痩せたいなら、運動は「夕方4時から夜8時」までに…夜遅くは避けて

画像素材:PIXTA

運動する時間帯を間違えると、十分な効果を得ることができません。体内時計研究者の田原 優さんが、メカニズムを解説しました。

【6月17日(月)『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』の「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」(ナビゲーター:別所哲也)】
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20190617063237


■痩せたいなら、運動は夕方がいい!

田原:夕方4時から夜8時の時間帯は、運動による脂肪燃焼効果が1日のなかで最も期待できます。早稲田大学スポーツ科学部で行った研究では、朝9時から10時と、夕方5時から6時に、中程度の運動を行った際の体の変化を調べました。その結果、朝より夕方のほうが、脂肪の分解が促されていることがわかりました。

ちなみに、運動のパフォーマンスは夕方に最も高くなるそうです。

田原:体温や交感神経は、朝から夕方にかけて徐々に高まります。ピークがくる夕方はさまざまな競技で記録が出やすいことが知られています。来年の東京オリンピックのマラソン競技は早朝に行われますが、選手の体内時計が朝の時間帯に「夕方」になるよう、(体内時計を)早めておいたほうがいいかもしれません。

夜8時以降の運動はおすすめできません。

田原:夜8時以降の運動は体内時計を遅らせてしまい、体が夜型になるため、慢性的な時差ぼけに結びつきやすくなります。これは肥満につながる原因にもなるため、ダイエット効果を目的とした運動には避けたいところです。夕方4時から夜8時に、脂肪燃焼が期待できる有酸素運動や筋トレなどを取り入れてみてください。


■筋トレは朝、ヨガは夜

同じ運動でも行う時間帯によって効果が異なります。

田原:筋トレやウォーキングなど負荷の強い運動は、朝の時間帯に行うと体内時計がリセットされやすくなり、体のリズムを整えられます。夜は負荷の強い運動ではなく、体をリラックスモードに導き、副交感神経を高めてくれるヨガや瞑想などの運動が適しています。

気になった方は田原さんの著書『体を整えるすごい時間割』も手にとってみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く(2019年6月24日23時59分)
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時-9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr
Recommended by

News Ranking

Archive