美人? かわいい系? 「なりたいイメージ」に近づくテクニックをプロが伝授!

2019年07月29日

画像素材:PIXTA

なりたい自分のイメージと自分が持っている魅力には、ズレがあることがあります。そんなときは、メイクやヘアスタイルで印象を変えましょう。なりたいイメージに近づけるテクニックを、イメージコンサルタント・岡田実子さんに訊きました。 岡田さんはこれまでに5000人以上を診断・プロデュースしています。

【7月25日(木)『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』の「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」(ナビゲーター:別所哲也)】
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20190725063004

【関連記事】あなたは「女っぽい顔」or「男っぽい顔」 どっち? 今すぐチェックしてみよう


■「ふんわり美人」になりたい

ふわんり美人を目指すなら、曲線を増やしましょう。

岡田:髪型に丸みを作るとか。メイクでポイントとなるのは眉毛です。柔らかい眉毛にするだけで、一気に印象が変わります。あとは、頬を丸くすると柔らかい印象になるので、チークを丸くつけるけど、全体的に丸みを強調しましょう。ヘアスタイルは毛先を軽く巻いたり、パーマをかけて曲線を生むのがオススメです。


■「キリッと美人」になりたい

この場合は、直線を足すのがポイントです。

岡田:キリッと美人になりたい人は「仕事ができる印象になりたい」「強く見られたい」と思っている場合があります。そういうときは、直線を足していきます。ポイントは眉毛を太めにすること。それだけでキリッとした印象になります。例えば、長谷川潤さんとか天海祐希さんのように、太めであるだけでキリッとした印象に見えます。

アイシャドウは目尻から塗り始めると切れ長の目に見えるそうです。

岡田:最初に塗る場所が濃くなるので、細長い目になって、クールビューティーな印象になります。目頭ではなく真ん中から塗ると可愛らしい目に。ヘアスタイルはストレートに近い感じにして、顔の周りに直線を持ってくると素敵です。


■「かわいい系」になりたい

平面的なものをプラスすると可愛らしくなります。

岡田:かわいい系になりたい人は、「老けて見られるのが嫌」「親しみやすい印象になりたい」という人が多いです。"かわいい"というのは、"子どもっぽい"ということなんです。ポイントは前に高さを作らないこと。あまり描いた感じがしない、フワッとした真っ直ぐな眉毛にすると、子どもっぽく見えます。子どもたちはそういう眉毛をしています。

アイシャドウやチーク、ヘアスタイルは?

岡田:アイシャドウは、深い色味でグラデーションを使うと大人っぽくなりすぎてしまうので、抑えぎみにしましょう。チークは横に作ります。横に流すと顔が短く見えるため、若く見えます。ヘアスタイルは前髪を作ること。顔の距離が短くなるので、丸顔に近くなります。すると、若く見えます。


ぜひ参考にして、なりたいイメージに近づいてみましょう!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時-9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr
Recommended by

News Ranking

Archive