座ったまま「脱疲労ストレッチ」で回復! 3年予約がとれないパーソナルトレーナーが伝授

2019年07月03日

画像素材:PIXTA

季節の変わり目に疲労をためないコツを、人気フィジカルトレーナー、中野ジェームズ修一さんが紹介しました。

中野さんは、元卓球選手の福原愛さん、バドミントンの藤井瑞希選手や、2014年からは青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化を指導。また中野さんのパーソナルトレーニングの予約は3年先までとれないほどの人気です。

ストレッチが専門の中野さんに、7月は「仕事力を上げる脱疲労ストレッチ」を教えてもらいます。

【7月2日(火)J-WAVE『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)のワンコーナー「SAWAI SEIYAKU SOUND CLINIC」】
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20190702105534


■この時期、疲労が溜まりやすい理由

この時期は、なぜ疲労がたまりやすいのだそう。いったいなぜ?

中野:季節の変わり目は体にストレスだからです。つい筋肉に力が入ったり、硬くなったりしがちなので、ぜひ疲労回復してほしいと思います。


■無理に力を抜かずリラックス

疲労回復につながるリラックス法、初回は「筋弛緩法」を教えてもらいました。

中野:ストレッチというより、緊張している筋肉をリラックスさせてあげます。アスリートも、筋肉の脱力が上手な人の方がトップアスリートになりやすいんです。

ポイントは無理に力を抜こうとしないこと。筋肉に敢えて力を入れるそうです。

<やり方>
1.椅子に座って、両手をグーにして肩のあたりに持っていきます。
2.そのまま拳を天井の方に伸ばします。
3.伸ばしきった状態で、10秒間力を入れます。マックスの力の6割くらいです。
4.10秒たったら一気にストンと力を抜きます。20秒間脱力を感じましょう。
5.これを最低3回から4回繰り返しましょう。

Recommended by

News Ranking

Archive