【注目の学生アーティスト】拠点は福岡・天神の「親不孝」! トラックメイクも手掛けるラッパー・NECOZE

2019年08月20日

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。

大学生・専門学生の音楽事情に迫る「SONAR TO THE NEXT」のコーナーでは、大学生・専門学生アーティストを数珠つなぎで紹介。8月13日(火)のオンエアでは、NECOZEさんに話を訊くとともに、大学生・専門学生アーティストを紹介してもらった。

■ネットを見てビートボックスを始めた

uncalcさんが「MPCLIVEっていうかっこいい機械を使って、トラックメイクからラップまで全部自分でやってる」と紹介したNECOZEさん。uncalcさんとは高校の同級生だそうで、出会いは学校のトイレだったとか。そんなNECOZEさんに話を訊いた。

あっこゴリラ:NECOZEさんって、トラックは自分でやってるんですか?
NECOZE:この曲もそうですけど、トラックは自分で作ってます。
あっこゴリラ:ラップも同時並行で始めたんですか?
NECOZE:そうですね。ラップするときに「ヤバい、トラックがない」って思って作り始めた感じです。
あっこゴリラ:完全に私と一緒。私も一番最初そうでした。作るしかないじゃんってなるよね。トラックメイカーの知り合い、いないしなって......でも楽しいよね。始めてどのくらいなんですか?
NECOZE:もともと中学からビートボックスやってたんですけど、トラックとかラップはまだ2年経ってないくらいですね。
あっこゴリラ:中学生のときから、福岡でビートボックスとか、そういうストリートカルチャーに触れてきたってこと?
NECOZE:ビートボックスは完全にネット見て始めて......なので、逆にそのときはHIP-HOPとかじゃなくて、エレクトロとかばっかり聴いてました。ビートボックスの起源とかを、逆に上から掘っていって、HIP0HOPに行き着いて。そこから「HIP-HOPってなんやろ」ってなって、知っていきましたね。
あっこゴリラ:なるほど~。でも私もそうだわ。上から掘っていくよね。


■活動拠点は福岡・天神「親不孝」!?

福岡で活動しているというNECOZEさんに、福岡のシーンについて訊いた。

あっこゴリラ:福岡でそういうシーンみたいのがあるんですか?
NECOZE:僕は、福岡の天神の「親不孝」ってところで活動してます。
あっこゴリラ:なんか、すごいいかつそうな印象なんですけど......。だって親不孝だよ? 不良しか出ないじゃん! アハハハハ!
NECOZE:アハハハハ! 名前ヤバいっすよね。
あっこゴリラ:NECOZEさんも、見た目いかつい感じなんですか?
NECOZE:いや、そんなことないです。
あっこゴリラ:どんなアーティストに影響受けてるなって思います?
NECOZE:ビートボックスを始めたのはネットの影響なんですけど、ラップは完全にブーンバップの人とかを聴いてますね。でも最近のSUMMITとか、新しいHIP-HOPの形とか見えてきて、そういうのもチェックしてます。
あっこゴリラ:いいですね~。じゃあ、何かNECOZEさんから伝えたいことやお知らせはあります?
NECOZE:その親不孝通りで、「mndsldg」っていうチームを組んで活動してるんですけど、そのあたりでイベントやライブしたりしてるので、良かったらチェックしてみて下さい。


■めちゃめちゃイケてるビートを作る、YuzulAwesome

そんな、NECOZEさんがおすすめする大学生・専門学生アーティストは、大阪のHINODEというグループに所属する「YuzulAwesome(ユズルオーサム)」。

あっこゴリラ:もうYuzulAwesomeって名前がいいよね! どこで知り合ったんですか?
NECOZE:僕が大阪でビートボックスかラップのゲストに呼ばれたときに知り合いました。めちゃめちゃイケてるビートを作ってて、仲良くなりました。

次回はYuzulAwesomeさんに話を訊くとともに、おすすめのアーティストを紹介してもらう。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/
Recommended by

News Ranking

Archive