Facebook Twitter LINE

スター・ウォーズ超え!イタリア大ヒット映画が日本襲来?

J-WAVEでオンエア中の「~JK RADIO~TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「PRINCE HOTEL WEEKEND RADAR」。5月26日(金)のオンエアでは、27日から公開されるイタリアのコメディ映画「Viva!公務員」に注目しました。

こちらの映画は、イタリアでは「スター・ウォーズ / フォースの覚醒」の興行収入を塗り替え、イタリア映画史上、最もヒットした映画となっています。ストーリーは…

小学校の頃からの夢だった公務員の職についている一人の男、ケッコ・ザローネ。のらりくらりと独身生活を楽しんでいましたが、ある日、ケッコは公務員削減の対象となり、早期退職か転勤の二択を迫られます。どれだけ退職金を積まれても、公務員を辞めたくないケッコ。転勤を選択しますが、公務員削減の政策を担当している女性部長シローニは、ケッコに何としても辞めてもらうべく、嫌がらせのようにケッコを何度も僻地に送り込みます。

しかし、ケッコは転勤先での仕事を楽しみ、部長が「ここに行けばきっと辞めるはずだわ!」と思いながら送り込んだ極寒のノルウェーの離島では、ついに彼女まで作って「帰りたくない!」と言い出します。絶対に公務員を辞めたくないケッコ。何がなんでもケッコに辞めてほしいシローニ部長。彼らの攻防の行く末は…?

「Viva!公務員」は、ただ笑えるだけではなく、監督が伝えたいメッセージも込められています。宣伝担当者が、監督の想いを教えてくれました。

「イタリアで、過去に何度も公務員制度改革をやってきているそうなんです。大量に公務員を雇用した時期があって、政府の手当も厚かったため、みんな『あの時代はよかった』って、今でも思っている節があります。でもいろいろとチャレンジして扉を開ける勇気を持ってもらい、新しい世界に飛び出して、これまでになかった考え方とか新しい生活を見つけていってほしい、というのが監督のメッセージとしてあるみたいです」

この話を聞いたカビラは「転勤はポジティブに捉えた方がいいですよ。僕もレコード会社に勤務していたときに、同期が地方に転勤することになって一瞬暗い表情になるんだけど、同期会で会ったりすると、みんなハッピーなんです。心持ち一つなんですよ」と、前向きなメッセージを送りました。

「Viva!公務員」は、とにかく笑えるコメディ。仕事に対する向き合い方も、ちょっと考えさせられる作品です。どうぞ、劇場に足を運んでみてください。そのほか、27日から開催される「東京ビアウィーク 2017」を紹介しました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「~JK RADIO~TOKYO UNITED」
放送日時:毎週金曜 6時ー11時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

麒麟の田村、Bリーグ優勝予想! 勝つのはコッチ!

J-WAVEの番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「SPORTS DIGGER」。5月25日(木)のオンエアは、27日(土)に行われるBリーグのファイナルにフォーカス! Bリーグ通の田村裕さんに話を伺いました。

Bリーグの初代王者をかけた戦いは、リンク栃木ブレックスと川崎ブレイブサンダースの激突となりました。まずは、それぞれのチームの特徴を教えていただきました。

「『リンク栃木ブレックス』の方は田臥勇太選手をリーダーに、チームの仲が良くて、スペシャリストの集団です。リバウンドと得点のライアン・ロシター選手だったり、ジェフ・ギブス選手だったり、ディフェンスもシュートもうまい遠藤祐亮選手だったり、流れを変えて得点のとれる渡邉裕規選手だったり…ひとたび流れがくれば、あっという間に点をとります。破壊力も経験値もあるので、素晴らしい戦い方をすると思います。しかも、優勝しそうでしてこなかったので、悲願の気持ちもあると思います。

一方の『川崎ブレイブサンダース』もスペシャリストの集団で、すごいメンバーが揃っているんですが、中でも、キャプテンの篠山竜青選手の気合の入り方がすごいんです。セミファイナルの二戦目は苦しい戦いになってしまったんですが、それでも自分でペースを守って気合でチームを引っぱり、負けてはしまったものの、三戦目の勝利に繋げました。 二戦目で竜青選手も崩れてしまっていたら、他の選手も崩れてしまっていたのではないかと思います。得点王のニック・ファジーカス選手もいるので、栃木ブレックスの選手がいかに止めるか、が鍵になってきますね」

続いて、キーマンについてお聞きすると、栃木ブレックスはとりわけ活躍が期待されるジェフ・ギブス選手、須田侑太郎選手。川崎ブレイブサンダースは、最近調子の良い、長谷川技選手と、破壊力のある藤井祐眞選手ということでした。

最後に、ズバリ優勝予想をお聞きしたところ、他のチームのプロの選手に聞いても意見が割れるほど予想は難しいそうで、田村さんも悩んだ結果、「今、持っている実力がしっかり出れば、川崎ブレイブサンダース」と予想しました。果たして初代の栄冠はどちらに!? 見逃せませんね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時-13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

震災時、台湾からの寄付には“許可”が必要だった?

J-WAVEで放送中の番組「JAM THE WORLD」(木曜ナビゲーター:萱野稔人)のワンコーナー「KODANSHA CASE FILE」。5月22日(月)~26日(金)は木下諄一さんにお話を伺っています。

木下さんは著書「アリガト謝謝」(講談社)の中で、東日本大震災の際に、日本と台湾をつないだ支援の秘話を綴っています。5月25日(木)のオンエアでは日本に義援金を送る時、大変だったということを教えてくれました。

義援金を台湾から日本に送る際、日本赤十字社などを通す、いわゆる「通常ルート」は問題なかったものの、仏教関連のボランティア団体などが義援金を送る際の「ある習慣」が原因となり、非常に大変だったといいます。

「彼らは、自分たちで集めた義援金を日本赤十字社のような団体を通さずに、直接、被災者に手渡ししようとする。彼らの言葉で、『親手発放』といって『自分の手で配布する』という意味です。発展途上国に支援をする時に、援助物資を送ってもすべて権力者の懐に入ってしまって、必要な人たちに届かないというケースを耳にしますが、そういうことが起きないように、『全ての義援金や物資を必ず自分たちの手で直接届ける』という決まりをつくっているんです。

今回の東日本大震災でも、彼らは東北に行って50億円ほどの額を、現地で被災者に配っています。日本ではこういう習慣がなく、法律上できないということで、この許可をとるのが本当に大変だったと聞きました。言い方は悪いかと思いますが、海外のボランティア団体が、国内で現金を配るということですから、日本の政府からもすぐに許可は出ないのです。結局、彼らの代表が、交通手段も寸断されている状況にも関わらず、関連する役所や大臣を回って、ようやく許可が得られたそうです」(木下さん)

「親手発放」について萱野も、「日本では発展途上国のような横流しはないとしても、直接手渡すことに意味があると、確かに思いますね。しかも直接渡すための手間までかけてくれていたということは私も知りませんでした。いいお話を聞けました」と話していました。

5月26日(金)は、木下さんが「アリガト謝謝」を書いた“思い”についてお話します。放送は21時35分頃からです。お聴き逃しなく!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「JAM THE WORLD」
放送日時:平日 20時-22時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/

歌謡曲史上、「最も素晴らしいイントロ」はこれだ!

J-WAVEでオンエア中の「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。5月25日(木)のオンエアでは、「ベタを恐れるな! 一瞬で分かる、あのイントロ」と題して、いきものがかり・水野良樹が選んだ歌謡曲をお届けしました。

山本リンダ「狙いうち」
「じわじわくるイントロです。デビュー当時はキュートさを前面に出していましたが、この曲で一気にキャラクターが変わりました。男性の合いの手の『ヘイ!』っていうのも、当時としては画期的だったんじゃないかと思います」(水野、以下同)

ピンク・レディー「渚のシンドバッド」
「恐れずに言えば、意味がわからない(笑)。でも、おもちゃ箱のような楽しさがあります」

フィンガー5「恋のダイヤル6700」
「まさに、自由なイントロです。(イントロで黒電話の音がしますが)昔の電話はみんなこれだったんですよ。ダイヤルをまわしてたんです」

ピンク・レディー「UFO」
「衝撃的で、すごいイントロです。同じくピンク・レディの『S.O.S』には実際の『S.O.S』の音が入っているため、テレビ番組では使えないこともあったようです」

沢田研二「勝手にしやがれ」
「たった4小節で、沢田研二さんの華やかで、色っぽくて、ちょっとキザな雰囲気が、一瞬で映像として浮かぶようなイントロです」

西田敏行「もしもピアノが弾けたなら」
「短いけど、三段構成なんです。優しいメロディに、さらに優しい西田さんの声が聞こえてくると、また切なく聞こえてきます」

石川さゆり「津軽海峡・冬景色」
「岸壁に波しぶきが当たって、そこに1人の女性がいて、孤独感もあって、三段構成で映画みたいになってるという。日本の歌謡曲史上、最も素晴らしいイントロなのではないかと思います」

尾崎紀世彦「また逢う日まで」
「まさに、門出を祝うようなイントロです」

実は、今回紹介した楽曲は、全て阿久悠さんの作詞の作品でした。

水野:「歌謡曲ってなんだろう?」って考えるとジャンル分けが難しいけど、阿久悠さんが歌詞を書いた曲は歌謡曲と言っていいんじゃないかと。
藤田:全然、気づかなかった!
水野:バラエティに富んでますからね。
藤田:細部にわたる美がありますね…。

と、改めてイントロの奥深さを実感しました。今回はそのほか、オープニングでは月曜に出演しているemmaが飛び入り出演したり、DATSの新曲「Queen」をオンエアしたりと、盛りだくさんでした。5月29日(月)から6月1日(木)は、毎日、スタジオライブを行います。月曜はNulbarich、火曜はSALU、水曜はtricot、木曜はYogee New Wavesが登場します。翌週も盛りだくさんですので、お楽しみに。

■今回のオンエア曲

go!go!vanillas「平成ペイン」
San Cisco「SloMo」
嘘とカメレオン「されど奇術師は賽を振る」
森ちひろ「なんとなく」
City Your City「neon」
Saucy Dog「いつか」
DATS「Queen」
Breakbot「Mystery」
フレデリック「リリリピート」
Jua feat. B-BANDJ「MAGNET」
尾崎紀世彦「また逢う日まで」
MONDO GROSSO「ラビリンス」
Hazel English「Make It Better」
Yogee New Waves「World is Mine」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 23時30分-25時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

Bentham、バイトの心得を語る

J-WAVEで放送中の番組「THE KINGS PLACE」(木曜ナビゲーター:Bentham)。5月25日のオンエアはまず、J-WAVE NEWSから配信された「『巨乳率の高い県』でBentham白熱」という記事がアクセスランキングで1位になったことに触れていました。

このことを小関(Vo/Gt)がメンバーに報告すると「すごいことだ!」とみんな大はしゃぎ。好評に応えるべく、「変わらず遠征先でみんなの胸元をチェックして」(小関)、2017年度版(Bentham調べ)を発表するそうなので、皆さん楽しみにしていてください(笑)。

さて、今回のオンエアでは「今年から大学生になり、アルバイトを始めたいのですが何かオススメはありますか? また、皆さんはどんなアルバイトをしていましたか?」というリスナーの質問にお答えしていました。

小関は若い頃、デリバリー系やコンビニなど「掛け持ちスタイルで働きまくる生活」を送っていたとのこと。その経験から「働いたほうが良いと思う。いっぱい。ジャンルは何でも良いんですけど、いろいろ知れるし友達も増えるからわりとオススメです!」とアドバイスをしていました。

辻(Ba)もアルバイトを通じてメンバーと出会い、その繋がりから今、Benthamとして活動をしているということで「出会いっていろいろあるから、そういうのもあって良いんじゃない?」とバイト経験を積むことのメリットを強調していました。

須田(Gt/Cho)はコンビニバイトの経験から「時間が経つのが遅いバイトが嫌」とのこと。「働くことの多い所のほうが時間が経つのもの早いし、得られることも多い!」と持論を語っていました。

鈴木(Dr/Cho)はイベント会場の荷物運びなど、単発バイトがメインだったそうですが、振り返ると「単純にお金を稼ぎに行くよりも、同じ職場に通って行くほうが(友達を作るためには)確かに良い」と感じているようです。

最後に、バイトをする上での大切な心構えとして、「無理せず、時給に目をくらませない」「バックれない」の2点を挙げ、力説する小関。休むときは必ず連絡するなど、迷惑をかけず信頼関係を作ることで「素敵なものが買えるんじゃないでしょうか(笑)?」と締める小関に、「もの買う(話)になっちゃったよ(笑)!?」と突っ込む辻でした。

このほか、「KINGS MEETING」コーナーでは、「THE KINGS PLACE」の火曜ナビゲーター、フレデリックのギター・赤頭と須田がお酒について語り合いました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「THE KINGS PLACE」
放送日時:月・火・水・木曜 26時-27時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

街全体がホテル? 谷中で“1日住む”体験を

J-WAVEで放送中の番組「JAM THE WORLD」のワンコーナー「LOHAS TALK」(ナビゲーター:小黒一三)。5月22日からは、株式会社HAGI STUDIO代表取締役の宮崎晃吉さんをゲストにお迎えしています。5月25日(木)のオンエアでは宿泊施設「hanare」のお話を伺いました。

アパートを改修した文化複合施設「HAGISO」に続いて、宮崎さんが手がけたのは「hanare」。ここは空き家をリノベーションした旅館で、コンセプトは「街全体をホテルに見立てた宿泊施設」です。

この施設を作った理由は、「谷中が賑わってきた反面、観光地化され、かつての魅力がなくなっている」と言う人がいたからだそう。観光客は昼間に来て夕方にいなくなるため、飲み屋や銭湯は儲からないという問題もあり、観光地としての“谷根千”のイメージだけがひとり歩きすることが「もったいない」と思ったのだとか。

そこで思いついたのが「1日住んでもらう」というアイデア。宿を作ることで、宿泊者に、宮崎さんらが考える「街の本当にいいところ」の魅力を伝えられないかと考えたそう。「銭湯が宿の大浴場で、僕らのおすすめの飲食店が宿のレストラン、自転車は自転車屋さんで借りて、おみやげは商店街で買う、文化体験は街のお稽古教室…といった感じで、全てアウトソースするネットワーク型の宿ができないと考えました」(宮崎さん)

宮崎さんの考えたコンセプトは、他の地域でも定着すれば、空き家や民泊の問題解決につながります。同じようなアイデアを推し進めている人々と連携しながら、こうしたスタンダードをつくるために、「日本まちやど協会」という一般社団法人の設立を計画中だそう。

また、hanare自体は、「空き物件を自力でリノベーションするのはリスクが高いが、更地にもしたくない」というオーナーに、10年間前払い家賃という形で家賃を支払い、そのお金でリノベーションをしてもらうのだとか。そしてその代わりに、相場より安い家賃で借り受けることによって、お互いがリスクを分散する方法なのだそうです。

小黒と宮崎さんのトークは5月26日(金)まで続きます! どうぞお聞き逃しなく!

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「LOHAS TALK」
放送日時:平日 20時40分-20時50分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/blog/lohastalk/

水カン新作MV公開! コムアイ「馬肉は食えない」

J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(水曜ナビゲーター:水曜日のカンパネラ)。5月24日のオンエアでは、コムアイ、ケンモチヒデフミが新曲「メロス」について話していました。

ケンモチ:この曲はJRAの「日本ダービー」のタイアップということで、「馬は走る、なんのために走るのか…」と考えていたところ「走れメロス」と掛け合わせたら面白いんじゃないかっていうことで「メロス」というタイトルになりました。
コムアイ:「日本ダービー」が5月28日ということで、それに合わせて私たちの企画も進めてたの。正直に言うと、JRAはお金を持ってそうだし、好きなことができるっていうので企画にのったっていう部分もあるけど、そんなやましい気持ちを馬が塗り替えてくれました。
ケンモチ:実際に馬を見たら、その迫力は凄まじかったですね。
コムアイ:馬肉は食えないって思ったよ(笑)。
ケンモチ:JRAの職員さんは、馬を崇拝してらっしゃるよね。馬は神様。
コムアイ:馬は神様でもあるし、大事にしているっていう感じがする。ナイーブな王子を抱えている王族の人たちとか、そこに仕えている人たちとか、そういう人たちのストーリーを感じて、競馬場は本当にドラマチックだなって思いました。
ケンモチ:馬と馬主と、いつも面倒を見ている調教師の信頼関係はグッときましたね。コムアイも、色々とツイートしてたね。
コムアイ:自分の好きな演芸や相撲と、ちょっとずつかぶるところがあって…。

また、5月23日(火)公開されたミュージックビデオはモンゴルで撮影したとのこと。

ミュージックビデオに出ているのは、モンゴルの18歳の女の子「アノちゃん」。実はアノちゃんに決まったのは、撮影の前日だったそうです。本来は他の女の子が出る予定でしたが、都合により出られなくなり、急遽、アノちゃんの出演が決まったのだとか。

それが結果的に「良いキャスティングでしたね」と話すケンモチに、コムアイも「18歳で、あんなにすれてない子は、モンゴルでも少ない気がしました。他に大人びた子たちもいたけど、あのキャスティングはピッタリでした」と同意していました。

子どもたちも元気で、変顔大会をしていたそうです。「3歳から馬の世話をしてるんだって。みんなすごいよ」と、コムアイは感心。さらに話題はスタッフロールに出てくる、肩にワシを乗せたコムアイのシーンの話になりました。

コムアイ:ワシにロープがついてるけど、飛ばすとどこまで飛んでいくか分からないから、ワシも歩いて山に登ったの。そしたら、ワシの息が切れていて、ワシも息が切れるんだ! って思って。
ケンモチ:(笑)。
コムアイ:3分くらいしたら落ち着いたけど。

皆さんもぜひ、「メロス」のミュージックビデオをチェックしてみてください! そのほか「俺のリリックを越えてゆけ!」のコーナーでは秀逸な作品を紹介しました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 25時-26時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/spark/

News Ranking

Archive