平原綾香、氷上ミュージカル挑戦の苦労を明かす 「青アザを見せたいくらい」

2019年08月07日

J-WAVEで放送中の番組『SEIKO SOUND STORAGE』。この番組は、ミュージシャンやスポーツ選手など、各界で活躍するゲストがマンスリーで自らの音楽遍歴を語る。8月は歌手の平原綾香さんが登場。2日(金)のオンエアでは、平原さんが新たなチャレンジについて語った。

【この記事の放送回をradikoで聴く】 (2019年8月9日28時59分まで)


■夢だったフィギュアスケートに挑戦

最近の新たな試みとして「フィギュアスケートを滑りながら歌った」と平原さん。7月にフィギュアスケート×源氏物語「サマージャンボPresents 氷艶hyoen2019-月光かりの如く-」という氷上ミュージカルに出演したのだ。平原さんは「フィギュアスケートをしながら歌うのがデビューしたときからの夢だった」と明かし、当時からインタビューで公言していたと言う。

しかし、全く滑れない大人がフィギュアスケートを始めるのは非常に大変なことで、「みなさんに青アザを見せたいくらい」と、転倒を繰り返しながらの過酷な練習だったようだ。ただ、キャストとの練習では、金メダリスト・荒川静香さん、高橋大輔さん、安藤美姫さんといった、そうそうたる顔ぶれの横で滑ることになり「夢のようだった」と語る。

平原さんは、桐壺更衣(きりつぼのこうい)と藤壺宮(ふじつぼのみや)を演じたため、十二単衣を着ながらのフィギュアスケートだった。「試練がたくさんあったけれどいい体験ができたので、また来年があったら出たいな」と嬉しそうだ。


■ミュージカルにチャレンジ!

デビュー16年目に突入した平原さんだが、慣れないことのひとつに「ミュージカル」を挙げた。平原さんは2014年に上演された『ラブ・ネバー・ダイ』でミュージカル初出演を果たした。当時はセリフを話すことやオペラの歌い方に苦労したそう。平原さんは先生に教えてもらう時間がなく、名だたるオペラ歌手の動画をYouTubeで観ながら練習。口の開け方や姿勢などを確認し、ときにはオペラ歌手になりきって練習したと振り返る。

そうして『ラブ・ネバー・ダイ』のクリスティーヌ役を皮切りに、『ビューティフル』のキャロル・キング役、『メリー・ポピンズ』のメリー・ポピンズ役など、ミュージカルへの道を切り拓いてきた。

平原:実は『ラブ・ネバー・ダイ』の出演は2回断ったんです。「自分はできない」と思ったから。本当はやりたかったけど自信がなくて。でも、「できなくてもいいからやってみよう」と飛び込んだものが、今ではいろんな花を咲かせて、いろいろなチャレンジができるようになったから、「チャレンジするのは、最初はしんどいかもしれないけれど、いいことなんだ」と、いまだに思いますね。自分に足りないものをチャレンジしていくことで埋めていく。新たな自分に出会えるのは、私にとっての今の幸せです。

番組では、平原さんが選曲したIdina Menzel&Kristin Chenowethによる『Defying Gravity』(ミュージカル『Wicked』より)をオンエアした。

次回、8月9日(金)の『SEIKO SOUND STORAGE』では、平原さんがデビュー曲『Jupiter』を語る。お楽しみに。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SEIKO SOUND STORAGE』
放送日時:毎週金曜 24時-24時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/soundstorage/
Recommended by

News Ranking

Archive