Facebook Twitter LINE

背中を押してもらえる作品から親子の熱い物語まで…「年末年始に観るべき映画」を有村昆が紹介!

2018年12月31日

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」。12月31日(月)のオンエアでは、映画コメンテーターの有村 昆さんをゲストに迎えて、「年末年始に観るべき映画」を紹介していただきました。

■『アリー/スター誕生』

ブラッドリー・クーパーの初監督作品であり、レディー・ガガを映画初主演として起用した作品です。

有村:『ボヘミアン・ラプソディ』と比べるなら、『ボヘミアン・ラプソディ』のライブシーンは、すべて観客から観たフレディ・マーキュリーになっているんですね。なぜならラスト21分間にいくまでは、フレディの目線でずっと描いてきているからなんです。だから最後の「ライヴ・エイド」は、観客がクイーンをどう観ているかという目線で統一しているんです。でも、『アリー/スター誕生』は、スター側から観た観客なんです。
サッシャ:たしかにカメラがステージ上にある。
有村:たとえば、アリー(レディー・ガガ)が初めてステージに上げられたときに「歌っていいのかな」ってドキドキしている表情、そして歌う姿を撮っているんだけど、観客席側からはほとんど撮られていないんですね。アリーの肩越しから観客を撮っています。あと、ジャクソン・メイン(ブラッドリー・クーパー)が酒とドラッグに溺れていく姿、奥さんが売れるのは嬉しいけど、自分がどんどん落ちぶれていく様、だけど歌わなければいけないというジャクソン・メインの目線から撮られている。これが『アリー/スター誕生』の一番の発見かなと思います。

さらに、本作は「レディー・ガガの半生でもある」と有村さんは続けます。

有村:彼女が本当にバーでプロデューサーに見つけられて、どんどんステップアップしていった。それをそのまま投影しているという意味では、半分ドキュメンタリーに近い映画です。さらに、ブラッドリー・クーパーが監督として“スター誕生”の瞬間を観たなと思いましたね。
サッシャ:初監督作品ですもんね。
有村:レディー・ガガにとっては初主演、ブラッドリー・クーパーにとっては初監督で、ふたりのケミストリー。処女作って1度しかないから、その初々しさで「お互いどう出るんだ」っていう感じが、ドキドキするよね。しかも、ワンカット長回しで、ふたりが歌うシーンとかは、ほぼほぼカットを割らずに撮るっていうね。これが非常に、地に足のついた作品かなと思います。

■『アイ・フィール・プリティ!人生最高のハプニング』

続いては、12月28日に公開されたこちらの映画。主演は、エイミー・シューマーです。

有村:エイミー・シューマーは、「アメリカの渡辺直美ちゃん」みたいな女優さんなのよ。
サッシャ:ちょっとぽっちゃり系なんですか?
有村:そう。コメディエンヌとしても、いまナンバーワンなんです。この子が「私なんてどうせかわいくないし、彼氏もできないし!」って言うんだけど、ある日、痩せようと思って、日本でいう「FEELCYCLE(フィールサイクル)」(暗闇バイクエクササイズ)みたいなところで、わーっと運動をするんですね。テンション高くエクササイズをしていたら、ペダルから足がバカーンと外れちゃうわけ。それで頭を打って運ばれてしまって、ハッと目が覚めて鏡を見たら、「私、超きれいになってる!」って、スーパーモデルに変わっちゃうわけです。
サッシャ:え!?
寺岡:それは自分が思っているだけで、周りから見た彼女は変わらないんですよね。
有村:そうです。頭を打っちゃったから、自分だけが自分がスーパーモデルのように見えてるんだけど、周りから見たらまったく変わらないレネー(エイミー・シューマー)なわけですよ。
サッシャ:なるほど。実際は変わってないのに、自分が見えている世界だけ変わっているということ?
有村:自分自身の姿だけね。だから、友だちとかに「気付かないと思うけど、私、レネーなの!」とか言っちゃうんです。友だちは「うん、そうだよね」って反応なんだけど(笑)。
サッシャ:なんだ、この作品!
有村:今までは、たとえば『愛しのローズマリー』とか、鈴木おさむさん脚本の『ハンサム☆スーツ』とか、なんでもそうなんですけど、変わった時点で役者が変わるんですよ。でもこの映画は、役者が全然変わらないんです。ところが、自分はイケイケだと思っているから、たとえば、パン屋さんで並んでいて、番号が30番だったとして、うしろの男性から「何番ですか?」って訊かれたら、「やだ~、私の電話番号をそんなに訊きたいの?」って、全部いいふうに勘違いするんです。そうすると男性は、「いやいや、そうじゃなくて、パンの番号は何番?」って訊くんだけど、「090の~」とかレネーが言い始めて、それがきっかけで彼氏もゲットしちゃう。さらに、高級路線の化粧品の受付嬢にもいきなり決まっちゃうんです。
サッシャ:本人のマインドが変わっただけで!?
有村:そうしてサクセスストーリーをのぼっていくんです。ところが、また頭を打っちゃうんですね。
サッシャ:あらら……。
有村:さあ、どうなるか! っていう話です。これ、レネーがどんどん可愛く見えてくるんです。「CG加えた?」って思うくらい。だから、気の持ちようで人生はいくらでも変えられる。すごく背中を押してもらえるいい作品です。
サッシャ:来年はいい年にしたいという人は、この映画を観て「気持ちを切り替えよう」ってなりますね。

■『クリード 炎の宿敵』

2019年1月11日(金)公開の『ロッキー』シリーズの最新作。『クリード』シリーズとしては、これが第2弾の作品となります。

有村:『ロッキー』って、ずっと話が繋がっているんですね。もともと1976年、サッシャと僕が生まれた年に、最初の『ロッキー』が公開されました。
サッシャ:そうか。あの映画って42年前なんですね。
有村:あれは、シルベスター・スタローンが演じるロッキー・バルボアが、アメリカのチャンピオンを倒して、一夜のうちにスターになるという話でしたよね。重要なのは、『ロッキー3』から『ロッキー4/炎の友情』をちゃんと観ておくことです。ロッキーのライバルでもあり友だちでもある、アポロ・クリードという人がいるんです。本当はロッキーと対戦をする予定だった、ソ連のイワン・ドラゴ(演:ドルフ・ラングレン)とアポロが、当時アメリカと「ソ連」は冷戦状態にあったから、代理戦争をしようってことになり戦うことになったんです。そして、このふたりが対決して、リングの上でアポロが殺されてしまうんです。「自分が白いタオルを投げればよかった」というロッキーの後悔から33年が経ち、アポロの子ども、アドニス・ジョンソン(演:マイケル・B・ジョーダン)をチャンピオンにするのが前作『クリード チャンプを継ぐ男』なんです。そして今回、ドラゴに子ども、ヴィクトル・ドラゴがいたということで、アドニス・ジョンソンに再戦を申し込みます。アドニス・ジョンソンはお父さんを殺されているわけだから、その復讐をしたい。

復讐劇かと思いきや、有村さんは「これは親子の話」といいます。

有村:ロッキーとドラゴが対決して、ドラゴが負けてからドラゴの奥さんは逃げて、子どもはいるけどソ連だからみんなから冷たい目で見られてしまって、食うや食わずの生活をしてきたんです。奥さんと名誉を取り戻すために、息子をチャンピオンにさせて復讐したいという思いが、ドラゴにはあるんです。
サッシャ:2世対決になるんですね。
有村:そのセコンドに立つのが、ロッキーとドラゴなんだよね。この因縁の対決が息子の時代に受け継がれて戦うという、すごい話なんです。やっていることは『ロッキー4』なんですけど、ただ、ひとまわり、ふたまわりすると、やっぱりあついよね。そもそもストーリーがよくできている。シルベスター・スタローンが脚本も書いています。
サッシャ:『ロッキー』シリーズ1から全部観直したくなっちゃいますね。
有村:アカデミー賞で、なんらかのカタチで『クリード 炎の宿敵』が入ってきてくれたらいいなという思いです。
サッシャ:年が明けたら、ぜひ観たいですね。


■2018年映画シーンを振り返る

最後に、2018年映画シーンの印象を有村さんに伺いました。

有村:大きく分けるとふたつありました。ひとつは、『グレイテスト・ショーマン』からはじまり、『ボヘミアン・ラプソディ』、『アリー/スター誕生』など、ミュージカル映画、音楽映画がすごくあつかったですね。すごい勢いだった。
サッシャ:映画館で歌うことが多かったですね。応援上演みたいなね。
有村:いま映画館が大きく変わろうとしています。たとえば、「ドルビーシネマ」にしても、応援上映にしても、「集う」ということがひとつのカルチャーになってきています。いまはスマホとかiPadで映画が観られちゃって、小さな画面でひとりで観る機会が増えたんですよね。そうなると、大画面の「IMAX」のシアターで、みんなでペンライトを持ってクイーン『We Are the Champions』を歌いたくなるんです。デジタルになればなるほど、アナログがほしくなる。昔はDVDやBlu-rayを所有することに幸せを感じていたけど、いまは「体験すること」に幸せを感じるようになっているんです。
サッシャ:だからこそ、応援上映に駆け付けたいということですね。
有村:これが、映画館が生き残る術になっています。だから、「4DX」とか「MX4D」とか、今後どんどん進化します。2019年の映画館は大変なことになると思います。
サッシャ:そうなんですね!
有村:もうひとつの特徴は、「マイノリティ」がひとつのテーマになっていました。『ボヘミアン・ラプソディ』はLGBT、『グレイテスト・ショーマン』は「ともすれば外見から見られてしまうマイノリティ」というように、「マイノリティだけどひとつの個性である」ということを訴える作品が相変わらず多いです。
サッシャ:たしかに。
有村:「私は私」という考え方。「隣の芝生と比べない」ということが、ひとつのテーマかなと思います。

まだ観ていない作品がある人は、この機会に観てみてはいかがでしょうか。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時-13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

『ゲームセンターCX』はなぜ面白い? ポルカ雫が魅力を語る

2018年12月31日

J-WAVEで放送中の番組『SPARK』(火曜担当ナビゲーター:雫<ポルカドットスティングレイ>)。12月25日のオンエアでは、まずは雫が“パンチの効いたメール”と述べた、リスナーからのメッセージを2通紹介しました。

「今晩の夕飯にはカレーライスを作りました。早く食べたくてルンルンで作っていたら、黄色いTシャツにカレーが飛び跳ねて、ダサめのヒョウ柄Tシャツのようになってしまいました。こんな時、どうしたらいいんでしょうか? やはり、薬局で汚れを浮かすやつを買うしかないんでしょうか? やってみます。ありがとうございました」

雫はこのメッセージを読んで「新しいね(笑)」と感心。さらに「よかったです。こちらこそありがとうございました。すごい好きですね(笑)」と喜んでいました。続いてはこちらのメッセージ。

「最近、友達にポルカを布教してるんですが、友達は名称を覚えるのが苦手で、ポルカドットスティングレイのことを“ポッポルンガスティンガー”と覚えてしまっています。これはこれで面白いんですが、できれば正式名称を覚えてほしいです。どうしたら正式名称を覚えてもらえるでしょうか?」

:“ポッポルンガスティンガー”の方が難しいよね(笑)。覚えてほしいのは分かるけど、“ポッポルンガスティンガー”でいいけどね。そっちのほうが面白いもん。でも、ポルカドットスティングレイは“ポルカ”って略されるけど、“ポッポルンガスティンガー”だったら“ポッポ”になるのかな(笑)。


■失恋の悩み、どうフォローすればいい?

さらに、失恋に関する相談にもこたえました。

「最近、友達からよく失恋の悩み話を聞くんですが、どうフォローしてあげればいいですか?」

:悩みって、親身になって聞いてあげるのもいいんだけど、正直キリがないことも多いし、聞いてあげても結局相手のモヤモヤの原因をうまく解決してあげられないパターンのほうが多い気がします。逆に全然ちゃんと聞かずに、相手に「こいつバカだな。こんなダメな奴もいるんだから、俺はまだいけるのかも」っていうふうに思わせてあげるといい気がしますね。「失恋したんだよね」って言われたら、「うーん、うーん……え? 途中から難しくってよく分かんなかったけど、『雪の宿』おいしいよね!」っていうのがおすすめです(笑)。とりあえず、食べ物の話をするのが平和な空気になっておすすめですね。実践した時の責任は取れないけどね(笑)。


■有野さんのゲーム実況が好きな理由

「SPARK DREAMER」のコーナーでは、『ゲームセンターCX』の魅力について語りました。

「雫さんは『大乱闘スマッシュブラザーズ(スマブラ)』をかなりやっているようですが、この際、ゲーム実況をしてみてはいかがでしょうか。さらにゲーム実況だけでなく、メンバー4人でYouTuberなどをやってみても面白いと思います。粘土を食う以外ももっと見たいです」

:「ゲーム実況をやって」っていうのは、すごくよく言われるんです。「スマブラ」に関しては忙しくてそこまでできないです。ミツヤスはけっこうやってます。私もゲーム実況をやりたいなと思っていて、そういう仕事がくるといいなと思ってます。先日、(よゐこの)有野(晋哉)さんに『ゲームセンターCX』のブルーレイボックスをいただいたので、ありがたく観ていて、改めて「ゲーム実況っていいな」と思いました。

雫は『ゲームセンターCX』が大好きだそう。

:『ゲームセンターCX』のいいところは、有野さんが全然うまくないところから、ちゃんと上達していくところなんですよね。本当にちゃんと上達するんです。初心者みたいところから。最初からうまい人のスーパープレイもいいですけど、ステップアップのコツを織り交ぜながら、有野さんがそれを受けて、リアルに上達していくっていうところが親近感があるし、観ていて応援したくなって楽しいですね。紹介される作品は全部好きなんですけど、『魔界村』が特に好きかもしれないね。有野さんがマジで全然できないところが好きですね。ドラゴンは難しいもんね。

雫はゲームクリエイターでもありますが、雫が作ったゲームを実況されると嬉しいそうです。

:YouTuberが実況プレイをしてくれたり、レビューをしてくれるのをちょいちょい見てたんですけど、それは普通に嬉しいです。ゲームをあまりやり慣れていない人がプレイしてるのを見ると、ココでこういうふうに目線が動くんだとか、ココで終わって、ココでタップしちゃうんだっていうのとか、けっこう新しい発見があって嬉しいので、私は自分が作ったゲームは、バンバン実況して欲しい派ですね。


■大ニュース発表の予感

さらに、2019年2月6日(水)に発売されるポルカドットスティングレイのアルバム『有頂天』について、アルバムをひっさげたツアーの情報もお知らせしました。東京公演はまだ発表されていませんが、雫からは「あともう少しだけ、もったいぶらせてください!」と気になる発言も飛び出しました。

さらにこの日の放送では、歌詞に“キッチン”が出てくる曲を雫が選曲しました。ぜひradikoでチェックしてみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SPARK』
放送日時:月・火・水・木曜 24時-25時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/spark/

『宇宙兄弟』の物語と密接に絡まる大仕掛けを準備…カサリンチュ、「イノフェス」リハを語る

2018年12月31日

J-WAVEで放送中の番組『INNOVATION WORLD』(ナビゲーター:川田十夢)のワンコーナー「GLOBAL OPEN INNOVATION」。12月28日(金)のオンエアでは、カサリンチュのタツヒロさん(Vo./Gt.)とコウスケさん(Vo./HBB.)をゲストにお迎えし、1月24日(木)に開催されるライブイベント「J-WAVE INNOVATION WORLD LIVE PLUS Supported by CHINTAI」について伺いました。


■台風で中止になった「イノフェス」前日は徳島にいて…

9月29日(土)、30日(日)に開催した「J-WAVE 30th ANNIVERSARY FESTIVAL INNOVATION WORLD FESTA 2018 Supported by CHINTAI(通称:「イノフェス」)」。カサリンチュは2日目「宇宙兄弟×イノフェス スペシャル・ステージ」に出演予定でしたが、台風の影響で残念ながら中止を余儀なくされました。

川田:9月の「イノフェス」が台風で中止になってしまいましたが、おふたりのご協力もあって、2019年1月24日(木)に仕切り直しができるようになりました。ありがとうございます。
タツヒロ:こちらこそ。中止のお知らせをいただいたのは、四国・徳島県でイベントを終えた頃でした。タクシーの助手席でマネージャーが電話を取り、テンションがあからさまに変わったんです。僕らふたりは「何があったんだろう?」って思っていました。マネージャーが電話を終えたあとに「中止になりました」とお知らせを聞きました。どんよりした車内でしたね。
コウスケ:四国にもちょうど台風が接近していて、台風から逃げるかのように「イノフェス」に出る予定でした。
川田:台風と一緒に来ちゃったんですね(笑)。


■「タツヒロの顔がイノベーションされとったね」

続いて、「イノフェス」リハーサルの様子について伺いました。

タツヒロ:がっつりリハーサルしましたよね。
コウスケ:タツヒロの顔がイノベーションされとったね。
タツヒロ:リハーサル後から、ムッタ(『宇宙兄弟』の南波六太)に近づきつつありますからね。
川田:“ムッタめいて”きましたね(笑)。
タツヒロ:リハーサルを終えて、“あの姿”を見て「いいな」と思いましたね。ムッタに近づけるように。
川田:いろんな人に観てもらいたいですね。『宇宙兄弟』は「AR三兄弟」と親戚みたいなもので、お世話になっています。カサリンチュは、『宇宙兄弟』の10周年のタイミングに合わせて、新しい曲も書き下ろしてくれましたね。さらに、『宇宙兄弟』の物語と密接に絡まる大仕掛けを準備していたんですよ。
ユウスケ:あれはすごかった。
川田:あれは真似されるかもなと思っています。漫画の世界、言葉と歌の世界が接続するんですよね。……これ以上は言えないかな。
タツヒロ:来てのお楽しみですね。
川田:ああいう仕掛けを作ろうと思ったのは、『宇宙兄弟』のために書き下ろしてくれた『満月』の歌詞が、『宇宙兄弟』の接続や、カサリンチュおふたりの関係性など、いろんなものに接続していてグッときちゃって……。本気で作らないとカサリンチュさんに失礼になると思って作りました。
タツヒロ・ユウスケ:ありがとうございます。


■2019年にしたいこと

最後に、2019年について伺いました。

川田:来年の動きはどうですか?
タツヒロ:今年は「原点回帰」というテーマで、『満月』も収録されているニューアルバム『カサリズム4』を出しました。僕たち奄美大島出身で、「沖縄は行ったことあるけど奄美大島には行ったことがない」というミュージシャンが結構多かったので、ミュージシャンを奄美大島に連れて行ってライブをするイベントを今年初めて行いました。ミュージシャンの方に喜んでもらって、その顔を見られる僕たちも嬉しくて、来年もそういったことをしていきたいです。
川田:来年もフェスや催しものなど、たくさんあると思いますが、まずは「イノフェス」でいいスタートを一緒に切れるということで楽しみです。

カサリンチュにとっては、「J-WAVE 30th ANNIVERSARY INNOVATION WORLD LIVE PLUS supported by CHINTAI」が新年初のライブになります。チケットは現在発売中です。気になる方は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『INNOVATION WORLD』
放送日時: 毎週金曜 22時-22時55分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/innovationworld/

アニメを活用したマーケティングソリューションとは? 電通ジャパニメーションスタジオの取り組みに迫る

2018年12月31日

J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「ZOJIRUSHI MORNING INSIGHT」。12月26日(水)のオンエアでは、今年10月に誕生した電通ジャパニメーションスタジオの設立に携わった電通の武藤隆史さんと金永振さんが登場。その取り組みについて訊きました。

2012年から4年間、上海の電通に海外赴任していた武藤さん。そこで、現地社員の日本アニメに対する熱量に驚いたものの、海外の電通拠点はアニメの仕事がしづらい環境にありました。その状況を変えようと、2016年に日本に帰ってきたときに、電通でアニメやキャラクター関連の仕事をしていた金さんに相談をして検討を重ねたと振り返ります。

武藤:日本と海外のクライアントに対して、日本の有力アニメスタジオと連携しながら、アニメを活用したマーケティングソリューションを専門的に行う社内横断プロジェクトを立ち上げようと作りました。


■若年層にとってアニメはサブカルではない

建設会社や食品メーカー、ゲーム会社、飲食チェーンなどの「若年層を攻略したい」という目的に対して、アニメを使ったソリューションのニーズが高まっているといいます。そして日本には圧倒的なクオリティを誇るアニメスタジオが多数あるので、スタジオと連携して高品質で独創的なコンテンツを作れるのだそう。

電通が今年12月に実施した調査では、「アニメに対して興味がある」と答えた人が10代後半で約70%、20代で約65%、30代で約55%と年齢が上にいくほど下がっていくという結果が出ました。

武藤:若年と50代で倍ほど差があります。50代の人からすると、アニメはサブカルとかキッズ向けという感覚を持つ方がいらっしゃいますが、若年の方からするとサブカルではなくて、もはや映画や音楽と並ぶメジャーカルチャーになってきている、ということが分かってきています。


■アニメーションがコミュニケーションツールに

電通ジャパニメーションスタジオは、現在9つの日本のアニメーションスタジオと連携しています。

別所:具体的にどんなことをしているんですか?
:有力なアニメスタジオさんは、映画やテレビ番組の制作で2年先くらいまでスケジュールが埋まっていることがほとんどです。一方で広告の制作は3ヶ月とか、瞬発力で作ります。そこの違いから上手く制作の連携が取れない、というのが課題としてありました。そこで、情報を密に連携していくことで、広告の分野にもアニメーションを起用することを可能にしていく、という考え方をしています。アニメーションは集団作業に支えられているクリエイティブですので、連携や事前のスケジューリングは非常に重要です。

最近は、企業がブランディングやコミュニケーションのツールとして短尺のアニメを使うことが多い、と話す別所。

別所:短尺のオリジナルアニメのメリットはどんなところにあるのでしょうか?
:まずアニメーションそもそもが非常に優秀で情緒的な表現になってます。これをブランド、商材の伝えたいメッセージに起用していくことで、実写よりも豊かに感情を伝えることができます。
別所:具体的にどれくらいの長さですか?
:2分から3分くらいを一つの目安にしています。マーケティングというと、どうしても商材を売ることがテーマになりますが、そもそも商材は誰かの役に立ったり、世の中をよくしていく存在だったりするので、そのポジティブな部分にフォーカスを当てて、アニメーションでメッセージを具体化して伝えていくという考え方です。
別所:ネット上でソーシャルメディアも使って、ということになるとその長さになるんでしょうね。

直近の活動を訊くと、「あちこちの企業さんにお声掛けいただいて、様々な企画を練っている段階ですので、いろんなタイプのアニメーションを世の中に発信していきたいと思います」と明かしました。成功事例も出ているとのことなので、楽しみに待ちましょう!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時-9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

人気イラストレーター・中村佑介、アジカンは「重い彼女みたい」!?

2018年12月31日

J-WAVEで放送中の番組『UR LIFESTYLE COLLEGE』(ナビゲーター:吉岡里帆)。12月30日(日)のオンエアでは、イラストレーターの中村佑介さんをゲストに迎えた、京都での収録の模様をお送りしました。


■学生時代は成績優秀!



大阪芸術大学を卒業した中村さん。当時は、どんな学生生活を送っていたのでしょうか。

中村:大学ではとにかく成績優秀で、勉強ばっかりしていました。私大の美術大学は年間120万かかるので、4年間で500万近く。そんなお金を見たことがないし、そのお金を払ってくれていると思うと、「もとをとらないといけない」と思って、毎日毎日大学に通ってました。でも大学生ってサボるじゃないですか。「授業をサボって出席カードだけ出して合コン行くぜ!」っていうノリは、当時の大阪芸大にもあったんですけど、僕は一切なにもせず。課題をこなして、家に帰ったら絵を描くことを4年間続けました。
吉岡:すばらしい! 一番かっこいい!
中村:でも、めちゃくちゃ羨ましかった。だから僕は、講演会で学生たちに「今のうちに合コンとか行っとけよ!」って言っています。今しかできないから。大人になったら緊張しなくなるじゃないですか。僕、吉岡さんと初めて会うにもかかわらず緊張してないわけですよ。でも青春の正体って、恋愛や友だちの“不慣れなドキドキ感”だと思うんです。ドキドキしたり悩んだりする摩擦が、青春と呼ばれる時期なんだと思います。その時期にイチャイチャしたり浮かれたりする時間を過ごさないと、ずっと引きずると思うんです。なぜなら僕40歳で、いまだに引きずっているから。今だったら、初めて会った男性でも女性でも「このあとご飯行きましょうよ」って誘って、趣味を聞いたりお話したりして、大人はこれに慣れちゃっているじゃないですか。僕は慣れたくない! ドキドキしたい!
吉岡:慣れないで! ドキドキしてください。


■中村とアジカン・後藤、それぞれの印象は…

「満島ひかりさんのように…」『仮面ライダー』ヒロイン・大幡しえりが叶えたい夢は?

2018年12月31日

J-WAVEで放送中の『ALL GOOD FRIDAY』(ナビゲーター:LiLiCo・稲葉 友)のワンコーナー「CITIZEN GIRLS SPECIAL」。12月28日(金)のオンエアでは、女優の大幡しえりさんが登場。現在ヒロインをつとめている『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日)や、ハマっているケアについて語りました。


■高校3年生でスカウトされて

高校3年生のときに原宿でスカウトされ、芸能界入りした大幡さん。事務所に入る前から演技のレッスンをはじめ、グループレッスンにて「同じ台本でも人によって演じ方が違う」ということに気づき、「お芝居を頑張ろうと思った」と話します。

女優として、ドラマ『女囚セブン』(テレビ朝日)、『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ)、『ヒモメン』(テレビ朝日)などに出演。特に印象深かったのは、ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS)の高山沙也香役だと言います。

大幡:刑務官の役で、途中で女囚の主人公・馬場カヨ(小泉今日子さん)に思いをよせるシーンが増えてくるんです。そこの演じ分けや表現の仕方が難しかったんですけど、自分の中で練習して演じた部分を、満島ひかりさんに褒めていただきました。すごく成長を実感できた作品だったんじゃないかなと思います。

現在は、『仮面ライダー』シリーズの最新作『仮面ライダージオウ』のヒロイン・ツクヨミ役を演じています。

大幡:ツクヨミ役は6月の終わりから撮影をはじめたんです。ヒロインという大役に選ばれて、はじめは不安で「自分にできるのかな」と思ったんですけど、いただいた役を精いっぱい頑張ろうと思い、撮影してから半年経って、だいぶ慣れてきました。ツクヨミは、あまり感情を出さない、表情が動かない子なのかなと思ったんですけど、1話の台本を読んで、クールな中にも主人公・常磐ソウゴに対しての優しさや勇気や決断力などがある、強い女の子なんだなと思いました。

大幡さんは、現在上映中の映画最新作『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』にも出演しています。『仮面ライダークウガ』から『仮面ライダージオウ』までが登場する、歴代平成『仮面ライダー』20作品の集大成です。

大幡:テレビシリーズのツクヨミと、記憶がなくなって普通の女子高生になっているお話があるんですけど、いつものツクヨミとまったく違う性格で、自分でも「性格悪いな。ちょっとやり過ぎなんじゃないか」というくらいひどいことを言うんです。あくまで記憶がなくなったツクヨミです。映画だけを観ると「なんだコイツ」となってしまうので、映画をきっかけにテレビシリーズも観てください。

大幡しえり


■将来の夢とハマっていること

「叶えたい夢」を訊くと「満島ひかりさんのように、演技の幅が広い女優になること」と答えた大幡さん。

大幡:去年共演して自分の実力のなさを実感したので、もう一度経験を積んで共演できたらなと思います。

さらに、大幡さんが今ハマっているという「乾燥ケア」についても教えてくれました。

大幡:『仮面ライダー』の撮影が毎日あるので肌に負担がかかりますし、今の時期は暖房をかけるので、お風呂上がりにパックとスチーマーを使います。そのあと、乳液だけだと乾燥しやすくなっているので、バームクリームという植物由来オイルのクリームを、メイクさんにいただいて使っています。すごく自分にあっていて、時間をかけてすると次の日のメイクのノリが違うので、使えば使うほど結果がみえて自分の中でブームです。

ちなみに、「今年買った一番いいもの」は乾燥ケアに使うスチーマーだそうで、買ってから1年間ずっと活用したそう。

また放送では、大幡さんおすすめの曲、ロン・モンロウ『PLANET』をオンエア。「中国のガッキー」と呼ばれるロンさんについて、以下のように語りました。

大幡:私、ロン・モンロウさんとお友だちなんです。4〜5月に演技のレッスンで初めてお会いして、そこから意気投合しました。その頃、私は中国語のレッスンを受けていて、ロンさんは日本語の勉強をしていたので、お互いにわからないところを訊いたりして、今ではご飯に何回も行くようになって、大好きな親友です。

大幡さんが出演する『仮面ライダージオウ』と『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』、ぜひチェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『ALL GOOD FRIDAY』
放送日時:毎週金曜 11時30分-16時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/goodfriday/

作家・漫画家の小林エリカ、『アンネの日記』から影響を受けた言葉とは

2018年12月31日

J-WAVEで放送中の番組『GOOD NEIGHBORS』(ナビゲーター:クリス智子)。12月20日(木)のオンエアでは、漫画家・作家の小林エリカさんをゲストにお迎えしました。


■アンネと父の日記を遡る旅

物心がついた頃から自分で小説を書くなど、文章を書くのがとても好きだったという小林さん。そんな小林さんの執筆に大きな影響を与えたのがアンネ・フランクです。

小林:10歳のときに『アンネの日記』を初めて読んで、そこで「作家になりたい」と、強い思いを抱いて大人になりました。30歳を過ぎたときに父の80歳の誕生日で実家に帰ったら、父が16歳と17歳、第二次世界大戦中と敗戦直後に書いていた日記をたまたま見つけまして。

お父様の生まれは1929年。アンネ・フランクと同じ年に生まれており、「アンネ・フランクが生きていたら80歳になっていた可能性があったんだ」ということに、とても驚いたと小林さんは話します。

小林:そこで『アンネの日記』と父の日記の両方を読みながら、アンネの死から生に遡るように旅をして、日記を1日ずつ読んでいくという作品を作りました。

その作品が2011年に出版された『親愛なるキティーたちへ』です。アンネが遺した日記の中に「私の望みは死んでも生き延びること」と書かれており、10歳のときにそれを読んだ小林さんは「書けば生き延びることができるんだ」と、とても感動したと振り返ります。

小林:アンネ・フランクが「将来の夢は作家かジャーナリストになりたい」と書いていたのが、とても影響していて。でも、父の日記を発見したときに、かたやアンネはユダヤ人の少女だし、父は大日本帝国のユダヤ人を殺す側と同盟国だったひとりの子どもで。その辺もどういうふうに捉えていいのかなどを考えながら、ずっと旅をして日記を読んでいました。

そして今年11月、小林さんはアンネ・フランクの人生を辿るビジュアルブック『アンネのこと、すべて』の翻訳をされるなど、アンネとの縁は続いています。ご興味のある方は『親愛なるキティーたちへ』と合わせてチェックしてみてください。


■「目に見えないけれど今の自分につながる何かを探りたい」

小林さんは、どんなことに興味を持って書くことのテーマや内容を決めているのでしょうか?

小林:アンネ・フランクもすごく長く取り組んでいるテーマですし、今の自分につながる過去の歴史だったり、今の自分の周りにある、目に見えない放射能のことだったり。目には見えないけれど確実に存在していて、今の自分につながるなにか、みたいものをすごく知りたいという気持ちがあります。自分の半径1メートルほどの話なんですけれども、そこをどこまでも深く探りたいという気持ちで小説を書いたり、漫画を描いたり、リサーチをしたりしています。

現在、小林さんの漫画『光の子ども』がwebで連載されています。19世紀末に放射能という言葉が生まれ今に至るまで、さまざまな人たちがときに魅了され、ときに残酷な目に遭ってきた、ということが描かれています。こちらもぜひチェックしてみてください。

【番組情報】
番組名:『GOOD NEIGHBORS』
放送日時:月曜-木曜 13時-16時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

News Ranking

Archive