「泣くとストレス解消」は医学的に証明されている! でも…

2019年02月28日

「泣くとスッキリする」という人は多いでしょう。実際、涙とストレスはどんな関係があるのでしょうか。医師で医療ジャーナリストの森田 豊さんに訊きました。

2月18日(月)のオンエア:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)
http://radiko.jp/#!/ts/FMJ/20190225063115


■「感動の涙」がストレス解消に効果的

森田:涙の中でも、ストレス解消に効果的なのは、感動したとき、悲しいときに流すものだそうです。そのときの涙には、「副腎皮質刺激ホルモン」が含まれます。これは、ストレスを感じたときに分泌されるホルモンです。

東京女子医科大学の研究で、涙を出す前後に血液中の副腎皮質刺激ホルモンを測定したところ、涙を出したあとには減少することがわかりました。つまり、ストレスが減って、スッキリするということ。感動したとき、悲しいときは、我慢せずに泣きましょう。

また、感動したときと悲しいときの涙には、もうひとつメリットがあります。

森田:副腎から分泌される「コルチゾール」というホルモンを体の外に出してくれるんです。コルチゾールはストレスによって体内に溜まっていきますが、そのままにしておくと脳細胞を痛めたり、体や神経をボロボロにすると考えられています。

ちなみに、玉ねぎを切るときに出る涙には、コルチゾールはほとんど入っていません。泣いてストレス解消をしたい方は、映画や本などに触れて、心を震わせてみてはいかがでしょうか。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時-9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr
Recommended by

News Ranking

Archive