Facebook Twitter LINE

乃木坂46・齋藤飛鳥、“カード派or現金派”の質問に…「お金は出しちゃえば忘れる」

2019年07月29日

J-WAVEで放送中の番組『POP OF THE WORLD』(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY'S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が、乃木坂46・齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーです。7月27日(土)のオンエアでは、おみやげを買うときに使える英会話を学びました。

【『POP OF THE WORLD』(毎週土曜 6時-8時)】


■カード派or現金派

齋藤からの挨拶「How is your Saturday morning?」(土曜の朝、どう過ごしてる?)でスタート。まずは、リスナーからの質問に答えました。

「おふたりはカード派・現金派どちらですか?」

ハリー:ここまで現金をしっかり使うのは日本くらいな気がする。
齋藤:あ、そうなんだ。
ハリー:中国とか完全キャッシュレスソサエティになってるから。でも、僕は五分五分くらいですね。現金を持たない人もいるけど、現金を持ってないと不安になってしまう。
齋藤:私もどっちも持ち歩きます。よく「カードだと使いすぎる」って言いますけど、個人的にはどっちも変わらないなって。お金は出しちゃえば忘れるから、現金で払ってても節約できるわけでもなかったので。
ハリー:将来、情報番組のコメンテーターとして出てる飛鳥ちゃんが見えた。
齋藤:なんで(笑)。


■おみやげを買うときの英会話

7月は買い物で使う英語フレーズを学びます。今回は「おみやげを買うときの英会話」です。

ハリー:これは飛鳥ちゃんけっこう使うんじゃない?
齋藤:正直、旅行に行くときは全然おみやげは買わないですけど、メンバーやスタッフさんに買いたいなとかはあります。
ハリー:お母さんに買ったりしないの?
齋藤:家族にはたまに買いますけど、基本は「気を使わないで」と言われるので。
ハリー:なるほどね。
齋藤:いらないおみやげを渡してもなと思っちゃうので。
ハリー:気が付いたらおみやげでけっこう出費したりもありますしね。でも、おみやげを買うことはあるので、そういうときに使う英会話を学びましょう。

では、おみやげの定番であるお菓子を買いたいとき、「みんなで食べられるお菓子を探しています。おすすめはありますか?」と訊くなら「I'm looking for some sweets to eat with everybody. What do you recommend?」というフレーズが使えます。「look for」は「探す」という意味。「with everybody」は「with my family」や「with my friends」などに替えて応用することができます。

店員さんがクッキーをボックスで持ってきて、何枚入っているかわからないときは「How many inside?」(何枚入っていますか?)と訊いてみてください。味が気になる場合は「What kind of flavors?」や「What flavors?」(どんな味ですか?)です。試食させてもらえることもあるので「Can I try?」(試食していいですか?)と訊くのもOK。

「これはここだけで売っているものですか? 日本では売ってない?」と訊くときは「Can I get this just here? Not in Japan?」です。そして、いよいよ購入することになり、値段交渉をしたいときは「Three boxes please. Can I get a discount?」(3箱買うので安くしてもらえませんか?)というフレーズが使えます。


■実践編

習ったフレーズを使って齋藤とハリーが実践します。齋藤がお客さんで、ハリーが店員です。

齋藤:I'm looking for some sweets to eat with my family. What do you recommend? (家族みんなで食べられるお菓子を探しています。おすすめはありますか?)
ハリー:Lovely dear. What about these cookies? It's the No.1 seller. (かしこまりました。クッキーはいかがでしょう? 1番人気の商品です)
齋藤:How many inside? (何枚入っていますか?)
ハリー:There are 12. (12枚入りです)
齋藤:What flavors? Can I try? (どんな味ですか? 試食していいですか?)
ハリー:Originals are chocolate. You wanna try? (オリジナルの味はチョコレートです。試しますか?)
齋藤:Yes. (はい)
ハリー:Over here then. (では、こちらへどうぞ)
齋藤:It's good. Can I get this just here? Not in Japan? (おいしいですね。これはここだけで売っているものですか? 日本では売ってない?)
ハリー:My dear, these cookie are only available here. Not in Japan. (お客様、このクッキーをお買い求めいただけるのは当店だけです。日本にはありません)
齋藤:Three boxes please. Can I get a discount? (3箱買うので安くしてもらえませんか?)
ハリー:Oh, a discount darling. Maybe 10 percent off. Just for you my dear. (値引きですか。では10パーセントオフにします。お客様だけですよ)
齋藤:Thanks a million. (ありがとうございます)

今回ハリーが教えた英語を、この機会にぜひ覚えてみてください!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『POP OF THE WORLD』
放送日時:毎週土曜 6時-8時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/popworld

自宅でお店の味が楽しめる! 「Uber Eats」おすすめメニュー3選

2019年07月29日

うだるような暑さの夏の日。外食に行くのも、食材を買いに行くも億劫なときがありますよね。そんなときに活用したいのが、フードデリバリーサービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」です。お店と変わらない味を楽しめるのが魅力です。ここでは、ランチのスペシャリスト・秋山具義さんイチオシのメニューをご紹介しましょう。

【7月26日(金)のJ-WAVE『ALL GOOD FRIDAY』(ナビゲーターのLiLiCoがお休みのため、俳優・稲葉 友と女優・伊藤沙莉でお送りしました)のワンコーナー「TOKYO SAVVY」(15時30頃)】


■煮干しが香るラーメン

最初に紹介したのは、すごい煮干ラーメン凪 五反田西口店の「すごい煮干まぜそば 味玉トッピング」。さっそく稲葉と伊藤が試食しました。

秋山:僕は「ラーメン凪」に何年も前にから通っているんですけど、「すごい!煮干ラーメン」っていうラーメンは、煮干しが濃くてすごくおいしいんです。それで、「Uber Eats」を見てたら「ラーメン凪」のメニューが届くと知って、「まぜそば」を注文したら、店で食べるのと同じくらいのクオリティでした。
伊藤:煮干しがすごく香ってくる。
稲葉:「すごい煮干」っていうだけある。本当においしい。
秋山:この幅広の麺は『ゲゲゲの鬼太郎』の「一反木綿」みたいな「いったん麺」っていいます。
稲葉:薄くて広いですね。
秋山:それがまたおいしいんです。
稲葉:麺を食べてるのと違う感じがしますね。味が麺全体にしみ込んで広がっていて、おいしい。鼻に抜ける煮干しの香りもいいですね。
秋山:チャーシューと味玉もおいしいです。30~40分でこれが届いたら嬉しいですよね。
稲葉:家にあるものじゃ、これは作れないですからね。


■もちもち博多うどん

『ALL GOOD FRIDAY』

続いて紹介したのは、博多うどん酒場イチカバチカ恵比寿 別邸の「ゴボ天うどん」です。

秋山:恵比寿に3年前にオープンしたんですけど、その頃によく行っていて、おいしい出汁と博多うどんの特徴のモチモチにハマりました。あたたかいうどんを「Uber Eats」でって、どんなものかなと思ったんですけど、これが素晴らしいんですよ。スープが別容器になってて熱々です。それを投入すると、店で食べてるようにおいしく食べられます。
稲葉:うどんとゴボ天が出汁に浸かってない状態で届くんですね。
秋山:博多うどんってやわやわなのがおいしいから、多少時間が経っても大丈夫です。伊藤さんは辛いものが好きだと聞いたので、僕の激推しの調味料、京都「祇園 原了郭」の黒七味を持ってきたので、かけて食べてみてください。
伊藤:おいしい!
稲葉:これだけ時間が経ってもゴボ天がサクサク。おいしいなあ。
秋山:ゴボ天の味が出汁に染み出して2度おいしいです。
稲葉:さっぱりいただけますね。胃に優しい感じがある。
秋山:えび天とか肉うどんもあって、それもおいしいですよ。
伊藤:体調悪いときも「Uber Eats」だと来てくれるからいいですよね。
秋山:風邪ひいたときとかね。


■麺が絶品のつけめん

最後は、ラーメン惠本将裕の「しょうゆつけめん」です。

秋山:もともと「Uber Eats」の麺がおいしいと思ったのがここです。1年くらい前に頼んでおいしくて、「Uber Eats」でこんなにおいしいものが食べられるんだって思いました。
稲葉:つけめんはそもそもスープが別ですもんね。「Uber Eats」に向いているのかもしれませんね。
秋山:家でちゃんとした丼に移して食べると本当に店で食べてるみたいです。
稲葉:これはおいしい。つるっとした麺じゃなくて、味が絡みやすいタイプの麺ですね。
秋山:海苔とかを巻いて食べてもおいしいです。これもさっきの黒七味が合いますよ。
稲葉:黒七味を紹介しに来たんですか(笑)。
秋山:伊藤さんは辛いのが好きだっていうから(笑)。
伊藤:あ、黒七味めっちゃ合う~。すごくおいしい。

「Uber Eats」を使ったことがない人や「Uber Eats」で麺類を頼んだことがないという人は、ぜひトライしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『ALL GOOD FRIDAY』
放送日時:毎週金曜 11時30分-16時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/goodfriday/

「J-WAVEでしか聴けないサカナクションの曲」をオンエア! 藤原ヒロシがリミックス

2019年07月29日

J-WAVEで放送中の番組『SEASONS』(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「JUN THE CULTURE」(ナビゲーター:藤原ヒロシ)。7月27日(土)のオンエアでは、藤原がサカナクションの曲をリミックスした話やハマっている映画の話をしました。

■サカナクション・山口一郎公認

最初に、サカナクション『忘れられないの(HF RE-EDIT)』をオンエア。これは藤原がつくったリミックスバージョンです。

藤原:82年か83年に初めてニューヨークに行ったら、プリンスやマドンナの曲で、レコードになっていないバージョンがかかってたんです。たまにかかる曲が、それ用にリミックスされてたんです。それもレコード会社や本人からもらったようなマルチではなくて、すでに出ているアナログや音源をテープ編集するだけのリミックス。それがすごくかっこよくて「ちょっとやってみよう」と思って、出ている音源をパソコンに取り込んで切り貼りしました。

『忘れられないの(HF RE-EDIT)』は、サカナクションの山口一郎さん公認です。

藤原:「J-WAVEだけでは、たまにこのバージョンがかかる」というのがあるとおもしろいかなと思って、やってみました。深夜にずっとつくっていて、山口くんとやりとりしながら、山口くんにこの音源を送ったら「面白い」って言ってくれて「ラジオでかけていい?」って訊いたら「全然いいですよ」って言ってくれたので、オフィシャルにかけました。


■藤原の想像を超えた映画



おすすめの映画『メランコリック』の話をしました。予告編は、"お風呂屋さんの仕事も、けっこう危ないんですね"っていうコピーから始まります。銭湯の営業が終わったあとに、そこで殺人処理が行われているという話です。

藤原:想像を超えたというか、想像と違ったというか。予告編で観た印象とわりと違っていてよかったですね。

その内容に、「いいところに目をつけた」と思ったそうです。

藤原:言われてみれば銭湯は広いし、そのまま流せるし、殺したりバラバラにしたりするのに都合がいいなと、ふと思いました。

それだけで「観たいタイプの映画だ」と続けます。

藤原:僕が映画に望むものが全て入っている感じです。青春ドラマというか、青春活劇みたいな映画です。殺人が本当のテーマというわけではなく、いい具合にストーリーが転がっていって最高でした。

この作品は、有名な俳優が多く出ているわけではありません。

藤原:プロデューサーの皆川暢二さんが、自ら主演しています。監督は田中征爾さん。ふたりとも1987年生まれです。映画を勉強するためにアメリカのカリフォルニア州の大学に入学して、向こうでやっていたそうです。世代交代というか、日本の映画と関係のない、知らないところで全てをつくり上げていて、インディーズっぽさもあるけど、映画が好きな人を納得させる要素や撮り方が大いに詰まっている、素晴らしい映画だと思いました。タイトルとかで気持ち悪いと思う人もいるかもしれないけど、そこを乗り越えると、けっこういい作品ですよ。

『メランコリック』は8月3日(土)公開です。ぜひ劇場に足を運んでみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「JUN THE CULTURE」
放送日時:毎週土曜 14時10分-14時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/seasons/culture

大人気店「焼肉 芝浦」が監修! “肉箱”が楽しめる注目の店

2019年07月29日

J-WAVEで放送中の『GOLD RUSH』(ナビゲーター:渡部 建)のワンコーナー「HUNGRY OUT」。7月26日(金)のオンエアでは、人気の「焼肉 芝浦」が監修した「Moreish(モーリッシュ)」に注目。 5月に中目黒にオープンしたばかりです。

【radikoで聴く:"肉箱"が楽しめる!(2019年8月2日28時59分まで)】


■肉をシェアせず贅沢に食す!

コンセプトは、個々で焼肉を楽しめること。通常は何人前かの肉を複数人で共有して食べますが、「Moreish」ではさまざまな部位の肉が「肉箱」に入って提供されます。ひと箱をひとりで楽しむスタイルです。

メインの箱は3種類。

・「始ノ箱(ハジマリノハコ)」(2900円) 牛タン、ホルモン、カルビ、ハラミ、豚ロースなど。
・「満ノ箱(ミツルノハコ)」(3900円) 人気の赤身肉が中心。
・「極ノ箱(キワマリノハコ)」(4900円) 牛の特選部位。特選ロースや特選カルビ、日によってはシャトーブリアンも入る。

『GOLD RUSH』

厚切り肉を詰めた箱もそれぞれ用意しています。番組では渡部が「ともさんかく」という部位を試食。うしろ脚の付け根にある牛ももの一部で、上質な脂とロース特有の肉の旨味が両立している、珍しい部位です。渡部は「脂が甘くて、サラッとしてる!」と大満足。

サイドメニューには、ワインに合うレバーパテやクリームチーズチャンジャのほか、「石焼ミートソースとチーズの石焼ごはん」や「石焼キノコごはん」もおすすめ。「石焼キノコごはん」は、ご飯の上にキノコと九条ネギをのせて、すだちをかけた一品です。

『GOLD RUSH』

「Moreish 」は、中目黒駅から徒歩3分(目黒区上目黒2-12-1 アックス 3階)。営業は17時から24時(ラストオーダーは23時)です。ぜひ、チェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOLD RUSH』
放送日時:金曜 16時30分ー20時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/goldrush

夢を叶えるために…ライゾマ・齋藤精一が学生に語る【KYOCERA TECHNOLOGY COLLEGE】

2019年07月26日

J-WAVEで放送中の番組『INNOVATION WORLD』(ナビゲーター:川田十夢)。「KYOCERA TECHNOLOGY COLLEGE」のコーナーでは、各ジャンルの第一線で活躍するイノベーターたちをマンスリーで講師に招き、学生向けの講義を実施。未来へのヒントを探っていきます。第四回目は、株式会社ライゾマティクス代表取締役社長の齋藤精一さんが講師を務めました。

同イベントに、武蔵野美術大学造形構想研究科修士1年Miyakoさんが潜入! ここでは、当日の講義内容をMiyakoさんのグラフィックレコーディングでご紹介します。

KYOCERA TECHNOLOGY COLLEGE
※ ※ ※


Perfumeのメディア演出で知られるライゾマティクスは、メディアアートと産業、企業とのコラボレーションによって社会に大きなインパクトを与えるクリエイティブ集団です。「Research」「Architecture」「Design」の3つの部門があり、新たなクリエイティブ領域を創生し、社会への貢献を目指しています。

◆アートとテクノロジーが導く未来 KYOCERA TECHNOLOGY COLLEGE
◆テクノロジーと建築 KYOCERA TECHNOLOGY COLLEGE
◆ライゾマティクスが目指す会社像とは? KYOCERA TECHNOLOGY COLLEGE
◆夢や目標を叶えるためにすることは? KYOCERA TECHNOLOGY COLLEGE

この日の授業の模様は、J-WAVEの YouTubeチャンネルでも公開中。ぜひチェックしてみてください!

KYOCERA TECHNOLOGY COLLEGE
【番組情報】
番組名:『INNOVATION WORLD』
放送日時:毎週金曜日 20時-22時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/innovationworld/

ディプロやムラ・マサともコラボした注目のUKラッパー・Octavian! 人気DJのTJOが魅力を紹介

2019年07月26日

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。音楽プロデューサー、CD・レコードショップのバイヤー、ライブハウスのスタッフ、音楽評論家、海外在住の音楽ライターなど、さまざまなジャンルの音楽好きが日替わりでヤバい音を紹介する「GEEK OUT」のコーナー。

7月23日(火)は、東京や世界を駆け巡る人気DJ/音楽プロデューサーのTJOさんがおすすめアーティストを紹介しました。


■ジャンルに縛られない多彩なスタイルが人気

モータウン・レコーズ60周年を記念して、TJOさんがリミックスを手がけたThe Spinnersの『It's A Shame (TJO Remix)』がリリースされました。同曲は1970年にスティーヴィー・ワンダーがプロデュースした曲で、モータウン・レコーズを代表する1曲です。

【オンエアはこちら】The Spinners『It's A Shame (TJO Remix)』をradikoで聴く

ジャンルに縛られない多彩なスタイルで人気を集めるTJOさんですが、音楽的なルーツはどんなものなのでしょうか。

TJO:僕は元々中学校くらいのときにテクノとHIP-HOPから入りました。当時で言うとジャミロクワイに影響されたんですけど、途中でドラムンベースとか2ステップなどのUK音楽にハマりました。それからケミカル・ブラザーズやアンダーワールド的なものからロックまでハマり、今に至ります。
あっこゴリラ:色々音楽のこと教えて欲しいとか思っちゃいました! 私今まさにUKにどハマりしてるんですよ。
TJO:そうなんですか? 面白いアーティストいっぱいいるのでいつでも呼んでください。
あっこゴリラ:今回リミックスしたこの曲はよくプレイしていたんですか? 
TJO:そうですね! UKミュージックにハマったあとに、UKのクラブジャズシーンにハマったんです。DJの初期のキャリアがハウスやジャズ、ソウルをかけるDJだったんですよ。そこで好きなアーティストの曲を朝方とかによくかけてたんです。
あっこゴリラ:もう最高ですね! 
TJO:そういう思い入れがあったから、この曲リミックスしていいよって許可が降りたときはめちゃめちゃ嬉しかったし同時に超緊張しました。
あっこゴリラ:これ何回でも聴きたいな~! ちなみにリミックスする上で大切にしていることって何ですか? 
TJO:あくまでオリジナルの世界観を崩さずに、それをいかに拡張させるかっていう感覚ですかね。なるべくオリジナルを作った意図をもっと広げたり出来るようなリミックスにしたいなっていつも思います。
あっこゴリラ:まさに最高のリミックスだと思います。


■英BBCの「Sound of 2019」で見事1位を獲得

TJOさんのオススメは、ラッパーのOctavian。ドレイクが彼のヒット曲『Party Here』をゴールデングローブ賞のパーティで口ずさむ姿がInstagramにアップされ話題になりました。英BBCによる、今年活躍が期待される新人リスト「Sound of 2019」で見事1位に輝きました。

TJO:フランス生まれ、ロンドン育ちのラッパーです。グライムっていうイギリスで生まれたヒップホップの新しいジャンルがあり、そのアーティストです。
あっこゴリラ:グライム大好きです。私はヒップホップのジャンルの中ではUKのヒップホップが一番好きですね! 
TJO:わかります。色んなものをどんどん取り入れたりするじゃないですか。
あっこゴリラ:そうなんですよ! その姿勢がもう好きです。
TJO:まさにOctavianもグライムのマインドを引き継いでいて、とてもコアなグライムもやれば、ヒップホップとラップもやるんですけど、今回紹介する曲はディスコっぽい曲なんですよ。
あっこゴリラ:へぇー! 
TJO:Theophilus Londonっていうニューヨークのラッパーがいるんですけど、歌も歌えてロックやサイケ、ディスコに影響を受けてるんです。そのアーティストとコラボしてるので今回ユニークな感じになってます。

番組内ではOctavian 『Feel It ft. Theophilus London』をオンエアしました。

あっこゴリラ:確かにディスコだけど、グライム特有の不穏な感じが良いですね!
TJO:80'sの音もありつつレイドバックもしてるんだけど、UKっぽい音だなって雰囲気ありますよね。
あっこゴリラ:私はツボですね~。たまらないです。
TJO:ディプロやムラ・マサなんかともコラボしてたりするんですよ。
あっこゴリラ:これは要チェックですね。

Octavianは今年の「SUMMER SONIC 2019」で初来日します。8月17日(土)は大阪で、8月18日(日)は東京でステージに立つ予定です。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

【フィリピンの音楽事情】一度聴いたらファンになる! セブ島発の新星ラッパー・Jid Durano

2019年07月26日

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。音楽プロデューサー、CD・レコードショップのバイヤー、ライブハウスのスタッフ、音楽評論家、海外在住の音楽ライターなどなど、様々なジャンルな方々が毎日日替わりでヤバい音を紹介する「GEEK OUT」のコーナー。

7月24日(水)は、フィリピンのセブ島でツアー会社、セブセレクトツアーズを経営している小山陽平さんがフィリピンの音楽事情を紹介してくれました。

『SONAR MUSIC』


■アメリカの文化にかなり影響を受けている

自身でバンドやDJをされていたこともある小山さん。2010年から船上パーティやDJイベントを筆頭に、数多くのイベントを日本国内で手掛け、2014年から海外生活をスタートさせたそうです。そんな小山さんにフィリピンの音楽事情を訊きました。

小山:フィリピはアメリカの文化にかなり影響を受けていて、チャートを見るとアメリカに似たり寄ったりな部分が多いですね。
あっこゴリラ:うんうん。
小山:ドメスティックのアーティストで人気な音楽はロックです。日本でいうと、10年以上前にASIAN KUNG-FU GENERATIONやELLEGARDENが人気を集めていた頃みたいな曲調が人気があります。
あっこゴリラ:私フィリピン人の友だち多いんですけど、みんな英語喋れますよね!  小山:基本的にどこに行っても英語が通じますね。
あっこゴリラ:ちなみにヒップホップはどんな感じなんですか? 
小山:いわゆる後進国と言われるフィリピンにもようやくファッションなどの若者文化の波が来ていて、敏感なキッズたちは夜な夜なヒップホップを聴きに街に繰り出してます。
あっこゴリラ:そうなんですね。私の友だちのフィリピン人の情報によると、The Black Eyed Peasにいるフィリピンの方がけっこうフッドスターみたいなことを聞いたんですよね。
小山:たしかにその影響はあると思います。みなさん知らないだけでブルーノ・マーズとかもフィリピンのハーフなんですよね。
あっこゴリラ:そうですよね! 
小山:フィリピン人は歌うのも踊るのも好きなので音楽的感性は元から良いと思いますね。僕が見てる中でもヒップホップの勢いはけっこう感じてます。



■一度聴いたらファンになる! ラッパー・Jid Durano

そんなフィリピンの音楽シーンから小山さんが紹介してくれたのは、ラッパーのJid Durano。

小山:Spotifyなどの音楽配信サービスの中でも売れてきているアーティストです。
あっこゴリラ:Jid Duranoのオススメポイントはどこですか? 
小山:楽曲はもちろん、今っぽさがガンガンに出ていて英語が非常に上手です。すごく面白いのがSpotifyのリスナーがフィリピンだけでなく、アメリカからのリスナーも多くて、まだまだ知名度はないけど一度聴いてもらったらリスナーさんがファンになるんじゃないかっていう自信のある1曲を紹介したいなって思います。

番組内ではJid Durano 『Chubi』をオンエアしました。

あっこゴリラ:いい意味で想像と全然違いました! 今っぽい! だからフィリピンの友達から聞いたフィリピンの音楽シーンと全然違う。
小山:まさに今こういうのが流行ってきてますね。
あっこゴリラ:ちなみに、英語とタガログ語を混ぜてるんですか?
小山:この曲は全部英語のリリックです。もちろんタガログ語と英語を混ぜてリリックを書くアーティストさんもいます。
あっこゴリラ:タガログ語の『Chubi』っていう響きが気持ちいいし、個人的にかわいいなって思いました。


【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

News Ranking

Archive