Facebook Twitter LINE

ネバヤン安部&奥山由之、「自分との制約」を語る

J-WAVEで放送中の番組「ZOO ZOO ZOO」。この番組では写真家・奥山由之と、never young beachのフロントマン・安部勇磨がゆるいカルチャートークをお送りしています。3月24日(金)のオンエアは、二人の作品作りをテーマにお送りしました。その中で、「制約はある?」という話題になりました。

次回作はいよいよメジャーデビューアルバムとなるnever young beach。「今までとは違う言葉にしてみよう」など、自分の中で“制約を作っている”という安部。

「それは良い意味で。今までの僕らがなくなるとかじゃなくて、もっと僕らの良さを伝えるためには、どういう言葉とかどういうメロディとかどういうアレンジを使ったら、新しく聴いてくれる人が増えて、かつ今までの曲もさらに活きるかなとか。そういうのはちょっとだけ考えてる」(安部)

その理由については、「ずっと同じ表現の仕方ではつまらないから」と安部。さらに、「現状を維持するためには、前進するっていうか…新しいことをして、やっと現状維持ぐらいだと思うんだよね。本当の現状維持をしていると後退にしかならないっていうか」と続けると、「それは、マジでそう。200パーセント出さないと100パーセントになんないから…。これがねぇ」と、かなり深く共感する奥山。

新しいことをして、反応が良かったり悪かったり、どちらにせよ、自分の中でどう考えても不安になりながらやっていかないと、どんどん時代に置いていかれるし自分の中での鮮度も落ちる。それは“自信”にもつながり、やっていることがつまらなくなっていくという悪循環になる…というふうに安部は最近よく考えるそうです。

これに「まったく同じこと思ってる」と奥山。どれくらい同じかというと、「このラジオ、どっちか一人だけが話せばいいわ(笑)」と思ってしまうほどだそう(笑)。そんな奥山は、最近の悩みは「不安がなくなる不安」なのだとか。

「ハタチくらいのときって、俺のこと誰も知らないでしょ。で、分布図がわからないわけ、この世界の。どういうところに誰がいて、どういう風にすればどうなってとかが、その渦中にいないからわかんないっていう不安って、もうもがくしかない。そのもがいていることが正しいかどうかもわかんない、これが自分の成功につながるかもわからないまま、もがき続けるのだろうか? って中で一生懸命モノを作るわけじゃん。でも今、分布図が見えた時点でそのときに戻ることはできないじゃん」(奥山)

しかし、それは、一回登った山を、装備や技術が備わった状態でまたもう一回登るような感じで、「それだったら向こうの霧の奥に見える、山があるかもわからないところに行きたいってなる」と山登りに例える奥山。前進するために必要な“不安”がなくなる不安。前進するための“不安”に対する不安。現在は、その間で試行錯誤を繰り返しているようです。

奥山の“不安”に対する持論を聞いた安部は、メジャーデビューやそれに関わる人たちのことなど、これまでとは規模が違う不安があったものの、「今、改めて奥山くんと話して、不安って大事だなって思った」と、“不安”に新たな価値観を見つけたようです。

奥山いわく、二人は今、人生の1章目の終わりに差しかかっているあたりだそう。どんな 2章目になっていくのか、今後が楽しみですね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ZOO ZOO ZOO」
放送日時:毎週金曜 25時30分-26時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/dc2/

「乃木坂46」みたい?地名を付けた北アフリカバンド

J-WAVEで放送中の番組「ORIENTAL MUSIC SHOW」(ナビゲーター:サラーム海上)。3月24日(金)のオンエアでは、アルジェリアやチュニジアなど、北アフリカ諸国の「砂漠のロック」を特集しました!

まずは、チュニジア北西部、アルジェリアとの国境の小さな村「バルグー」出身のグループ、「バルグー08」のファーストアルバム「Targ」から「Mamchout」をお届け。同村出身のルタール奏者ニダル・ヤヤウィが中心となって結成し、レパートリーは300年以上前から伝わる古い歌で、伝統楽器とエレクトリックで演奏されています。アルバム名の「Targ」も、この地に伝えられてきた伝統音楽。葦笛の「ガスバ」や北アフリカのフレーム・ドラムの「ベンディール」が奏でるトランシーなサウンドがカッコイイ曲でした。

グループ名は若者に故郷の伝統を知ってもらいたい、世界に向けて自分たちの村のことを知ってもらいたい、そういった思いから名付けたそうで、サラームも「なかなか立派です。たとえば『乃木坂』とかはありますが(村の名前をバンド名にするグループはまだないから)、日本でもこれから出てきてほしいですね」とコメントしていました。

次に、不安定な政情にも関わらず、海と砂漠があるため少々キケンなリゾート地として人気があるという西サハラ。そこのダフラ村出身のバンド「グループ・ドゥエ」が、フランスの「シュヴー」とコラボした「Dakhla Sahara Sessions」から「Bord de mer」。この曲について「ヤケッパチなカッコよさ」とサラーム!「ドゥエの砂漠のブルースギターと、おばちゃんのしょっぱい歌。シュヴー側のヒリヒリするパンクギターとビコビコシーケンス、後半には酒やけしたオヤジのダミ声も提供しています」と表現しました。

続いてマリ北部周辺の町キダル出身の遊牧民トゥアレグ族のグループ「タミクレスト」の「Ehad Wad Nadorhan」。トゥアレグ族は、自らの土地を持たないため差別を受けてきましたが、伝統音楽をエレキギターに乗せた「砂漠のブルース」が世界的に認知されるようになりました。日本でも知られているティナリウェンが創始者とすれば、タミクレストは「砂漠のブルース」の第二世代といえます。

オンエアではさらに、アルジェリアの歌謡曲ライの歌手レダ・タリアニの「Merdi L'amour」や、ギリシャのダブ&オルタナティブ・ロック8人組、イマーム・バイルディの「Simioma」などを紹介しました。イマーム・バイルディとはトルコ料理の名前で「坊さんの気絶」という意味だそう。ちなみにレシピはサラームの料理本「MEYHANE TABLE 家メイハネで中東料理パーティー」でも紹介しているそうです(笑)。ぜひチェックしてみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ORIENTAL MUSIC SHOW」
放送日時:毎週金曜 26時-26時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/dc3/

ラップ対決!ACE・DOTAMAが選ぶベストバウト

J-WAVEで放送中の番組「WORD FREAK」(ナビゲーター:ACE・DOTAMA)。ラジオで即興ラップの対決“フリースタイルバトル”を行うこの番組。3月24日(金)のオンエアでは、番外編ということで、これまで半年間行ってきたバトルを振り返りました!

ゲストとして「輪入道」さんと、この番組でバトルの経験もある「掌幻」さんと 「OneMi」さん。そして毎回ラップバトルのトラックを選曲しているDJ SIONも加えてこれまでの名バトルをピックアップ。

DOTAMAが“ベストバウト”として取り上げたのは、記念すべき第1回目の放送での掌幻さんと「KEN THE 390」さんのバトル。この日の音源を改めて聴き盛り上がり「よくこんな言葉出てくるね」と感心していました(笑)。「番組が始まったばかりのときに…レベルの高いバトルでしたね」とDOTAMAは感慨深げに振り返り、「掌幻くんが韻を踏むスタイルで、KENさんが速射砲で次から次に論破していくみたいな。でも掌幻くんの3ターン目の返しが本当にかっこよくて。畳み掛けるように韻をガンガンって…さすがだなって思いました」と続けていました。ちなみにこのバトルの勝者は掌幻さんでした。

続いて、ACEが取り上げたのはOneMiさんと「MAKA」さんのバトルでした。MAKAさんが勝利したこちらのバトル音源も改めて聴き「レベル高い!」と感心する一同。しかしラップの中でOneMiさんが少し噛んでいたことに触れ「だから負けたんだよ!」とACEにいじられていました(笑)。

DOTAMAはMAKAさんのフローについて「レゲエやってる人じゃないと出せない」と評し絶賛。OneMiさんはこのバトルのおかげでMAKAさんと仲良くなったことがよかったそうで、他の現場で会ってもよく話すようになったそうです。というのも、その後にACE、OneMiさん、MAKAさんで六本木、渋谷と飲みに行ったそうですが、ACE以外の2人は記憶をなくすほどベロベロになってしまったエピソードを明かしていました(笑)。

この話を聞き、DOTAMAは改めて「そもそもMCバトルって、いきなり初対面で人の悪口を言い合うわけですから、まずおかしいじゃん? 社会生活的におかしい行為を我々はしてるからさ(笑)。確かに急激に仲良くなったりするよね、罵り合いをしたらね、そりゃね」 と冷静に語っていました。

半年間の振り返り企画は次回も続くそう。楽しみに待ちましょう!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「WORD FREAK」
放送日時:毎週金曜 25時-25時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/dc1/

音声翻訳に多言語バーコードも!言葉の壁を越える技術

J-WAVEで放送中の番組「RADIOFAST」(ナビゲーター:安藤桃子)。3月24日(金)のオンエアでは、「翻訳」をテーマにお送りしました。

総務省情報通信国際戦略局の中川拓哉さんによれば、2400万人を超える観光客が日本に来るようになった今、宿泊や飲食だけでなく、滞在中に体調を崩して病院にかかる場合に「ドクターが英語しか話せない」というケースが多く、特に中国語のニーズが年々増えているとのこと。安藤も、ロシアの映画祭に行った際に、薬を買いに行って欲しい薬を身振り手振り、ジェスチャーで説明して苦労したことがあるそうです。

そんななかで開発が進んでいるのが音声翻訳の技術。日本人が街中で、外国人観光客を見かけ助けてあげたいと思ったとき、逆に日常のちょっとしたことを注意したいときなどに「言葉にできない」といったストレスなどが実際にあるなかで、総務省は音声翻訳で解決する「グローバル・コミュニケーション計画」を2014年から行っています。

実は音声翻訳の開発の歴史は古く、1980年代から日本でもスタートしており、日本語と外国語の対訳データベースを地道に集め、当初は5秒~10秒も時間がかかっていた翻訳結果が、技術の進歩で、ものの1秒足らずで結果を得られるようになりました。

たとえばNICT(情報通信研究機構)が開発した音声翻訳アプリ「VoiceTra」は、会話翻訳のデータに特化して蓄積してきた、日本語の会話翻訳の精度が高いアプリケーションですが、カスタマイズも可能で、観光地に合わせた特別な言葉や店舗で必要な言葉など、ニーズに即した翻訳もできます。さらに、病院の診断内容など外に出したくない情報の翻訳などは、病院の中だけで使えるように院内にサーバーを立ててクローズドで使用することも可能です。

といっても、翻訳精度はまだ人間にはかなわず、AIなどでは確率から結果を導き出しているので間違った誤訳も当然生じてしまいます。もう少し進化すると、人間の意図するものを理解できるようにもなるかもしれませんが、その国独特の笑いのツボや怒るポイントなど、文化的な部分までフォローするにはもう少し時間がかかりそうです。

一方で、言葉を記号化する「バーコードを使った多言語情報」という違ったアプローチも研究されています。多言語表示をサポートするアプリ「PAYKE」は、店舗などの商品バーコードに各国の言語情報がつけるサービスです。

PAYKEを開発した株式会社Payke(ペイク)のCEO・古田奎輔さんは、貿易関係の仕事をしていたときに日本のプロダクトを説明することに苦労した経験から、バーコードで読み取って、海外の購入者に生産者が伝えたい情報を提供することを思いついたそうです。

たとえば、食材の味などを動画や画像などで説明し、レシピや調理方法なども動画で格納することが可能です。古田さんは、外国人が日本の商品を手に取る理由として「買った商品をどうやって自慢するか?」や「お土産として何がすごいか説明できること」という点に着目してこのシステムを開発したそうで、購買意欲の向上や、商品の安心感なども伝えるポイントとして挙げました。

また古田さんは最後に、「言語の壁はいずれ無くなり、AIや技術の進化で10~20年後にほぼ不自由なく会話ができるようになる」と予想する一方で、その際に必要なのは「情報の質」だと指摘。機械翻訳で訳すという手段はあっても、伝えるべき情報や、商品の裏側に隠れているストーリー、生産者の思いなどは人の手で集めないといけない、そういう意味では外国の人とのコミュニケーションにおいて人間がさらに関わっていくのが重要だと語りました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「RADIOFAST」
放送日時:毎週金曜 24時-24時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/radiofast/pc/

菅原小春、25歳の今も車の免許を持たない理由

J-WAVEで放送中の番組「TDK SUGAR WATER」(ナビゲーター:菅原小春)。3月24日(金)のオンエアでは、家族に関する話や車にまつわるエピソードを紹介しました。

最近は実家で過ごしていることが多いという管原。お姉さんのタテジマヨーコさんとコンビニに行って、「ポテトチップス」と「大人のきのこの山」を買って車ではなく歩いて帰って、二人で大好きな「クレヨンしんちゃん」のDVDを鑑賞するのが至福のひとときだそうです。しかも、初めて二人で居酒屋に行って、夕方の6時から深夜まで飲んだりもしたのだとか。

車の話が出たところで、「運転免許は持っていますか? 家族と車にまつわるエピソードを教えてください」というメールを紹介しました。

こちらの質問に対して「免許は持ってません。取りにいく予定もありません」と答えました。その理由は「免許は欲しいけど、通っても途中で通わなくなることがわかってるから」だそうです(笑)。「ウチはお姉ちゃんも免許を持ってなくて、家から駅まではめちゃくちゃ遠いから、ずっと両親に送り迎えしてもらってるんです。お姉ちゃんも私も、お父さんとお母さんの送り迎えがあっての“今”です」

管原は、2時間かけて東京まで送り迎えしてもらうこともあるそうですが、車で過ごすのが苦にならないそうです。

「移動の時間にボーッとしたり、お母さんと戯れたり、たわいもないことをしゃべったり、歌ったりと、何も考えない時間が過ごせるんです。お母さんとお姉ちゃんは似た者同士だから喧嘩することが多いけど、喧嘩した思い出を歌った曲もあるんです。そういう日常生活が作品に生きるって、素晴らしいことだよね」と管原。また番組では、お姉さんの所属するバンド、ハラフロムヘルの「ドライブです」を流しました。

続いて、高校2年生の方からのメールを紹介しました。

「私は4歳からダンスをしているのですが、コンテストの優勝履歴があるわけではなく、ダンスの専門学校への進学が迫っています。このまま、経歴がないまま専門学校に行ってしまってもいいものでしょうか。こんなちっぽけなことですが、ひどく落ち込むことあります。どうすればいいでしょうか」

こちらの相談に対して、管原は「気にするなよ~!」とエールを送りました。「経歴や経験がなくても、やりたいことをやる。それだけです。落ち込んでる時間がもったいない! 私にもよく、『ダンスの経験がなくて、もう少しうまくなってから行きます』っていう人がいるけど、その必要はまったくないから。やりたいと思ったっていうことが素晴らしいことだから! まずは行動してほしいです。失敗しても何かにつながるから。カレーを作るのに、人参とか肉がなくてもカレーはできるし」とアドバイスしました。

なお、番組のホームページとツイッター(@813sugarwater)では、放送した曲に合わせて即興を撮影即興ダンスの動画を公開していますので、ぜひチェックしてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「TDK SUGAR WATER」
放送日時:毎週金曜 23時30分-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sugarwater/

京橋に復活!タモリさんも大絶賛した絶品立ち食いそば

J-WAVEで放送中の「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「Calolimit HUNGRY OUT」。3月24日(金)のオンエアは、なんと、あのタモリさんも絶賛したという立ち食い蕎麦屋さん「そばよし」を紹介。スタジオには「そばよし」の代表、山崎能孝さんにお越しいただき、その魅力に迫りました。

「そばよし」は、創業178年の老舗鰹節問屋が直営ということでも有名なお店で、本店が日本橋にあって、神谷町にもお店があります。さらに昨年、ビルの建て替えのために一度閉店した京橋店が、先月、少し場所を移して復活オープンしたばかり。「あのそばよしが帰ってきた!」と、京橋界隈では再び注目を集めています。

山崎さんが「そばよし」をオープンにしたのは、16年前。「本業は鰹節屋なんで、もう売るほど鰹節はあるなと思って。しかも上が工場で、上から下に降ろすだけじゃないか、と。配達しなくていいし(笑)」と山崎さん。

そんな「軽いノリで始めた」とおっしゃる山崎さんですが、その後、あの食通のタモリさんも絶賛するほどのお店に。タモリさんは番組の撮影でお店を訪れ、かけそばを注文。でき立てのお蕎麦の香りに「カツオの感じがすごいねぇ」、一口いただいて「これは本格的だ」と、香りと味を絶賛されたそう。

そんな「そばよし」自慢のかけそばを、スタジオでも出していただきました。「スタジオで若干冷めているとはいえ、すごく香りが立っております」と渡部。さっそく勢いよく蕎麦をすすると…

「うん! 口に吸い込む瞬間から飲み込むまで、もちろんすすって噛んでるときも、ずーっと鼻の奥にしっかりとした鰹の上質な香りがありますね」と大絶賛でした。そんな渡部を唸らせた、かけそばはなんと、一杯290円! 思わず「やっていけるんですか!?」と疑問に思うほど。立ち食い蕎麦屋ということもあって、「薄利多売で頑張っている」とのこと。ありがたいですね! お出汁は鰹のみ。昆布や旨味調味料は一切使われていません。

「290円でこの味を出せるのは、なかなかないんじゃないかなと、自負しています」と山崎さん。トッピングは50円から140円。500円あればお腹いっぱいになれるのです! 今は、季節限定の「生海苔そば」がオススメだそう。

そして、もうひとつお店で大人気なのが、鰹節問屋直営ならではのサイドメニュー、「おかかごはん」! ご飯を注文すると、ふりかけ状の「粉かつお」が付いてくるので、それをご飯に好きなだけかけていただくという、いたってシンプルなもの。もともと山崎さんが子どもの頃に、お腹が空くとよく食べていたものだそうです。

お好みでお醤油をかけて食べるだけでも美味しいのですが、生卵を注文、卵かけご飯に「粉かつお」をかけて食べるとさらに絶品! 渡部も「これはいい!」と絶賛しました。

お昼はかなり混むそうなので、時間をずらして行くのがオススメです。気になった方はぜひ「そばよし」に足を運んでみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOLD RUSH」
放送日時:毎週金曜 16時30分-20時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

中島美嘉、一度聴いただけでハマってしまった曲

J-WAVEでオンエア中の「~JK RADIO~TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「OLFA PLAY IT LOUD!」。3月24日(金)のオンエアには、中島美嘉さんが登場しました。

中島さんが紹介してくれたのはCherの「You Haven't Seen the Last of Me」。この曲は映画「バーレスク」で、Cherが演じるテスが歌っているナンバー。物語の中で、テスの経営するショーパブが潰れそうになり、失意の中でテスはこの曲を歌います。

「"私は負けない、立ち上がる"っていう内容なんだけれども、それをリハーサルするシーンがあるんですよ。本番で歌ってないの、この人。たったその1回だけの、このCherの『You Haven't~』に私はハマってしまって、“ガンッ!”ときてしまいまして」(中島さん、以下同)

昨年、全国で開催したご自身のアコースティックライブの1曲目で、カヴァーされたそうです。「ライブの1曲目に持ってきて、歌わせてもらったんですけど、すごく難しかったですね。とってもかっこいい曲なので、皆さんにも聴いてほしいなと思います」と中島さん。ぜひ映画と合わせてチェックしてみてください!

そして中島さんの近況ですが、3月22日にニューアルバム「TOUGH」をリリースされました。「すごい良い曲がいっぱい入ったアルバムだなって、自分でも自信をもって言えるアルバム」なのだそうです。

シングルでも出している、アップテンポなナンバー「恋をする」も収録されているのですが、「こういう曲が急にすごく歌いたくなって、めちゃめちゃ楽しく歌ったし、PVもめちゃめちゃ楽しく撮りました。ブリっこしていろんなことやってるんですけど…あれ、やらされてないからね(笑)。自分でやってますんで、それも楽しみに見てもらえたらいいなと思います」とのこと。

この他、アルバム「TOUGH」には、中島さんのリアルな経験を歌にした書き下ろしの2曲も入っていて、聴きどころ満載。この春は「TOUGH」を聴いて、皆さんも“タフ”な気持ちになってはいかがでしょうか♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「~JK RADIO~TOKYO UNITED」
放送日時:毎週金曜 6時ー11時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

News Ranking

Archive