KREVA、“存在感”を見せつける! テクノロジーと融合したライブを「イノフェス」にて【ライブレポ】

日本最大級のテクノロジーと音楽の祭典「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2018 Supported by CHINTAI」(以下、イノフェス)が、9月29日(土)、30日(日)に六本木ヒルズで開催。29日には、KREVA feat. しくみデザインのライブが行われた。

しくみデザインは、「好体験」を生み出すソリューションをテクノロジーとデザインを織り交ぜて創造するクリエイター集団だ。この日のライブは、KREVAの動きに合わせて映像が反応するという、特殊なカメラが用いられた。

KREVA

『音色』のイントロに合わせてKREVAが登場。歓声が沸き起こり、透明感のあるシンセサイザーと、乾いたドラムがアリーナに広がっていく。2曲目『パーティはIZUKO?』は、コール&レスポンスが盛り上がる一曲。バックのモニターでは、KREVAの周囲に“キラキラ”が舞ったり、ミラーボールが回ったりと、まさにパーティを思わせる映像が流れた。その映像だけを見ると、KREVAもCGに見える。しかし実物のKREVAは、モニターの前でパフォーマンスをしている――リアルとテクノロジーが融合する、不思議なステージだ。

KREVA

サングラスを外し、『基準』へ。切り刻むようなギターに合わせて、モニターには雷が落ちる。

KREVA

曲の中盤では高速のラップを披露し、その卓越したスキルを称える歓声が起こった。

KREVA

続いて新曲『存在感』は、「ライブで披露すると、受け止めすぎて体が動かなくなる人が多数です。それは自分の中のテクノロジーでなんとかしてください」と会場の笑いを誘った。ドラムのシンバルがアクセントになり、原曲よりも立体的なアレンジ。事前のMC通り、KREVAの言葉は一人ひとりの心を突き刺すかのように力強い。モニターにはKREVAが無数に映った。

KREVA

『C'mon, Let's go』は、跳ねるようにリズミカルなイントロが、悪天候を吹き飛ばすように爽やかだ。モニターには赤い丸が映し出され、その位置にKREVAが近づくと、ドクドクと心臓のように反応する。

KREVA

最後は「マンパワーを全開に! ワンアンドオンリーの声を、会場中、会場の外まで響かせたい」と、『Na Na Na』で合唱。観客はハンドクラップをしたり、KREVAの煽りに合わせて手をあげたりと、ライブの終了を惜しむように全身で楽しむ様子だ。1時間に満たない短い時間ながらも、圧倒的な“存在感”を見せつける、KREVAらしいパフォーマンスが幕を閉じた。

KREVA

KREVA

■セットリスト
1.音色
2.パーティはIZUKO?
3.基準
4.ストロングスタイル
5.存在感
6.C'mon, Let's go
7.Na Na Na
Recommended by

News Ranking

Archive