Facebook Twitter LINE

訪れた場所1300越え!桜ウォッチャーのマル秘桜知識

J-WAVEで放送中の番組「OTHERS」(ナビゲーター:ふかわりょう)。最終回となった3月25日(土)のオンエアでは、家入一真さんと一緒に、“桜ウォッチャー”こと中西一登さんにお話を伺いました!

現在52歳の中西さんは、気象予報士で“桜ウォッチャー”として活動中。1995年から22年に渡って、訪れた桜の名所は全国で1300カ所以上とのこと! 会社も辞め、九州から北海道まで桜前線を追いかけること5回。さらに、日本で春以外にも桜を見られるということを知ると、以来15年半もの間、毎月桜を見続けているそうです。

「“桜前線”って国内では2、3カ月で終わるものではないんですか?」とふかわ。実は、中西さんによると半年以上かかるそう!

「沖縄の山頂から咲くんですけど…1月1日くらいに開花宣言が出されて。たとえば本部町八重岳って所では、桜の下で成人式が行われるんです」という中西さんの話に、ふかわと家入さんは驚くばかり。

そこから桜は南西諸島を徐々に北上していくそうですが、最初はじんわり上がっていくのだとか。東北までいくとスピードが上がって、北海道に上陸するのはゴールデンウィークの中盤から後半に掛けての時期だそう。そして、5月の中下旬に釧路に達したとき、日本のメディアは「桜前線が終点に到達しました」と報じるそうですが、それからさらに北海道の山を登っていくため、実はそこではまだ終わらず、知床では7月下旬から8月中旬にやっと桜が咲き、そこで日本の“桜前線の旅”が本当に終わるのだとか。

そんな中西さんご自身は、どういうときに喜びを感じるのでしょうか。「1360カ所くらい見てきましたが、やっぱり1361カ所目…新しい桜の名所を見つけると『やったぜ』という感じになります」と中西さん。最近はSNSで「うちの近所の公園の桜」などといろんな人が情報を発信してくれるため、新聞やテレビで取り上げられないようなスポットまで知ることができたとき、とてもうれしく感じるそうです。

そして良い桜を見つけたら、写真を撮ってすぐにTwitterとInstagramにアップし、自宅に帰ってからブログでも紹介するそうですが、これは「1分でも早くほかの人に見に来てほしい」という思いからなのだとか。「(桜は)儚いですからね、ほっとくと嵐で一晩で散っちゃうこともあるので、せっかく咲いてんだから、みんなに見に来てほしい…というのが根元ですね」と続ける中西さんに、最後まで感心するふかわでした。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「OTHERS」
放送日時:毎週土曜 22時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/others/index.html

【保存版】おすすめモバイルバッテリー2017年版

J-WAVEで放送中の番組「ALL GOOD FRIDAY」(ナビゲーター:LiLiCo・稲葉友)のワンコーナー「WHAT’S UP TOKYO 15」。3月24日(金)のオンエアでは、メディアクリエイターでモノのスペシャリストであるハイロックさんが、注目のモバイルバッテリーを紹介しました! ここではその一部をご紹介します。

■時計として使える「デジタルクロック機能付バッテリー」

バッテリーとしては10,000mAhで、iPhone7を約3回フル充電できる容量です。

「僕はバッテリーとして使っていなくて、デザインが優れているので時計として置いています。手持ちのバッテリーが充電されていなかったときに使いますね」(ハイロックさん、以下同)

■ケーブル兼モバイルバッテリー「NOMAD LINE BATTERY」

ケーブルの真ん中に筒状のバッテリーが備わっているケーブル兼モバイルバッテリー。iPhone7で約1回の充電が可能となります。

「家でこのケーブルでiPhoneとかを充電していると、このバッテリーにも勝手に電気が溜まってくれるんです」

■PCも充電できる「RAVPower 20100mAh ポータブル電源」

USBポートのほかに、ACコンセント(家庭用コンセント)も備えているので、ノートパソコンの充電もOKです。20,100mAhという容量は先ほどの「デジタルクロック機能付バッテリー」の2倍強、iPhone7を6回は充電できます。

「500mlのペットボトルのような大きさで、立てると姿がカッコいいんです。しかも大容量です」

■超大容量!キャンプでも使える「Anker PowerHouse」

さらに大容量の決定版。本体は小さいアンプくらいの大きさになりますが、容量はなんと120,600mAhです!

「家族でキャンプに行ってもUSBポートが4つ付いていますし、ミニ冷蔵庫も7時間動かせます。小さいテレビなら4時間ほど見ることができます」

スマホ、PC、デジカメなど、さまざまなデジタル機器の充電を気にせず使える豊富なモバイルバッテリーたち。あなたはどの製品が気になりましたか?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ALL GOOD FRIDAY」
放送日時:毎週金曜 14時―16時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/goodfriday/

予約必須! 浅草にある老舗パン屋さんの人気食パン

J-WAVEで放送中の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・山田玲奈)のワンコーナー「HAPPY SATURDAY BAKERY」。3月25日(土)のオンエアでいよいよこのコーナーも最終回。ラストとなる今回は、浅草にある老舗「ペリカン」を紹介しました!

パンが好きな人にとっては、昔から大評判のお店です。昭和17年創業、つまり75年前! 創業当初から変わらぬ味を提供していることでも知られ、食パン、山型、ロールパン、中丸、ドックという5つの形のプレーンなパンだけを扱っています。なかでも食パンは有名で、浅草近辺の多くの老舗喫茶店がトーストやサンドイッチ用にこちらのパンを使用しています。

スタジオでは、食パンと上部がドーム状になっている「山型」をトーストして実食しました。まず食パンをいただいた渡辺は「表面はカリッとしていて、中はモッチリ! しかも、香りが良くて、噛んでくると甘みが出てきて、何もつけないで食が進む食パンは珍しい!」と絶賛。さらに、バターを塗るとバターが浸みた感じが格別だそうです。

続いて山型をいただきました。「やや焦がし気味にトーストしてみたんですけど、香ばしくてたまりません!」と渡辺。山田も「耳の部分も美味しい!」と感激していました。食パンは1斤380円、1.5斤、2斤、3斤でも買えます。山型は960円、山型半が480円です。

パンの購入は前日までに予約が必須です。必ず予約の電話を入れてご来店くださいとのこと。お店は日曜日はお休みで、営業時間は8時から17時まで。閉店時間は早まることもあるそうなので、予約したうえで受け取りの時間も伝えておきましょう。最寄り駅は東京メトロ銀座線の田原町駅です。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「RADIO DONUTS」
放送日時:毎週土曜 8時-12時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

藤原ヒロシが語るトミー・リピューマの魅力

J-WAVEで放送中の番組「SEASONS」のワンコーナー「JUN THE CULTURE」(ナビゲーター:藤原ヒロシ)。3月25日(土)のオンエアでは、藤原が大好きなプロデューサーで3月13日に亡くなった、トミー・リピューマを追悼しました。

まずは、マイケル・フランクスの「Nightmoves」をお届けしました。この曲は「Art of Tea」に収録されています。藤原は中学の頃に聴いていたそうで、トミー・リピューマを一番最初に体感したのがこのアルバムだったそうです。

「当時はプロデューサーという存在も知らなかったので、トミー・リピューマも知らなかったんですけど、20歳ぐらいになってから、自分の好きなアルバムがいっぱいできてきて、ふと『トミー・リピューマっていう名前が多いな。このプロデューサーは偉大なんだ』と気付いたんです」と藤原。

トミー・リピューマは、マイケル・フランクス以外にもさまざまな仕事に関わったそうです。

「ジョージ・ベンソンもやってて。ほかには、“新しい”といっても20年ぐらい前なんですけど、そのころの“ニューウェーブ”の延長上で出てきた『Everything But The Girl』というバンドのプロデュースもしていたんです」

ということで番組では、Everything But The Girlの「Meet Me In The Morning」を紹介しました。

ところで、藤原がディレクションを務める「Parking」が銀座・ソニービル建て替えのため、3月31日(金)で閉館します。最終日は、昼間に Daydreaming、夜はMidnight Marketという企画を行うそうなので要チェック!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「JUN THE CULTURE」
放送日時:毎週土曜 14時10分-14時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/seasons/culture/

「のだめカンタービレ」で注目された“ポルカ”って?

J-WAVEで放送中の番組「ACOUSTIC COUNTY」のワンコーナー「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」(ナビゲーター:西村由紀江)。3月23日(木)のオンエアでは、「春になるとピアノを弾く手も温かくなり、弾きやすくなるんです。するとなんとなく、テンポアップした曲を弾きたくなるんです」という西村の春らしいトークからスタートしました。

この週のテーマは“ポルカ”。ポルカはボヘミアで生まれ、ウィーンやパリで進化し、ダンス音楽の壁を越えてさらに進化していったそう。多くの作曲家によって、芸術性の高い音楽になっていったのだとか。

この日紹介したのはドヴォルザークの「チェコ組曲」より「ポルカ」。ヒットした「スラヴ舞曲」に続いて、1879年に書かれたドヴォルザーク38歳の時の作品だそうです。組曲の第2曲「ポルカ」は、西村によると「シュトラウス・ファミリーのダンスに特化した『ポルカ』とは違い、叙情的でじっくり味わえる音楽。軽やかと言うのはちょっと違いますよね、『モルダウ』を彷彿させる雰囲気があります」とのこと。「ポルカのルーツはボヘミアなので、チェコ出身のドヴォルザークとして、ボヘミアらしさも入れたのかもしれません」と推理していました。

この曲、日本ではあまり知られていませんでしたが、大ヒットした10年ほど前の人気テレビドラマ「のだめカンタービレ」がきっかけで注目されるようになったそうです。初回のオープニング、音大生の千秋真一が幼い頃を過ごしたプラハでの回想シーンで流れていたのがこの曲なのだそう。

「プラハの風景に見事に溶け込んでいましたよね、素敵な選曲です!」と西村も絶賛。ドヴォルザークだけでなく、同じチェコの先輩作曲家、スメタナもピアノ曲を中心にたくさんのポルカを作っているそうです。「冬の寒さが厳しいチェコ。ポルカには、彼らの心に擦り込まれた“春を呼びこむパワー”が備わっているのかもしれません」と想像する西村でした。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」
放送日時:月・火・水・木曜 15時15分―15時20分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/secretnotes/

音の良さが評判の東京文化会館小ホール!注目の演奏会

J-WAVEで放送中の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・山田玲奈)のワンコーナー「ARTS COUNCIL TOKYO CREATIVE FILE」。3月25日(土)のオンエアでは、東京文化会館の小ホールで開催される、Music Program TOKYOの「プラチナ・シリーズ」に注目しました。スタジオには、東京文化会館の里神大輔さんをお迎えしました。

東京文化会館の小ホールは、演奏家やお客さんから「音が良いよね」と言われていて、「奇跡の音響」と称されています。座席数は649席で、全5回の「プラチナ・シリーズ」では、ほかでは聴くことができないコンサートが企画されています。

■アルディッティ弦楽四重奏団 ~現代音楽のスーパー・カルテット~(6月24日 土曜)
「クラシックというと、普段耳にするのは数百年前に作られたものが多いと思いますが、クラシックも今もこの瞬間にいろいろな音楽が誕生しているんです。アルディッティは現代音楽にものすごく強いんです。今回は『N響アワー』で司会をしていた西村朗さんの弦楽四重奏曲第6番を世界で初めて演奏します。普段は現代的な作品を演奏している彼らがクラシックを演奏するとどうなるか、注目です」(里神さん、以下同)

■御喜美江&大田智美 ~クラシック・アコーディオン 知られざる深遠な世界~(10月6日 金曜)
「アコーディオンはクラシックでも使われています。今回はアコーディオン奏者の御喜美江さんと大田智美さんの二人で演奏します。日本やドイツ、アルゼンチンの曲までさまざまな曲を演奏します」

■アントニオ・メネセス ~ブラジルの誇り、チェロ界の巨匠~(11月21日 火曜)
「ブラジルは、クラシックをやっているイメージがあまりないかもしれませんが、メネセスさんはブラジルの方です。ヨーロッパの方で活躍していて、ソロの活動のほか、弦楽四重奏や室内楽でも活躍されています。今回はべートーヴェンやバッハのほか、南米の香りのするヴィラ=ロボスやヒナステラも用意しています」

■北村英治カルテット ~クリスマス・ジャズナイト~(12月22日 金曜)
「Music Program TOKYOの『プラチナ・シリーズ』は、普段はクラシックを主体としているものの、ジャズの企画も行っています。『ザ・クリスマス・ソング』や『ウィンター・ワンダーランド』などの名曲をお楽しみいただけます」

■イザベル・ファウスト ~現代最高峰の無伴奏ヴァイオリン~(2018年1月22日 月曜)
「イザベル・ファウストが、現代最高のバイオリニストだと思います。現代ものにも強いし、レパートリーの広さは驚異的です。そんな彼女が一人で演奏します。非常に贅沢な瞬間だと思います。いわゆる”裸になる”というか、その人の音楽そのものがズバリ見えてくる、面白くもあり、怖さもあります」

里神さんの話を聞いた渡辺は「小ホールの音響を楽しめますね」と感心を寄せていました。

神里さんは「クラシックは敷居が硬いイメージがありますが、『ここは合ってるかも』という接点があると思います。食べたことのない料理かもしれませんけど、美味しいですよ」とおすすめしました。みなさんも、まずは味見してみては?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「RADIO DONUTS」
放送日時:毎週土曜 8時-12時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

自閉症の少年が言葉を取り戻すドキュメンタリー映画

J-WAVEで放送中の番組「WITH」。この番組は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)と闘病しながら、“NO LIMIT, YOUR LIFE.”をスローガンに掲げて活動している武藤将胤がお送りしています。

3月24日(金)のオンエアでは、自閉症で言葉を失った少年と、その家族の奇跡を描いたドキュメンタリー映画「ぼくと魔法の言葉たち」の監督、ロジャー・ロス・ウィリアムズさんをお招きし、話を伺いました。

「ぼくと魔法の言葉たち」は、自閉症により2歳のときに突然言葉を失ったオーウェン君が、ディズニーアニメを通じて徐々に言葉を取り戻し、自立していくまでを追ったドキュメンタリーです。

原作は彼の父親が書いた「ディズニー・セラピー 自閉症のわが子が教えてくれたこと」という著書ですが、実はこちらはオーウェン君自身が「自分を見てほしい、知ってほしい」と発した言葉がきっかけで書かれた本なのだとか。ロジャーさんもこの本と同じく、映画を通してオーウェン君が感じているもの、見ているものを観客に伝えようと試みたそうです。

また、1年間の密着取材の映像のほかに、家族のホームビデオ、さらには3つの手書きアニメーションを組み合わせて一本の作品に作り上げられています。さらに、この作品に感動したディズニー社の許可を得て、作中には数多くのディズニー作品のシーンが登場します。

「ここまでたくさんのディズニーの映画の映像を使わせてもらうのは史上初でした。さらに、ディズニーのキャラクターを他のアニメーション会社の作ったキャラクターとやり取りさせてくれたというのも、史上初でした」(ロジャーさん)

自身もALSと闘っている武藤は、映画の中のオーウェン君を観て「病気も個性だ」と感じることができたと言います。これにはロジャーさんも、「障害というふうに見るのではなく個性だと見るべきだと、強く考えている」と明かしました。オーウェン君と一緒に過ごしたことで、逆にオーウェン君の方が健常者よりも自由なのでは? と思うこともあったそうです。

この「ぼくと魔法の言葉たち」は、4月8日(土)に公開となりますので、気になる方はぜひ劇場に足を運んでみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「WITH」
放送日時:毎週金曜 26時30分-27時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/dc4/

News Ranking

Archive