骨格のタイプ別! 似合うスーツを見極める方法

タイムフリー

J-WAVEで放送中の番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「DIANA Shoes ON FASHION」。いよいよ新年度。これから毎日スーツを着るというフレッシャーズも多いと思います。そこで4月2日(日)のオンエアでは、「骨格診断」にフォーカスして、骨格のタイプ別に似合うスーツを紹介しました。

お話を伺ったのは、一般社団法人 骨格診断ファッションアナリスト認定協会代表理事、二神弓子さんです。

二神さんによると、骨格と筋肉の付き方、体質、脂肪の付き方のくせなどで、その人に似合う服の素材や形も分かるそうです。一般的な服の選び方とは異なる観点から見ていくため、予想外のものが似合うということもあるとか。骨格は次の三つのタイプに分類されるそうです。

【ストレートタイプ】
・厚みがあって肉感的なグラマラスボディ。
・太ももはしっかり太く、ひざ下がスーッと細くなっている。
・イメージはマドンナ。

という方は、ウール素材で光沢がなく、変に伸び縮みしない、スタンダードなテーラードスーツを。ジャケットのVゾーンは深く、丈はスタンダードなお尻が半分隠れる長さで。ボディにメリハリがあるのでシンプルなコーディネートでも地味にならないそうです。

【ウェーブタイプ】
・体が薄く華奢で、やわらかな曲線を描いている。
・重心が下にあり、太ももは細く、ひざ下に肉がつきやすい。
・イメージはオードリー・ヘップバーン。

という方は、デコルテラインのあたりが間延びしないように、ジャケットのVゾーンは広げずに浅めで、丈は少し短めのものを。素材は伸縮性があるもので、ウエストが絞られたデザインのものがおすすめ。スカート丈は膝の真ん中くらいか、膝のお皿の真下くらいが綺麗に見えるそうです。

【ナチュラルタイプ】
・フレームがしっかりした体で、筋肉や脂肪があまり感じられないスタイリッシュなボディ。
・骨が大きく太く、関節が目立つ。
・イメージはアンジェリーナ・ジョリー。

という方は、丈が少し長めのジャケットで、体にフィットするタイプではなく、服の中で体が泳ぐようなものを。膝が隠れるミディ丈のスカートや、太めのパンツスーツにすると格好良く着られるそうです。麻の素材が似合うため、可能であれば春と夏は麻のスーツもおすすめ…ということでした。ぜひ参考になさってください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SMILE ON SUNDAY」
放送日時:毎週日曜 9時-13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

タイムフリー

Recommended by

News Ranking

Archive