大橋トリオ、わくわくさせる圧巻のステージ! 自身がオーガナイザーのライブイベントが大成功【TOKYO M.A.P.S】

2019年05月10日

J-WAVE(81.3FM)と六本木ヒルズが共催主催するフリーライブイベント「J-WAVE & ROPPONGI HILLS PRESENT TOKYO M.A.P.S」を5月5日(日)と6日(月・祝)、六本木ヒルズアリーナにて開催。

J-WAVEと六本木ヒルズは2008年から、音楽、アート、パフォーマンスを様々な表現で発信するイベントに行ってきた。これまで取り組んできた文化発信を、より多くの人が身近に体感・参加できる特別プログラムイベントが「TOKYO M.A.P.S」で、毎年ゴールデンウィークに開催している。年によって異なるプログラム・オーガナイザーを迎えるのが特徴だ。

今年は大橋トリオがオーガナイザーを務め、全9組のアーティストが出演。ここでは、6日に登場した大橋のステージの模様をお届けする。

大橋は5日にはトップバッターとして出演、6日は大トリをつとめた。会釈してピアノの前に座ると、かろやかなタッチで弾き始める。「早速ですけど、手拍子を!」と、観客のあたたかいハンドクラップとともに演奏したのは『Bing Bang』。曲が進むにつれ、ギターやドラム、クラリネット、コーラスが重なり、大橋らしい多幸感あふれるサウンドが六本木ヒルズアリーナを満たしていく。

大橋トリオ

大橋自らも手を叩きながら、『S・M・I・L・E・S』へ。観客の手拍子も楽器のひとつになったかのような一体感が、“わくわく”を掻き立てる。大橋はギターを持ってソロを披露し、気前よくピックを放り投げた。

大橋トリオ
大橋トリオ
大橋が「TOKYO M.A.P.S」に初出演したのは2012年。それから5年経ってのオーザナイザー就任に、「感無量でございます。素敵なバンドに出ていただいて、めちゃくちゃいいイベントになったんじゃないかと」と顔をほころばせた。

『そんなことがすてきです。』『サニーデー』と、おだやかな楽曲が続く。やさしいバンドサウンドに、大橋のボーカルの透明感が映えていた。

大橋トリオ

とっぷりと日が暮れて、いよいよイベントも終わりに近づいていく。「踊りながら、最後を締めくくりましょう。準備はいいでしょうか!」と披露したのは、今年2月にリリースされたアルバムのリード曲『THUNDERBIRD』。思わず体が揺れる曲のグルーヴ感に合わせて、カラフルなライトが舞う。大人の雰囲気だ。バンドメンバーもソロを披露し、それぞれの音を絡ませていく。観客の盛り上がりもピークとなり、頭を振ったり、腰を揺らしたりと、自由に楽しんでいた。

大橋トリオ
観客のアンコールにこたえて、ひとりで登場した大橋は、バラード『Dearest Man』を弾き語る。一音、一音が粒のように際立つピアノに、やわらかい歌声がのり、観客を夜へと誘う。演奏終了後は、大橋のパフォーマンスと、オーガナイザーという大役を見事につとめあげたことに、大きな拍手と声援が送られた。

大橋トリオ
ライブを終えて、MCの藤田琢己が登場。「あっという間でしたが、いかがでしたか?」と問われると、「控えめに言いますけど、最高でした!」と満足感にあふれる笑顔。「TOKYO M.A.P.S」は大成功で幕を閉じた。


■セットリスト

M1. Bing Bang
M2. S・M・I・L・E・S
M3. そんなことがすてきです。
M4. サニーデー
M5. THUNDERBIRD
EN. Dearest Man

■開催概要

イベント名:「J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S ohashiTrio EDITION」 日程:2019年5月5日(日)、6日(月・祝)

【出演】

プログラム・オーガナイザー: 大橋トリオ

5月5日 出演: (五十音順)
大橋トリオ
Kitri
長岡亮介
秦 基博
浜田真理子

5月6日 出演:(五十音順)
EGO-WRAPPIN’
大橋トリオ
Ovall
ビッケブランカ
フジファブリック

会場:六本木ヒルズアリーナ
入場料金:無料
主催:J-WAVE、六本木ヒルズ
協賛:ハーレーダビッドソン ジャパン
Recommended by

News Ranking

Archive