yonkeyが猛プッシュ! ラッパー・dodoの等身大で刺さるリリックがかっこいい

2019年08月19日

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。音楽プロデューサー、CD・レコードショップのバイヤー、ライブハウスのスタッフ、音楽評論家、海外在住の音楽ライターなど、様々なジャンルの音楽好きが日替わりでヤバい音を紹介する「GEEK OUT」のコーナー。

8月13日(火)は注目の若手プロデューサー/シンガーとして活躍中のyonkeyが、おすすめのアーティストを紹介した。

【オンエアはこちら】yonkey『ダウナーラブ (feat. AAAMYYY) 』をradikoで聴く



■Skrillexの曲でトラックメイキングに目覚める

yonkeyは、昨年開催された「ASOBISYSTEM THE AUDITION 2018」で、LINE RECORDS賞を受賞しました。新世代のプロデューサーとして注目を集めるyonkeyが音楽を始めようと思ったきっかけとは?

yonkey:2歳くらいからクラシックピアノを弾いてたんですけど、高校3年生のときにSkrillexの曲を聴いてトラックメイキングに目覚め、曲作りを始めました。その後、EDMだったりトラックメイカーの作るジャンルを聴き、同時期にバンドも始めたので、ロックなども聴きながら今に至ります。
あっこゴリラ:結構幅広くですね。ちなみにAAAMYYYとのコラボでも話題ですが、最近プロデュースしてみたいと思ったアーティストはいますか? 
yonkey:玉名ラーメンさんっていう方がいるんですけど、トラックも作っているシンガーで、先月出したEPを聴いてめちゃめちゃハマっちゃって。是非一緒にやりたいなって思いました。

プロデューサーやシンガー、MVのディレクションなど様々な顔をもつyonkey。次に挑戦してみたいことは?

yonkey:いまやっているyonkeyのプロジェクトの他にバンドもやってまして、そっちの方も活動を広げていきたいなって思います。
あっこゴリラ:バンドはどんな感じなんですか? 
yonkey:基本的にyonkeyのサウンドをバンドで体現したような感じです。メンバーは全員が大体2つくらい楽器を持っていて、シンセサイザーを使ったり普通のロックバンドという感じではないですね。
あっこゴリラ:へ~! それこそyonkeyとしてクラブでDJ回したりも出来るし、バンドでライブも出来ちゃうしどこでも出来ますね!


■等身大の自分を表現したリリックが刺さる

そんなyonkeyがおすすめするのは、川崎を拠点に活動しているラッパーのdodo。

yonkey:YouTubeのオススメで見つけたんですけど、トラックメイクもしていて、ミックス、マスタリングも全て自分で行なっているマルチなアーティストですね。
あっこゴリラ:どの編が好きですか? 
yonkey:最近いろんなラッパーの曲を聴くんですけど、他とは違う等身大の自分を表現しているんですよ。リリックも普通の人に刺さるようなものだったり、すごいかっこいいなと思います。

番組内ではdodo『nothin』をオンエアしました。

あっこゴリラ:リリックがシンプルで素直で良いですね!
yonkey:そうなんですよ。
あっこゴリラ:ジャケットもロジックのチャンネルとかになってて、そのラフな感じも今っぽいですよね。
yonkey:めちゃめちゃ面白いんですよ、ジャケットも。
あっこゴリラ:へ~川崎なんだ。BAD HOPとかとはまた全然ちがいますね!
yonkey:BAD HOPとはちょっと違う地域らしくて、地域の違いによってアーティストの色も違うのですごい面白いです。
あっこゴリラ:でもなんか、「俺は変われる」とか、歌詞が自分を奮い立たせてくれる感じがいいなぁと思います。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/
Recommended by

News Ranking

Archive