あいみょん『真夏の夜の匂いがする』がチャート2連覇! 今年の夏、「よかった」出来事は?

2019年08月14日

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。J-WAVE全番組のオンエア、番組サイトのVOTEボタンから寄せられたリスナーズポイント、都内主要CDショップのセールデータ、各音楽配信サブスクリプションサービスのストリーミング回数に基づくランキングデータ、以上4つのデータをもとにポイント計算。世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。ここでは8月11日(日)付のチャートを紹介!

■8月11日付チャート

10位:東京スカパラダイスオーケストラ『リボン feat.桜井和寿(Mr.Children)』

クリスは「谷中 敦さんはポジティブ。生き様と音楽がフィットしていてパワーをもらえる」と話す。東京スカパラダイスオーケストラは、11月からデビュー30周年を記念した全国ホールツアーが決定している。

9位:Sam Smith『How Do You Sleep?』 Sam Smith
『How Do You Sleep?』ミュージックビデオで初ダンスを披露したSam。バックダンサーを従えてセクシーに踊っている。先日、メイキング映像も公開され、Samは「子どもの頃からダンスが大好きだったものの、人前で踊るなんてとんでもない。デビューしてからも笑われるのが嫌で自分の動きを制限していた」と語った。さらに「最近は自分を受け入れられるようになり、以前よりも自信をもって動けるようになった」と明かした。

8位:HAIM『Summer Girl』 HAIM
HAIMはEste、Danielle、Alanaの3姉妹バンド。『Summer Girl』はLou Reed『Walk on the Wild Side』にインスパイアされた曲だ。Danielleは「パートナーが癌になったのがわかったときに書いた。私はツアーに出ていて、ポジティブなエネルギーをテレパシーのように送りたかった。ショーの合間に家に戻るときは、彼の太陽になりたかった。彼が沈んでいるときは夏のように、彼が絶望しているときは希望になりたかった」と語っている。なお、パートナーは今も元気に暮らしているという。

7位:Kygo, Whitney Houston『Higher Love』

8月9日は、今は亡きWhitney Houstonの誕生日。7年前の2012年、48歳の若さでこの世を去り、生きていれば56歳の誕生日を迎えているはずだった。当日は世界中からSNSに彼女を偲ぶメッセージが寄せられた。

6位:King Gnu『飛行艇』

King Gnuは、10月から11会場13公演を巡る今年2度目の全国ツアーが決定している。「SUMMER SONIC 2019」「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO」「MONSTER baSH 2019」「SPACE SHOWER TV 30TH ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER 2019」「氣志團万博2019」など、夏フェスにも引っ張りだこだ。また、井口 理(Vo/Key)は5ヶ月間で78.5キロから66.7キロ、約12キロのダイエットに成功。このことを井口はTwitterで動画とともに報告した。


5位:Shawn Mendes, Camila Cabello『Señorita』

8月8日に21歳の誕生日を迎えたShawn。地元のカナダ・オンタリオ州では19歳から成人とみなされるが、アメリカでも飲酒できる年齢になった。誕生日当日は、次の公演に備えてニューヨークに移動中だったが、熱愛が噂されているCamilaと一緒にいたようで、昼はマンハッタンのオシャレなビストロで食事。夜はホテルで盛大なパーティーが行なわれ、集まった家族や友人、スタッフの前でCamilaと濃厚なキスを交わしたそう。CamilaはInstagramで、Shawnとのツーショットに「Happy birthday to this magic human, I love you!!!!」というメッセージとともにハートマークを4つも付けて公開した。

この投稿をInstagramで見る

Happy birthday to this magic human, I love you!!!!❤️❤️❤️❤️

camilaさん(@camila_cabello)がシェアした投稿 -


4位:RADWIMPS『愛にできることはまだあるかい』
RADWIMPS『愛にできることはまだあるかい』
新海 誠監督の最新作『天気の子』は、公開から18日間で観客動員440万人、興行収入60億円を突破。映画大国インドでの公開も決定した。すでに世界140の国と地域で配給が決定していたものの、当初はインドでの公開予定はなかった。今年4月にインドで『天気の子』の公開を求める署名活動がネットで起き、約5万人のファンの署名が集まり、新海監督や関係各所の耳に届き、それに応える形で公開が決定したという。

3位:Shura『religion (u can lay your hands on me)』

先週3位になったことをTwitterを通じてShuraに伝えたところ、日本語で「私の曲、Religion がJ-Wave Tokio Hot 100 チャートの3位になったのを見てとってもワクワクしています!みんなが気に入ってくれてとっても嬉しい。そして8月16日に発売される、私のニューアルバム Forevher で他の曲もみんなにシェアできる事が楽しみで待ちきれないです。どうもありがとう。」とコメント。日本語が堪能と話題のShuraは、さらにツイートで「私のメッセージを翻訳するのを手伝ってくれた義理の姉、エリにもありがとう!」と義姉が翻訳を手伝っていることを明かした。



2位:Official髭男dism『宿命』
Official髭男dism『宿命』
『熱闘甲子園』(朝日)のテーマソング。Official髭男dismは、10月9日(水)にメジャー初フルアルバム『Traveler』をリリースすることを発表。10月26日(土)からは自身最大規模となる全国24ヶ所29公演のホールツアーも決定している。現在レコーディング中のメンバーは、ハンバーガーとタピオカにハマっているそう。

1位:あいみょん『真夏の夜の匂いがする』
あいみょん『真夏の夜の匂いがする』
あいみょん2連覇! あいみょんに近況を訊くと、「屋外で撮影があって昼食で今年の夏初のBBQをした。おいしい肉をたくさん食べられてよかった」との回答があった。

■今週のトップ10

1位:あいみょん『真夏の夜の匂いがする』
2位:Official髭男dism『宿命』
3位:Shura『religion (u can lay your hands on me)』
4位:RADWIMPS『愛にできることはまだあるかい』
5位:Shawn Mendes, Camila Cabello『Señorita』
6位:King Gnu『飛行艇』
7位:Kygo, Whitney Houston『Higher Love』
8位:HAIM『Summer Girl』
9位:Sam Smith『How Do You Sleep?』
10位:東京スカパラダイスオーケストラ『リボン feat.桜井和寿(Mr.Children)』

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SAISON CARD TOKIO HOT 100』
放送日時:毎週日曜 13時-16時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/
Recommended by

News Ranking

Archive