加藤ミリヤ「私のために、ここまでやってくれるんだ」 ファンへの感謝の思いを語る

2018年12月27日

J-WAVEで放送中の番組『GROOVE LINE』(ナビゲーター:ピストン西沢)。12月19日(水)のオンエアでは、加藤ミリヤさんを迎えてライブ秘話をお届けしました。


■和装の秘密

加藤さんのライブを収録したライブDVD・ブルーレイ『「CELEBRATION」 tour 2018』が発売中です。西沢は付属の写真集を見ながら、加藤さんの目力に改めて驚いた様子。

西沢:目がギョロっとする時、迫力があるよね。花魁の衣装もすごいじゃん!
加藤:昭和の結婚式がテーマで。ウェディングドレスはダイアナ妃が着てたもののイメージで作りました。
西沢:結婚前に着ちゃったの?
加藤:そういうことになります。
西沢:幻想的だよね。

西沢:今日は、こういう話をするのにふさわしいような、豪華なジャケットをお召しで。「徹子の部屋」に出る時の格好なの?
加藤:なんでですか(笑)。普通のジャケットですよ。
西沢:写真集の衣装もすごいんだよね。
加藤:いつも作っていただいてます。
西沢:このモガのやつも凄いじゃん。
加藤:それは普通に古着屋で見つけたんですよ。オーダーじゃないものもたくさんあります。
西沢:赤いウェディングドレスいいな〜。自分が結婚する時に選ぶのは何ですか?
加藤:願望は全くないけど、和装はしたいです。
西沢:帯だと歌いにくくないの?
加藤:マジックテープで、簡単にはがせるようになってるんです。
西沢:なるほど(笑)。


■あくびをしてる人は目立つ

加藤さんはライブ中、お客さんの表情を見ては気になることがあるようです。

西沢:(ライブの写真を見ながら)お客さんとステージが近いね。顔が見えるんだね。腕組みしてる業界関係者みたいな人がいると、逆に目立たない?
加藤:そうですね。あと、あくびはすごく目につきます。
西沢:そうすると(気分が)落ちる?
加藤:退屈してるのかなって思います。あとからもう一度見て、楽しそうだったら安心します。
西沢:なるほど! もともとそういう顔の人だったら?
加藤:どういう顔なんですか(笑)。
西沢:お客さんは10代、20代の女性が多いね。
加藤:6対4ぐらいで、女性が多いですね。
西沢:そういう女性に対して、ステージでどういうことを喋るの?
加藤:基本的に、喋るのは得意じゃないのであまり喋らないけど。昔は“同世代の子たち“という感じで喋ってたんですよ。最近は若い女の子とかも増えて、なるべく丁寧な言葉遣いに気をつけてます(笑)。
西沢:そういうところに気を遣ってるよね。
加藤:いつもラジオを聴かせてもらってるので、言葉遣いはすごく勉強になります。
西沢:僕みたいに育ちが悪いとすぐ出ちゃうから、本当に失礼します。
加藤:自分はどんな感じで話せばいいのかなって、なるべく言葉が“スッ”と入ってくるような喋りができたらいいなと思ったり。


■ファンはありがたい

オンエアでは、加藤さんが自身のファンへ感謝の思いを述べる場面もありました。

西沢:細かいところに気を遣うところは、音楽作りにも反映されてますよね。
加藤:なんだかんだいって、人に何かをするのは好きですね。でもピストンさんもそうですよね。
西沢:気にいってる人にはね(笑)。お互いに狭いから。見えてる道が細いんだよね。
加藤:本当に大事にする人は、大事しますよね。
西沢:あと、自分がこうと決めたものは、愚直にやりますよね。音楽的なところで狙ってるところがブレないっていうのも、そういうことでしょ。浮気な人だったらいろいろなものに手を出して、ファンが引っ張りまわされるし、あまり長続きしないよね。そう考えると筋を通してやっていくのは、聴いてる人にも優しいと思います。
加藤:こんな自分を好きになってくれるファンの子はありがたいし、貴重だと思ってるんで感謝してます。
西沢:夕方のライブなのに午前中から待ってるとか。
加藤:私、握手しちゃうの。もらった手紙も毎日お風呂で読んでるし。
西沢:分かる! 感謝なんだよね。“私のために、ここまでやってくれるんだ”って。
加藤:私自身が、一人のアーティストにここまで追っかけをしたり、全公演に行ってみたりとか、熱狂的になったことは一度もないんで、本当にいつも感謝してます。

加藤ミリヤさんのLIVE DVD&Blu-ray『「CELEBRATION」 tour 2018』が発売中です。ぜひチェックしてみてください。

【番組情報】
番組名:『GROOVE LINE』
放送日時:月・火・水・木曜 16時30分-19時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/
Recommended by

News Ranking

Archive