チャットモンチーが猪木の格好をした理由

タイムフリー

J-WAVEで放送中の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)。11月30日(水)のオンエアでは、ゲストにチャットモンチーをお迎えしました。

チャットモンチーは、11月30日(水)にニューシングル「majority blues/消えない星」を発売しました。中でも、3曲目に収録されている「とまらん」は「とくしまマラソン」の公式テーマソングで、2人の出身地、徳島県の阿波弁をふんだんに歌詞に盛り込んでいます。しかも、ベースの福岡さんは「曲も作ったし走ろう」と、実際にとくしまマラソンで走って完走したのだとか。そんな福岡さんを、ヴォーカル&ギターの橋本さんは変わった方法で応援したそうです。

橋本:コスプレをして応援したんです。あっこちゃん(福岡さん)の好きなキャラクターでコスプレをしたら完走できるんじゃないかと思って。

サッシャ:どんなコスプレをしたんですか?

橋本:YAWARAちゃん、アラレちゃん、『北の国から』の五郎さん、アントニオ猪木さん。

サッシャ:猪木さんも? まさか、パンツ一丁で?

橋本:さすがにそれはマズイのでガウンを着ました(笑)。

まわりの人も驚いたのではないでしょうか(笑)。変わっているといえば、チャットモンチーはデビュー11周年を記念して、ディナーショー「チャットモンチーの鋼鉄婚式~鋼の11年~」を開催しました。内容は、披露宴のように2人のなれそめを紹介したスライドショーや、チャットモンチーの曲をモチーフにした料理、最後にライブと盛りだくさんだったそうです。

そんなチャットモンチーは、これまで4名のサポートミュージシャンと一緒に活動していましたが、再び二人の活動に戻ったそうです。「サポートメンバーから得たものを2人で昇華できないかと思って」(福岡)、「サポートメンバー以前に、2人でやっていた時と比べても、別人のような感じです」(橋本)ということでした。チャットモンチーは、来年3月からツアーも始まります。12年目を迎える今後のチャットモンチーの活動からもますます目が離せなくなりそうです。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「BEAT PLANET」
放送日時:月・火・水・木曜 11時30分-14時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

タイムフリー

Recommended by

News Ranking

Archive