石井竜也、紛争を乗り越えた人たちとコンサート!「どんな感覚なんだろう」

J-WAVEで放送中の番組『GROOVE LINE』(ナビゲーター:ピストン西沢)。2月21日(木)のオンエアでは、石井竜也さんが登場。最新アルバム『LOVE DIAMONDS』や、5月に控えるコンサートについて語りました。


■恋がいちばん盛り上がる時期のラブソング集

『LOVE DIAMONDS』は、2016年リリースのアルバム『BLACK DIAMOND』、2017年リリースのアルバム『DIAMOND MEMORIES』に続く、「DIAMOND」シリーズ3部作の完結作です。

石井:『LOVE DIAMONDS』は、いちばんいい時期のラブソングだけを歌ってみようと思って。
西沢:いちばんいい時期とは?
石井:恋がいちばん盛り上がっているときとか、恋の気持ちが頂点のとき。「何回してもいい」っていうくらいの(笑)。
西沢:そういう曲だけ集めたアルバムって、今までなかったですよね。
石井:意外と悲しげな別れの曲とかをアルバムに入れちゃうものじゃないですか。凡才にはそのほうが作りやすいから。俺みたいな天才になると、頂点の曲しか使わないから(笑)。

さらに、アルバムについて石井さんはこう話します。

石井:女の人がすごいなと思うのは、ラブソングを歌ったら、たとえば50、60歳でもすぐに16歳の少女に戻れるんです。男ってどこか恥ずかしさがあるけど、女の人ってそれがないから、きっと『LOVE DIAMONDS』は17歳の娘とお母さんが聴けたりするんでしょうね。
西沢:また、男の人は女性を勉強するという意味で、女性の達人・石井竜也に教えを請うアルバムでもありますよね。
石井:いい例えですね~。カラオケとかで、男は女言葉で歌う曲は恥ずかしくて歌わないけど、女目線の歌って好きだったりするものですよね。

西沢は、ジャケットから醸し出される雰囲気も気になったようで……。

Recommended by

News Ranking

Archive