伝えるなら「今年もありがとうね」を言葉の最後に添えると良いでしょう。

そこでおすすめなのが、こちらのフレーズ。

「Merry christmas and thanks for a fabulous year.」(メリークリスマス、今年もありがとうね)

「良い1年をありがとう」=「素晴らしい」という意味の「fabulous」は、「fantastic」や「soup」(魅力的な)といった言葉に置き換えてもOKです。

ちなみに齋藤は「thanks」の「th」の発音が苦手なので、このフレーズが出てくると「(thの発音)大嫌いです! あと『r』と『l』の発音が大嫌い」と発言。オンエア中にこの発音が出てくると、思わず台本で顔を隠してしまうそうです。

■「手をつないでいい?」を英語で言うと?

後半の英会話コーナーは、先週に続き、クリスマスのとある場面での会話。ハリーと齋藤が、クリスマスデートでイルミネーションを観に行くシュチュエーション。「手が冷たいので温めてください」と齋藤が言うシーンです。

「Can I hold your hand?」(手をつないでいいですか?)
「My hands are cold, so…please warm them for me.」(手が冷たいので、私の手を温めて)

ハリーが「気持ちがどこかにいっちゃってるね…」と言うくらい、気持ちの入ってない寸劇でしたが、「こんなこと言わないですよ。こういうのが言えるのがモテる女子って感じですよね」と齋藤。英語でもなかなか使わない言葉だそうです。

また、英会話では「手を温めてください」という齋藤に、アドリブでハリーが「息をハーハーしてあげる」というと、速攻で「やだあ…不審者ですよね(笑)」とキツイ一言。

「Can I hold your hand?」(手をつないでいい?)は、海外でも滅多に使わないので、「年下男子が使ったりすると、年上女子はキュンキュンするかも」とハリー。多用は禁物ですが、冬のデートなどで「ここぞ!」という勝負のときに使ってみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP OF THE WORLD」
放送日時:毎週土曜 6時-8時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

今年デビューの美人シンガー、栞菜智世の美肌の秘訣

J-WAVEで放送中の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・山田玲奈)のワンコーナー「ENTERTAINMENT LUNCHBOX」。12月24日(土)のオンエアには、今年の春にデビューを果たした、シンガーソングライターの栞菜智世(かんなちせ)さんをお迎えしました。

J-WAVEのスタジオには初登場という栞菜さん。まず、気になるのが名前です。「かんなちせ」と読みますが、「栞」の漢字について山田は「『干す』『干す』と書いて『木』ですね」と分かりやすく解説していました(笑)。そんな栞菜さんは今年の3月にメジャーデビューを果たしました。新曲「Heaven’s Door ~陽のあたる場所~」は、ドラマ「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ)の主題歌に選ばれました。

栞菜さんの歌声を聴いて、渡辺も山田も「素敵!」「しかも、声が伸びるところが気持ち良い」と感激していました。

渡辺:「歌でいけるかも」と思ったのは?
栞菜:「歌でいける」と思ったわけではないですけど、中学の時の合唱コンクールの練習で、本格的に音楽を教わる時に「良い声で、歌がうまいね」って言われて、3年連続でパートリーダーになりました。それで、「人よりもうまいのかな」と思いました。

ほかにも、渡辺、山田の二人から「かわいい!」「綺麗!」と褒められっぱなしだった栞菜さん。本人は褒められ慣れていないらしく、照れた様子でした。ちなみに、栞菜さんはサウナが好きだそうで、サウナに入ると肌の調子も良くなるそうです。

そんな栞菜さんにとって、2016年はあっという間だったとか。今年ビックリしたことを聞いたところ「私、晴れ女なんですけど、初めて出演したフェスが土砂降りだったんです」と振り返っていました。今後もライブをしていきたいそうで、来年の活躍が楽しみですね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「RADIO DONUTS」
放送日時:毎週土曜 8時-12時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

秦 基博が選んだ思い出のクリスマスソングは?

J-WAVEで12月23日(金)に放送された番組「J-WAVE CHRISTMAS SPECIAL LUMINE STYLE YOUR TIME」(ナビゲーター:岡田マリア)。この番組では、2016年に活躍したアーティストやクリエイターをお招きし、さまざまなお話を伺い、思い出のクリスマスソングを紹介していただきました。

番組前半に登場したのは、ミュージシャンの秦 基博さん。クリスマスソングにぴったりの歌声を持つ秦さんですが、「クリスマスソングには名曲がありすぎて作れない…」と思っていたそうです。しかし、昨年ついに自身初となるクリスマスソング「聖なる夜の贈り物」をリリースしました。

そんな秦さんのクリスマスの思い出ソングは以下のラインナップ。

■Lisa Loeb「Snow Day」
■Allen Stone「Celebrate Tonight」
■Amos Lee「Arms Of A Woman」

冬の寒い夜に聴きたい、あたたかみのある洋楽を3曲選んでくれました! 秦さんにとって、どの曲も思い出深い時間を一緒に過ごした大切な曲だそうで、Lisa Loebの楽曲について「高校生のときに初めて聴いて、日本にいるのにその雪の景色をその音から感じて、今でも聴くと当時の感覚に戻る気がします」と語っていました。

ほかにも番組では、現在公開中の映画「アズミ・ハルコは行方不明」の監督、松居大悟さんや、クリエイティブ集団「PARTY」代表の伊藤直樹さん、ロックバンド「RIZE」の金子ノブアキさんが、曲の思い出とともにクリスマスソングを紹介してくれました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:特別番組「J-WAVE CHRISTMAS SPECIAL LUMINE STYLE YOUR TIME」
放送日時:12月23日(金)20時-21時55分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/holiday/20161223_20/

簡単で豪華! チキンときのこを使った一品

J-WAVEで放送中の番組「FRUIT MARKET」(ナビゲーター:横山エリカ)のワンコーナー「TODAY'S DISH」。毎月一つ、食材をピックアップ。その食材を使ったレシピを毎週紹介していきます。12月のテーマ「チキン」を使って、12月24日(土)のオンエアでは「チキンソテー きのこのゴルゴンゾーラソース」を紹介しました。簡単に作れて豪華な一品は、この時期にぴったりです!

【材料(2人分)】
鶏もも肉:2枚
塩:小さじ2/3
黒こしょう:適宜
オリーブオイル:小さじ2
パセリのみじん切り:適宜
a しめじ:1袋
  にんにく:1片
  オリーブオイル:大さじ1/2
  白ワイン又は酒:大さじ1
  牛乳:100cc
  ゴルゴンゾーラチーズ:50g
  塩:小さじ1/4

【作り方】
①鶏肉は余分な脂身を取り除き、筋の部分に切り込みを入れる。塩、黒こしょう、オリーブ油を振ってもみ、室温で15分おく。しめじは石突を落として小房に分ける。

②冷たいままのフライパンに鶏肉の皮を下にして入れて、中火にかける。フライ返しでギュッと押しながら、たまに出てきた脂を肉にかけて6分焼く。火を強め、キッチンペーパーで余分な脂をふき取りながら皮をカリッと焼き上げ、裏返して弱火で2~3分焼く。

③鶏肉を取り出したフライパンでソース(a)を作る。オリーブ油で、みじん切りにしたにんにくを中火で炒める。香りが出てきたらしめじを加え、少ししんなりしたら今度は白ワイン、牛乳、ちぎったゴルゴンゾーラチーズ、塩を入れて4分煮詰める。

④鶏肉を食べやすく切って器に盛る(焼き上がった鶏肉は、皮を下にして切ると切りやすい)。ソースをかけ、黒こしょう、パセリを振る。バターライス(温めたごはん茶碗2杯、バター10g、塩を合わせて、サックリ混ぜる)やソテーした野菜を添えるとごちそう感がグッと増す。

簡単な上、味付けはシンプルで牛乳やゴルゴンゾーラを混ぜるだけです。それでもコクがあって美味しく仕上がります。横山は「ゴルゴンゾーラの味もしつこくないため、食べやすいですよ」とのことでした。さらにソースの牛乳を、生クリームに変えるとより濃厚に仕上がります。

番組のサイトやインスタグラム「fruitmarket813」でも、横山が作った工程や完成した料理の写真が掲載されています。皆さんもこの週末のメニューにいかがですか?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間後は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「FRUIT MARKET」
放送日時:毎週土曜 15時-17時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/fruitmarket/

藤原ヒロシ、加湿器マニアを告白!お勧めの一台も紹介

J-WAVEで放送中の番組「SEASONS」のワンコーナー「JUN THE CULTURE」(ナビゲーター:藤原ヒロシ)。12月24日(土)のオンエアでは、「クリスマスイブの過ごし方」から「お気に入りの加湿器」について紹介。

まず、クリスマスイブの過ごし方について藤原は、昨年同様に歯医者の予約を入れたそうです。

「年末は忙しくなるもので気がついたらスケジュールが埋まってしまい、『24日くらいは空けておこう』と思っていつもなんとなく空けているんですけど、最終的にそこに入っていくのが歯医者の予定なんです。去年のスケジュール帳を確認したら、去年も24日の同じ時間に歯医者に行ってましたね。そういう感じなので、楽しいロマンティックなパーティーに行くような話は無いのですけど、歯医者に行って、麻酔の効いたまま夕飯を食べて終わってしまうんじゃないかと思います」

続いて、クリスマス時期に欲しいものの話題に、「大体いつもこの時期に欲しいもの、僕が買うものといったら、加湿器なんです」と藤原。自分でも「加湿器マニア」を自称するほど、毎年加湿器を買っているとか。

「2、3年前ぐらいからデザイン加湿器みたいなのが出てきて、機能的にもすごくいいし、使い勝手もいいんですけど、今季買ったのは、象印の加湿器。デザインは賛否両論あって、いいデザインとは言えないかもしれないけど、すごく良いのを買いました」

とおすすめの加湿器を紹介。これまで、旅やスノーボードに行ったときに宿に加湿器がない時、ティファールのポットで代用していたという藤原。お茶も飲めてそのままにしておくと夜は加湿器になるので便利だったそうですが、一番理想としている「石油ストープの上のヤカン」のようなものを再現したのが象印の加湿器なのだそうです。

「見た目はポットで、水をジャーッと入れて中が温まって上から蒸気が出る、みたいな。買って使ってみたら、ベッドルームがほわ~っといい感じになるんです。だから今年はこれだ! と思って、リビング用にも2つ買いました」と、クリスマスプレゼントにも“激推し”(笑)していました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「JUN THE CULTURE」
放送日時:毎週土曜 14時10分-14時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/seasons/culture/

News Ranking

Archive