ニュースの価値は「速さ」だけではない―いま求められる報道のカタチ

2019年08月20日

現在のニュース・報道は、速報至上主義が蔓延している。事件や事故がすぐに報じられると、たしかに役に立つこともある。しかし、速さを優先することには問題点もある。スローニュース株式会社代表取締役の瀬尾 傑とグローバーが、問題を指摘するとともに、良質なニュースについて考えた。

【8月19日(月)のオンエア:『JAM THE WORLD』の「UP CLOSE」(ナビゲーター:グローバー)】
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20190819202050


■速報至上主義の問題点

ニュースはもともと、速さを競う側面があった。裁判の判決後、裁判所から有罪・無罪を知らせる記者がテレビカメラに走り寄ることからも、それがわかる。

瀬尾:誰よりも速く情報を伝えることに価値があると考え、そのために記者は一生懸命に走るわけです。
グローバー:情報が速いと、それを伝える新聞は購買者が増え、テレビでは視聴率が上がる、そういうことですか?
瀬尾:そうですね。速い情報が人の目を引きつける要素があります。

事件や事故の場合は、情報の速さによって身の安全を確保できたり、知人の安否を確認したりといったメリットがある。

ただし、問題点もある。ひとつは、「情報を間違える可能性がある」こと。例えば、事件で犯人とされた人が、実は違った場合がある。

瀬尾:ビジネスの観点でも問題があります。速報至上主義のニュースは他社との差別化ができませんし、0.1秒差とかで同じ情報が次々と出てくるので、すぐに価値がなくなります。しかもネットの時代になり、事件や事故だと、現場にいた一般人が撮影した動画やドライブレコーダーの記録の方が、ニュース媒体の情報より迫力がある。そうすると、取材記者が得た情報よりも、ツイッターやフェイスブックにある情報の方が価値があることになる。専門記者がいる意味がなくなってしまいます。不毛な競争なのです。

同じ情報で競争すればするほどその価値は低下し、安価な情報となってしまう。この情報を瀬尾は「ファストニュース」と呼ぶ。速い・安い・うまい......そんなファストフードのような情報だ。「ニュースの価値はそれだけではないだろうと私は考えています」と瀬尾は話した。


■スローニュースにお金と時間をかけるべきだ

これまでの新聞社や雑誌社、テレビ局にはファストニュースを追うだけではなく、時間をかけた取材をもとに新しい情報を取るスクープ記者や、独自の分析ができるプロの記者など、フリーランス記者を含め活躍する調査報道があった。しかし、ここ10年、20年の間に変化が起こっている。

瀬尾:理由のひとつは、読者の意識が変わったことです。高齢化によって若い年代は雑誌を読まなくなった。また、いろいろな情報がネットで入ってくるようになったことで、雑誌などは売り上げ不振に陥り、ノンフィクションや調査報道を扱う書籍も売れなくなっています。それらを扱うフリーランス記者も減ってきてしまった。つまり、「スローニュース」を作る人たちがどんどん減ってきています。

スローニュースとは、お金と労力をかけて取材や調査を行って報じる、ファストニュースの対極にあるものだ。

瀬尾:ファストニュースに比べてスローニュースは信頼性が高く、希少性も高い。高い価値を持つニュースとなり、それを高く評価する尺度を作れば、その情報は高く売れます。
グローバー:世界的に見ると、スローニュースに立ち返って発信しようという流れがあるんですか?
瀬尾:ありますね。イギリスのBBCもだし、他にもオランダではスローニュースを支えるようなプラットフォームも出ていたり、調査報道を支えるような取り組みが海外では出てきています。ただ、残念ながら日本ではそういった仕組みができていないので、それを作ろうと思い、スローニュース株式会社を立ち上げました。

スローニュース株式会社は、調査報道をやろうと考えるジャーナリストやメディアに資金提供やアドバイスを行い、優良なコンテンツ作りを目指している。

最後にリスナーに向けて瀬尾は「ニュースは作り手だけではなく、読み手もゆっくり読んで欲しい」と話し、「見出しだけではなく、記事を最後まで読み、中身を吟味して自分なりに判断することが大切」とアドバイスを送った。

787_main1.jpg

J-WAVE『JAM THE WORLD』のコーナー「UP CLOSE」では、社会の問題に切り込んでいる。時間は20時20分から。是非チェックしてほしい。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『JAM THE WORLD』
放送日時:月・火・水・木曜 19時-21時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/
Recommended by

News Ranking

Archive