【注目の学生アーティスト】1970年代ハードロックがルーツ・20/Around

2019年05月03日

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。

大学生・専門学生の音楽事情に迫る「SONAR TO THE NEXT」のコーナーでは、大学生・専門学生アーティストを数珠つなぎで紹介していきます。5月1日(水)のオンエアでは、20/AroundのYosuKeさんに話をきくとともに、大学生・専門学生アーティストを紹介してもらいました。

【トークと音楽をradikoで聴く】


■ルーツは1970年代のハードロック

曲を聴いたあっこゴリラは、「最近のSONAR TO THE NEXTすごいクオリティー高くて、安定してるよね。かっこいい~」とコメント。20/Aroundとはどんなバンドなんでしょうか? YosuKeさんにお話をお訊きました。

あっこゴリラ:どんな音楽が好きなの?
YosuKe:いろんな音楽が好きです。
あっこゴリラ:あははは! そりゃそうだろうけどさ。影響受けた音楽とか、ルーツとかはどうなの?
YosuKe:ルーツは、お父さんの影響なんですけど、1970年代くらいのハードロックです。キッスとかレッド・ツェッペリンとかが好きでギター始めました。
あっこゴリラ:レッド・ツェッペリン最高だよね。
YosuKe:最高ですね。


20/Aroundは現在4人組ですが、今5人組になりつつあるのだとか。そんな20/Aroundの曲作りについても訊いてみました。

あっこゴリラ:曲作りはYosuKeくんがやってるの?
YosuKe:そうですね、僕が全部やってます。
あっこゴリラ:弾き語りで作ってるの?
YosuKe:弾き語りで作るときもあるし、リズムを先に決めて作るときもあります。それでデモを作って、みんなに送ってみたいな感じです。



■同年代で切磋琢磨しながら成長していく

前回、紹介してくれたMAHOROBAの犬丸さんとは、福岡のライブハウスでよく会い仲良くなったといいます。そんな彼らの年代の音楽シーンは、今どんな感じなのでしょうか。

【関連記事】ボーカル犬丸は熱い男! 福岡のロックバンド・MAHOROBA

あっこゴリラ:福岡のライブハウスでやってるの?
YosuKe:はい。
あっこゴリラ:そのへんの音楽シーンはどんな感じなの?
YosuKe:今の僕らの年代は、けっこういっぱいバンドがいて、切磋琢磨しながら頑張っている感じですね。
あっこゴリラ:いいね~! 福岡熱いよね。前だったら、売れるために上京するみたいのがあったけど、今はSNSあるし福岡にいても発信できるしね。
YosuKe:そうですね、今はそういう時代になりましたね。



■訴えかけてくるような歌詞

そんな、YosuKeさんがおすすめする大学生・専門学生アーティストは「Dazzling」。

あっこゴリラ:どこで知り合ったんですか?
YosuKe:Dazzlingにも、犬丸くんと同じサークルの人がいて、MAHOROBAと同じ感じでライブハウスで繋がってみたいな。
あっこゴリラ:福岡続き熱いですね~。おすすめポイントはどこですか?
YosuKe:歌詞とメロディーですかね。なんかこう訴えかけてくるような歌詞です。


次回はDazzlingさんのお話を聞くとともに、おすすめのアーティストを紹介していただきます。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/
Recommended by

News Ranking

Archive