集中力アップのコツを医師に訊いた! “忘れるべきこと”とは?

2019年07月16日

同じ作業でも、集中しているのとしていないのとでは、スピードが変わってきますよね。集中力を上げるには、どうすればいいのでしょうか。

J-WAVE『STEP ONE』では、神経内科医で作家でもある米山公啓さんにコツを訊きました。以前のオンエアでは、「心配事をなくして脳のストレスを減らすこと」「自分がしている仕事を好きになること」が大切、とお伝えしました。その他には……?

【7月10日(水)J-WAVE『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)のワンコーナー「SAWAI SEIYAKU SOUND CLINIC」】

【関連記事】集中力をアップさせるには…◯◯をなくす必要がある!

■経験値を上げること

米山さんによると、集中力をアップさせるためには、経験値を上げることが重要。いったい、どういうことなのでしょうあ。

米山:人間は初めてすることに対しては警戒心を強く抱きますが、経験があることは非常に受け入れやすくなります。脳内に受け入れる“枠組み”ができるからです。そうなると、飲み込みが早くなり、理解力が早くなることがわかっています。最初は苦手だったけど、やっていくうちに好きになって仕事が捗ることもあると思います。これはまさに枠組みができてくるということ。英語でいえば、英語を受け入れる枠組みが脳にできてくると、会話がうまくできるようになると言われています。苦手だからと最初の段階で嫌いになると、集中力をアップできないので、1~2回は我慢して、慣れてくればスムーズにいきます。

米山さんは医師として活動する一方で、作家としてもこれまでに280冊以上の著書を出版しています。膨大な量ですが、米山さん自身は原稿を書くことが趣味というわけではなかったそう。

米山:僕の場合も、書けば書くほど速くなってきたし、上手にできるようになっていきました。繰り返しやって経験値を上げていくことは、集中力をアップさせるひとつの手段です。

米山公啓


■失敗を忘れること

経験値を上げること以外に、“失敗を忘れること”も大事です。

米山:よく「反省しろ」という言い方をしますが、過去にこだわると集中力が落ちてしまいます。反省して次に活かすことも重要ですが、ある程度は忘れていくことも大事。人間の記憶は、ほとんどのことを忘れるようにできているから、失敗も忘れるようにできています。忘れることで次のことに集中できます。

コーナー後半では、リスナーの悩みに音楽を処方。この日は「上司に責任感がなく、相談して決めたことでも『聞いていない』と言われるため、気が滅入ってしまう」というリスナーに、気分転換できる曲としてBeastie Boys 『(You Gotta) Fight for Your Right (To Party)』をオンエアしました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時-13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone
Recommended by

News Ranking

Archive