山口智充&浦浜アリサ「背筋が伸びる感じ」長野ドライブで訪れたのは…?

2018年12月10日

J-WAVEで放送中の番組『TOYOTA DRIVE IN JAPAN』(ナビゲーター:山口智充・浦浜アリサ)。今月は長野へドライブ! 通常とは異なり、現地で好きなレンタカーを選び、自由に好きな場所に向かいました。


■「新型シエンタ」の魅力

長野までは新幹線で移動。まずは、長野駅善光寺口から徒歩3分ほどの場所にある「トヨタレンタカー 長野店」へ。今回は予約をしていないため、飛び込みでレンタルしました。

TOYOTA DRIVE IN JAPAN

TOYOTA DRIVE IN JAPAN 車種を選び、利用時間、車のタイプを告げると、9月に発売されたばかりの街乗りにピッタリな「新型シエンタ」を推薦されました。3列シートの7人乗りです。広々とした室内で、乗り降りもスムーズ。フラットモードにすれば、車中泊も可能です。色はヴィンテージブラウンパールクリスタルシャインです。

TOYOTA DRIVE IN JAPAN


■善光寺に到着

「シエンタ」に決めたふたりは、善光寺に向かってドライブ。道中には茶屋や老舗の鰹節店など、雰囲気のいいお店がありました。善光寺に着き、石畳の参道を歩くふたり。石のすり減り具合を見た山口は「どれだけの人がここを歩いたかを物語ってるね。ツルツルしてる」とコメントしました。

TOYOTA DRIVE IN JAPAN

TOYOTA DRIVE IN JAPAN

その後、重要文化財の「山門(三門)」を目の当たりにした浦浜は「機械がない時代にこのサイズのものを造るなんて!」と感激した様子。1750年に建てられた「山門」は、高さ約20メートルです。

さて、いよいよ本堂に入ったふたり。

山口:重厚感と迫力と趣と、全てを兼ね備えています。
浦浜:背筋が伸びる感じがしますね。
山口:柱1本ごとに月日を感じます。

TOYOTA DRIVE IN JAPAN

山口智充&浦浜アリサ

本堂は、江戸時代中期の1707年に建てられた木造建築。高さは29メートルもあります。ふたりはこのあと、おみくじを引いて、絶品ソフトクリームを堪能しました。その模様は12月14日(金)の放送でお届けします。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『TOYOTA DRIVE IN JAPAN』
放送日時:毎週金曜 16時-16時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/driveinjapan/
Recommended by

News Ranking

Archive