クリス・ペプラーがフジロックを振り返る!「最初の年にあれが起きたからこそ、今がある」

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、様々な旬のトピックを週替わりで4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。7月22日(月)から25日(木)の週は、7月26日(金)から開催される日本最大規模の野外音楽イベント「FUJI ROCK FESTIVAL '19」を特集します。

7月26日(金)、27日(土)、28日(日)の3日間に渡り、新潟県の苗場スキー場で開催される「FUJI ROCK FESTIVAL '19」。今年はケミカル・ブラザーズが8年ぶりに出演し、昨年、結成40周年を迎えたイギリスのロックバンド、ザ・キュアーも出演。さらに、フジロック初登場となるシーア、10年の活動休止期間を経て昨年復活を遂げたELLEGARDENも参戦。その他、ASIAN KUNG-FU GENERATION、銀杏BOYZ、Superflyなど、国内外のミュージシャンが200組以上集結します。

特集3日目、24日(水)のオンエアでは、クリス・ペプラーさんがフジロックの魅力を語りました。


■フジロック初回から皆勤賞

クリスさんから見たフジロックとはどんなフェスなのでしょうか。

クリス:僕は皆勤賞で毎年行っているんですけど、初回は1997年の富士天神山スキー場だよね。最初の2回は苗場スキー場じゃなかったんです。最初の年の2日目は嵐でキャンセルになっちゃったんだけど、最初にあれが起きたからこそ今のフジロックがあるのかなと思う。主催者側も含めてみんなあれで強制学習した、みたいなところはありますよね。苗場スキー場に移ったときには「自分の身は自分で守れ」みたいな。山なので予期しない事態が起きるので、そこからひとつのフジロックの文化が誕生したんじゃないかな。どんな状況にも対応できるような服装と持ち物で挑む、というのがフジロックの醍醐味になってきて。印象に残っているのは、どピーカンだった瞬間に夕立ちがバーっと降ってきて、ものの数秒でそれまで短パンTシャツだったのが、全員が雨ガッパ、ポンチョ姿で一瞬で完璧に雨対応仕様になった、というのがフジロックだなという感じがします。

フジロック皆勤賞のクリスさん。特に思い出に残っているライブはあるのでしょうか?

クリス:たくさんあるんだけど、ジーンときたのは震災の年の2011年、ColdplayがGREEN STAGEで『Every Teardrop Is A Waterfall』という曲を演ったんです。ちょうどそのときに雨が降っていて、スポットライトでキラキラと宝石のように雨粒が降ってきたときは号泣しちゃったね。あれは震災から半年も経ってないのかな、我々があの痛手から回復しきれていないときに行われて、あのときは印象的でした。

続いて、ライブ以外の楽しみ方を訊きました。

クリス:あそこは自然と接することができて、都会に住んでいるとなかなかないので、色々探訪するのも楽しいよね。フジロックは基本的に苗場スキー場の山の中でアウトドアという感じがするんだけど、THE PALACE OF WONDERは完璧に都会なんです。「ここ六本木ですか?」というくらい盛り上がっていて、バーとかも都会的でデカダントなエンターテイメントとアトラクションがあるので、絶対に数日間行くならチェックしたほうがいいと思います。

クリスさんは、出演者としてもフジロックに登場します。

クリス:昨年に続いて2回目ですが、僕のバンド「NONE THE WiSER」として出演します。28日の20時20分から苗場食堂で演奏します。昨年よりも仕上がっていると思いますので、ストレートなロックですので観に来てください。


■注目のアーティスト

また、今年クリスさんが注目しているアーティストを紹介しました。

クリス:たくさんいるのでとりあえすザッと言っちゃいます。まだ観ていない中村佳穂。Janelle Monaeも観たい。Toro Y Moiも観たい。Tempalay、Cakeも観てみたい気がするな。ドミコ、never young beach、この辺は俺は観れないけど、皆さん観てください。Hiatus Kaiyoteも観たい。

クリスさんは、28日の13時から「FUJI ROCK FESTIVAL '19」のOASISというエリアのラジオブースで『SAISON CARD TOKIO HOT 100』の公開生放送を行います。出演するアーティストがゲストとして続々登場するので、会場にいる方はぜひ遊びに行ってみてください。

オンエアでは、クリスさんの選曲でJames Blakeの『The Wilhelm Scream』をお送りしました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/
Recommended by

News Ranking

Archive