7秒かけて座るだけ! お腹痩せ&腰痛改善に期待できるダイエット法

J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。10月31日(水)のオンエアでは、"7秒かけて座るだけダイエット"を紹介。お腹痩せや、腰痛改善にも効果が期待できるダイエット法です。この方法の提唱者で、工藤内科のダイエット外来専門医で副院長の工藤孝文さんに話を伺いました。


■日常の中でカロリーを消費する活動「NEAT」

工藤さんは、日常の運動以外の身体活動、「NEAT(Non-Exercise Activity Thermogenesis:非運動性熱産生)」に注目。これは、ウォーキングやスポーツではなく、運動以外の日常生活の中でカロリーを消費する身体活動のことをいいます。

工藤:例えば、買い物に行ったり、通勤時の歩行、家事、座っている時や立っている時などの姿勢保持がNEATに当てはまります。
別所:7秒でいいんですか? それに、なぜ15秒でも5秒でもなく"7秒"なんでしょう?
工藤:7秒が、太もも周りやお腹周りに効いてくるちょうどいい時間帯なんです。5秒だと簡単すぎるし、15秒だと継続が難しいので、7秒にしました。年齢によって難しい方は、ゆっくり座るだけでも効果がありますので、7秒にこだわる必要はありません。30代、40代の方は7秒を目安にやってもらうといいと思います。
別所:具体的にどんな筋肉を使いますか?
工藤:基本的にはスクワットに近いような運動なので、1週間続けることで、太もも周りやお腹、背中が細くなる一方、下肢の筋肉がしっかりとつきます。


■7秒かけて座るだけダイエットのやり方

1.立った状態で、手を前に伸ばし、背筋を伸ばす。
2.7秒かけて、お尻に椅子がつくようにする。

早速、別所が実践してみると、「3秒過ぎぐらいからきつくなってきた」と、やや苦戦していました。



工藤:筋トレとしてやる場合は、筋肉の超回復の時間がありますので、1日10回程度を、2日に1回やれば大丈夫です。NEATとして行う場合は、例えばコピー機に行って戻ってきたときに7秒かけて座るとか、ランチのあとに7秒かけて座るだけでも痩せていきます。日常生活に取り入れていただくのが、簡単で面白いと思います。

皆さんもぜひ実践してみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時-9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr
Recommended by

News Ranking

Archive